C7DmZ7wU4AA0xU0

第11話「千矢とくろう、時々涙」
床から伸びてきた黒い手に捕まって、千矢は不気味な空間へと閉じ込められてしまいました。壁には目玉のような模様が描かれていて、謎の声が千矢に向かって囁きます。その声の主たちは千矢を「裏切り者の娘」と言って、襲ってくるのです。窮地の千矢が思い出したのは、紺の狐狗狸で示された「くろう」という言葉。それを呟いた瞬間にやってきたのは、丘の上で出会った不思議な黒いお化けだったのです。
くろうの身体の中に入った千矢は黒い手から守られ、さらには様々なものを視通していきます。そして謎の空間から脱出したものの、試験終了の時間は迫っていて――
C7Dj8ZlUwAAPIsRC7DkJjkUwAAS1YI
C7DkKSzVoAAbwvuC7DlDxkVoAAgwLM
C7DlLQFVsAAoeGIC7DlOE_U0AAib5i
C7DlMz7VAAAGAhbC7DlO-mU0AAZX9K
C7DlwF6V4AAY6HtC7Dl22EV4AARnms
C7DmEmeU4AA9AL5C7DmFtxV0AA67QU
C7DmMcLVAAAF4JnC7DmVZvU0AAvFP-
C7DmTMfU8AA5T9uC7DmWH0U8AAy8tR
C7DmZ7wU4AA0xU0C7DmaxjU0AEFJb8
C7DmeSqU0AA-upXC7DnC62VwAAPHJi
C7DnEpvU0AAMBIuC7DncxpV0AAw4GW
C7DnfX2UwAAvH3cC7Dnm5UV4AA_nqF
C7Dn4KQVsAAP9GcC7Dn6LaU0AAotwZ
C7Dn5H8V4AA_ufTC7Dn9EqV0AAzFG4
C7DoBabU8AEOUiSC7DoKr2U0AELFUz
C7DoUm9VsAENnHPC7DolUEUwAEvVq1
C7DpLzLU8AAfN0LC7Dox_IVwAAYrs6
C7DpTMiU8AEbUPNC7DpXAsV4AAScca
C7Dpa_MU8AAt7v_C7Dpb6DU4AAjrCw
C7DqQNIV0AEvd34C7DpjFKVwAAiWYs
C7DqTUiV0AA9QMmC7DqRXCU8AAaAxj