淡路島 濱田ファームのブログ

安心・安全の有機特別栽培たまねぎ。

 1

先週の日曜日、鳴門へ帰るわくから「じぃちゃん、今度(来るとき)は「田植え」やなぁ」と約束されていたてっちゃん。さぁ、今週の日曜日は・・・??

苗も、出番を待っています!!

 2

先週のてっちゃんは~~( ‘ω’)?

赤玉ねぎの収穫をしたり~

 3

 4

甥っ子の伸ちゃんや永子姉さん夫婦も手伝いに来てくれています。

晩生(おくて)の玉ねぎ「もみじの輝き」を収穫したり~

 6

「ど完熟」状態です~Σ(*゚◇゚*)!!

 5

「そら豆」の収穫をしたり、写真は撮れませんでしたが土壌改良剤を田植え予定の田んぼに入れたりしていました。

それで、今週日曜日のわくは~

 7

これは、玉ねぎ小屋の地面をきれいに整えているところ。本物の鍬を持って草を削っています。土の中から金属のまぁるい物を掘り上げて、わくはご機嫌です~ヾ(*´∀`*)

 8

と言うことで、「田植え」はできませんでした。でも、玉ねぎ小屋の片付けをするのにフォークリフトに乗ったり、農民車でいろいろ運んだり、田起こしするのにトラクターに乗ったり、わくはご機嫌でした。

 

今週のてっちゃん、晴天続きに雨が欲しいところですが、「水曜日に大きな雨が降る」との情報に、大急ぎで晩生「もみじ3号」の収穫を始めました。田植えの準備は・・・伸ばします・・・(´・_・`)。

 9

 10

 11

「超ど完熟」の玉ねぎ、わくがきれいに整えてくれた玉ねぎ小屋で乾燥させます。

今日は、この玉ねぎ小屋横の畑の「もみじ3号」を収穫して今季の玉ねぎ収穫を終えます。

次の日曜日は田植えができるかな??          byあっちゃん

5月4日(木)

 かなちゃ~ん、玉ねぎは、こうして穫って~

 1

 こうして切って~

 2

 あれっ、かなちゃん? どこに行ったの??

 「にぃに~、『がらがらどん』の大きいヤギの角みたい~」

 3

 かなちゃんは、おもしろいことを言うなぁ。

  

  

5月7日(日)

じぃちゃんとレンゲ畑の様子を見に来ました。

去年いっぱい咲いた畑は、今年はあんまり咲いていなくって、去年ほとんど咲いていなかった畑が今年はいっぱい咲いています。不思議だなぁ。

 4

わくは、いっぱい写真を写してもらって、モデルさんになったような気分でした~♪

じぃちゃんは、「早よ、鋤き込まなあかんな」って言ってたよ。まだきれいなのに、もったいないなぁ。早く鋤き込む方が、良い土になるんだって。

 

 

 5月21日(日)

 午後一番のお仕事は、野菜苗へお水やりだよ。

 5

 6

ハウスじゃないんだよ。ガレージとおうちの間だよ。

あのね・・・、実は・・・ハウスの野菜の苗、全滅しちゃったんだ。じぃちゃんが「今年は50種類の作物をつくる」って言ってたけど、水やりのできない日が続き、気がついたらみんな枯れちゃってたんだって。あぁあ・・・わくが居らなあかんなぁ・・・。

倉庫へ行ったよ。発見、発見。れんげ米用のコシヒカリの種籾をつけていたよ。昨日つけたんだって。

7
 

籾蒔きは金曜日ぐらいだって。わく、来れないなぁ・・・。

りんごの木に実ができていました。

 8

一つのところから2~3個の実が出てきているので1個にするんだって。甘夏の花は、今年は少ないです。甘~い匂いも全然しません。

 9

「花」といえば、たまねぎ畑の横に花を見つけました! 遅~くに蒔いた「そら豆」の花です。草も生えてきました。引いてやりたいけど、玉ねぎの収穫をしなくっちゃ。そら豆さんは、また今度~。

白玉ねぎの「ホワイトベアー」の収穫に来たよ。

 10

引く→根を切る→持ち替える→葉を切る→コンテナに入れる

 11

わくは、花のついていない玉ねぎ係だよ。これは切りやすくって、楽しいよ~ヾ(*´∀`*)

 

 

 5月22日(月)

 玉ねぎの花って、きれいだよ。

 12

今日は運動会の代休で、昨日からじぃちゃんちに来ています。これから収穫体験のお客さまが来てくれます。バス2台だって。たくさんのお客さまに会えるって、ドキドキするなぁ。頑張って、じぃちゃんのお手伝いをしようっと。 byわく

 

玉ねぎの収穫はむずかしいな。畑で遊ぶほうが楽しいな。 byかなと

 

玉ねぎ収穫は「お手の物」のわくです。てっちゃんもあっちゃんも、本当に助かっています。もう、一人前です! 収穫体験のお客さまの前で、見本役をしても楽々です。お客さまから拍手をいただいたこともあります。
   かなとは「田んぼデビュー」してまだ日も浅いので、田んぼに一緒に来てくれるだけで嬉しいです。虫や鳥や花をたくさん見つけたいねぇ。じぃちゃんのトラクターや田植機にも乗りたいねぇ。 byあっちゃん

昨日は、わくちゃんファミリーが手伝いに来てくれました。

まず、中生(なかて)種「ターボ」の収穫!

