淡路島 濱田ファームのブログ

安心・安全の有機特別栽培たまねぎ。

昨日、今年の稲刈りが終わりました。

9月の度重なる台風にコシヒカリは大丈夫かと心配しましたが、大きくコケルことなく、無事に稲刈りが終了しました。写真は、昨日最後に刈った餅米「ヤマフクモチ」の田んぼです。

 1

 

今年は14枚の田んぼに「コシヒカリ」、1枚に「ヤマフクモチ」を植えました。昨年は910月の台風のため「コシヒカリ」が「コケヒカリ」になってしまい、数枚の田んぼは手刈りをしました。今年はその反省の上に立ち、中干しをしっかりとしました。コンバインの調子もよく、手刈りは田んぼの四隅だけ。昨年より10日も早く稲刈りが終わりました。

 

稲刈り2回目。わくが手伝いに来てくれました。

 2

稲刈り3回目と籾すり2回目。

 3

稲刈り4回目。「道の駅うずしお」のスタッフさんが販売促進用の写真を撮りに来てくれました。もちろん、ここは「れんげ米」栽培の田んぼ。この日はれんげ米の田んぼを3枚刈りました。前回稲刈りの田んぼも「れんげ米」の田んぼでした。

 4

 5

籾すり3回目。朝活でした。星の輝く時刻から始め、夜が明け、朝日の輝く時刻に終わりました。いい気分でしたよ~~***

 6

袋に入っていく「れんげ米」の玄米は、小判のように輝いていました。

 

そして昨日、5回目の稲刈り。

 7

 8

この2枚は、晩生種たまねぎ「もみじの輝」「もみじ3号」収穫後に田植えをした田んぼです。爽やかな風と青空の下の稲刈りは、とっても気持ちよかったです~~♪♪

あっちゃんは、刈り残しの稲を刈ったり、倒れた稲(右に左に手前に奥に、暴風に吹かれ倒れかかっている稲もあります。ちょっと直すと、コンバインですいすい刈れます)を起こしたりしています。この田んぼでは、ペンチを持って畦なみシートも外しました。。・・・お仕事アピールしすぎかな・・・(^^;

 9

この田んぼは、なかなかいいお米ができました。収穫量も多くて嬉しいです。

 10

そして、最後の稲刈りは、お米の種類の違う「餅米ヤマフクモチ」~♪

 11

4月末のれんげ畑が懐かしいです。ここが一番きれいでした。昨年はここも「コケヒカリ」でして、コンバインの調子も悪くなり散々でした・・・。今年はOKですよ~~(^o^)

 12

 13

 14

 

姉さん宅へ籾を持って行き、帰ってからは「ホッパー」の片付け。今期もどうもありがとう。

 15

 16

定位置に収まりました。

今日はこれから4回目(最終の)籾すりです。そして、籾すり機などの掃除、片付けもします。どの機械もよい仕事をしてくれました。ありがとうね。   byあっちゃん

9月18日(火)

 今日はわくの運動会の代休だよ。かなとと ゆいゆいを保育園に送ってから、母ちゃんとじぃちゃんちに来たよ。二人のお迎えの時間まで、じぃちゃんちでお手伝いをするよ。

 まず、シャルム畑のネット取り。雨がたくさん降ったので、青いネットをかけて守っていたんだよ。

  1

 詳しいことは、ブログの「2018.9.23 ご無沙汰しています~~シャルム編」を見てください。真ん中あたりに、わくのことが出ているよ。

 本当のことを言うと、ここの畑、谷を歩くだけでも大変だよ。雨がよく降るので、谷はどろどろ! 長靴は泥んこになるし、足は重いし、時々すべるし、杭を抜きながら歩くのは大変だよ。やっと端まで来たよ。見えますか??

  2

ズームアップ!!

