みんなのいえ   a/樋口建築事務所

大切なことってなんだろう  人それぞれ違う大切なコト
そんなことを包み込める家になるといいな
a/樋口建築事務所  樋口綾子

T字道路のつきあたりに位置する敷地は
道路が広いこともあって好条件
でも、ダイレクトに見えない方が気持ちいい
IMG_1883
IMG_1875
広いところから見るのと、狭いところから見るのでは
印象が全然違います









先日の打合せ時のこと。。デッキって使います? と質問が
我家のデッキは屋根がなく吹きさらしですが
七輪で炭火焼とか、大々的に道具を出さなくても済むようなコトをします
大々的なコトは、キッチン横の軒下で

日常では、お天気のいい日に家中のクッションやらソファーやらを虫干し
毛足の長いラグを干したりも

この年末年始はお天気がよく暖かかったので、来客用のシーツを干しました
IMG_1699
必要な時に、家と樹の間にロープを張ります
私はこの光景が、結構好きです






12日は棟上でした
長谷原棟梁と建主とで棟木を叩きしめて頂きます
170112_117
170112_15
170112_121
潮の時間で棟をあげたのが13時半頃
前日に宵建てをしていたとはいえ、大工さんが5人なので
段取りよく、どんどん進んでいきます170112_51
170112_86
神山の登りタルキも木頭の野地板もほぼ無節のキレイな材
組み上がりが楽しみです170112_67






170112_97



外は寒いので、ということでご配慮頂き
建主ご実家のお寿司屋さんでお弁当を頂きました

大工さんたちもほっと一息されたと思います
身も心もあたたまりました
ありがとうございました



先日、現場での打合せ時
その日は丁度大安ということで、棟札を設置することに
IMG_1775
棟札に書かれた字をうまく避けて穴を
五円玉と一緒に取り付けます
 ↑
棟梁は、年代順に並べていました

皆が見守る中、棟木に取付
IMG_1782
棟札は、火事から家を守るということでミズキという材を使用していますが
水には繁栄という意味もあるらしいです











残すところは、内装や建具・家具等、仕上げ工事
いつもお世話になっている内装屋さんがパテ処理を
170106_27
とても細やかな腕のいい職人さんです170106_11
170106_12
BlogPaint
玄関部分にRCの壁と植栽が加わると
室内からも外観上もガラッと変わりそうで楽しみです




すっかり日常業務
IMG_1731
来週は棟上げ
他の現場も目に見えて進んでいくだろうし
図面も進めなくてはいけないし!
今年も充実した年となりそうです!!

合言葉は今年も、コツコツと
毎年同じな気がしないでもないですが
それに尽きます





IMG_1686
本当にいい1年でした

新しい年も素敵な1年でありますように!!



立面的に、" 角 " をどう納めるか!?ということは、とても頭を悩ませることで。。。
四角い建物であれば、4ケ処の角
四角が重なれば重なるほど、小壁なんかがあるとさらに " 角 " が増える訳で。。。
外壁材の出隅の上から、カバー(役物といいます)するのが、一番楽ちん
でも、役物がたくさんあると目障り。。。


「阿南・中林のいえ」の外壁は、ガルバ小波のタテとヨコ
もう!!板金屋さん渾身の作に 顔がニヤニヤ
161228_14
161228_00
161228_04
工業製品には定尺寸法があり、どう加工するにも最低限必要となる寸法があります
それに合わせるためには、下地を調整
何mmで調整するのか、どんな順番で重ね合わすのか、留め方、雨仕舞等々
監督は、私に意匠的な納め方を確認しつつ、板金屋さんにも意見を聞きつつ
最大限効果的に現場を納めていきます
また、波うっている堅いガルバ。。。そこは、板金屋さんの腕
と、特筆すべきは、大工さんによって下地の調整がきちんとなされているということ
この細い見切りとガルバの小波
下地がこけていたら、変なスキマが出来るし、これだけスパッと通りません

さらっとフツーに納まっているようで、実は手に汗握る(笑)攻めの納まりです
素材が一般的ではないからこそ、それを可能にしているのは皆の連携とチームワーク
161228_11
今年もたくさんのチームワークに包まれました!!














↑このページのトップヘ