2006年08月27日

【アフガニスタン:「俺は、君のために死にに行く」側のメディアより】

 攻めてる側の商業メディアが次のような景気のよい記事を載せておりました。「勝った、勝った、また勝った」の大政翼賛報道の裏では何が進行しているのか、「俺は、君のために死にに行く」側のメディア記事を翻訳してみました(ここでの「君」は「大君」の意味ではありませんので、お間違いなきよう。)

タリバーン兵ら80人死亡 アフガンで戦闘激化】asahi.com(2006/8/20)

 アフガニスタン南部を中心に19〜20日にかけて、治安部隊側と旧政権タリバーン勢力の激しい戦闘が相次ぎ、タリバーン兵を中心に約80人が死亡した。南部では7月31日、北大西洋条約機構(NATO)が駐留米軍側から指揮権を引き継いだが、それ以降で最大規模の戦闘となった。
 AP通信によると、南部カンダハル州の村が19日夜、タリバーン勢力に襲撃された。NATO軍の支援を受けたアフガン警察が応戦、20日未明まで戦闘が続いた。地元当局者は同通信に対し、タリバーン勢力71人、警官4人、アフガン兵1人が死亡したと語った。
 一方、東部クナール州では19日、米軍などが展開するタリバーン・アルカイダ掃討作戦で、米兵3人がタリバーンの攻撃を受けて死亡した。
 さらに中部ウルズガン州でも、アフガン国軍を育成するために派遣された米軍チーム側が100人ほどのタリバーン勢力に襲撃され、米兵1人とアフガン兵1人が死亡した。
 19日はアフガンの独立記念日。タリバーンはこの日に一斉攻撃に出ることで、組織の存在感を改めてアピールする狙いがあるとみられる。タリバーンの攻勢は5月以降強まっており、ロイター通信によると、今年になってすでに90人以上の外国軍兵士が死亡した。

*******

【アフガニスタン占領軍の基地がロケット攻撃を受ける】Kavkaz Center(2006/8/16)
原文:Occupation forces base attacked with rockets in Afghanistan
翻訳:203号系統


無題
 

 

 連合軍の報道官が水曜日(8月16日)に発表したところによれば、昨夜Khost州の占領軍基地がタリバンからのロケット攻撃を受けた、しかし占領軍兵士に負傷者は出て居ない、とのことである。この出来事に関してAfghan Islamic Pressが確認を行なったところ、占領軍報道官Chris Millerは「Khost州Mando Zayi郡にてロケット攻撃があった。タリバンは基地の東部分を攻撃したが連合軍兵士や施設に損害を与えることは出来なかった。」と言っている。

これよりも早く、タリバン戦士の報道担当であるMuhammad Hanif師がAIPの事務所に電話を寄越して、昨夜タリバンはKhost州の米軍基地に対して3発のロケット攻撃を行なったが戦果の詳細は判らない、と述べている。

占領者ISAFの報道官が水曜日(8月16日)に発表したところによると、昨日KandaharのNATO基地が迫撃砲攻撃を受けて6名のカナダ兵と2名のkarzai民兵が負傷した、とのことである。KandaharのNATO軍報道官Malcolm Innis少佐がAfghan Islamic Pressに語ったところでは、ことが起こったのはKandahar州Ziari郡であり、昨夜にNATO軍基地に迫撃砲弾が着弾したことで、6名のカナダ兵と2名のkarzai「兵士」が負傷している。

火曜日にタリバンが報じたところでは、昨日Maidan Wardak州にて路肩爆弾によって3名の占領軍米兵を殺した、とのことである。

タリバン戦士の報道担当であるMuhammad Hanif師がAfghan Islamic Pressの事務所に何処からか電話にて連絡してきた。昨日(8月14日)午後にMaidan Wardak州Jalrez郡Ismail Khail村に於いて、1両の米軍戦斗車輌を遠隔操作の地雷で吹き飛ばした、と彼は述べている。

