早速知人から学会の先生に連絡してもらった

階行社で行われる大先生の講演会に私が行くので

宜しくお願いしますと、先生から大先生に

伝えていただくこととなった





大先生に提出する資料作りに追われる日々が続いた

大先生は軍事史学会の役員もされており

とても偉い先生のようだった

この方ならば、様々なことをご存じだろう

先生が言われるには、私の調べたいことを大先生が

ご存じなくとも、人脈がとてもある方なので

きっと見方になる方をご紹介いただけるだろうとのこと

お忙しい方なので、時間はかかるかもしれないが

アタックしてみることにした





当日、開演前に少し早く行き、大先生にご挨拶した

すぐに私を分かって下さった

ただ「お役に立てるかは分かりませんよ」と言われ

忙しいため、時間を下さいとも付け加えられた

感触としては、少し迷惑そうであった。。。





それでも、滅多に知り合えない大先生に巡り会えたことに

私は満足し、大先生からのご連絡を待つことにした

(現況:残念ながら、もうすぐ1年となるが

今のところ全く連絡は来ない

歴史もほとんど知らない素人の推測の域の話であり

何も関係ない人間の人捜しに関わる物好きな人は

そうそういないだろう、しかたがないと諦めている)





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