淡路島 濱田ファームのブログ

安心・安全の有機特別栽培たまねぎ。

 濱田さんちのリビングに並んでいる「これ」、何でしょうか?

 1

 右は「産地の奥さん ごちそう様!」のステッカーでもお分かり、トミーズ健さんの色紙です。「よーいドン!」の撮影は330日にありました。

 左の緑のもの、「トミーズ」さんのステッカーが貼ってあります。よく見ると、健さんの方にバツ印が付いてます・・・??

 日付は415日、トミーズ雅さんに書いていただいたサイン(用意していた色紙がとっても汚れていて、バインダーに書いていただきました)です。雅さんが、新たまねぎの収穫体験に来てくださったのです。ホントですよ~~***

 2

 ほらっ、ね。

 雅さんは大阪で「遊食 喜多村」というお店を持っておられ、お客さまやスタッフの皆さまとのバス旅行に淡路島に来てくださり、淡路島濱田ファームの「新たまねぎの収穫体験」もプログラムの一つに入れてくださったのです。

 夢のような話です。まさに夢の中~~(*’ω’*)(*’ω’*)

 

 毎年の収穫体験と同じように、お客さまをお迎えし、てっちゃんのたまねぎ話を聞いていただき~

 3

 4

 新たまねぎの丸かぶりもしていただきました。もちろん、雅さんに~♡

 5

 「美味しい・・・あっ、辛くなってきた。これは、生で(かぶりついて)食べるものじゃない。ドレッシングがいる・・・」と、感想を言ってくださいました。傍のお客さまも数人かじってくださり、和気あいあいと楽しい雰囲気~♪♪

 わくが手伝って収穫方法を説明(ちょっと速すぎたかな)し、皆さま真剣に見てくださいました。

 6

 7

 8

 さぁ、お待ちかねの新たまねぎの収穫です~ヽ(^o^) (^o^)丿

 「たくさん穫るぞ~」「どれがいいかな」「大きいのが穫れた!」と、皆さま楽しそうです。

 9

 10

 11

 かなともお手伝いに行っていたのですが、あまりにたくさんのお客さまに驚いてしまって固まっていました・・・(^^;

 前日からの雨に、たまねぎ畑の体験実施に心配もしましたが、皆さまの明るさに雨雲もどこかへ行ってしまいました。お帰り時はこの通り~~

 12

 

 ささっと収穫を終えられた雅さんに、お持ち帰り準備スタッフのあっちゃんはサインのお願いをしました。「いいですよ~」と快諾いただき、色紙とマジックを車に取りに行くと・・・!

 色紙のあちこちに汚れが・・・!!

 こんなのにお願いでけぇへん・・・(>_<)

 雅さんに何と言ってお断りをしたのか思い出せません・・・

 とっても残念な気持ちを抱えてお見送りに行きました・・・。

             !

 車の中にバインダー(クリップボード)を見つけ、これにサインを書いてもらおうと思いました。早く昼食会場に行かないといけないのに、雅さんと添乗員さんに無理を言ってサインをお願いしました。すみませんでした~~m(__)m

 リビングを通るたびに今春の夢のような出来事を思い出しています。

 13

 これからも、お客さまに喜んでいただける「新たまねぎの収穫体験」を続けていきたいと思います。お客さまを困らせることのないように気をつけます。 byあっちゃん

   さぁ、いよいよ「産地の奥さん、ごちそう様」のコーナーの後半編です。

 トミーズ健さんが向かったのは、親戚の神木さんのおウチでした。なかなか雰囲気のある塀です~(^^

 26

 迎えてくれたのは、修ちゃんと佐代子さん。

27 

 なんでも、チャチャッと美味しく作ってくれる佐代子さんです。

 28

 「銀のたまねぎです~」と、健さんの前に差し出したお料理~~***

 29

 素材の味が楽しめる簡単メニューです。

 30

 31

 ホイルを開いてお箸を入れた健さん、その柔らかさにびっくり!

 32

 そして、熱々の美味しさにも!!