 1

前々日掘り起こした「ターボ」、切り口の乾燥状態もよく、これからコンテナに入れていきます。てっちゃんも空のコンテナを運んできました。わくとてっちゃんは配り係、かなとと父ちゃんは詰め係です。

 2

さぁ、みんな詰め係になりました。どんどん玉ねぎが入っていきます。

この畑と並行して赤玉ねぎの収穫もしていました。

一面の草っ原です(一か月前はきれいな玉ねぎ畑でした。除草剤を使わない濱田ファームですので、温度と降水があればこうなるのです・・・)が、この中からイイ物が出てくるのです。

 3
  4

玉ねぎ掘り機は、よく仕事をしてくれます。玉ねぎを1個ずつ掘り起こし、長い葉っぱを切ってくれます。1畝4筋玉ねぎを植えていますが、2筋ずつ掘り起こしていってくれます。

畑の端や変形した畝は手作業で引き抜いていって草刈り機で葉っぱを切っていきます。

切り口が乾燥したらコンテナ詰め。この日は永子姉さん夫妻と甥の伸ちゃんが来てくれました。はかどりました!!

 

昨日の夕方はプール作り。みんな「じょれん」という鍬に似た道具を使って畑を平らにしています。かなともユンボに乗ってお仕事をしています。

 5

一週間前に籾蒔きした「もち米」と玉ねぎ収穫後の畑に植えるコシヒカリ、木曜日に棚上げをしましたが~

 6

   芽も根もこんなに伸びています。もう、タイムリミットです!

 7

あっちゃんは、もち米の苗から運んでいきます。てっちゃん達はシートを広げプール作り。ゆいなちゃんも応援に来てくれました。あれあれ、、わくとかなとはプールで遊び始めてしまいましたよ。

 8

ツルンとすべって服もぐちょぐちょ・・・。腰も頭も打ってしまったけれど、ここは畑だから大丈夫! ここだけは大丈夫! せっかくだもの、思い切って遊ばなくっちゃ!!

 9

強い日差しを避けるため覆いをして完了~ヾ(*´∀`*)

わく達もユンボを洗ってお仕事終了~~((o(*゚∀゚*)o)(o(*゚∀゚*)o))

 10

てっちゃんはわくに「今度は田植えやなぁ」って言われていました。土壌改良剤を入れたり、田起こししたり、水漏れ防止の処置をしたり、水を入れたり、代かきしたり・・・、玉ねぎさんも待っていますよ~。

頑張らなくっちゃねぇ。「おたすけマン」来てくれるかなぁ・・・。 byあっちゃん

昨夜は、頑張りました!

 1

冬の新玉ねぎ「シャルム」の苗を掘り上げています。玉の部分が3センチ前後になったものを掘り上げ、束ねて乾燥させるのです。今年の出来は、上々です。

 

3月19日、種を蒔きました。ちょうど極早生玉ねぎ「濱の宝」の収穫が始まったところでした。

 2

1ヶ月後(4/13)~

 3

中央の畝から右に3畝分が「シャルム」です。3畝目は、種が余り、土壌消毒をしていないことを承知で種蒔きした畝です。青々してきたのは雑草が伸びてきたからです。

2ヶ月後(5/15)~~

 4

撮影の向きを変えました。中央の畝から左に3畝分が「シャルム」です。3畝目は、シャルム苗を覆ってしまうほどに雑草が伸びています。ほかの畑の草引きや新玉ねぎ収穫の方に手が要り、なかなか3畝目の草引きができません・・・。

2畝目の端をズームアップすると~

 5

それから10日経つと~

 6

玉が膨れてきました。もうすぐ掘り上げの時期です~ヾ(*´∀`*)

先月末、玉の大きいところから試し引きを始めました。

 7

3畝目は、葉っぱこそ伸びていましたが、玉は全く大きくならず、トラクターで鋤き込むことになりました。

 8

 9

可愛そうだけれど仕方ありません・・・。

それから5日後、葉っぱが倒れてきました。掘り上げのサインです~♪

 10

1日半かかって、2畝分の草引きと、玉の掘り上げをしました。

 11

すっきりしました。午後から、束ねていきます。てっちゃんのお手本です!

 12

30本をまとめて~

 13

2つの束をまとめて完成!