 3

 

 

  9月19日(水)

 今日も代休なので、お手伝いに来たよ。

 今日は新しい苗床に「バスアミド」を振るよ。水をかけてガスを発生させるから、農民車で行くよ。水のタンクと動噴が載っているからね。詳しいことは、ブログの「2018.9.25 ご無沙汰しています~~来春収穫用たまねぎ編」を見てください。真ん中あたりに、わくのことが出ているよ。(昨日もよく似たことを書いたなぁ)

  4

 畑に着いて、じぃちゃんの谷上げを見ていたら、わくも鍬仕事がしたくなったよ。

  5

  6

 排水が良くなるように、谷をきれいにしているよ。

 ちょっと疲れたので、セメントの畦を走って遊んだよ。母ちゃんがびっくりしていたよ。

  7

 

 

10月7日(日)

 久しぶりに、じぃちゃんちに来たよ。お泊りするよ。お泊りも久しぶりだなぁ。

 今日は「稲刈り」だって。わくは今年初めてだけど、じぃちゃん達は10月に入って3回目だよ。4枚の田んぼの稲を刈るんだって。

 わくが来たときには、もう始まっていて、隣の田んぼに変わって行くところだったよ。早速、お手伝い!

  8

  9

  10

 鉄のハシゴを2本運んだよ。重くないよ。平気だよ。

 コンバインが隣の田んぼに行かれるように、キャタピラの通り道にハシゴを置いてあげるんだよ。

 ほらっ、もう刈り始めたよ~~♪♪

  11

 ちょっと、見て、見て~~***

  12

 わくが、運転しているんだよ。4枚目の田んぼの稲刈りが終わって時間があったので、じぃちゃんが「運転してみるか?」って尋ねてくれたよ。くるっと回って~

  13

 もう一回ターンして、イェ~イ、決まったぜ!!

  14

 夕方、香川の人がじぃちゃんのたまねぎを買いに来てくれたよ。倉庫で用意して、家まで持って行ったよ。かなとや ゆいゆいがお客さんと遊んでいたよ。びっくりしたよ。

  15
 それでは、乾燥機に入れてきま~~す \(^o^)(^o^)

  16

 久しぶりにコンバインに乗ったよ。あぁ~、楽しかった。農民車に乗るのも好きだなぁ~  byわく

 

 

 お客さんと遊んだの、ちょっと恥ずかしかったなぁ。   byかなと

 

 

あたしと同じくらいの男の子がいたよ。おねえちゃんもいたよ~♪  byゆいゆい

 

 

あんなに毎週来ていたわく達なのに、9月は週末ごとに台風や前線の長雨。お泊りもなかったし、来てくれたのも2日間だけ。この貴重な2日間のわくの活躍ぶりは、すでにFBやブログでお知らせしています。それで10月の第1日めも入れてみました。

7日、来て早々のハシゴ運び、てっちゃんに頼まれてのことでしたが、大喜びで運んでくれました。てっちゃんは一度に2本運んでいますが、あっちゃんは1本ずつです。ごく近くなら2本一緒に運べますが、鉄製ですからやっぱり重いです。そのハシゴを1本ずつ2回運んでくれるって、わくさん、力持ち! カッコいい~~***

この日のお手伝いの最後、籾の乾燥に農民車に乗っている顔つきは、もう、少年の顔つきです。大きなったなぁ。これからも、よろしくね~~(*’ω’*)(*’ω’*)   byあっちゃん

稲刈り・乾燥の1回目が終わり、昨日は籾すりの1回目をしました。

 1

乾燥された籾は、「籾すり機(上の写真,右側)」を通り籾殻を外され、「米選機(上の写真,中央)」から玄米となって出てきます。ほらねっ。

 2

最近の米選機には自動計量機も備わっていて、設定した重さになれば米袋への投入もストップします。米袋に入っている金属製のものは、袋が倒れないように支えるものです。玄米の投入が止まるとてっちゃんは新しい米袋と置き換え、玄米の入った袋から支柱を取り出します。そして、次の袋を準備します。

 3

作業は、流れるように進みます~~♪

「今年のお米は、どうかなぁ」と、確認も忘れません。やや遅れ気味の田植えに加え、その後の長雨、台風、日照不足、酷暑・・・大変な中で育ってくれたコシヒカリに感謝です。

 4

そして、紙袋の口をしっかりと折り、紐を結びます。

 5

 6

どんどんパレットに並べていきます。130キロ+α(風袋分、検査米分など)ですから、重いのです。腰の痛い作業が続きます。てっちゃん、ご苦労様です~~m(__)m

 7

奥の乾燥機に入れた籾から籾すり作業を始めています。いい調子です。

 8

米袋は、もう2段目もきちんと並びました。

 9

そろそろ奥の乾燥機も空っぽになったようです。今度は手前の乾燥機の籾をすります。

 10

同じように作業は続きます。

 11

あれっ? てっちゃんの立ち位置がいつもと違います。

 12

ここにも米袋がありますね???

 13

ここは、米選機の「小米取り出し口」。小さい玄米や未熟な玄米が選び出されてきます。

 14

このようなお米は、お菓子などの加工用として使われます。

さあ、1回目の籾すりが終わりました。家に持って帰りましょう。

 15

 16

早速、少量を精米しました。味はどうでしょう? 気になります~(^u^)

 17

約1時間で精米終了~

 18

今朝は、新米を炊きました。甘くて、いい香りです~~***

 19

あっちゃんは特製の「3色おにぎり」を作りました~♪♪♪

 20

ラップの上にご飯を広げ、「おかか」「椎茸昆布」「梅干し」を人の顔のように並べます。次に少量のごはんで「鼻」をつけます。左右の「小鼻」もつけ、茶巾絞りのようにラップの端を合わせながらご飯をまとめていきます。あまり力を入れ過ぎないように気をつけます。

 21

具がご飯で包まれたら、今度はラップごと握っていきます。

 22

出来上がりました。

 23

今朝は、素朴な「塩むすび」も食べたかったので、2個目は指先3本分お塩の「塩むすび」を握りました。こちらは、ふわっと。「3色おにぎり」は、具の味だけで十分ですので塩は使いません。二人で朝から3合の新米をぺろりと食べてしまいました。

やっぱり、美味しいです。噛むほどに甘味が口に広がる「コシヒカリ」の新米。

もちろん、お昼に炊いた2017年産のコシヒカリも美味しいですけどね。2017年産のコシヒカリは、わが家の米櫃にあと10キロぐらいしか残っていません。もうすぐ、毎食新米がいただけます。わくわくします。

まだまだ稲刈りはこれからが本番。
 新米を励みに頑張ります~~
(*’ω’*)(*’ω’*)     byあっちゃん

やっと、やっと、やっと始まりました~~♪

この日を、待って、待って、待ち焦がれていました~~♪♪

淡路島濱田ファームにも、稲刈りの日がきました。

 1

今年は、コシヒカリ14枚、餅米(ヤマフクモチ)1枚を植えました。昨日は、その中の4枚のコシヒカリを刈りました。全てたまねぎ後の田んぼに植えたお米です。今年もたぶん来月にはたまねぎ苗を植えます。

1枚めは、新たまねぎの収穫体験でお馴染みの田んぼです。

 2

コンバインで刈り取って、タンクにいっぱい溜まったら、農民車にのせたホッパーに入れに行きます。ホッパーにいっぱい溜まったら、直美姉さん宅の倉庫に持っていきます(これは、あっちゃんの仕事です)。

 3

2枚めに刈った田んぼは、去年は台風の影響で稲は倒れ、地面はいつまで待ってもぬかるみ状態。仕方なく鎌を持って手刈りしたところです。今年はその反省に立ち、真夏の中干しはここは特にしっかりしました。お陰で台風後3日めでもコンバインですいすい刈れました。去年は4日かかり、今年は約1時間です!!

 4

 

この度の台風24号、淡路島は進行方向の左側に入っていましたので、大きな被害は起こりませんでしたが、皆様のところはいかがでしたでしょうか。記録的な暴風に怖い思いや不便な暮らしをされた方も多いと思います。こちらは時間雨量38mm2930日の降水量は合計で170mm超ということで田畑に幾分影響はありましたが、こうして稲刈りができるのですから、ありがたいものです。

 

昨日のお昼は、田んぼで「おにぎり」~🍙🍙 🍙🍙

美味しいし、お天気はいいし、遠足気分で楽しいし、エネルギー満タンです!!

 5

午後も2枚の田んぼの稲刈り。

午後1枚めの田んぼ(写真左上・右上)は、穂が少々小さく、収穫量も少なめでした。そういえば、たまねぎも小さめでした。雑草が影響しているのかも知れません・・・(^^;

 6

午後2枚めの田んぼ(ここも新たまねぎ収穫体験でお馴染みです)の分も一緒にホッパーに入れました。

 

直美姉さん宅の倉庫には、この時期、お米の乾燥機が大小2台、籾すり機などが出されていて、「籾すり・選別・袋詰め」作業がスムーズにできます。

 7

まず、ホッパーの籾を乾燥機に移します。電動ホースで送り込みます。

 8

 9

乾燥機横のボタン操作で、自動的に乾燥できます。とは言うものの、姉さんの旦那さんがいつも気をつけていてくれ、様子を見てくれています。ありがたいことです~~m(__)m

