棚からボタ餅(?)のような状態で

主人の親友の奥さんから協力の申し出があった

『灯台もと暗し』その一言に尽きるね

こんなことってあるんだぁ~

奥さんの親友のご主人のお義父様が

元○○汽船の社長さんだったってわーい





私はメールにとっても驚いて、夜中に

思わず主人をトイレまで呼びに行きました(笑)

「大変なことが起こった~¤¢¤»¤¢¤»¡ÊÈô¤Ó»¶¤ë´À¡Ë

「○○さんも歯車だったぁ~」って(爆笑)

まさかまさか、こんな展開になるとは見当も付かなかった





いきなり○○汽船に押しかけても

きっとおかしな人と思われて

門前払いをくらうのだろうなぁと

私は行動を起こす前から二の足を踏んでいた





そっかぁ、70年前の話だけど

現代にももちろん繋がっていて

○○汽船は今も存在するし

関係者が近くに居たっておかしくないのよね。。。





毎度毎度、作り話のようなすごい展開なんですけど

こんな話が作れるのなら

私はとおに天才作家になっている(笑)

作り話じゃないから展開がある度に

我が家はほんと大変な騒動になります

そして主婦をそっのけで、調査に没頭することに、、、

家族の皆様、ごめんなさい(^_^;)

いつかこの調査が完結したら

ブログの更新から解放されて

ゆっくり旅行にでも行きたいですね(笑)





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