三条大橋と言う駅が私鉄の駅として

昔は存在した

その路線は○○汽船の会社がある湖と

三条を結んでいた





三条大橋駅での待ち合わせ時間が

7時半~8時

「三条大橋まで乗ります」と言うことは

湖側から三条に来ると言うことだ

これは朝なのか夜なのか?

今の感覚から言うと

朝にしては早いように思う





朝ならば、休日をめいいっぱい遊びたいから

と取ることも出来るし

夜ならば、彼女の仕事帰りに

待ち合わせをしたとも考えられる





ただ、現代の夜の7時や8時だと会社帰りの一杯は

普通だろうけど、時は昭和16年。。。

お互い未成年ではないとしても

そんな時間からお嬢さんを誘って繁華街で遊ぶ

と言うのはどうなんだろう?

まぁ家族券を手渡して、すぐにハイさようなら

であれば大丈夫だろうけど





大叔父は大学は週末はお休みだし

わざわざ家族券をもらうためだけに

夜に三条大橋まで行って

会社帰りの彼女を待っていたとは考えづらい

だから、朝だと断定すると

彼女は湖の近くに住んでいたこととなる。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