ミャンマーに思いを寄せて

亡き母の思いを果たすべく、ビルマで戦死した大叔父の足取りをたどる私の奮闘記録☆

2014年06月

ミャンマーに思いを寄せて 761

現在の大阪の大きな帽子関係の組合2つのうち

どちらに聞いてみようか?

どちらも歴史がありそうだが

なんとなく、気になった方にしてみようと思った





何の収穫があるかは全く分からない

でも、何か新たなことを始めて動かなければ

先のことを思い出して、凹んでしまいそうだった





突然、伺ったらご迷惑だろう

事前に、こう言う理由で伺うと連絡した方がいいだろうか?

軍事関係に詳しい知人に相談してみた

すると、先に連絡してはダメだと言う

不意打ちで、直接行くのだと指導された

あっ…もしかして、中野の亡霊や

その他の妨害が入るかもしれないからか、、、

事前に連絡を入れることにより

私の情報が回って、先回りされるかもしれない




中野の亡霊と呼んでいる人の過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 556」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1890332.html




も~何なのよ、、、

なんでこんなに警戒しなきゃいけないのだろう

私がしていることは、危ないことなのだろうか?

皆から、気をつけなさいと言われている

あぁ、全ての人が怪しく見えてくる。。。

そこで私は、突然、押しかける作戦をとることにした




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 760

現在の大阪の帽子の組合は

大きく2つあるようであった

1つは、帽子の製造メーカーの組合で

「西日本帽子工業○○組合」

そして、もう1つは、「○○組合西日本帽子協会」

どちらがどう違うのか全く分からなかったが

なんとなく、製造メーカーの集まりと

卸のような販売系の集まりかなぁと言う印象





どちらも戦後すぐに発足しているが

昭和17年当時にあった帽子の組合のことについて

何かが分かるかと言えば、難しいだろうとは思った



関連過去記事

「ミャンマーに思いを寄せて 674」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1909690.html





どうしよう…、たぶん無理だよね、、、

私が知りたいことは何なのだろう?

頭の中を整理しなくっちゃ





まず、大叔父がなぜ大学を中退後に

その帽子の組合に就職したのか?

単に大学側からの就職斡旋だったのか?

それとも誰かの縁故で就職したのか?

そして、そこではどんな仕事をしていたのか?

とても良いお給料をいただく役職とは?





私の勝手な推測では、大叔父は学生時代から

中野学校に関わっていたのでは?と思っている

そして、退学後の就職先では、すで特務活動を

行っていたのではないかと思っている

それを立証するのは、かなり難しいと思われる




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 759

プツリと糸が切れたように

この先、何をどう進めていいのか分からなかった

でも、実家に滞在中の時間を有意義に使わなければ

ここでしか出来ない調査。。。





そうだ、大叔父が○○大学を中退して

東京に行く前までの就職先である

神戸の帽子屋さんについて調べてみよう

会社の名前と住所は分かっている

「大阪羅紗製帽組合」

ネットで調べてみたが、出て来なかった

現在はもう無いのだろうか?





昭和17年当時に大阪の西区にあった帽子屋さんの組合

えーっと…これって、どこで聞けばいいんだろう?

住所も今の住所とは少し違うようであった、困ったなぁ





現在の大阪の帽子関係の組合を調べることにしてみた

すると大きなところが2カ所ほど見つかった

ここなら何か分かるかもしれない





でも、もし、大叔父が勤めていた組合が

今も残っていたとして、そこで何を聞くと言うのだろう?

「大叔父のことをご存じの方はいらっしゃいますか?」

なんて、あるわけないよね~





何もせずにあーだ・こーだと言っていてもしかたない

無駄であったとしても、やれることをやってみよう

ボロボロになったついでである

何でも来いと言う気持ちになった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m

ポチッとな↓↓
人気ブログランキングへ>

読者の皆様へ(おまけ付き)

