分からないことだらけで、頭の中がグルグル

毎日、調べ物をしている状態

動乱の時代、有事特有の臨機応変で

「一般的に」と言うのが通じず

特に終戦間際の頃は、何でも有りの感がある

それを戦史を知らない現代の私が

文献で紐解こうとしても難しい限りなのだ





ブログの経過では、調べたことをまとめて書いているが

ほんとうは些細な調べ物に何週間も

かかっていることも多々あり

毎日がビルマ漬けと言っても過言でないほどだ





周りから見れば、ちょっと妖しい不思議ちゃん

ミリタリー雑誌「丸」での連載は、お友達も驚いていたが

「チベットで行方不明になったおじさんを探してる」とか

「趣味は遺骨収集」などと、全く違う噂になっていた

ビルマが何故かチベットになり、大叔父が叔父になり…

さすがに遺骨収集の趣味はない





私の調査は、他の人にはなかなか理解してはもらえない

調べに行った先では「何故そんなことを調べているのか」と

怪訝な雰囲気で、おかしな人に思われることも多かった

でも中には、読者様から励ましのメッセージも来る





東京大空襲で家族全員が亡くなり1人残った小さな女の子

大きくなり山梨にお嫁さんに行って幸せに暮らした

亡くなる前に息子さんに遺言で

自分が亡くなったら遺灰を隅田川に流してほしいと頼んだ

家族と離ればなれになった東京大空襲の隅田川

最後まで忘れていなかった大切な家族

現在の日本国内では、勝手に遺灰を蒔くことは

いけない地域もあるらしい

それを調べて手続きをし、隅田川に流したのだそうです

家族が全員いなくなり焼け野原となった東京で

どんなに心細く、寂しかっただろう、お父さん…お母さん…

女の子は、その後、どのように生き抜いたのか

戦後、何十年を経て、女の子は母となり、人生を全うして

今やっと、隅田川で家族と一緒になり、ゆっくりと流れていった。。。

分からない人には分からない

だけど私は応援していますとおっしゃって下さった





こんな人は知らない・いなかったと言われる

大叔父が不憫で、どうしても探してあげたい

母の遺言のような形で、何気なく気軽に始めた調査

まさかこんなに奥が深いとは。。。

重なり続ける偶然とご縁、行き詰まると開ける道

伯父が言うように、私は大叔父に選ばれたのかな

運命なのかなと、ふと思う

もう少し頑張って見よう

大叔父が守ってくれているように思うから




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