みんなのいえ   a/樋口建築事務所

大切なことってなんだろう  人それぞれ違う大切なコト
そんなことを包み込める家になるといいな
a/樋口建築事務所  樋口綾子

少し前、椅子が届きました〜と、建主から写真がIMG_6035
3月竣工ですが、すっかり馴染んでいい雰囲気!素敵です

さら〜としたシンプルな空間が、建主色に染められていく

余白。。私は大切したいと思っています
一見、機能的ではないかもしれない場所に
吟味された何かが飾られたり、フル活用されていたり

ありがとうございます
幸福感に満たされます













我家の東庭は家庭菜園。。。
収穫を目指して季節の野菜をせっせと植えるも。。。
自然に任せているので、なかなかですが(笑)
昼食をとりながら、ぼーっと眺めたり
煮詰まってきたら、外へ出てチマチマ草抜き

一番の活用方法は、室内から眺めることかな

ちょっとあれば嬉しいリーフレタスやネギやニラ、シソ
実益とコンパニオンプランツを兼ねたミントやタイム
ナスタチウム、ディルなどのハーブ類
春夏秋冬それぞれ楽しめる草花
花も果実も楽しめる果樹類

いろいろと混在する庭ですが
IMG_5957
次は何色を足そうか、あそこは高さを抑えようか、枝を整理しようか、、種蒔こうか、、
おっ!そろそろ収穫!?
等々
考えることがいっぱいで、、、
楽しんでいます





「垂水のいえ」の引渡し時は
バタバタしていたのと、引越しのための養生をガッツリしていたので
写真は撮らず、後から工務店さんに送って頂いていました
・・・ストーブ真正面の写真が欲しかったな(笑)
180321_07
180321_04
180321_00



有孔ボードって。。。ホントに使えますね!!
180504_00
↑この写真は建主が送ってくださいました!



世の中は大型連休だそうですが。。。
まわりを見渡しても。。
そんな世界はどこにあるのだろう???な感じです(笑)

一足先に配筋検査
180428_00
180428_05
IMG_5934
図面を見ながら、それぞれの箇所の鉄筋径、本数、ピッチ等を確認します


基礎工事は、土工、鉄筋、型枠・・・
なかでも基礎屋さんという職種があり
まずは基礎のカタチ(家のカタチ)に地面を掘り
砕石敷き+防湿フィルム敷き+捨てコンクリートを打ち
その後、墨を打ち(全ての基本となる線を現場にひく)
鉄筋を組んで型枠を組む、、、基礎の全てを賄います

しかし、ボリュームや工期等様々な要因で
鉄筋は鉄筋屋さん、型枠は型枠屋さんが施工する場合もあり
今回は鉄筋屋さん、型枠屋さんにお世話になります

何が違うか!? 言葉にするのは難しいですが。。
こうした方がコンクリートを打ちやすいだろうとか
ちょっとしたその道のプロならではの経験と心づかい?が違うそうです

明日はコンクリート打ち予定!
お天気が心配!!









大工さんは建主父
こういう設計事務所絡みの仕事は初めてだそうで
現場に行くと、怖い人が来たと言われます(笑)
娘家族のためにコトコトと
180421_01
180421_02
↑トイレや収納がくる裏動線ですが、空間的にはとても楽しみな場所!!


180421_21
現場に遊びに来る孫さんたちのために
こんなのをささっと作ってしまえるなんて
自慢のじーちゃんですね!










先日の打合せ時、建主が模型をケースに入れてご持参くださいました
アクリルで製作してもらったそうです
IMG_5569
IMG_5570
書斎ではぐるりと並べた模型や雑貨を眺めながら仕事をしたい、という要望
そこに仲間入りするのかな!!

なにやら仮ドメの輪ゴムが。。。ですが(笑)
竣工した暁には、ボンドで固定してくださいね!





180418_08
途中まで階段が!!
出来てしまえば、なんてことのない階段ですが。。。
壁の中等、見えないところで細工しています
180418_18
180402_04
↑これは、まわり階段の部分
杉板を加工し大きな一枚モノに
それを棟梁が(一発勝負で)カットし、4つのパーツが出来ます







180418_04
機械式の鉋(カンナ)???で
現場に搬入された壁や天井の下地材をもう一度調整

こうやって材を削ったり、(本当に)薄い材(1mmないような。。。)を挟んだりして
水平・垂直、寸法をバッチリ合わせてくださいます

昔ながらの鉋も(笑)
180418_22



整然と並べられた道具たち
こういうのを目にすると思わずニヤけてしまいます
とてもアートだと思うのです
180418_12
棟梁の人柄もしのばれます









我家の庭も新緑であふれています
玄関は新緑のアーチ
足元も
180418_34
IMG_5830





171220_01
171226_07
模型をつくっている段階って、骨格は決まりつつあるものの
これから詳細を詰めていく過程のまだ前段階
全てが流動的

プレゼンで3Dをみせるとか。。BIMとか。。。
3Dで図面を描いていくというのは、アプローチの仕方が違うんだろうか。。


いろいろと思うところはありますが。。。焦りますが。。。(笑)
アナログです










↑このページのトップヘ