攻撃によって車輌は粉砕され3名の米兵が殺されたと、彼は付け加えた。

*******

【アフガニスタンにてNATO航空機が撃墜される】Kavkaz Center(2006/8/15)
原文:NATO Aircraft Shot Down in Afghanistan
翻訳:203号系統

8月14日午後、Zabul州Nowbahar郡に於いてタリバン戦士がNATO航空機を1機撃墜した。NATO航空機はロケット攻撃により墜落し、乗っていた全員が死亡した。

昨日(8月14日)午後、Maidan Wardak州Jalrez郡Ismail Khail村にて、タリバン戦士が遠隔操作の地雷を使って米軍車輌を粉砕した。

8月13日、Paktika州Barmal郡に於いて、タリバン戦士が傀儡・連合軍の合同車列を攻撃した。そして激しい銃撃戦となり9名の連合軍・傀儡兵が死亡し2両の車輌が粉砕された。一方で、2名のタリバン戦士が殉教した(神の思し召しのままに)。

8月15日、タリバン戦士はGulistan郡の警察署長を他8名の傀儡警察官もろとも射殺した。Gulistan郡はFarah州の州都から260キロ離れている。

*******

【タリバンがアフガニスタン東部での新たな攻撃について発表を行なった】Kavkas Center(2006/8/18)
原文:Taliban reports fresh attacks in eastern Afghanistan
翻訳:203号系統

タリバンは木曜日(8月17日)に、Kunar州とNingarhar州に於ける新たな攻撃にかんする情報を発表した。

タリバンの報道担当Muhammad Hanif師がAfghan Islamic Pressの事務所に何処からか電話にて連絡してきた。Kunar州Manoogi郡のKandigal地区に於いてタリバン・ムジャヒディーンが占領軍警邏隊を攻撃した、とのことである。

師によれば、この攻撃によって2名の占領軍兵士が死んで1輌の軍用車輌が粉砕された。また、Ningaehar州Battikot郡のChardehi地区でタリバンは、遠隔操作の地雷によって占領軍車輌を吹き飛ばした、とのことである。この攻撃で何名の兵隊が死傷したかは明らかではない、と彼は言っている。

それに先んずる「内務省」発表では、木曜日(8月17日)或る殉教者( a shaheed )がUruzgan州の州都Tarin Kotの傀儡「警察」の交番に攻撃を敢行し8名の傀儡karzai「警察」が負傷した、とのことである。タリバンの殉教者がUruzganの州都Tarin KotのGarmamand地区にある「警察」の交番に入り彼の身体に巻きつけた爆弾を破裂させた、とAfghan Islamic Pressは述べている。

Afhgan Islamic Pressによれば、殉教攻撃者が死んだ一方で8名の「警察官」が爆発により負傷した。しかし、25名以上のkarzai民兵が攻撃によって葬られた、とタリバンは主張している。

木曜日(8月17日)にPaktika州での占領軍航空機による空襲によって、少なくとも12名のkarzai傀儡「警察」が死んだ他2名が負傷した、と傀儡「知事」が発表した。

Paktika州傀儡「知事」Akram Khpalwakから詳細を取材したAfghan Islamic Pressによれば「Paktika州での連合軍ヘリコプターによる空襲によって、12名の国境警察官が殺され2名が負傷した」とのことである。

彼は、事故は本日正午にTora郡にて発生しており目下調査中、と言っている。

他方、占領軍報道官Chris MillerがAIPに語ったところでは、この報告については認知しているが調査中の事項であり詳細を述べることは出来ない、とのことである。

*******

【Laghmanにて30名の占領軍を殺したとタリバンが発表】Kavkaz Center(2006/8/20)
本文:Taliban reports killing 30 occupation soldiers in Laghman
翻訳:203号系統

Laghman州に於いて少なくとも30名の占領軍を殺したと、土曜日にタリバンが発表した。タリバンの報道担当Muhammad Hanif師がAfghan Islamic Pressに語るには「Laghman州Ali Shang郡にてタリバン・ムジャヒディーンと占領軍との間に発生した激しい戦闘は、夜まで続いた。」

