○○大学の100年史の担当だった方から

すぐにお返事が来た





私が気になった理事さんについて

学園史には、「学園の創立者であった○○氏の急逝後

総長欠員のまま学園運営の最高責任を負ってきた人物」

として、出ているとのこと

そして、戦後民間人の数少ない戦犯の一人として

巣鴨に収監される前日まで、○○大学の戦後再建に

尽力し続けた学園史上、特筆される人物です

と綴られている

そして、戦後の○○大学は、この人物を抜きには

語れない、戦後最初の総長として

国立大学の思想事件で辞職に追い込まれた教授を

推挙したのも、この理事さんなのだそうです





意外にもと言っては失礼だが

この理事さんは、○○大学史において英雄であった

それに対し、姉婿は、逮捕されたりもしていないし

大学に貢献してきたのに

大学史からは消されている、この差は何だろう。。。

光と影?誰に、何のために消されたのか?

○○大学での姉婿の存在はどうだったのだろうか?

この理事さんとの仲はどうだったのだろう?





とにかく、 ○○大学の100年史担当だった方に

お会いする日が決まった

A氏の資料を見せていただく約束をしている

○○大学には、土曜講座と言うのがあり

ちょうど、学徒出陣をテーマにした講演会が

行われるそうで、その際にお会いしたいとのこと

その講演会の行われる会館の近くには

平和に関するミュージアムもあるので

案内も可能と書かれていた

私はお会いする日を楽しみにした




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