淡路島 濱田ファームのブログ

安心・安全の有機特別栽培たまねぎ。

11月5日(月・代休)

 今日は参観日の代休で、わくだけお休みだよ。それで、じぃちゃんちに来たよ。

 マルチを張るお手伝いをしたよ。

  1

  2

 一番端っこの右側は、マルチにかかる土が少なくて谷も平らになってないので「谷上げ」をしたよ。セメントの畦の上から鍬仕事をしていたら、じぃちゃんに注意されちゃった。体の向きも変えた方がいいって。

 ほらっ、もう大丈夫だよ。

  3

 2筋目だよ。シートの引き始めは、こうして端っこを踏むんだよ。じぃちゃんがとっても強い力で機械を引いていくから重しの役だよ。

  4

 今日は、調子がいいんだって。どんどん進むんだって。

 それで、わくも新しい仕事を教えてもらったよ。これだよ~~

  5

  6

マルチャーのアームの上げ下ろしだよ。じぃちゃんが見てくれる時だけできるお手伝いだよ。カッコいいでしょう~~(^^

 

 

  12月1日(土)

 近くの公民館で「せいだんふれあい交流のつどい」があったよ。舞台のプログラムとバザーがあったよ。

 じぃちゃんは、毎年、バザーで「軽トラ市」をして野菜のお店を出しているよ。

 わくも、赤ちゃんのときから、ずうっと手伝っているよ。

  7

 開店前、サツマイモを袋に入れているよ。もう、テープも上手にできるよ。

 開店は12時。お客さんが、軽トラの周りで待っていてくれたよ。

 「いらっしゃい、いらっしゃい」「どれでも100円ですよ~」「ありがとうございました」って、かなちゃんと一緒に何回も何回も言ったよ。

 下の写真は、開店して10分後。かなちゃんは、母ちゃんに甘えているよ。わくは、おつりを用意しているよ。ゆいゆいは、わくと重なっちゃった。

  8

 次の写真は3時前のお店の様子。たくさんお野菜が売れたよ。

  9

 残りはもう少し。ゆいゆいも頑張って声を出しているよ。「ありがとうございました」が上手だよ。

わくたちは、たい焼きやポップコーンを買ったり、募金をしたり、抽選会に行ったり、お手伝い以外のことも楽しんだよ。大根を10本も買ってくれたお客さんがいてびっくりしたよ。   byわく

 

 

 かなとも「いらっしゃい、いらっしゃい」と大きな声でお客さんをよんだよ。サツマイモも袋に入れてテープをしたよ。テープは、ちょっと難しかったよ。ポップコーンがたくさん入っていて、食べるのが大変だったよ。    byかなと

 

 

 わたしも募金をしたよ。ピンクの風船をもらって嬉しかったよ。コンテナの中に入ってお店番もしたよ。「ありがとうございました」って、一番大きな声で言ったよ。何回も言ったよ。  byゆいゆい

 

 

11月もわく達は1回しかお手伝いに来られませんでした。まだ、たまねぎ植え機には乗っていません。鍬を使ったり、苗を採ったりするのも大好きだから平気なようですけどね。12月はどうかしら・・・。 

「トラック市」は、孫3人とも、母ちゃんにおんぶしてもらっているときからずっと皆勤です。あっちゃんは昨年から。それまでは苗採りや草引きなどしていましたが、一度行ったら、やっぱり楽しくって楽しくって、畑でお留守番はしたくないなぁと思うようになりました。「去年も買ったんよ。美味しかったから、今年も来たで」「ありがとうございます。これ、レンジでチンが簡単で美味しいですよ」などと、お客さんと話をしながら野菜を買ってもらうのは、本当に楽しいものです。孫たちも一緒なのが嬉しいです。    byあっちゃん

先月末、「白たまねぎ『ホワイトベアー』」の定植をしました。

 1

写真は午後4時前。小春日和の畑仕事にはもってこいの日でしたが、もうすでに影は伸びつつ、夕焼け空に近づいています。苗も少なくなってきました。

翌日苗取りをし、定植再開!

 2

そうです。白たまねぎの定植は、シャルムの畑の隣です。一筋120mの畝は、機械で植えるのに1時間弱、苗は4000本必要です。手植えだと、どんなに時間がかかることでしょう、どんなに腰が痛くなるでしょう・・・。機械植え、ありがたいです。

昨日朝、雨が上がって補植作業をしました。これで、白たまねぎの植え付けも完了です。

 3

??

苗の色が、変わっている!!

 

そうなんです。

「白たまねぎ『ホワイトベアー』」の苗が足りなくなってしまい、苗床に残っていた「早生種『七宝』」を植えたのです。品種によって、こんなに苗の色が違うのですね。

 

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

 

FBカバー写真の「たまねぎ」と「苗」はつながりましたか??

 4

「赤たまねぎ」の苗は、すぐに分かりますね。葉っぱの下部は赤たまねぎと同じ色です。葉の色も濃いですねぇ。

 5

「白たまねぎ」の苗はどうでしょう。

「白たまねぎ」のパールのように輝いているのは・・・

そうです、こちらですね。

 6

手前の苗ですね。葉っぱの色も、やや浅い色ですね。

ということで、真ん中は~

 7

「黄たまねぎ」。これは「中生種『ターザン』」です。

それでは、まとめの写真を~~***

 8

 

今は、「冬の新たまねぎ『シャルム』」の収穫・出荷作業と、「晩生種『もみじ』」苗出荷作業の真っ最中ですが、時間を上手に使い、中生種・晩生種のたまねぎ定植を進めていきます。順調にいくと、今月中(今年中)に植え付け作業が終わりそうです~~(´艸`*)

そんなの、初めて~♪♪ わくわく~~♪♪    byあっちゃん

冬の新たまねぎ「シャルム」の収穫が順調です。

 1

しっかりした「シャルム」です。もう、これだけで美味しそう~~(^^

緑の葉っぱのあちこちに、マルチシートの白色が見えるようになってきました。でも、「シャルム」はスグには無くなりませんよ。この畑の畝は長いですし、6畝分植えてありますから、まだい~~っぱい植わっています。今、2巡目の途中を収穫しています。ご心配なく~~(*^^*)(*^^*)

 

「シャルム」買ってくださったお客さまから、レシピの紹介がありました。

大阪のハルさんからです。

 2

「シャルム」とソーセージだけで作ったカレーです。作り方は~~***

 

①シャルム3~4個は1.5cm幅の縦に切る。もう1個は薄くスライス。ソーセージは適当な大きさに切る。

 3

②①をさっと炒め、水とコンソメを加え更に加熱する。

 4

③ ②が煮立ったら好みのカレールゥを入れ、煮込む。

   ②で炒めるときカレーパウダーを入れると更に美味。

 

ということで、あっちゃんも作ってみました。

②で水を入れ過ぎたので、炒めたオニオンスライスを加えてトロミを出しました。「シャルム」の葉っぱも使いたかったので、③とき、別のフライパンで、適当な長さに切った葉っぱを軽く炒め、塩をパラパラ~~

 5

 6

・・・盛り付けのセンスが・・・(^^; でも、美味しかったです~~(*^^*)

「シャルム」は新たまねぎですから、火の通りも早く、カレーなのにめちゃめちゃ短時間でできました。それで、この味!! ハルさん、教えてくださって、ありがとうございます~m(__)m

 

それから、「卵とじ」も教えてくださいました。

 7

① シャルムは1.5cm幅の縦切り、葉は適当な長さに切る。

② 鍋に麺つゆ・顆粒だし・酒・みりん・少量の砂糖を入れ火にかける。

③ ②が煮立てば①を入れ、加熱を続ける。

④ 火が通れば溶き卵を入れ、火を止める。

   天かすを入れるとこってりして美味しい。

   白ごはんの上にのせ、丼にしても美味しい。

 

ハルさんの友だちからも、お料理の紹介をいただきました。

まず、「オニオンスライス」「シャルムの肉詰めフライ」「シャルムのオーブン焼き」「シャルムの葉っぱの卵とじ」~☆☆☆

 8

そして、「オニオンスープ」~~☆☆☆

 9

このスープは、炊飯器で出来るそうです。「シャルム」の切込が深すぎたようで、煮崩れてしまったとも教えていただきました。

 

