ミャンマーに思いを寄せて

亡き母の思いを果たすべく、ビルマで戦死した大叔父の足取りをたどる私の奮闘記録☆

2015年08月

ミャンマーに思いを寄せて 1164

協力を申し出て下さった方は

主人の親友の奥さんで

私も家族ぐるみのお付き合いを

させていただいている方だ

以前からこの調査を応援して下っていた

その奥さんの親友の義理のお父様が

元○○汽船の社長さんだなんて。。。

間接的ではあるけど、ダイレクトな気もする





その奥さんは、元○○汽船の社長さんだった方が

管理されている賃貸アパートに住んでいたことがあり

大家さんと居住者としてのお付き合いもあったり

社長就任中に観光クルーズ船に招待してもらったり

奥さんの親友は社長さんと同居されていて

遊びに行った時にお話したりとしていたと言う





元社長さんは引退されて15年以上経つそうだ

現在、どの程度力を持っておられるかは分からないが

その分、昔のことをよくご存じだと言うことだ

奥さんの親友の義理のお父さんってことで

その親友が協力して下さるかは分からない

もしも親友の方が協力して下さらない場合でも

元社長さんとは面識があるので

直接連絡を取ることは可能かもしれないと

奥さんは言って下さった

「何か私でも力になれそうだったら、声をかけてね」

と優しい言葉をいただいて大変感激したのだった

ありがとうございます、どうかどうかよろしくお願いします





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1163

棚からボタ餅(?)のような状態で

主人の親友の奥さんから協力の申し出があった

『灯台もと暗し』その一言に尽きるね

こんなことってあるんだぁ~

奥さんの親友のご主人のお義父様が

元○○汽船の社長さんだったってわーい





私はメールにとっても驚いて、夜中に

思わず主人をトイレまで呼びに行きました(笑)

「大変なことが起こった~¤¢¤»¤¢¤»¡ÊÈô¤Ó»¶¤ë´À¡Ë

「○○さんも歯車だったぁ~」って(爆笑)

まさかまさか、こんな展開になるとは見当も付かなかった





いきなり○○汽船に押しかけても

きっとおかしな人と思われて

門前払いをくらうのだろうなぁと

私は行動を起こす前から二の足を踏んでいた





そっかぁ、70年前の話だけど

現代にももちろん繋がっていて

○○汽船は今も存在するし

関係者が近くに居たっておかしくないのよね。。。





毎度毎度、作り話のようなすごい展開なんですけど

こんな話が作れるのなら

私はとおに天才作家になっている(笑)

作り話じゃないから展開がある度に

我が家はほんと大変な騒動になります

そして主婦をそっのけで、調査に没頭することに、、、

家族の皆様、ごめんなさい(^_^;)

いつかこの調査が完結したら

ブログの更新から解放されて

ゆっくり旅行にでも行きたいですね(笑)





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1162

大叔父の調査を始めて

これは大叔父が仕組んだ壮大な計画

じゃないかと思うときがしばしばある(笑)

家族も1番の応援者で

第三者として見守っていたが

ある日、この大叔父の計画の歯車の一部だと

感じることがあってから

寒い~と言い出した(おいおい気のせいだってば~)




 

母の兄弟は、全てお寺関係とか

地元の由緒ある家と結婚している

しかしなぜか母だけは、貧乏な父と結婚した


その父が居なければ、私は生まず

前職に就くことも無かった

前職での経験と人脈は、この調査の上で大変役立った

そして、主人と知り合い

結婚後、主人は周りから血迷ったと言われるほど

世を捨てて、突然の転身(?)

その転身がまたまた調査にとても役立つこととなった

それらが大叔父の仕組んだことならすごいよなぁと

私は呑気に受け止めている(笑)

まぁそんなことは無いでしょうね、気のせいですハイッ(^^)/





このブログは当初、仲間内だけの非公開ブログに書いていた

でもこのままじゃ情報提供を受けられないと言う理由で

ここで一般公開することに至る

その仲間向けのブログは現在も細々と続いていて

ここでは誤魔化していることも

実名で書いていたり、その他も濃い内容である





そんな時に突然舞い込んだ1通のメールは

仲間向け記事を読んだ

主人の親友の奥さんからだった

「記事を読んで、私、ドキドキしてきた!

