次に大学関係を考えた

当時、大叔父の○○大学内には

常時3名の軍人が配置されていた

主に軍事教練を教えていたと思われる

大叔父の軍歴表にも「配属将校の行フ教練検定に合格す」と

出てくる

中尉から少尉クラスだと考えられる

大叔父は級長をしていたことなどから

優秀な部類だったのではないかと思う

そのため、目立ち

軍の関係者の目に留まったのではないかと考えた





外国の例では、イギリスの場合は

俗称:MI6(イギリスの諜報機関

007が所属していたことになっている組織)では

最近まで一般公募は行っていなかった

名門大学の教授陣が諜報要員の選考選抜を行い

大学生の中から適任の人材を選び推薦していた

大学関係者が情報当局の募集担当者との

橋渡しをしていたことが分かっている

アメリカのCIAも長いこと一般公募はなく

個別に目星を付けた人物に接触するスタイルだったと聞く





大叔父の○○大学においても、中野学校への推薦が

そう言う方法であったとしてもおかしくはない

ただ、校内に配属されている将校は

一般に教練を教えるために、歩兵で高齢やケガ等の理由で

第一線を退いた下級将校が充てられる場合が多い

そのため中野学校に直接関係するとは考えにくい

軍の機密部署だったのであれば

もし大学が関係している場合

もっと大きな力を持つ高級将校ではないだろうか





大学側に聞いてみたいと思ったが

そうでなくとも反戦を前面に出している大学に

中野学校と関わりがありましたか?などと

聞けるわけもなかった





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓



人気ブログランキングへ