読者の皆様へ


いつも読んで下さってありがとうございます

毎日、更新していますが、未だに1年前の

内容で、なかなかリアルタイムに追いつきません





この度の○○大学の話では、たった3日間の

ことなのに、なんと76話も書いてしまいました

はぁ~、大変でした熱い熱い3日間

しかも、結末はあんなことになってしまい

なんともお恥ずかしい限りです

このミャンマーの調査では

何度も騙されているにもかかわらず

ついつい人を信用してしまいます

良い方との出会いも多々あったのですが

今では、ミャンマーの件で近づいて来られる方

全てが怪しく見えて、トラウマとなりかけています





さて、○○大学の100年史担当だった方の件では

読者様からメッセージやコメントをいただき

ありがとうございました

皆様から大変温かい激励をいただきました

きっと中には気分を害される方もいらっしゃると

思いますが、私に起きた事実を包み隠さず書きました





現在、ミリタリー雑誌「丸」にて連載中ですが

いずれ、この件も掲載されることと思います

雑誌の中では、100年史担当だった方については

「歴史部署の方」と言うふうにソフトに表現しています





裏話をちょっこっと

このブログにおいても、「丸」においても

本文では、○○大学としか書いていませんが

前回の号に、○○大学からお借りした

当時の写真が掲載された際

○○大学からたってのお願いで「大学名を載せて欲しい」

とのことで、写真の隅に「○○大学提供」と

入ってしまいました

「丸」の編集部も、この後の展開をご存じのため

どうしましょう?とご相談いただきましたが

写真に、大学名を入れて無料か

有料で○○大学からお借りするか

「丸」さんにお任せしますと言いましたら

大学名が入っておりました(笑)

私のせいじゃないですよね(^^;)





現在は、進展がほぼ無い状況ですが

四苦八苦しながら、前に進もうとしております

「丸」の読者様からの情報提供も少しあり

エールをいただいて頑張っています

それでも、進まなくて泣くことも多い日々です(T_T)

大叔父さん、ヒントを下さい。。。

そんな時、いつも頭に浮かぶのが

ミャンマーのメイミョウの陸軍墓地で

今は亡き全ビルマ会の会長さん達と歌った

「故郷」と言う歌です





下手くそな私の歌声で大変恐縮ですが

心を込めて歌ってみました

山あり谷あり、無鉄砲に突き進んでしまう

こんな、私ですが

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします





皆様のポチッから勇気をいただき励みとなっております
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 758

次の日は、ウサギのように泣きはらした目

再起不能なほどに落ち込んでいた

次に進もうと知人達に後押しをされて

そうだよね、終わったことをいつまでも

引きずっていたらダメだよねとは思うものの

私のダメージはかなりのものだった





手元に残った資料をゴソゴソと封筒から出した

つい3日前に浮かれていた自分を思い出しては

また涙が溢れた

いただいた資料の中には

○○大学のパンフレットや広告などもあった

100年史の本の販売のチラシなどに混ざって

「百年史編纂を振り返って」~歴代編纂室課長の随想~

と言う1冊の小冊子が入っていた



RIMG0963







中を見てみると

なんと100年史担当だった方が

顔写真入りで歴代課長の1人として載っていた

…えっ?

目のでない研究者が、最後に逆転をかけて

論文を出そうとされたのかと思っていたが

なんで…まさかそんな地位のある方が私に…、、、

あまりのことに驚いた

それまで、裏切られたショックだけであったが

違う意味で大きな衝撃であった

悔しさと同時にジワジワと憤りを感じた

この調査は、勝ち負けではないが

泣いていてもしかたがない、頑張らないと!!

幸か不幸か思いもかけないことで

私は復活したのだった

大叔父さん、何としてでも見つけたいです!!

少し賢く頑張らないと。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 757

100年史担当だった方が

論文を書かれるのは勝手である

ただ、貴方がバカにした素人を

踏み台にしてまで、名声が欲しいのかと呆れる

失礼な言い方だが、情けない研究者であると思う

「この時代の諸先輩の生き方に強い関心を持っており

堀り起こさなければならない学園史としても

大切なことと考えております」と言われていたことは

自分の論文のためだったのだと、今、やっと気付いた

憤りよりも、信頼していた人に裏切られたことが

私には何よりショックであった





私は、名声や出世などのために

この調査をしているのではない

ただ純粋に大叔父のことを調べているだけ

どうか、私の邪魔だけはしないで下さい





私はなんで学園史を追求してしまったのだろう?