どのくらい力になれるかわからないけれど・・・

学生時代からの親友の嫁ぎ先の義父さんが

元○○汽船の社長さんよ!!!」

ええええぇぇぇぇっっっ





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1161

私はこの調査をしていて数奇な運命を感じている

私と同等な親戚はたくさん居る中で

なぜ私がこの調査を始めたのか?

よく人に言われることは「貴女は大叔父さんに選ばれた」

それはまぁきっと気のせいよね

でもこれは大叔父が仕組んだ

ものすごく壮大な連鎖じゃないかと

時々そんな気がすることがある

大叔父は天国から楽しんでいる?(笑)

「違うよ違うよ、どこを探してるの

も~しかたがないなぁ、ヒントをやるかぁ(^_^)v」





大げさに言えば、私の人生も大叔父の主導だったりして

そして、私の関係者や出会う方々全てに

役割や意味があるようにも思うときがある

あんまりスピリチュアル系の話は得意じゃないんだけどね

だって今回もビビったんだもん





差出人の女性の名前が読み取れず

困り果てていたある夜。。。

突然舞い込んだ一通のメール

なんじゃこりゃ~うそ~、キャー、マジで???

こんなことってあるんだぁ。。。。





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1160

さてさて、手紙の内容はだいたい分かったとして

手紙から受けた私の印象はと言うと

なぜか鉛筆書きの汚い文字が気になった(笑)

速達だったので急いで鉛筆で書いたのか?

昔は手紙と言うと鉛筆書きが一般的だったのか?

お嬢さんなんだろうけど、、、


文字は、昔の文字や崩し字が多く

癖字で、正直、下手くそに思えますごめんなさいっっ





それでは皆様、お待たせしました

こちらが例のお手紙ですジャジャーン↓↓

RIMG0036








ただ、1つ問題が、、、

肝心の差出人のお名前が読み取れなかった(T_T)

達筆なのか?下手くそなのか?

以前に手紙の文面を載せて

差出人のお名前は”中大○梶子”さんと書きましたが

ほんとうに○の部分が分からなかったのです

名前が分からなければ探しようがないなぁ~

と思っていたら。。。

突然、驚くほど強力な協力者が現れたっっ

何なのコレ?怖いよ~





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1159

私は電車とかに詳しくない

三条大橋駅を見つけたのも奇跡に近い

ましてや昭和16年当時のことなんて、、、

三条大橋駅での待ち合わせが朝だった場合

大叔父はどれくらい前に家を出なければ

いけないのだろう?

果たして、そんな早くから電車は走っていたのだろうか?





何気なく京阪電車のお客様センターに電話してみた

普通であれば、なんとまぁ迷惑な電話であろう。。。

でも窓口の担当者は大変親切な男性の方で

最初は昭和16年当時の質問に驚いておられるようだったが

偶然にも京阪電車の歴史に大変詳しい方で

とってもとっーても懇切丁寧に解説して下さいました

他にも調べてみたからと、次の日もお電話をいただいて

京阪電車の歴史について熱く熱く語って下さいました

さすが大手私鉄のお客様センターの担当だぁ

その前に、きっとこの方の素敵なお人柄なんだろうなぁ

素晴らしい方との出会いに感謝感激!!

※この話は、後日別途まとめたいと思います





そんな訳で、昭和16年当時

湖から三条大橋駅は約20分だったそうです

大叔父が下宿していた姉婿の家の近くにも

京阪電車が通っていたので

三条大橋駅には朝の時間帯でも

意外にスムーズに行けることが分かった

そして三条大橋駅から○○大学へは歩いて15分ほど

三条大橋駅から○○大学へは

徒歩以外の手段はないことなど

色々と教えていただきました

京阪電車の方、ほんとうにありがとうございました





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1158

三条大橋と言う駅が私鉄の駅として

昔は存在した

その路線は○○汽船の会社がある湖と

三条を結んでいた





三条大橋駅での待ち合わせ時間が

7時半~8時

「三条大橋まで乗ります」と言うことは

湖側から三条に来ると言うことだ

これは朝なのか夜なのか?