 健 「美味しい! 水分が多いですね。果汁といいますか。甘い! 甘い!」

 佐 「調味料、何も無いんですよ。チーズとベーコンとトマトの味だけ」

健 「調味料入れてないんや。素材のベーコンの塩気とチーズの、そんだけぇ!?」

またまたびっくりして佐代子さんの顔を見た健さんのびっくり発言‼

 33

 続いて、ティータイムにぴったりなメニュー。

 34

 35

 右下写真補足:表面に卵を塗り、予熱200℃のオーブンで約20~25分焼きます。子どもが大好きなおやつに大変身~♪

 36

 37

 健 「おしゃれですねぇ。ヨーロッパですやん」

 佐 「そうですかぁ、淡路やけど・・・」

健 「周りがサクサクで、中がちょっと柔らかくなって、美味しい! 後からじわぁ~とえぇ甘みが出る。新たまねぎの甘味!? 上品な甘味や。玉葱がこうなるんや」と感心しておられました。それでは、バイバイケ~~ン (^o^)/

 

 そして、健さんが向かったのは「玉葱神社」。

 38

 39

 

 最後に向かったのは「AMA TERRASSE(アマテラス)」、平成28年オープンのペンションです。親戚の若夫婦がオーナー、奥さんはお料理上手です。お店のメニューじゃない、玉葱産地のちょっとおしゃれな家庭料理を、健さんに食べてもらいたく紹介したのです。

 「ここかなぁ」とやって来た健さん。

 40

 41

 ペンションのCMをちょっと~(*^^*)(*^^*)

 42

 最近人気の「アワイチ(サイクリングによる淡路島一周)」の中間地点に建つこのペンション。休憩、お食事、お泊りにどうぞ~~♪♪  
   それでは、お料理を~~***

 43

 44

 45

 フライパンの上で予熱で火を通した新たまねぎと、お皿に盛ったパスタにトッピングした生の新たまねぎ。みずみずしい玉葱と予熱で甘味が増した玉葱、両方の玉葱の美味しさが味わえる一品です。

 46

 健 「いいですねぇ、これ。新たまねぎの甘み、すごく分かります!」

 洋 「とても甘いです」

健 「甘いですねぇ‼」と絶賛でした。そして、

 健 「アマテラス?」と、ペンション名に疑問をもったようで

 洋 「この地区、『阿万(あま)』って言うんです」

健 「それで、阿万テラス。天照大御神にかけて」と納得してくれましたが、洋子さんの一言に大笑い~ヽ(^o^)丿

47 

続いては~

48

49 

洋子さんから「コショウちょっと多めが美味しいよ」と内緒で教えてもらったので、あっちゃんは塩コショウの他にも黒コショウを1振り2振りしています。

50 

今度の試食には、子どもさん(硬い表情、初めてだものね)とおばあちゃん(朗らか、憧れのお姉さん)も参加してくれました。

「美味しいわ! 豚と新たまねぎ、相性いい。サイクリングで皆フラフラになって疲れて、新たまねぎ食べて、栄養いっぱいあって、ちょうどいい」と健さん太鼓判を押してくれました。お店のメニューになる・・・??

それでは恒例「お礼のギャグ」~(^^)v

51
   52
 

 健 「オニオン持った鬼よ

 53

 澪生(みお)ちゃんのかわいい笑顔が印象的でした。

 54

 健さん、嬉しかったやろうなぁ~(^^)

 55

 健さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました~m(__)m

 

 さて、画面はスタジオです。男と女さんが持ってきたものは~

 56

 男と女「新たまねぎも健さんのギャグも両方ウマイ! たま()には、ねぎ()らわせてもらいました~新玉と豚肉の巻き寿司でぇ~す

 57

 58

 男と女「美味しい玉葱料理を食べて、元気スイッチをオニオンしてください」

 59

 「巻き寿司?」「意外な料理やなぁ」「おもしろい!」「美味しい‼」「甘い‼」「子ども、喜びますねぇ」「豚肉の脂と玉葱が相性えぇわ」「玉葱がみずみずしいなぁ」と、皆さんの感想をいただきながらコーナーは終わりました。サバンナさんは「新玉丼」のことも、もっと聞きたかったようです。

 