別のお友だちから「シャルムの手作りパン」も紹介していただきました。

 10

「シャルム」の玉も葉っぱも使って作られたパンだそうです。

 

皆さん凄いです~~☆☆☆☆☆

柔らかな創造力と確かな技。うらやましいなぁ~~(^^

 

この時期だけしか食べていただけない「美味しいシャルム」が、皆さまの身近な食材になり、食生活や暮らしに彩りを与えている。何と素晴らしいことでしょう。
   そんな豊かな広い世界の中の一員として居られることが、とっても幸せです。   byあっちゃん

「道の駅うずしお」さんや「うずの丘 大鳴門橋記念館」さんの売店、通販サイト「うずの国」さんでお世話になっている「たまねぎ苗」が、好評です。
 先週は一日に200束の注文があり、

 1

永子姉さんやわくの母ちゃんに手伝ってもらい、苗を用意しました。

品種は「中生種『ターザン』」、南あわじ市ではお馴染みのものです。この苗は、直美姉さん宅の畑を使わせてもらって育てています。周りの畦には~~

 2

「ホトケノザ」が可愛いピンクの花を咲かせています。春の花なのに、初冬のこの時期でも暖かい日が続くので可愛い顔を見せてくれています。疲れも飛んでいきますね。

苗が集まってきたら~~

 3

50本(予備を入れて52本)ずつ数え、束ねていきます。ここは「おしゃべり無し」の場所、楽しいABCラジオの番組が流れています。

束がたくさんできてくると、てっちゃんがコンテナに詰めていきます。

 4

1コンテナに25束、この日は8コンテナ分。一日かかって用意しました。

お客さまは、もう、予定の畑に植え付けてくださったと思います。甘くて美味しいたまねぎが育ちますように~~(*’ω’*)(*’ω’*)

 

わが家の苗床は~~???

今はこんな様子。

 5

畝の土が目立ちます。

早生たまねぎは一応植えました。今年が初めての「さくら」、昨年からの「浜育(はまそだち)」、ポピュラーな「七宝」、そして「赤たまねぎ T-457」と植えていってます。

 6

 7

 8

 9

「白たまねぎ ホワイトベアー」も今日明日に植えます。

「中生種『ターザン』」もその次に植えます。苗の販売もそろそろ終盤です。

 たくさん買ってくださいまして、ありがとうございました~m(__)m  byあっちゃん

先週末から「冬の新たまねぎ『シャルム』」の本格的な出荷が始まりました。

大きく育ったシャルムの収穫は、本当に嬉しいです。

 1

今年は、シャルム定植後の台風や長雨に泣かされました。・・・大変でした。
   友だちの協力があり、何とか収獲できるようになりました。一安心です。
 こんなに玉の大きなシャルムもありました。

 2

てっちゃんの握りこぶしより大きいです!!

これは、ふたごちゃん。トナカイの角のようです~(^^)

 3

どんなシャルムも、みんな可愛いです。
 たくさん穫って、倉庫で整えます。頑張るよ~~♪♪

 4

 5

最近は日暮れが早く、すぐに真っ暗になってしまいます。夏なら、まだ辺りは明るい時間帯です。夜なべ仕事をしてるのではありません。ご心配なく~~***

翌朝は「道の駅うずしお」さん、「うずの丘 大鳴門橋記念館」さんへ配達です。

 6

新聞紙に包んだのが「冬の新たまねぎ『シャルム』」、傷が付いたり乾燥しすぎたりしては困るので、丁寧に、丁寧に、荷造りしています。まん丸のオレンジのようなのは「晩生種『もみじ3号』」です。このたまねぎは、もう少し冷蔵庫保管分があります。楽しんでいただける期間ももう僅かです・・・。

シャルムは、近くの産直に出荷することもあります。

 7

手前のオレンジ色は「柿」です。今年は豊作で、これも産直に出しています。

倉庫内がカラフルになると、私たちの気持ちも楽しくなります。休憩時のおやつは、もちろん「柿」。休憩が待ち遠しいこの頃です。
 今日もシャルムの収獲、頑張りました。   byあっちゃん

このページのトップヘ