今の感覚から言うと

朝にしては早いように思う





朝ならば、休日をめいいっぱい遊びたいから

と取ることも出来るし

夜ならば、彼女の仕事帰りに

待ち合わせをしたとも考えられる





ただ、現代の夜の7時や8時だと会社帰りの一杯は

普通だろうけど、時は昭和16年。。。

お互い未成年ではないとしても

そんな時間からお嬢さんを誘って繁華街で遊ぶ

と言うのはどうなんだろう?

まぁ家族券を手渡して、すぐにハイさようなら

であれば大丈夫だろうけど





大叔父は大学は週末はお休みだし

わざわざ家族券をもらうためだけに

夜に三条大橋まで行って

会社帰りの彼女を待っていたとは考えづらい

だから、朝だと断定すると

彼女は湖の近くに住んでいたこととなる。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1157

その後に書かれている

「又お目に掛かりましてから お話申し上げます」は

詳しいことは会ってから話すと言うことで

「三条大橋まで乗ります

七時半頃より八時までの間に三条大橋に着きます」

とあるので、会う日は事前に決まっていたことになる





この手紙が投函された昭和16年5月16日について

調べてみると金曜日であることが分かった

金曜日に速達で出すと言うことは

翌日の土曜日もしくは日曜日が

約束の日だったのではないかと思われる





「三条大橋まで乗ります」とあるので

何らかの公共の交通機関だと思い

”三条大橋”について調べてみた

現在は、京阪電車の駅に「三条駅」と言うのがあり

新しく「三条京阪駅」と言う京都市営の地下鉄の駅も

出来ていたりして、分かりずらい

でも三条大橋って駅は無かった

バスの停留所かなと思っていたら

昔々、私鉄の駅で三条大橋駅と言うのがあったことが分かった

現在は、京阪電車と私鉄は合併し駅も統合され

昭和24年には無くなっていた

「三条大橋」って、やっぱり駅名だったんだぁ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1156

家族券が欲しい!と大叔父が言ったのか?

なんとも厚かましい???(笑)

いただいたのか、購入してもらったのか分からない

昔の遊覧船の乗船価格がどれくらいなのかも分からない

ただ、複数枚いただくとなると

プレゼントとしてはぼちぼち良いお値段になると思う

ご厚意でいただくこととなったとしても

単なる友達がくれる金額かなぁ?





では、会社からタダ券をもらったのであれば

彼女自身がそれなりに上級の役職であったか

社長さんや役員さんなどの関係者の御令嬢かも

お付き合いしていたとすれば

その当時の大学生のお相手

お見合いではなくとも、それなりの家柄のお嬢さん

ではないかと想像する





○○汽船の社用便箋&封筒を用いたお手紙

この手紙の投函は「昭和16年5月16日」

大叔父が大学を辞める少し前のことである

6854296_2117429734_141large[1]










続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓



 


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1155

手紙の内容を詳しく見てみよう

「先日はお手紙有り難う御座いました」だから

大叔父からこの女性に手紙を出していて

そのお返事と捉えるのが普通だよね

そして、それ以前から手紙のやり取りをするような

仲だったと言うことは言える





「八景巡りの家族券送ります」とは

この○○汽船が湖で運行していた遊覧船の航路に

八景巡りと言うのがあったようである

調べてみると、その航路は

明治36年に初就航した○○汽船最古の航路だとのこと

中国湖南省の洞庭湖(どうていこ)周辺の情景である

瀟湘(しょうしょう)八景になぞって

江戸時代に選定されたそうで

日本のご当地八景の頂点とも言われているらしい

そして、その美しい景色は

初代、歌川広重が浮世絵で描いたことでも有名だそうである





ちなみに余談ですが、2015年現在

その航路が特別企画として復活したそうです

この記事を書いていて、ちょうど知りました

1番お安いプランだと1人3,000円ちょっと~

キャー大叔父が70年前に見た景色を見てみたい

と思ったのも束の間、、、

「20名様からのご予約を承ります」ってありゃりゃ





さて、本題に戻って、そんな訳で

社員の家族向けの「家族券」と言う名前の

”ただ券”もしくは”優待券”を

送って下さったのではないかと推測する

もちろん家族券と言う周遊券が存在したのか

はたまた現在もあるのかどうか

今後、調べる必要がある




続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1154

○○汽船と言う会社に

正面から乗り込むのは少し置いておいて

先に手紙の内容を詳細に確認してみよう。。。





<以下原文>

「前略

新緑の頃となりました

先日はお手紙有り難う御座いました

八景巡りの家族券送ります

お受け取り下さいませ

一人一枚ですから

又お目に掛かりましてから お話申し上げます

三条大橋まで乗ります

七時半頃より八時までの間に三条大橋に着きます

神居様

中大○梶子」





これがラブレターか?と言われると

そうでもないような、、、何とも微妙~

でも大叔父の遺品の中の

他人からの私信ってこれしか無くて

しかもそれが女性からなんだもん。。。

この色気も何もなさそうな文面から何が分かるのだろうか?

うーん、、、難しい~





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1153

まずは封筒に書かれていた「○○汽船」と言う

会社について調べることにした

ググったらすぐに出てきた!

近隣の湖で運行されていた海運会社であった

歴史的には、江戸時代の渡し船までさかのぼり

様々な小さな船会社が合併・吸収を繰り返し

近代では鉄道の普及により、船舶航路が減少したため

鉄道会社などとも合併をした結果

会社名は刻一刻と変化していた





大叔父の手紙にあった○○汽船も当時は存在し

「2代目の○○汽船」の時期であったことが分かった

更に驚くことに、社名は代わったが

その会社は現在も存在する有名な会社であった

現代は、私鉄グループに属し

湖の遊覧船を中心とした事業のほか

遊技場・遊戯施設及びスポーツ施設の経営

ホテル・旅館及び食堂・売店の経営など

事業は多岐にわたる大きな会社となっていた





わぁ~すごい会社だわ。。。

私だって知ってるくらいだもの

想像してたのよりあまりにも大きな会社すぎる、、、

いきなり大叔父がどうのと突撃してもなぁ

もう少し研究を重ねてからじゃなきゃ無理だわ





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓



人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1152

新展開には嬉しいのだけど

ありがたいやら悲しいやら

ふ~まいったなぁ、、、

またまた厄介なことになりそうな予感(T T)

私の調査の特徴である「寄り道」の可能性は高いよね

何がなんだかよくわからないけど

自然の流れに乗ったらこうなったとしか言いようがない

でも調査自体は停滞しているし

新たな切り口として斬新ではあるよね(笑)

やるしかないかっ!

そんな訳で○○汽船の女性を探すことになった





でもどこから何を始めたらいいのかさえ分からない

なぜ「○○汽船」の女性と分かったかと言うと

使用されていた封筒が社用封筒だったからである

6854296_2117429608_254large[1]






※手紙は帰省先に持ってきていませんが
一部、写真がありましたので貼り付けておきますね





○○汽船って今もあるのかなぁ?

まずは○○汽船について調べてみようかな。。。





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1151

「なんで?その手紙のこと話してたっけ?」と聞くと

協力者は「知らない」と言う

やっぱり…私はゾゾゾ~と寒気が増して

なぜか突然、涙が溢れ出た 

なんだこりゃ~なんで私は泣いてるの?ひょえ~

うわっっ涙が止まらないっっっ

 



後から考えると、なんとなく。。。

大叔父さんが、私を選んだ理由は

どこでどんな任務をして

どこで死んだかを調べるのじゃなくて

任務遂行のために、ほんとうのことを

家族や恋人にも何も告げずに

戦地に赴き死んでしまったことが心残りで

伝えたかったのでないか?

