応援よろしくお願い致します。・・・・

人気blogランキングへ


 
 ヴィクトリアマイルの枠順が決まった。

 上位人気が想定される中での有力どころを

 ご紹介。

 
 14オールザットジャズ。

 エリ女15着と大敗したときは大いに格下だったと

 いう感じが否めない。

 G1はまだ早かった、と。

 ところがその後1000万、1600万条件を

 距離1800mで連覇しG2中山牝馬では

 昨年のヴィクトリアマイルでブエナ、アパパネと

 死闘を繰り広げたレディアルバローザの

 ハナ差2着となり一躍G1でも戦えそうな雰囲気になった。

 前走では初めての重賞(距離1800m)を勝ち

 4連対中の勢いのある馬。

 東京コースは初めて。

 これまで東京コースがはじめての馬で東京でのG1連対と

 なると相当な強さが必要だった。

 データではなく、重賞勝ちなら2〜3勝は当たり前、

 牡馬にも勝っている、などである。

 つまり東京コースの最後の坂で足がパッタリと

 止まらない馬が求められるということである。

 
 もっとも今回は牝馬だけの戦いなのでこの辺は

 割引してみてもよさそうである。

 
 たしかに前走は「強い勝ち方」をしていたので

 今回も面白いだろう。


 次に7アパパネ。

 この馬は昨年ブエナと死闘を演じて

 「ブエナ引退後はアパパネ時代」とイメージしていた

 ファンも多かっただろうが、当欄での見方は少し異なっていた。


 牡馬と戦い、一度も勝っていない。


 どうですか、力強い牝馬はすべて

 力強く戦い勝っているのである。

 ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、名前を上げれば

 納得していただけるだろう。

 残念ながらアパパネはこの水準に一度も達しないまま

 人気だけは高かったのだ。

 さらに「もう終わった」かのようなレースが続いていたが

 最近少しだけ上向いていることは事実。

 厄介だが相手関係で必要か不要かがわかりやすい馬である。

 東京コースは得意なだけに軸は無理でもヒモとして

 どうするか、である。


 1マルセリーナ。

 この馬もいつも人気が高い。

 アパパネよりは前で入着しているのだが

 やはり勝ちきれない。

 善戦して上位には入るのだが

 勝つまでにはいかないのである。

 調子はいいそうなので相手関係である。

 やはり軸は無理でもヒモの1頭。


 










 

 
 


 

 

 

 
 

 
 
 
 




重賞に安定した成績を残しています!


ザ・シークレット・ホース



 

 
 
  

【あわせ技】の要素は『距離』『格』『調教』『速力』
  
 『競馬場適性』が中心