DEyWGK1UMAEmI6C

第3話「主の命」
停泊していた蒸気船の爆発で、騒然とする港。
陸奥守は船内から生存者を助けながらも、救えなかった人々への悔しさを部隊長である和泉守にぶつける。
感情的になる陸奥守を、冷静に諭そうとする和泉守。
急造の編成で、それぞれ孤立する第二部隊の刀剣男士たち。
この時代で外国人を排斥しようとする浪士たちを時間遡行軍が利用すると考えた和泉守たちは、二手に分かれて浪士たちの動向を探ることに。
しかし浪士たちの想いを聞いてしまった陸奥守は、彼らを憂い案じるのだった。
DEyVS3yUMAEoHUFDEyVTCFVoAANAC7
DEyVjUCUQAEnB4KDEyVjfVV0AEgBB3
DEyVjqxUMAAzA1nDEyV3NJV0AASGE9
DEyV3BSVoAARTfvDEyWGK1UMAEmI6C
DEyV3juUwAIVSzADEyWGrUUIAALibv
DEyWGgAV0AAcAAcDEyYthCUAAAx3oR
DEyXjw3UMAAppPBDEyYtqyV0AQ8dZ3
DEyYt0OV0AAMkF8DEyY32NUwAEqv4L
DEyY3-yU0AA2KtmDEyY4J9UAAATBX_
DEyZKWRVwAAduyzDEyY4VPUQAAq94s
DEyZKyhVoAAdCE1DEyZKlyVYAEojCE
DEyZdLaVoAAVQQ7DEyZcnkUwAEn9WK
DEyZoWEVYAA1Z5UDEyZcw1UwAEhUlA
DEyZorsUQAE1mpXDEyZogfUAAQGGWW
DEyZy4bVoAEr_fLDEyaVpeVoAAO7wM
DEyaq42VYAASxPs