ある夜、突然

協力者が「ずっと気になっていたことがある」


と真顔で言い出した


でも何か言い出しにくそうな雰囲気


えっ?何?何?ゾゾゾ~と寒気がした


この寒気って、この調査の件で

いつも何かが起こる時に来るアレだぁ~


怖いよ~(>_<)何なの?





「う~ん、分からないけど

大叔父さんて、戦争に行きたくなかったかもしれない…」


…はい?何それ?だから?何?早く言って

嫌だぁーーー何よ、何???~


いきなりの発言に言葉を失う





う~ん、大叔父さんが

戦争に行きたかったか行きたくなかったかなんて

私には分からないよ




大叔父は、昭和16年の夏

○○大学を学費滞納との理由で

4回生で中退したと知った時


学費が滞るような経済状況は考えられなかったので


そのほかに理由はないかと

当時の大学生を取り巻く背景を調べてみた





この16年と言う年は、大学生の招集免除を改め

始めて卒業時期を短縮し

その年の12月に軍隊に入隊させた年である

大叔父は、奇しくも初の短縮卒業に該当した

本来ならば昭和17年の春に卒業だが

国の政策により卒業を3ヶ月短縮して

12月に臨時徴兵検査を行い

合格者を翌年の昭和17年2月に入隊させた

学徒出陣と呼ばれた時期より少し前に当たる





そしてその後は、短縮期間はどんどんと増し

最終的には半年の短縮となり、学徒出陣に至る




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