「この衝突で、少なくとも30名の占領軍が殺されて、3名のタリバンが負傷した。」と彼は付け加えた。

また彼が述べるには、遠隔操作の地雷によって米軍車輌が吹き飛ばされて2名の米兵が殺された。この攻撃によって車輌もまた完全に粉砕された。

「タリバンは、Nooristan州Kamdash郡に於いて連合軍兵站輸送車輌の車列を攻撃し、2輌を破壊した。」とHanifは述べている。

彼はまた、タリバンが同郡の検問所を攻撃して兵隊1名を殺した他1名を捕虜にしたことを、付け加えている。連合軍報道官は、本日Kunar州にて2名の占領軍兵士が殺されたことを認めたが、占領軍からも傀儡「政府報道官」からも、上述のタリバン発表に対しての発言は無い。

******

【Kandahar州にて少なくとも30名以上の米兵と傀儡兵とが始末された】Kavkaz Center(2006/8/20)
原文:At Least 30 Other US and Puppet Troops Terminated in Kandahar Province
翻訳:203号系統

Kandahar州Panjwai郡に於いて、連合軍とアフガン国軍の車列に対してタリバンが待ち伏せ攻撃を敢行し、車列のうち10輌が粉砕された。その後、同地域にある陣地3箇所に対しても攻撃を行い、一掃した。

読むに耐えない西洋メディアは約70名の神学徒( Talibs )が戦斗で死んだはずだと主張しているが、アフガニスタン・イスラム共和国の正統なアフガン政権=タリバンが発表したところでは、たった12名のタリバン戦士が殉教(神の思し召しのままに)したのみである。少なくとも30名の米兵・傀儡兵が銃撃戦で死んだのに対して8名が負傷した。

その後、米軍機がPanjwai村を空襲し、婦女子を含む市民を殺した。市民たちはタリバンと関係は無かった。この地域では以前にも何回か銃撃戦があって、多くの市民が殺されている。

*******

【アフガニスタンに於いて36名のNATO兵・傀儡兵が死傷した】Kavkaz Center(2006/8/23)
原文:36 NATO, Puppet Troops Terminated, Wounded in Afganistan
翻訳:203号系統

8月22日、Laghman州Ningraj郡Dorsarka地区に於いて、タリバン戦士が侵略者連合軍の車列への攻撃を敢行した。この攻撃で2名の連合軍兵士が死んで、2輌の車輌が粉砕された。

8月21日、Chora郡Langar村に於いて、タリバンがISAFの車列への攻撃を敢行した。15名のISFA兵士が死傷し、車輌5台が粉砕された。

8月21日、Helmand州Garamser郡での攻撃に於いて、タリバンは5名の傀儡警察官を殺して警察車輌1台を粉砕した。

Helmand州Marja郡では3名の傀儡警察官が殺された。

本日(8月22日)Kandaharにて敢行されたNATO軍への攻撃によって4名のNATO侵略者が負傷したことを、NATO主導ISAFの報道官が明らかにした。目撃者によると、車輌群から発する小爆発は25分も続いたとのことである。この件に関して、タリバンからの声明は無い。

月曜日、Zabul州Shankay郡Pitao地区において、タリバンが遠隔操作の地雷が炸裂させて傀儡警察車輌を吹き飛ばした。この攻撃により、7名の傀儡警察官が死傷した。

月曜日(8月21日)、傀儡政府は昨日Helmand州に於いて5名のタリバン戦士を殺したと発表した。が、タリバンはその発表は嘘であるとして一蹴している。

8月22日に為された侵略者ISAFの発表では、Zabul州Nowzad郡に於いて9名のタリバン戦士がISAF兵によって殺されたと、嘘臭い主張が為されている。火曜日(8月22日)にタリバンが明らかにしたところでは、わずか2名の戦士が殉教(神の思し召しのままに)したのみで、昨夜にISAFがZabulにて行った空襲によって他3名が負傷した、とのことである。

*******

【19名の米兵と8名のNATO兵がアフガニスタンに果てる】Kavkaz Center(2006/8/23)
原文:Nineteen US and Eight NATO Troops Terminated in Afghanistan
翻訳:203号系統

8月22日、Laghman州Qala Bazar郡において、タリバンは連合軍車列を包囲した。タリバンは3輌の連合軍車輌を粉砕した。死傷者に関しての情報は無い。

月曜日の夜(8月21日)、タリバンは同地域で8名の米兵を殺した。

Akishang郡では激しい戦斗が10日間も続き、50名以上の連合軍・傀儡兵士が死んで15輌の車輌が粉砕された。この戦斗では3名のタリバンが殉教(神の思し召しのままに)した他5名が負傷した。

8月21日、Paktika州Khoshamand郡に於いて、タリバンが米軍に対する攻撃を複数回敢行した。死傷者に関する情報は無い。

同州Deli郡Lorgi地区に於いて、タリバンの遠隔操作地雷によって車輌が吹き飛び、5名の米兵が全滅。

また8月21日、Kunar州Manogi郡Lota地区に於いて、タリバンが米軍警邏隊に対する攻撃を敢行。引き続き発生した激しい戦斗によって14名の米兵が死んだ他4名が負傷。2名の神学徒( Talibs )が殉教した(神の思し召しのままに)。

8月21日、Kandahar州Pashmol郡に於いて、タリバンは陣地攻撃を敢行しそれを破壊した。また、傀儡警察の救援のため同地域に寄せて来たNATO軍にも攻撃を敢行し、タリバンはNATO軍の車輌を1台粉砕した。

今朝(8月23日)Kama郡Seekan村に於いて、タリバン戦士が傀儡警察車輌を吹き飛ばし、乗っていた偽信者全員は死んだ。

*******

【アフガニスタン:米軍戦車4輌、兵員輸送車3輌を爆砕】Kavkaz Center(2006/8/23)
原文:Four US Tanks, 3 Personnel Carriers Blown Up in Afghanistan
翻訳:203号系統

タリバン報道担当Mohammad Hanif師は、南部アフガニスタンに於いて複数の占領軍米兵を殺害したことを、発表した。

IRIBラジオパシュト語の電話取材に答えて、水曜日にHanif師が述べたところでは、アフガニスタンのGhaznei州の町GilanにあるGhazi村に於いて水曜日の朝、タリバンは遠隔操作地雷によって米軍戦車を吹き飛ばした。が、死傷者に関しての情報は無い、とのことである。

このタリバン報道担当者が更に述べたところでは、Ghaznei州の町Joe Ghatoの保安司令官を乗せた車が、タリバンの敷設した地雷によって爆発し、彼の護衛3名が死亡した他2名が負傷したとのことである。

また、Zabol州の町KhakにあるKharo村に於いて火曜日、アフガン政府の車輌が攻撃を受けて8名のアフガン国軍兵が殺されたとも、彼は述べている。

一方、Ghaznei州の町Ghara Baghの別地区では、アフガン・米軍合同警邏隊がタリバンの攻撃を受けて、戦車3輌と兵員輸送車3輌が爆砕されている。

*******

【タリバンがNATO車輌6輌を粉砕】Kavkaz Center(2006/8/25)
原文:Taliban Destroyed Six NATO Vehicles
翻訳:203号系統

木曜日(8月24日)、アフガニスタンのHelmand州とZabul州に於いて、タリバンが外国からの侵略軍( ISAF )車輌を6輌粉砕した。

今朝(8月24日)Helmand州Mosa Kala郡に於いて、タリバン戦士が3輌のNATO-ISAF車輌を粉砕した。1輌は遠隔操作の地雷によって吹き飛ばされ、他の2輌はロケット推進式榴弾( RPG )によって粉砕された。乗っていた兵隊は全員死亡した。

別の局面では、ArghandabとZabul州都Qakatとの間に在るSerai村に於いて、タリバン戦士がNATO-ISAF軍に対する攻撃を敢行し、3輌の軍用車輌を粉砕した。NATOの死傷者に関しての情報は無い。

*******


この記事へのトラックバックURL