みんなのいえ   a/樋口建築事務所

大切なことってなんだろう  人それぞれ違う大切なコト
そんなことを包み込める家になるといいな
a/樋口建築事務所  樋口綾子

IMG_3202-1
HPリニューアルに伴い、ブログ等々は移動しましたが。。。
2019年までの現場の様子等はこちらにあります。
まだまだ青かった自分の足跡も(笑)

座右の銘は、初心忘るべからず です。


ブログ → 雑記帖
  HP  → HP



名称未設定-1
ブログを始めたのは、そんなツールがあることを知り
丁度、いえ (「みんなのいえ」という物件名) を建てる時期と重なり、勢いで始めたのでした
その後、独立することとなり、現在に至ります

そんなブログも12,3年続きましたが
このたび、HPリニューアルに伴い、ブログもそちらに移ることとなりました
                       → 雑記帖
HPもまだまだ書ききれていないところもあり、少しずつバージョンUPしていく予定です
                       → HP

2019年、今年はいろんなコト、モノ、をリスタートする年にしたいと思っていて
HPもどうにかその波に乗せることができました









お天気のいい日曜の昼下がり(先週です)、「松茂のいえ」にお邪魔してきました

191117-143405_R
191117-142256_R
大きな窓も、ダイナミックで気持ちいいのですが、奥まった場所にあり
少し壁に囲まれた中にある窓が、思った以上に効果的に景色を切り取っていました
191117-151457_R
自然とともに
毎日、こんな景色を見ながら暮らしているのですね

朝一番、誰もいないような早い時間に起きてきて、スクリーンを開けると
景色を独り占めしているような、なんともいえない贅沢な気持ちになる
そんなことを話してくださいました

お話しを聞いた私も。。
その情景が目に浮かび、とても贅沢な気分になりました


5分もすれば忘れて日常生活に戻るような、小さな小さな心の動き
そんなささいなことが、どこか心の奥の方に少しずつ積み重なって
感性を育み、豊かな暮らしをつくる、そんなふうに思っています

いろいろとお話を聞きながら撮っていた私の心の中にも
なにかあたたかいものがたくさん積み重なったような気がします
ありがとうございます



来月の棟上げに向けて、プレカット屋さんの工場で材のあてこみをしました
玄関上部の屋根の構造材を仕上げとして見せます
191118 (20)
自然の木なので、色も違えば、節もあります
そんな材の年輪のはいり方や節のカタチから
こっちが下(根っこの方)なので、こう使った方がいい、とか
こう生えていただろうから、この面を上に向けた方がいい、とか
また、キレイな材はよく目に入るところ
といった具合に、材の並びを決めていくのです
時がたつと、同じように経年劣化し個々の差はなくなるのかもしれませんが

こういう時間が持てることは、とても貴重でありがたいことだと思います
191118 (5)
四角い断面も、こんなふうに見ると山にはえる木を彷彿させますね



配筋検査のため羽ノ浦にいたことと、イロイロとタイミングが重なり
3年前に竣工した「羽ノ浦・西春日野いえ」にお邪魔して、少し立ち話
191115 (2)
季節によって家の中を縦横無尽に移動し、猫的生活をしているとか
最近、居心地の良い場所を見つけ、そこで寝ているとか!
 ※部屋ではありません(笑)
軒が、夏はバッチリ日差しを遮り、冬は反対にぬくぬくで昼間は暖房がいらないとか

わずかな時間でしたが、その後の暮らしぶりをお聞きすることが出来ました
で、また近々、その後の竣工写真を撮らせていただく約束も!
ありがとうございます!




先週末は配筋検査でした
コンクリートを打つ前に、図面通りに鉄筋が組まれているか
鉄筋径は?本数は?ピッチは?等々確認します
工務店さんが確認し、私が確認し、瑕疵担保保険の検査員の方が確認します
191115 (2)
無事 " 合格 " で、今週はコンクリート打ちがあります

この週末、万代埠頭にある「島津臣志建築設計事務所」にて
ちっちゃく建築家展しています     ↑
                   ↑
               メインステージの真ん前です

皆さん忙しく、構想が決まっていなかったのですが。。。
3人で、あーでもないこーでもないと昨夜設営
終わったのは0時過ぎでした
IMG_2840
なかなかいい感じ。っぽくなりました(笑)

私は、数年前からつくっているフォトブックと数冊の竣工写真を置いています
IMG_2837
595500720.316292
三者三様でオモシロイ!
※印鑑はちゃんと直しました

島津事務所では、他にも子供向けのワークショップと
テラリウムのワークショップをするみたいです



屋根はガルバリウム鋼板のシルバー
丁度、材料が現場に入ってきていました
191113 (11)
屋根の上で職人さんたちが、話し合っています
細かい納まりを確認しているのでしょうか
191113 (12)
戦場カメラマンが来た!!と(笑) そっと撮るつもりだったのですが

全体の割付け、どこから葺き始めるか、向きはどっちから、そういったことを
きちんと確認し、共有してから施工するのだそうです

板金屋さんは腕の良しあしがわかる仕事だと言われます
雨を完全に防ぐ。もし入ってきたとしても、速やかに外へ流れるようにする
全て手作業です。薄いけれど硬い鋼板を折り紙かのように折る
そして、キレイに折る
自分で考えたことがカタチにできなあかんからなー、とおっしゃっていました
191113 (16)

191113 (48)





今年の春に竣工した「川内・沖島のいえ」
竣工写真は撮って頂いているのですが、やっぱり自分でも撮りたいと思い。。
まだまだ未熟な腕ですが、カメラの性能がカバーしてくれます(笑)

先日はとてもお天気が良く、青空バックに撮れました!
191112-095843_R
191112-101240_R
内部の撮影は後日です
しかし、気持ちよさそうですね!!




先日、わが家を初めて訪れる来客がありました
その方が、とても木の香りがする、とおっしゃる

SOBF6154
わが家の床は40mm×180mmの杉板なので、3枚で柱1.5本換算
天井は杉材と一部、珪藻土
FBD680D3-3B4F-4EC3-8E8A-508236C57B60-1353-000002B9027834B2
また設計当時、表情も柔らかいというか、素朴。使い方によったらもっさり?な杉を使い
シャープな印象にまとめるのが、かなり重要な私の裏テーマでした
なので、(柔らかいので)本来ならおススメではない家具等も杉材使用したりと
居住空間に占める杉率は、かなりの量になるかも

しかし、ほぼほぼ、24時間毎日この空間にいるからなのか
私には、その木の香りが全くわからなくなっています
※ちなみに私は匂いには敏感な方です
※娘は数日留守をして帰宅すると木の香りがするそうです

そーいえば。。。
無垢材の骨組み、木材をカットし大量の木の香りを放出しているだろう現場に行っても
気づかないかも。。

これは慣れの弊害???

杉の香りには森林浴効果があり、ストレス解消だとか、リラックス効果
疲労回復に役立つとか、能が活性化するとか!!
いろいろ書いてあります

これって、、、香りに気づけない私にも効能はあるのだろうか。。。
どこか深〜いところで、動物的な感覚で(笑) 影響を受けているのだろうか。。。









↑このページのトップヘ