 神木さん、出田さん、本当にありがとうございました。

 テレビを見てくださった皆さん、ブログを読んでくださった皆さん、どうぞ興味をもたれた料理を作ってみてください。どれも、美味しいですよ~☆☆☆ byあっちゃん

   さぁ、いよいよ「産地の奥さん、ごちそう様」のコーナーです。

 トミーズ健さんが、「今回の食材はこちらです。新たまねぎ。まさに今の時期です」と紹介してくれました。

 1

 真面目です。落ち着きのある、とっても優しいイメージ・・・が・・・

 イェイ、イェイ、イェイ、イェイ、イェイ、イェイ、イェイ、イェ~イ。

キンコンカン け~んちゃ~ん~♪ と、いつもの健さんになって登場!!

 2

 3

 そして向かったのが~~

 4

 5

 わが家のたまねぎ畑。玉葱の様子を見回りに来ていたてっちゃんに会いました。

 健 「新たまねぎの畑ですか、これ全部? 時期はいつからいつ?」

 哲 「4月から5月の上旬です」

 健 「手で収穫するの? 鍬とか持たんでええの?」と、1本引いてくれました。

 6

 健 「淡路の新たまねぎの特徴は?」

 哲 「みずみずしくて、辛味が少なくて、サラダにむいてますねぇ」

 健 「そのまま生で食べられるの?」と驚いた健さん。
 そのまま食べてみることになりました。

 7

 8

 9

 「うわぁ、きれいわぁ。真っ白ですなぁ。べっぴんさんやわぁ」と健さん。
 嬉しいことを言ってくれます~(^^

 10

 11

 「みずみずしくて甘い! 最後ちょっとだけ(辛味が)きますね。でも、前半むっちゃ甘い。すっごく、みずみずしい!! これも(辛味も)含めて美味しいんやもん」と、3回もかぶりついてくれました~!(^^)! (^^) !(^^)! ありがとうございます。

 12

 「あっちゃ~ん」と呼んでいただきました。うふっ。

 13

 「幸せそうでんなぁ。分かる。絵にかいたような幸せや。孫、ようさんいてますやん。みんな引っ付いて」と写真を見てくれました。

 14

   さぁ、それでは新たまねぎのお料理です。

 15

 まずは、簡単・メチャ旨、わが家の定番「新たまねぎとワカメのサラダ」です。

 16

 17

 18

 健 「ホンマに『生』? 火を通してぇないの? やわらか~」

 厚 「たまねぎに縦に繊維が通っていますね。それを~」と、切り方のコツをお話しました。詳しくは画像写真をどうぞ~~***

 19

   20

20-1

と話していると、健さんがあることに気づいてくれました~艸`*)

21

それでは、新メニュー! 最近ハマってます!!

22 

豚肉の脂を新たまねぎに吸わせたいので、わが家では「肩ロース」を使います。「バラ肉」ではこってりしすぎるように思います。

 23

写真右上、味付けの割合は、しょうゆ3:酒2:ごま油1。これがベスト~(^^)v

 24

「美味しい~! 新たまねぎの歯ごたえ、程よい程よい。豚とたまねぎが相性バッチリ! なんで思いつけへんかったんやろう」と、褒めていただきました。ありがとうございます~m(__)m

 25

 ということで、健さんは友だちの家に向かいました。つづく。  byあっちゃん

3月17日(土)

 じぃちゃんちに来たよ。久しぶりにお泊りするよ。

 今日のお仕事は、コンバインの台車の片づけからだよ。

 1

 じぃちゃんは稲刈りが終わってから忙しくって、きちんと台車を仕舞ってなかったんだって。新しい機械も買ったし、きちんと仕舞えるスペースがなかったんだって。やっと仕舞えました。

 それからみんなで甘夏採りをしたよ。

 2

 じぃちゃんが高いところの甘夏を採って、わくとかなちゃんが網に入れてコンテナに集めるんだよ。

 3

 かなちゃんも大喜びで手伝ってくれたよ。

 この甘夏は、コンテナに入れたまま、もう少し寝かせるんだって。今はハッサクの方がおいしいもんね。

 

 

3月18日(日)