 

   ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・ * ・* ・ * 

 

台風後のシャルム畑です。(10/1    951撮影)

 10

暴風吹き荒れましたが、ネットは外れず、谷にも雨水が溜まっていません。わくの母ちゃんの応援もあり、午後からネットを外しました。

 12

 13

やはり谷を歩くのは大変で、足は重いし、滑りそうになるし困りましたが、ネットを外してもらったシャルムの嬉しそうな葉っぱを見ると、頑張れました~(*^^*)(*^^*)

新たまねぎの苗床も、やっぱり谷はどぼどぼ・・・(^^;)(^^;)

 14

畝の両端(長辺の方)が崩れ、苗も両端は土と一緒に崩れ落ちたり流されたりしています・・・まあ、定植には足りると思います・・・。使い込んで目の粗くなった寒冷紗からは芽が出ていましたが、そっと布を外せば大丈夫でしたし、「濱の宝」などの大きくなった苗も強風で倒れてはいますがまた起き上がって来てくれます。これで済んだのですから幸いです。

 15

一昨日は、中生種「ターザン」の種蒔きもしました。

 16

 これは、姉さん宅でもたくさん栽培するので、一緒に種蒔きをさせてもらいました。おんぶにだっこの淡路島濱田ファームです・・・    byあっちゃん

天気予報は、バッチリ当っています。

928日(金)快晴、 29日(土)前線による雨、 30日(金)台風による雨。

 

28日は、稲刈りがしたかったなぁ・・・(^^;

快晴のこの日は、たまねぎ出荷後、台風対策に追われました。

 

まずは、シャルム畑。

やっと芽が出た球もありますが、8月末に定植したシャルムは3040cmほどになっています。強い雨に打ち付けられては葉が傷みます。今後の成長に影響が出ては困りますので、防風ネットを張りました。シャルムの葉を傷めないように、ふんわり気味にかけてやりました。「風を防ぐ」ネットですが、もちろん雨の当たり方も軽減してくれる、野菜の味方、農家の味方のネットです~~(*’ω’*)(*’ω’*)

 1

わくの母ちゃんも来てくれ、作業を手伝ってくれました。ネットを広げて杭を打つのが、わくの母ちゃんとあっちゃん。てっちゃんは~

 2

私たちより数十m先を行き、畝端に巻き付け留めていたネットをほどいていってくれました。3人の力で、スムーズに作業が進みました。

mを超えた部分にも、端まできちっとネットをかけました。

 3

 4

防風ネットかけ終了。カメラを向けると、つい微笑んでしまうてっちゃん・・・。本当は「稲刈りがしたい~~~~」と叫びたいのだと思います。

 5

 

新たまねぎの苗床にも行きました。

 6

収穫時期の違う7種類の苗が育っています。お日さまの光を浴びて気持ちよさそうです。でも、2日後の台風のことを考えると、何かで守ってやらなくてはいけません。そこで使ったのが「寒冷紗」、これなら芽が網目から突き抜けることはありません。

 7

そして、大きくなってきた「超極早生種『アリオン』」と「極早生種『濱の宝』」は、支柱でアーチを作り防風ネットをかけました。

 8

 9

作業終了は18時9分。お疲れさまでした~♪♪

 10

 

 

29日は、午後雨が上がったので畑の見回り開始!!

台風24号は、21号と同じか それ以上の大きさらしく、杭をしっかりと打ち直しました。

 11

苗床のアーチやネットも、もう一度強く差し込みました。

 12

夏野菜も、台風対策! 

 13

 14

これで、ほっとしました。

 

 

30日は、台風接近。午前中は落ち着いていたので、シャルム畑に出向き、谷上げをしてきました。

 15

前日までのネット張り作業のため、谷には足跡がいっぱい残っていました。

台風による雨で、畑は雨水がいっぱい溜まると思いますが、流れてくれれば問題ありません。畝の乾きをよくするためにも雨水は溜めたくありません。

 16

   これが、私たちの最善です。大きな被害になりませんように、私たちのところも、皆さまのところも、日本中も、世界中も・・・   byあっちゃん

このページのトップヘ