曾祖父の経歴書から

明治23年に教師になったことが分かった

最初の赴任地は、米沢市館山高等尋常小学校

当時の初任給は2円と書かれている

明治28年から、西置賜郡の中等尋常小学校へ

明治34年から校長先生になる

その後、同じく西置賜郡のその他の小学校の校長を歴任している

西置賜郡・白兎尋常小学校、南小国尋常小学校、叶水尋常小学校など





経歴書の中には
様々な講習会に参加し、資格を取得したことが
書かれている


92807025.jpg



そうよね、小学校の先生って全教科を教えるのよね

改めてすごいなぁと思う

教授法、化学教材の取扱と其應用、最近教育思潮、倫理科、教育学、児童心理学、実験博物学、唱歌体操、スキー術、体操遊戯、算術教授上諸問題
など(※取得順ではありません)

興味深かったのは、講師には、東京帝大の教授や、奈良女子高等師範学校の教授、外人さんもいた





まだ石原莞爾氏との接点は見いだせないが

石原莞爾氏は幼少期に米沢市に

いたことがあるとの説もある

もし、米沢市にいたとしたら

材木問屋も教師も、あの時代に溢れていたとも思えないので

神居家を知っていてもおかしくはないと思う



続く



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