1人目のおじさんからは

特に収穫は無かったが

強い味方が出来たように思った

特に思い出に残っているのは

「擲弾筒」の会話だ

すぐさまおじさんは

ご自身の使っておられる

写真入の資料を出してきて

熱く語りだした

こんなだから、周りがついてこれないような

会話と言う訳でした

あっ、でもお仕事もたくさん

教えてもらいましたよ



擲弾筒に関する過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 1496」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/2016683.html

「おまけ☆【擲弾筒の続き】☆」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/2016937.html

「擲弾筒の続き♪」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/2017105.html



誰か他にも協力してくれそうな人を

探さなきゃ。。。

私にいつも親切にして下さるおじさんに

それとなく話してみた





すると、近くの職場のおじさんが

歴史的な資料の収集が大好きで

やたらと何でも持っているとのこと

その人に相談してみたら?

と言われたのだけど、、、

挨拶する程度で

接点が無く、ほとんど話したことはなかった

少し強面のおじさんなので

声がかけづらいよ~



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング