読者の皆様へ


いつも読んでいただきありがとうございます

引き続き、ノモンハンの会に参加して

感じたことを書かせていただきます





戦争に参加した軍人さんは

もう少なくなってしまった今

大叔父をご存知の方を探すのは

ここ数年がラストチャンスとなるでしょう

でも私には何の策も無いのが実情





メディアが取り上げてくれたら。。。

でも、メディアは、終わり有きで

この調査が完結したら興味を示すことは

あるかもしれないが、今の状況では難しい

すると、その方は「戦争を知らない世代の貴女が

必死に大叔父さんを探しておられる姿が

取り上げられてもおかしくない」と言って下さり

手記を元に、フィクションで物語にして

終わらす提案をする人もいると言うと

「そんなのダメよ、意味が無いわ…」と

真剣に嘆いて下さった





プロの研究家は、インパール作戦は

調べても分からないで終わるから

論文等の題材に選ぶとに損をすると言い

真剣に取り組んでおられる方は居ないに等しい

素人だから長年続けられる調査なんだと

伝えると、頭を抱えておられました





NHKのノモンハンでは、井置中佐が

自決を強要されて命を落としたことが

取り上げられていた

奥様は、自ら自決したとは思えないと

苦労して調べられたとのこと

当時は「おかしい」と口にすることすら

許されなかった時代

奥様には特高警察が張り付いていたそうだ

関係者は嘘を並べて自身の保身に走る

結局、奥様がご存命の内には

真実は分からなかったが

この度の放映で、ご家族はやっと満足されたそうだ





井置中佐の奥様と私は

少し似たような立場かもしれない

家族が疑問を持たなければ

責任を感じて自ら自決したと

責任を負わされた形で

闇に葬られていた井置中佐の事案





最後の状況がよく分からない人や

兵籍簿が書き換えられる事例は

気付かないだけで普通にたくさんあったと思う

そんな時代だったから。。。と

諦めてしまっていいのだろうか?





大叔父の場合は、下士官で、華々しい軍歴もなく

言わば「無名戦士」

歴史の中ではとても小さな存在であったけど

それでも日本の為に戦った1人で

家族にとってはたった1人の大切な命だった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング