2006年08月26日

【攻撃に曝されるデンマーク軍がアフガンの基地より撤収】Deutsche Presse Agentur(2006/8/25)

コペンハーゲン発―コペンハーゲンのBerlingske Tidende紙が金曜日に報じたところによれば、アフガンの抵抗勢力による猛攻撃を受けて、デンマーク軍司令部はアフガンのMusa Qala基地に駐留する自軍を全て転進させた。

抵抗が活発なHelmand州に在る基地を占領して以来、デンマーク軍は殆ど毎日のように攻撃を受けてきた。その結果、多くのデンマーク兵が負傷している(2名が重傷そして他複数名が軽傷)、と7月21日の新聞では報じられていた。


アフガニスタン派遣軍は訓練不足であり且つ装備も貧弱、とデンマーク兵労働組合( The soldiers’ association trade union )は指摘する。

兵隊たちは地域の市民生活復興を支援するためにMusa Qalaに送り込まれたのにも拘らず「全面戦争」に曝されてしまった。と組合は主張する。

Soren Gade国防大臣が批判を退けて述べるには「Musa Qalaのような場所に長期に渡って留まり続けることは、誰にも出来ない。兵隊たちが一息つけるよう、別の場所に彼らを移すことが目的である。」

陸軍参謀本部は、この配置転換を「計画的な休養」であるとしている。

現在デンマークは、アフガニスタンの国際治安支援部隊に対して、225名の兵隊を送り込んでいる。

*****

関連記事。
英軍がHelmandのデンマーク軍を配置転換】Afghan Islamic Press(2006/8/26)
原文:British troops replace Danish forces in Helmand

KANDAHAR発(アフガン・イスラム通信):HelmandのMosa Qala郡に派遣されているデンマーク軍の分遣隊が英軍によって昨日(8月24日)に配置転換されたことを、NATO要員が明らかにした。KandaharのNATO報道官Malcom Innis少佐がアフガン・イスラム通信( Afghan Islamic Press; AIP )に語ったところによると、この配置転換は100名のデンマーク兵がHelmandでの交代任務を完了したことに因る通常の活動であり、現在彼らは英軍と共に再配置されているものである。Innis少佐は郡の名前を明らかにしなかったが、デンマーク軍報道官による複数の発言からみて、配置転換はMosa Qala郡にて行なわれている。Mosa Qala郡では、ここ数ヶ月に渡って激しい攻撃が目撃されている。

NATO派遣英国部隊がアフガン高地から転進】Reuters AleterNet(2006/8/22)



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/awtbrigade/50364152