 お泊りしたよ。朝一番の仕事は、ハウスの窓開け(ロールアップ)だよ。

 4

 ハウスの水やりをしていたら、かなちゃんもやってきたよ。

 5

 かなちゃんにも手伝ってもらったよ。

 お昼から、じぃちゃんとお庭の草引き。これからどんどん草が生えてくるんだって。小さいうちに引きぬくといいんだって。

 6

 それから、東の畑に大根の種を蒔いたよ。

 2月の終わりに、じぃちゃんとあっちゃんが種を蒔いたのだけど、その後の「春一番」にあおられて種が無くなってしまったんだって。それで、わくが蒔き直しをするんだよ。

 7

 一つの穴に2粒ずつ種を蒔いていくのがむずかしかったよ。大根の種は小さいからなぁ。
 「はつか大根」と「トウモロコシ」の種も蒔いたよ。ちゃぁんと水やりもしたよ。大きく育ってね。

 8

 

 

3月25日(日)

 今日の朝一も、ハウスの窓開けだよ。どれくらい上げればいいのかもよく分かっているよ。

 9

 それからおネギを採って(これは難しいので見ているだけ)、出荷の用意。汚れを取ったり袋に詰めたりするのはじぃちゃん。わくはシールを貼っていったよ。この時期のネギは、葉っぱが折れやすいんだよ。それで、わくはさわれないんだよ。仕方ないもんね。

 10

 「とれたて」さんへ持って行って並べるのもわくの仕事だよ。

 11

 帰って来て、ハウスの野菜にたっぷりとお水をやったよ。

 12

 あれっ、「はつか大根」の葉っぱが大きくなってきたよ。うれしいなぁ。

 早く新たまねぎの収穫がしたいなぁ。    byわく

 

 

 「甘夏採り」、おもしろかったなぁ。早く美味しくなりますように。

 にぃにの蒔いた「はつか大根」、ぐんぐん大きくなってきたよ。この前、間引いたのをマヨネーズをつけて食べたよ。

 13

マヨネーズ味、最高!!      byかなと

 

 

 田んぼや畑で見るわくの笑顔は最高です(日光のまぶしさは少々苦手ですが・・・)。

わくが蒔き直してくれた大根も2本ずつ芽が出、先日、間引いてもらいました。

14
   お味噌汁の実にして美味しくいただきました。
3日分になりました。美味しかったですよ。ごちそうさまでした。   byあっちゃん

 4101719分、これから淡路島新たまねぎ「濱の宝」の初出荷です~♪

 1

 向かった先は~~

 2

 「道の駅うずしお」さん。
 「おっ玉チェア」が設置され、てっちゃんはお客さん第1号で座らせてもらいました。店長さんに無理を言って一緒に記念写真も撮ってもらいました。

本日納めた新たまねぎ「濱の宝」は、通販「うずのくに」さんで使っていただきます。既に200人もの方が、てっちゃんのたまねぎを待ってくださっているそうです。ありがたいことです。新たまねぎの出荷がこんなに遅れてしまって、本当に申し訳ございません~~m(__)m(__)m

 この新たまねぎは、日曜日にわくと一緒に収穫したものです。

 3

 やっと大きくなってくれた「濱の宝」に、てっちゃんも嬉しそうです。

 この日は、「うずのくに」の店長さんがポスター用の写真を撮りに来てくれました。

 4

 毎年毎時期、ポスター写真を更新してくれています。店長さんのこだわりですね。私たちも収穫するたまねぎ畑の様子や生産者の正直な顔を知っていただくよい機会だと思っています。ありがたいですねぇ~♪♪

 収穫したたまねぎは天日で乾かし~

 5

外皮の汚れを軽く落とし~

6 

コンテナに入れて出荷します。

7

毎日続けてこの量を出荷するのは難しいことですが、数日後には第2弾の出荷もできそうです。

実は、明日の雨も期待しています。

 早く、待ってくださっているお客さまや「道の駅うずしお」さん「うずの丘大鳴門橋記念館」さんの売店に、てっちゃんのたまねぎをお届けしたいです。 byあっちゃん

このページのトップヘ