2007年02月17日

【工場式畜産】Factory Farming

 動物と自然界を単なる利益のために搾取されるべき商品としか見なさないような姿勢が結実したものが、工場式畜産だ。
 畜産に於けるこの姿勢が、動物虐待・大規模な環境破壊・資源の枯渇そして動物と人間の健康への危機をもたらして来たのである。

***********


【フラッシュ・ムービーBackwards Hamburger】

Fast Food Nation

【環境への影響】
原文:Environmental Impact


 当然のことながら、集約的畜産業は貴重な天然資源の枯渇を招く。合州国では、膨大な量の穀物が人間では無く家畜によって食されている。この無駄で非効率なやり方によって、農業関連産業( agribusiness )と土地汚染の拡大とは不可分なものになってしまっている。森林・沼地など自然の生態系や野生動植物の生息地が破壊され、穀倉地や牧草地に変わっていった。千年かけて形成されてきた貴重な化石燃料や地下水そして表層土層の資源が消失し続けている。

 また合州国では、家畜が出す排泄物の量は人間のそれの130倍以上になる。数百万の魚を殺し、アメリカの河川の6割を「汚染」している主な要因は農業廃水である。合州国では、集約的畜産農業によって水路にフィステリア・バクテリアが蔓延しつつある。フィステリアは魚を殺すだけでは無い。人間の場合、痛み・吐き気・記憶喪失や疲労をもたらしたり時間や場所の感覚を失わせたりする。数千年も蓄えられていた地下水ですら汚染が進行中である。例えば、南カリフォルニアのSan Bernadino酪農場の敷地下にある帯水層には、下水処理場から排出される水に比べてより多くの硝酸塩やその他の汚染物質が含まれている。

**********

訳者より:以下も併せてお読み下さい。
肉食と環境問題を考える】宮路訳、The Environmental Magazine、2002年1・2月
工場式畜産における鶏卵製造工場
工場式畜産における豚肉製造工場
KFC納入業者が、家禽への虐待を内部調査。
チベットに関するKFCの喜ばしい決定
『ファストフードが世界を食いつくす』−BSE問題の背景】FRENCH BLOOM NET-DATA BASE(2006/4/6)
【邦訳『ファストフードが世界を食いつくす』は映画になってます】

【フラッシュ・ムービーThe Meatrix1/2】WWW.THEMEATRIX.COM

terror map


【フラッシュ・ムービーThe Meatrix:REVOLTING】WWW.THEMEATRIX.COM

terror map


【フラッシュ・ムービーWhat is The Meatrix】WWW.THEMEATRIX.COM
ご参考:偶有思考 平川秀幸研究室

terror map



 
 日本に住む人間にとって、肉食は道楽以外のなにものでもない。遺伝子操作された穀物飼料或いは穀物飼料を育てる過程で加えられる農薬品・育成過程で家畜に投入される薬品・食肉加工過程で注入される添加物・食肉を調理する過程で加えられる合成調味料が年数を経て自分の身体に跳ね返ってくる危険性があるだけでなく自分(とその子孫)の拠って立つ地球環境が自分自身の肉食道楽によって破壊されているとなれば、そんな道楽は続けるに値しない。止めてしまいなさい。
 しかし、ヘンテコ食材食品添加物に育てられて味覚破壊された「お客さまの『うまい!』」なんぞ、もとより信頼出来ないし食道楽とは呼べないか・・・。




この記事へのトラックバックURL