脱線するのは、いつもの悪い癖ではある

学園史や○○大学のスキャンダルなんて

どうでもいいと言えば、どうでもいい

大叔父が関係しているのでは?と言う思いから

自ら深みにはまって行きました

ふと、大叔父が現在の○○大学に不満があり

書いて欲しかったのかなと思いました





その夜、軍事関係に詳しい知人達に電話した

一様に、皆、100年史の方に対して怒っていた

そして、何でコピーまで持って行ったんだと私も怒られた

いつまでも泣いている私に対し

もうしかたがないから、次に進もうと後押ししてくれた




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 756

この100年史担当だった方自身も

戦後の転身した○○大学で教育を受けた人間である

自分の愛した反戦・旧軍批判を掲げる○○大学が

実は全く違う過去の顔を持っていた事実を

受け入れ難かったのではないだろうか

しかも、素人の小娘の私に指摘されたのである





戦中の学園史の研究は、まだ充実していないとのこと

それは戦争の混乱で、分からないことが多いと

されているが、ほんとうのところは、、、?

学園史に関係した者にとっては

薄々分かってはいるものの

戦争にかこつけて、オブラートに包んだような

表現で納めた

触れたくない・触れてはいけない

禁断の時代なのではないだろうか

真実を追求するような内部の人間は

○○大学には必要ないのである





100年史担当だった方にとって

青春時代を過ごした誇りある母校

その後の人生においても、定年まで勤めた○○大学

学園にとって必要であると判断され

定年しても再雇用されるほどの人物である

その上、人を騙してでも論文で名声を得たいとの

野望を持っておられる方にとって

いろんな意味で、私は危険分子であったのだろう





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 755

A氏の日誌ほかの資料は、100年史担当だった方が

先輩から個人的に受け継いだ物であり

これらの資料があること自体まだ非公開であると言う

もし、私が発表などをする場合には

その先輩の許可を必要としますと言われていた

しかし、これは、論文発表を見据えての

予防線だったと思う





このブログで、これらの資料の存在を

公表して良いものか迷いましたが

ささやかな抵抗として、お互い様と言う気持ちです

大学名も実名も出していませんので

問題はないと思っております





出発の朝に、鞄の中がお茶でビショビショになったこと

ネックレスが突然切れたこと。。。

大叔父や母、祖父母が「行ったらダメ!」と伝えようと

していたのではないかと、後から思った

気付かずに有頂天になっていたことを恥ずかしく思う

大叔父さん、ごめんなさい

資料を取り上げられてしまいました。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 754

その上、私は学園の英雄である

姉婿とは別のもう1人の理事さんに対して

ボーキサイト=ゼロ戦の材料と言い切った

その時の急激な顔色の変化を思い出す





英雄である理事さんが、実は日本軍を

軍事物資の供給で支えていただけでなく

戦争により大きく潤っていたと言う事実は

戦後一貫して反戦・旧軍批判・左寄りの思想を

掲げている○○大学にとって

いかにも都合の悪い事実であった





とどめは、特務工作のマネーロンダリングの仮説

これが立証されれば

○○大学の現在の主張は、過去に○○大学が

行ってきた軍国主義との蜜月関係を

隠蔽するための欺瞞にしか見えなくなる

旧軍との関係を否定し

生き残りを図ることに成功した○○大学が

実際は、旧軍との蜜月関係にあったとなれば

これは大きなスキャンダルである





アッ…その鍵を握っているのは

紛れもなく、この私と言うことになる

全く分かっていない素人だが

全く分かっていないからこそ、怖いのだ

これ以上を、事実を暴かれることに危険を感じて

追求を阻止しようとしたのではないかとも思える





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 753

今から考えれば、○○大学の100年史担当だった方は

会話の最中に、この結末をほのめかし

色々と私を誘導しておられる





私の研究に対し、研究所や大学のチームなど

どこかに所属してやって行くことを勧められたり

私が本の発行を夢見ていることに対しては

作り話として書けばいいと言われていた

それに対し、私は何とも思わず

あくまで調査手記として実話で出すと答えた





一人手柄としてこれで論文を書こうとされている

100年史担当だった方にとって

実話で本を出すと言い張る私は

なんと邪魔な存在として映ったことだろう





そして、何度も、それとなく遺品を寄贈

するよう勧められていたが

最後まで私は首を縦に振らなかった

これまた、かわいげがなかったことでしょう。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 752

夜になり1人になると昼間のことを思い出す

3年間、お付き合いがあり

私が勝手に信頼していただけであるが

その人に裏切られたショックはかなり大きかった

私ってバカだ、大バカ者だxx

こんな人を信じて、有頂天になって

解説者気取りだったかもしれない

つくづく人を見る目がないと思った





私が調子に乗って、失礼な仮説など話したから

気分を害されて、態度を変えられたのだろうか、、、

いや違う

お会いした時からすでに、私との接触の痕跡を

残さないようにされていたように感じたこと

姉婿の資料が来ると呼び出しておいて

ウソだったことなどから

最初から計画的だったように思える





他にも、おかしいと思ったことは何度かあった

大学構内で撮ったと思われた

大叔父の写真についても、調査をお願いした際

よく分からないお返事でうやむやにされていたが

その写真屋さんについて、ご存じだったこと

この方の研究にとって

関係のない邪魔くさいことだったのだろう





「手分けして調査して、情報を共有しましょう!」と言う

言葉は一体何だったのだろう?

これから騙されるとは知らずに

私は心を許して信頼して

今まで必死になって調べた情報を提供した





A氏の後任者である可能性が高いとのことで

大叔父の名前を見落としているかもしれないから

もう一度、資料を探してみますと言われたこと

大叔父の就職先についても

調べれば、どこかにすぐ名前は必ず出てくるので

調べておきますと、簡単に言われたこと

これもウソなんだろうね

調べる気は最初から無かったのかも、、、

(※この事件から現在、約1年が経過しますが
当然のことながら、この件について
調査回答は来ていない)





つい2日前には、あんなに喜んでいた私だったのに

見るも無惨な消沈ぶりだった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 751

○○大学の100年史担当だった方にとって

資料を回収することが出来て

もう私は用済みの人間であった

最初に会ったとき、お土産を受け取られず

名刺さえもいただけなかったことを考えると

私と接触した痕跡を残したくないのだろうと思えた

そこで私は、大叔父に関する資料

(協力者に渡している一般的な資料)を手渡してみた

すると案の定、固辞された

前回、騙された大学講師の研究者と同じである

この人も、大叔父個人には関心が無く

私が苦労して調べ上げたことと

大叔父の遺品だけが目的だったのだと思った




大学講師に関する過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 616」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1899265.html





もちろん姉婿に関する新たな資料もウソであったし

さっさと帰って欲しい相手であったろう

何も話すことはなく

私は○○大学のキャンパスから追い出されるように

京都の街中に出た





タクシーで来たため、どうやって帰れば良いのか分からない

それどころか、あまりのショックに

足下もおぼつかない状態だった

まだ震えが止まらない

このままへたり込んでしまいそうであった





フラフラと歩いていると駅を発見

しかし、そのまま電車に乗れる状況ではなかった

近くのファストフード店でジュースを買った

椅子に腰掛けたら、涙が溢れてきた

ダメだぁ…帰れない、、、どうしよう、、、

軍事関係に詳しい知人達に騙されたことをメールした

余計、涙が滲んで、携帯画面が見えない





その後、どうやって実家に着いたか覚えていない

きっと私の様子がおかしいことは

実家の父も気付いていたことだろう

父が寝静まってから、声を殺して泣いた

ボロボロと溢れる涙を止めることは出来なかった





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 750

資料は結局、返してはもらえなかったが

幸いなことに、取り上げられた資料は

○○大学からA氏への送金の細部や

書簡類の写しであるA4の紙の方だけだった

A氏の光機関における日誌のコピーは

私の手元に残った

ほんとうに、それだけは幸いだった





正直、○○大学がどこの銀行を通して

A氏にいくら送金していたって

私には関係がないのかもしれない

ただ、その紙面には、A氏からの書簡類の

写しも載っており

そこから日誌には出て来ない

A氏の行動を裏付ける日付が読み取れる

そして、その書簡の差し出し所属部隊に

「光機関」とハッキリと書かれていたのだが

奪われてしまい、残念でならなかった





私は、その資料自体は諦めたとしても

○○大学として不都合な所を除き

私の必要な箇所である、A氏関連の日付だけで構わないので

要約した物をいただけないかと食い下がった

すると、100年史担当だった方は渋々了承して下さった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 749

100年史担当だった方は

私から資料を奪い返し、安堵されたのだろう

機嫌取りか、罪滅ぼしなのか

そのカフェコーナーでアイスコーヒーをおごって下さった

足取り軽やかに買いに行く後ろ姿を眺めながら

私の分の資料は、あちらの席に置いたままだった

手を伸ばせば簡単に取り返せる

このまま持って逃げれば、、、

泥棒だって言われてもいい、私の分の資料である

どんなことをしてでも守らなければいけない

今よ!奪い返しなさい!逃げて!!





でも私には出来なかった

この人以下になってしまう、、、

ほどなくして、アイスコーヒーを手にした

100年史担当だった方が戻ってきた

あぁ私は、奪い返して

持ち逃げする勇気もないのだ

何も出来なかった、、、





どんな風に、アイスコーヒーを飲んだのか

全く覚えていない




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 748

※前回の747話は、投稿予約時間を間違えて
昨日の夜に更新しています



さっまで私の手元にあった私の分のコピーした資料は

読むふりをして手に取られたまま

私の元に返ってくることはなかった

私はあまりにも驚いて

「それは困ります、どうか返して下さい!!」と

何度もお願いした

「お願いします、どうか…」テーブルに頭を付いて

懇願した

それでも返してはもらえなかった





私はあまりのことに呆然とした

声も手も震えて、思考が停止した

目の前の席に座っておられるはずなのに

2人の間には、目に見えない透明のガラスでも

あるような距離

さっきまで私の手元にあった資料は

今は目の前にあるのにとても遠い所にいる





後から考えれば

ふざけないで下さい!!!話が違う!!!と

この場で大声で騒いででも

取り返すべきだったのかもしれないけど

私は震えたまま動けなくなっていた

ひどい…私は騙されたのですね、、、





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 747

一通り私の仮説を話し終えた

軍事関係に詳しい知人達も口を揃えて

私の仮説に「それだ!!」と同意してくれている

100年史の方も、きっと新たな発見だと

喜んで下さるのではないだろうかと思っていた





私の分の資料の書き込みに目を通しながら

100年史の方が発した言葉は

「これは、○○大学の資料です」

「このような資料が欲しければ、貴方もチームや

大学の研究室に入り、きちんと請求することです。

貴方は単なる素人にしか過ぎない。」

???何を言おうとされているのか

私にはとっさに分からなかった





続いて「この資料には、大叔父さんは出てきません

貴方には関係のない物です」

そして最後に一言、勝ち誇ったように

私はこれで論文を書きます」と言い放った




続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 746

この100年史担当だった方の顔色が変わるのを

見たのは2回目であった

1回目は、先日の平和に関するミュージアムでの

会話の最中に、姉婿と同じ時期に○○大学の

理事をしていた、もう1人の理事さんが

南方論者で、しかも、南方において

ボーキサイトを産出する鉱山を持っていて

ボーキサイトは、超ジュラルミンとなり

ゼロ戦などに使われたと言う話をした時だった




100年史担当だった方の過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 704」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1913527.html




見事に顔色が変わる人だなぁと驚いた

怒っておられるようではない

驚いて完全に青ざめておられたように見えたが

その顔色の変化が何を意味するのは分からない

主婦の私が、専門家の先生が知らないことを

解説したことに、少なからず優越感があった





私は仮説を説明するのに一生懸命だった

100年史担当だった方は、話の最中に

私のコピー分の資料を手に取られて

メモ書きした箇所や、ボーダーラインをした箇所に

目を通しておられた




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 745

私の仮説をゆっくりと話し出した





A氏が大陸に持って行った250万円

そしてその後、南方の岩畔機関に持って行った60万円

この巨額について、私は不思議に思ったこと





○○大学がお金持ちだと言うのは分かるのですが

しかし、A氏が大陸に渡る数年前までの○○大学は

○○工科高等学校の設立のために奔走していた

様子からも、失礼だがそこまで裕福でも

なかったような気がすると伝えた





全財産をかき集めれば

そのくらい何とでもなるのかもしれないが

でも、どうぞご自由にと気軽にあげるような金額ではない

と思うと、、、





当時の○○大学が、この巨額を生み出せる

近年の事業と言えば…

「○○日満工科学校」の設立としか思えない

この事業は、軍の裏金作りの役割もあったと思う

この件には、石原完爾氏と姉婿が絡んでいると言うこと





すると、100年史担当だった方の顔色が

サーと青く変化した。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 744

○○大学のキャンパスのカフェコーナーで

100年史担当だった方にお会いした

前回のミュージアムの静かな場所ではなく

若者のザワザワが聞こえる活気のある場所だった





挨拶もそこそこに、抑えきれずに

新たに届いたと言う姉婿に関する資料は

どんな物でしたか?と聞いてみた

すると。。。シドロモドロしながら

「…いや、まだ届いていませんでした」と言われた

あれ?何?どう言うことだろう???

数日前から、何度もメールをいただいて

今さっきまで、あんなに焦って何度も電話して

来られていたのに…???

資料が届いていないことは、先ほどの電話の時には

すでに分かっていたはずなのに、、、

資料がないのならば、タクシーで急いで来る

必要はなかったよねxx





何か変だと思いながらも

お借りした資料をお礼を言ってお返しした

私の分のコピーを取り出して

気になりアンダーラインや書き込みをした

部分について、簡単に補足説明をした





姉婿の資料を楽しみにしていたのに

まだ届いてなかったとのことで落胆したが

気持ちを切り替えて

私の仮説について、ゆっくりと話し出した

この時点でも私は何も気付いていなかった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 743

(続きが気になるところですが…ごめんなさい

1話だけ違う話を挟ませて下さいm(_ _)m)

2013年の夏

ちょうど、大叔父の○○大学に行っていた頃

昨年の9月にお会いした

東京・中野にお住まいの60連隊のおじいさんから

いただいた「ミャンマーの木」が花を着けた

昨年の炎天下に、悪戦苦闘しながら持ち帰った

2株のうち、1株だけ生き残り

我が家のプランターでスクスクと成長していた



RIMG0098







中野のおじいさん関連の過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 442~」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1872532.html





ミャンマーの木とは、おじいさんが付けた名前で

本当は、ナイトジャスミンと言い

和名:「夜香樹」

その名の通り、花が咲くと、夜に強い香りがするそうです

ビルマの夜の行軍で、いつも香っていたこの花

おじいさんの思い出の花

きっと大叔父も知っているであろう花

ミャンマーに行った戦友が持ち帰った花を

おじいさんは、大切に家の周りいっぱいに

今も栽培されていた


(おじいさんちの花)

PHOTO073












PHOTO074








その生命力は強く、伸びる伸びる

切っても切ってもアハハハ…

小さなプランターで、だいぶ窮屈になっているのですが

これ以上、大きくなってもらっては困るくらいです





お昼も花は咲いているのですが

夜になると大きく開いて、窓からの風に乗って

良い香りがします

この花にエールをもらって

この夏を乗り切れるか?

いやいや、実はこの花が今後

ハプニングをもたらすのです。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 742

タクシーの中でも

○○大学の100年史担当だった方から

何度も携帯電話が入った

「遅れないように必ず来て下さい!!」

緊迫した様子の切羽詰まった声である

かなりスゴイ、姉婿の資料が届いたのだなと思った





タクシーに急ぐようにお願いして

運転手さんは、裏道をスイスイと抜けていく

結局、5分ほど遅刻してしまったが

なんとか、○○大学の指定されたキャンパスに

たどり着いた

そこは、京都の街中にある、おしゃれな建物であった

歴史のあるような重厚感と共に

近代的な雰囲気のその場所は

大学と言われなければ、何かのショールームのような

雰囲気であった





キャンパスの中の、カフェスペースで

100年史担当だった方とお会いした




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 741

駅に着くと、カバンの中のペットボトルのフタが

開いていて、中はお茶でズブ濡れ

大丈夫、資料は濡れていない

おかしいなぁ、何で、フタが開いていたのだろう?

すると、ネックレスが突然切れた

やだぁ~、こんな時に、、、

慌ててネックレスを拾い

お茶のしたたるカバンを抱えて電車に乗った





○○大学の100史担当だった方から

間違わないようにと何度とメールをいただいていた

京都駅のバス乗り場は大きくて

間違って乗ったら大変なので、案内で確認した

先日とは違う○○大学のキャンパス行きのバス

言われたとおりに乗り込んだ

しかし、気がつくと終点のバス停で降ろされた

えっ?うそ~違うバスに乗ったの???

終点は、先日来た、○○大学の平和ミュージアムの

停留所であった





なんで、こんな大事な時にポカしちゃうんだろう、、、

いやいや、きちんと確認して乗ったよね?

狐につままれたような気分であった

待ち合わせの時間に間に合わなくなる~

すると、携帯が鳴った、100年史担当だった方である

「遅れないで来て下さい!!」と焦っておられる様子

ヤバイよ~

私は、事情を話し、今すぐタクシーで向かうと伝えた

きっと姉婿のとんでもない資料が出たんだ!!

急がなきゃ!!




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 740

明後日である2013年8月5日

この日はあっという間にやってきた

昨日から、○○大学の100年史担当だった方からは

お会いするキャンパスの場所の

案内メールが送られてきていた

場所は、先日お会いした所ではないとのことで

地図を添付したメールを何度も送って下さった





私の仮説は、依然と頭の中でグルグルと

回ったままであったが

お会いして、お話ししたらスッキリとするのではないか

そんな風に思っていた

それよりも、姉婿に関する新たな資料とやらが

とても気になった





資料の原本と、コピーさせてもらった私の分の資料

を大事に持参した

私の分の資料には、アンダーラインを引いたり

書き込みをたっぷりとしていた

○○大学の100年史担当だった方にお会いするのが

楽しみで、私は駅へと急いだ

おかしなことがたくさん起こったが

その時は、浮かれていて全く気付かなかった

何かを暗示していたのかもしれない




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 739

この仮説を○○大学の100年史担当だった方に

早くお伝えしたいなと思った

すると、ちょうど、その方からメールが届いた

今日お会いできたお礼と共に

貸した資料は郵送して下さいと書かれている

そして、月曜日に姉婿の資料が届くため

一緒に拝見することも可だと言う





大事な資料は郵送せずに、月曜日に持参して返そう

そのついでに、姉婿の資料も見せていただこう

とりあえず、資料はコピーしたし

お会いするまでに、少し頭の中を整理して

ゆっくりと考えることにしよう

資料の解読は、改めてじっくりとしよう

それにしても、新たな姉婿の資料って何だろう?

どうしよう、すごい展開なんでけど~

ドキドキしてきたわ

月曜日は明後日だ、待ち遠しい





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 738

日満関連の学校は、大叔父の○○大学の他

秋田、酒田市(山形)、九州(福岡)にあった

九州は、鉱山や鉄工業などが盛んで

教育に関する下地があるが

何にせよ、既に稼働している仕事があり

人材育成よりも製産重視の傾向が見られる

その他は、役所が手掛けた地方の学校であった

その中で、私学の○○大学に於ける日満の学校は

教育設備が最初から整い、有能な教授陣も揃っている

教育には最も適した環境であり

この日満の学校の事業の中では

重要な位置の大規模な学校であったと言える





日満の学校は、満州国が消失してしまう終戦まで続く

昭和17年に、○○大学からA氏が持って行ったとされる

250万円や60万円が、私の仮説の裏金だとすると

その時、1回だけだったとは思えない

そして、日満の学校は、ここ○○大学だけでなく

他にもあることから、全ての所からも裏金を捻出していたと

考えると、かなりの資金が動いたことになる





しかし、私は、大叔父の出兵には

○○大学や姉婿との絡みがあると考えており

先の私の仮説を加えたとき、ハッとした

…この裏金の仕組みの中に、大叔父も関係している?

どのように関係しているのかは、想像できないが

自分の立てた仮説に対し、とてもとても複雑であった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 737

大陸への進出を視野に入れていた○○大学

満州国への足がかりをつけることは

渡りに船であっただろう

軍部との繋がりを強化することで

より一層、実現に向けて拍車が掛かりる





その上、社会が求めている職人工の人材育成の

工科学校は、満州国の留学生のみならず

本土の学生も入学することが出来

当時の報道からも、地域の期待は大であった

官民共同の高等工科学校の設立は

学園の拡大へと繋がる目玉となるのは目に見えている





建設には、多大な公的資金が投入され

補助金も受け取れる

しかも、近くの国立大学が閉所する電気教習所の

教材及び教授陣を全て無償で譲り受け

その上、近隣の発電所の社長が全面協力してくれるなんて

学園にとって、こんな美味しい話はないのである




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 736

○○日満工科学校は

石原完爾氏の五族協和の思想の一環で

満州国に対する教育支援である

私の仮説を併せると

その上、裏金工作にも利用できる

大きな事業であった





国立の大学の支援を受けるのではなく

私学の大学内に設置したのも

先の仮説を当てはめると納得が行く

資金を動かすのに自由が効くのである





法令をも作れるくらいの権力を併せ持つ者が

計画的に推し進めたのであれば

下りるはずのない認可が下りるのも当然だ





○○大学は、国への貢献を、徳を積む最大の喜びと感じて

惜しみなく協力したのかもしれない

ただ、○○大学の記録によると、○○大学はかねてより

大陸進出を視野に入れていた




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 735

○○高等工科学校・○○日満工科学校の設立は

法律が出ることが事前に分かっているかのような

見事なまでのジャストタイミングでの動き

反対に、日満の学校開設のために

発動したのではないかと疑いたくなるような法整備

全てギリギリのところで

強行なまでのごり押しの進め方

それがまかり通る目に見えない大きな力

補助金が出ることも分かっていたのではないかと

取れるような状況。。。う~ん





いや、○○大学が補助金目当てと言うより

先の私の仮説を当てはめると

関東軍もしくは特務機関・その他の裏金工作に

○○大学が協力したと言う形なのかもしれない





それを推し進めていたのは、、、

アッ ○○大学理事であった大叔父の姉婿と

石原完爾氏であった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 734

「○○日満工科学校」は

官民共同の満州国への教育支援事業

これには、満州国からの補助金など

多大な公的資金が投入されていた

○○大学の他、開設時期は少しずつ違うが

秋田・酒田(山形)・九州にも同系列の学校があった





○○日満工科学校の設立の経緯は

以前にたっぷりと述べたとおりであるが



○○日満工科学校関連の過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 632」~
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1902790.html




簡単におさらいすると

昭和13年4月、「国家総動員法」と同時に

大叔父の○○大学では、○○高等工科学校が開校

翌14年には、○○日満工科学校と変更





しかし、ほんとうのところは

昭和13年の高等工科学校の開校は危ぶまれていた

昭和12年の段階で開校の報道はなされていたが

実際には、用地の買収が進まず

学校施設が貧弱で認可がおりるような

ものではなかったとされる





ところが、4月の開校を控え

2月に申請し、ギリギリまで国との折衝が続き

なんとか3月30日付で認可された

そして翌年、○○工科学校は、日満の学校指定を

受けて急速に拡大成長するのである





続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 733

マネーロンダリングとは、「資金洗浄」のこと

裏の世界の犯罪行為で得た不正な資金を

口座から口座へ転々とさせて、不正資金が

正統な資金のように洗濯(ロンダリング)されてしまう

ことから、このように呼ばれている





従って、私の勝手な仮説の

日満の学校を経由したお金の流れは

正確に言うならば「逆マネーロンダリング」?

正式な公的資金を、自由に使える裏のお金に換える

裏金作りに利用された事業ではないか





軍事関係に詳しい人達は

皆、声を揃えて「それだ!」と言った

隠密に軍に渡しても、学園の運営に支障のない巨額

この仕組みならば、説明が付くのである





ただ、自分が思いついたことに青ざめた

こんなこと思いついて大丈夫なんだろうか?

なんだかとんでもない方向に話が進んでいる

えーっと、私はどうしたらいいのだろう。。。

怖くなってきたよ~(T_T)




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ


記事検索
プロフィール

aya_sann

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