つたない説明ではあったが、冨澤先生に

なんとか私の主張する内容の各々のポイントは

伝わったように思う





冨澤先生がまず最初におっしゃったのは

大叔父は藤原機関にはいなかったと断言された

私はとても落胆したが、それには明白な理由があった

藤原機関は、当初10数人と言う少数で立ち上げ

最大でも30名くらいだったそうです

そのメンバーの名前は全員分かっており

その中に大叔父はいなかった





私は一瞬、いないと言う言葉で突き放されて

これでおしまいかと悲しくなった

確かに何の関係もない私の面倒な人捜しは

迷惑であって当然である

きっと私は半泣きの顔であったろう

自分でも涙が滲むのがわかった





しかし冨澤先生は続けて

藤原機関のことについて大変詳しく

しかも素人である私に分かりやすく

優しく丁寧に説明して下さった

さすが専門家であり、お身内である

まだ大叔父が特務機関にいたと確信してから

1ヶ月余りのため、勉強不足の私には大変ありがたかった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ※ブログランキ