みんなのいえ   a/樋口建築事務所

大切なことってなんだろう  人それぞれ違う大切なコト
そんなことを包み込める家になるといいな
a/樋口建築事務所  樋口綾子

現場、進んでいます
IMG_0822
敷地は新しい分譲地ということもあり、2、3ケ処で工事が進んでいます
西隣も大きな一軒家だったのですが、地鎮祭が終わった頃でしょうか。。。
あっという間に解体され、賃貸物件の工事が始まりました
すでにお住まいのいえも、そのままだった庭が整備され始めたりなど
一帯の景色が目まぐるしく変わり、おもしろいです
なんだか勢いを感じます(笑)








先週のこと、友人に会いに東京へ
とても急だったので。。。ネットの力さまさま(笑)
家から空港までは10分くらいなので、2時間もすればもう都心!
これには、本当にびっくりしました!!
160917_00
こういう景色を見ると東京だなぁ〜と思います
新しいものと古いものが混在している感じ160917_01
おっ!東京タワーが!こちらの窓は浴室からの眺め!!
めっちゃ優雅なひとり旅(ネットさまさま)
夜もとても素敵でした

コルビジェの国立西洋美術館に行きたかったのですが
ゆっくり見るには時間が足りず。。。
丹下健三の東京カテドラル聖マリア大聖堂へ
160917_11
50年前に建てられた教会ですが、その当時斬新だったでしょうね
内部はコンクリートの打ちっ放しで、年月を経た風合いになっていますが
↑ 外観のままの内部構成
当初は外壁のシルバーと内部のコンクリートがガラス越しに同系色で続いていたのでしょうか
大胆なような繊細なような。。。禁欲的なような。。。そんな空間でした
きっと、工事中の型枠の光景も大迫力だったはず


文字通り、かけ足のトリップでしたが
パッと行けることがわかったので、次回は美術館へ!!

ま、飛行機キライなんですが。。。(笑)







痛いような日差しの中、無事に棟を上げることが出来ました
160910_65
屋根のカタチが少し複雑なのですが、緩勾配の屋根が水平を強調し
さらに奥行きを生み、、、見ごたえあります! 
ニヤニヤ、ワクワク(笑)
160910_88
内部も床に段差があったり、大きなテーブルがあったり、緑を楽しむ窓があったり
他にもイロイロ盛り沢山予定
"多分"現場も詰めなければいけないトコが盛り沢山予定!!
ドキドキ(笑)

建主の期待に応えられるよう
現場のみなさま
どうぞよろしくお願い致します!!

楽しみです











160901_06
この前、現場に行ったときにBOSE発見!
いろいろとこだわっていそうな、ばんちゃん大工らしいです(笑)

昔の現場といえば、AMだったのか?独特の音質と雰囲気で
ただただ、おっちゃんがしゃべっているのが流れてくるイメージがありました
音楽なんてめったに流れていなかったような。。。
それを聞くと、現場に来た感はめっちゃありましたけど(笑)

自分の好きな音楽を聞きながら、もくもくと手を動かす
どこでもアトリエですね!







敷地の条件は。。。
隣地との兼ね合いはもちろんですが、道路、方角等々いろいろ考えることはあります

光は欲しいし、風も通したい、室内ではノビノビ、ダラダラも(笑)
庭には駐車スペースが必要だし、BBQも。緑もあればいいな!
私の場合、閃く ということはなくて。。
いろいろな条件と様々な要望をひたすら整理し、整理し、整理し。。。組立てます
「東吉野町のいえ」もそんなことを考えつつの開口部と配置計画です
気持ちよく過ごせるのが一番ですね!!
160901_04






ひととおり図面のチェックをした後
水平材、登り梁、登りタルキ等、室内外で"現わし"で使う材の位置を決めていきます
160825_20
それこそ自然のモノなので。。。
色味も違えば、節の大小、小さな割れもあったりします
それらを並べ、どこに何を使うのかを決めていくのです
元、先といって根元か否か、どちらを東西南北どの方向に向けるのか
そんなことも勘案します

玄関から室内へ、、、はたまたキッチンに立った時、テーブルに座った時
デッキから見た時、洗面から出てきた時、、、などなど
図面をみながら。。。まさにその場に身を置いて、視線の先を想定
一番目がいくであろう場所には中でもキレイなのを

あてがいながら空間を確認していくことで
注意しなければいけないところも再認識・共有できます

"仕上げに構造材を現わす"だからこその作業です
160825_30
みっちり3時間かかりましたが、無事に決定!!

今回は梶本棟梁が登り梁等の手加工をしてくださいます
頼もしい限りです!!
よろしくお願いいたしまーす!!









まずは、プレカット屋さんとの最終打合せ
プレカット会社によっては、登り梁等、斜め材も機械加工出来るところもあるのですが
大体お世話になっているカキハラさんは、常駐の大工さんが手加工します
そんなこともあってなのか、細かいところの納まりや、金物のチェック等
いつも驚くぐらい図面をよく見てくださっています
(事前に片山さんの入念なチェックもあるのですが)
160825_04
プレカットは入力された数値通り、機械によって木材が加工されます
なので骨組みに関わることは、mm単位の高さはもちろん
どんな金物を使うかも含めすべてが図面上に表記されます
で、そのデーターでそのまま建ち上がるそうですが。。。
めっちゃわかりやすい!!
材の組み上がる順番、各部の高さ関係、金物の穴まで一目瞭然!!
160825_08
毎度打合せしていますが、初めてみました!!世の中は進化してますね!!









計画中の「松茂のいえ」は、敷地に続いて堤防があり、その向こうは川
台風時とか厳しい条件でもあるけれど
他ではなかなか味わえない景色も広がります

私が以前勤めていた事務所も、吉野川を望む位置にあり(3階建ての3階)
東を向けば河口、西を向けば眉山
川の青と空の青と土手の緑が広がっていました
しらす漁の時期は本当に幻想的な風景だったし
サヨリの時期になると釣り人が一気に増えたし
海苔の時期もあったな
夏になると、いろいろなマリンスポーツをしていたし
それこそ川に集う人々でも季節を感じていました
大切な思い出です

今の世の中の流れは、自然と人間をどんどん切り離していき
その結果、人も自然を受け入れ難くなってきていると感じます
家づくりは、そんなことと無関係ではいられない
イロイロと考えること多し!です

で、「松茂のいえ」は、2階リビング
土手から見下ろされる位置関係にあることを気にしつつ暮らすより
もっとおおらかに、気持ちよく!
IMG_0095_R













連日の猛暑
さらに追い打ちをかけるような、眩しいほどの反射具合(笑)
160809_10
屋根の遮熱シートです


しかし、目を転じると怪しげなモノが。。。
なにやらオモシロイ風貌
まさかと思うけれど。。。
でも、冷たい風が出てるよね。。。
160809_12
なんと!
クーラーでした!!
こんなのがあるんですね!!



まだまだ暑さは続きそうです
ホント休み休み。。。としか言えませんが。。。
よろしくお願い致します






基礎の段階では比較するものがないので
ポツンとある基礎を見て。。。
大体みなさん、こんなに小さくて大丈夫??と心配されます
( 柱が立ち空間が見えてくると安心されます )

「阿南・中林のいえ」は、平屋
図面を描いていたときから気づいてはいたけれど。。。(笑)
車庫やバイク置場など、玄関周りを充実させていることもあり
やっぱりデカイ!!結構なボリュームです
160814_07










↑このページのトップヘ