C7IfywLU8AEmpfB

第10話「勝利への道」

その日、帝国の最高統帥会議にて、ゼートゥーアとルーデルドルフは高級官僚たちから叱責されていた。帝国軍はライン戦線右翼を大幅に後退し、すでに西方工業地帯までもが重砲の射程圏内に捉えられつつある状況であった。官僚たちは、このままでは軍部に不本意な政治的措置を講じる必要もあると戒めるが、そうした官僚勢の訓告に対しても、ゼートゥーアとルーデルドルフは全く動じることなく、静かに時を待っていた。同じ頃、ターニャを始めとする第二〇三航空魔導大隊の精鋭数名は、シューゲル技師の開発したV-1ロケットにて敵の防衛線を飛び越え、共和国のライン方面軍司令部に潜入。「衝撃と畏怖作戦」と名付けられた極秘計画が、着々と進行中であった。
C7Ie421VAAEXShzC7IeZKoU8AEphb0
C7IeY_8VwAAIpMzC7Ie5IhV0AEcUvi
C7Ie4_KU8AERjUwC7IfUTIUwAENlcf
C7IfipGV0AEhcNVC7IfiI7V4AM936V
C7IfrOmU8AAMYzDC7IfrbfVwAAR_SO
C7IfymlVoAEMyYTC7IgCebUwAAG9uk
C7IfywLU8AEmpfBC7IgC0SVwAUd-_V
C7IgsnHVoAAD-3EC7IgRHCUwAARyCN
C7Igs55U8AAqQ34C7Ig9g0VwAAjQp_
C7Ig96EVoAASbaUC7Ig9r7U8AE2ha7
C7IhddYV0AAWYONC7IhdopVsAAMgVS
C7IhkCXV4AAe6I4C7IhnUNUwAAa6eT
C7IhnLUU4AAvmbIC7IiIZxVoAAWnom
C7IiIkRUwAApgt8C7IiIyEUwAAWp5A
C7IiI-xVAAA3SyQC7IiTJvVAAAudbi
C7IiTBaV0AEEcWfC7IiWXyV4AEZiAQ
C7IiTfrV4AANbGaC7IiWkbU8AArIIG
C7Ii_TpVsAAEeJ7C7Ii-_QVAAEIpH9
C7Ii_JcVAAEDWaXC7Ijmn3VoAAbrvm
C7IjmwlU4AIGmvDC7Ijm4UU4AAlGN_
C7Ijrq4U8AAAwN5C7IjrKQU4AE8XTS