Gamers Shelter

ゲーム、アニメ、ニュース等様々な情報を載せていきます。

    昭和元禄落語心中-助六再び篇-

    C7s3xoAUwAAx93n

    第12話 
     
    あれから、早15年――。与太郎と小夏の子ども、信之助は二つ目に、小雪は高校生になった。落語と心中しようとした者、落語に自分を捧げようとした者……数奇な縁が紡いだ物語は、確実に次代へと繋がっていた。菊比古、助六、八雲の名を受け継いだ者たちは、どのような想いを胸に秘め、落語と向き合っていくのだろうか。昭和元禄落語心中、いよいよお開きの時間が近づいて参りました。
    【昭和元禄落語心中-助六再び篇- 第12話 感想・画像 まとめ】の続きを読む

    C6k1oUiVsAEop7V

    第10話 
     
    終演後の雨竹亭が火災に遭い、一人高座に上がっていた八雲が大やけどを負ってしまう。一命を取り留めたものの、復帰はますます難しくなった。災難なのはそれだけではない。東京で唯一の寄席が全焼してしまったのだ。落語の未来に暗雲が立ちこめるが、人さえいればなんとかなるのも落語。未来を信じる与太郎は落語のために走り回っていた。そして、小夏にも大きな変化が訪れようとしていて……。
    【昭和元禄落語心中-助六再び篇- 第10話  感想・画像 まとめ】の続きを読む

    C44os7lUYAAIoFa


    第7話 
     
    高座で倒れてから一週間、ようやく八雲が目を覚ました。しかし、すっかり意気消沈した様子で、口を開けば「落語はやらない」の一点張り。落語協会会長の仕事を辞し、松田にも暇を出そうとしていた。落語とは切っても切れない縁のある八雲が、なぜ落語から離れようとするのか? 一方、与太郎は先代助六の映像フィルムを求めて樋口、松田とともに四国を目指す。そこで知る八雲と助六の真実とは……。 
    【昭和元禄落語心中-助六再び篇- 第7話 感想・画像 まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