 14

この後、てっちゃんは中生(なかて)種「ターボ」の収穫に行きました。

夕方、キャベツを穫りにきたてっちゃん~

 15

あっちゃんも頑張っているのですが、まだまだ終わりそうにありません・・・。それで、トップ写真のようになってしまいました。天気のことを考えると、どうしても仕上げておきたい!こんな日もありますよ。今は農繁期の真っ只中ですもの。

さぁ、束ねた「シャルム」苗を風通しの良いところで干しましょう。玉ねぎ小屋がいいですねぇ。

 16

明け方から小雨が降り始めました。セーフです。

残りの「シャルム」、雨の恵みをいただいて玉がもうひと周り大きく膨れてくれると嬉しいです。

中生や晩生の玉ねぎにも、稲の苗にも、恵みの雨であってくれることを願っています。草引き作業にも恵みの雨になりますように~m(_ _)m   byあっちゃん

先週末、わくが来た日、今年2回目の籾蒔きをしました。

 1

苗箱の中の色が3パターンあるのが分かりますか?

奥は、まだ籾を蒔いていないところです。手前と中程で色が違うのは、蒔いている籾の種類が違うからです。

 

今年は2種類の種籾を用意しました。

 2

いつもの「コシヒカリ」ともち米の「ヤマフクモチ」です。濱田ファームでもち米を作るのは初めてです。お餅好き、お赤飯好きな家族・親戚のために、てっちゃんが挑戦したのです。

いつもの「コシヒカリ」の種籾です。

 3

青いのは消毒済の印です。種籾を害虫から守る薬剤と病気から守る薬剤が使われています。

これは「ヤマフクモチ」の種籾。

 4

これも消毒済の種籾ですが、青くないのは・・・どうしてかな??

5月30日に浸種。

 5

6月3日には~ まず、「コシヒカリ」、

 6

種籾が膨れ、芽が出てきたものもあります。「ハト胸」とおじいちゃんが言ってましたねぇ。

「ヤマフクモチ」は~

 7

コシヒカリほど丸くはありませんが、水分をたっぷり吸って、膨れていますねぇ。

さぁ、籾蒔き、籾蒔き! まずは、量の少ない「ヤマフクモチ」から。

 8

そして、「コシヒカリ」。

 9

わくは今回、このお手伝いがしたかったのです。翌日大切な用事があるので、今日はここまで。得心して帰りました。ありがとうね~♪

それでは、籾蒔き後半、二人でスタート!! シャワーを使い種籾を均し~

 10

そして、「苗立枯病」予防の水和薬剤を散布し~

 11

培養土をかけていきます。

 12

苗箱の縁の土を取り払い、蒔き残した部分に培養土を手蒔きし~

 13

苗箱を重ね、保湿と保温の手立てを施し、完了~(^^

 14

うふっ、実は、倉庫横には既に~~

 15

「コシヒカリ」の苗が約90枚~。

5月下旬に1回目の籾蒔きをしていました。これは「れんげ米」としてレンゲ栽培の圃場に植えるのです。

「コシヒカリ」の種籾を蒔くとき、苗箱の縁に残った種籾は箱の中にそっと入れてやり~

 16

蒔き残しの種籾は、手蒔きして表面を整えます。

 17

苗箱を重ねるのも、もちろん人力です!

 18

保湿と保温を施し(この毛布、おじいちゃんやおばあちゃんが何十年も昔、使っていたものです。毎年、二人に見守っていただいています)~、

 19

3日半経つと~~

 20

順調に発芽し、芽が苗箱を押し上げています。棚に上げましょう~ヾ(*´∀`*)

 21

今年は例年よりもしっかりした苗を作りたいてっちゃんは、棚の使い方を少し変えています。今までは1段飛ばしに苗箱を入れていましたが、今年は1段ごとに入れています。間隔が狭くなる分、棚の中での育苗期間は短くなります。

 22

今まで、棚の中での保湿保温期間が長かったので、苗自身がひょろひょろしてしまい、外に出しても、水田に植えても、何だか弱々しかったのです。

 23

棚に上げて3日目。苗の先端が上の苗箱に当たってきました。外のプールに出します~。

 24

 25

色むらは、心配ご無用。移動作業の日、半日ぐらい保湿保温のシートや毛布を外し、倉庫内の自然光に当てていたからです。病気で弱っているのじゃないですよ。棚に並べた苗箱の場所により光の当たり方が違うのです。室内光でもこの違いです。外の光は強いので、しばらくはシートをかけておきましょう。

 26

なかなかイイ感じに育っています。わくにも見せてあげました。田植えが楽しみです~♪

 27

この土日で、近所の田んぼも田植えがどんどん進みました。私たちも田植えの準備を進めつつ、中生(なかて)玉ねぎの収穫、シャルム苗の掘り上げ、玉ねぎ畑の草引き、夏野菜の定植・・・今やること、今やりたいことが山盛りです。今日の用事(キョウヨウ:教養)と今日行くところ(キョウイク:教育)がいっぱいの毎日を送っています。  byあっちゃん

このページのトップヘ