そんな風にさえ思えてきた





数少ない遺品の中に残された

女性からの1通の手紙と、遊園地の入場半券×2枚

大叔父の青春。。。

大切な思い出が詰まっているのかもしれない





単なる妄想かもしれないけど

もしこの直感が当たっていたとしたら

お相手の○○汽船の女性は、まだ御健在だったりして。。。

私はその女性を探して

手紙が大切に保管されていたことを

伝えなくてはいけないのかしら?わちゃ~ 

私はまた新たな試練に立ち向かうことになった…トホホ





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1150

突然の新たな展開

協力者からの大叔父の写真の表情の指摘に

とても驚いたけど

確かに今にも泣き出しそうな弱々しい顔にも

見えなくはない。。。 





調査当初は、戦争に行くのが嫌で

大学を辞めたと思っていたので

この表情にも疑問はなかった

でも調べて行くうちに、そうではなく

大叔父は重責の任務を背負って志し高く

戦地に赴いているように思うようになり

それを考慮すると確かに、大叔父の表情は

少し不思議にも思える 





「大叔父さんに彼女とかいなかったの?」との問いに

私は1つだけ心当たりがあることを思い出した

大叔父の遺品の中の手紙に

女性からのデートの約束のような手紙が

1通混じっていたことを 

○○汽船に勤めていた女性からの手紙。。。

協力者は「それだっ!」と叫んだ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

終戦記念日を迎えて

読者の皆様へ


いつも読んでいただきありがとうございます

昨日は終戦記念日でしたね

高校野球を見ていたら、12時に黙祷がありました

若い高校球児も応援席の皆さんも

静かに黙祷されていて

日本人は戦争を忘れていないと

なんだか嬉しい気持ちになりました



 

あともう1年大叔父が頑張ってくれていたら

終戦を迎えられたかもしれないのに。。。

生きて帰ってくれていたら

きっと会えていて、この調査もなかったでしょう





父に終戦の日のことについて聞いてみました

父は満州・大連で終戦を迎えたけれど

8/15に終戦だと分からなかったそうです

それより以前の昭和19年の1月より小学校は閉鎖され

父は漁業に使う網の工場で働いたそうで

子供心にも、その頃から雲行きは怪しいと思ったそうです

終戦の日には玉音放送のようなものもなく

ソ連の侵攻などで逃げ惑うなどの状況から

あぁ戦争に負けたんだなぁと感じたと言います





戦争には行っていないけれど

身近な者にも戦争経験者はいるのよね

改めてそう思った

私はと言えば戦争を知らない世代だけれど

相変わらず毎日、戦争と向き合っているような状況

70年と言えば昔のことだけど、その歴史があって

全てのことが現代に通じていると感じています





大叔父は国策に従い犠牲となったとは私は思っていません

戦争は良くないことで

繰り返してはいけないことだとは思います

しかし大叔父はあの時代を一生懸命生きて

お国のために命を懸けて戦ったことは事実で

それを誇りに思うと共に

私はその歴史を真摯に受け止め、学び生かし

次の世代へと継いでいく役目があると思うのです

そのためにはもっとたくさん昔の話を聞いて

勉強しなければいけないですね

そして大叔父たちの生きた時代のおかげで

今の平和な日本があることに心から感謝しなければいけません 





終戦記念日を機に、心新たに

あともう一息、頑張ってみます

今後ともどうぞ宜しくお付き合い下さいませm(__)m

長文失礼しました



2015.8.16



皆様のポチッから勇気をいただき励みとなっております
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとしてほしいな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1149

新たな急展開に心が高鳴る中

翌日は、毎年恒例の靖国神社で行われる

ビルマ方面戦没者慰霊祭に参加した



 

去年までお元気に司会をされていた会長さんは

3月(2014年)にご逝去され

会長さんがいない慰霊祭は、とても悲しかった

いつもの席に会長さんの姿はなかった。。。





私を全ビルマ会に招いて下さって

ミャンマーに連れて行ってくれた会長さん

慰霊祭の間中、涙が溢れた

天国で戦友に会えたかな

戦没者じゃないけど、ここ(靖国)に居るように思う

きっとこの慰霊祭を見守っておられるのだろうなぁ





新会長さんは、遺族の方となった

新会長さんを中心に

益々の全ビルマ会のご発展を祈念するとともに

末永く慰霊が行われることを願う

 



そんな時に起こった新展開

会長さんが機会を与えてくれたのかなぁ。。。





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1148

降って湧いたような急展開


キャーキャー、何これ~いや~ん

展開があるってことは嬉しいけど


私の思考能力は付いて行けない


弾けるように遺品を引っ張り出す






その中から古ボケた茶色の封書を見付けた


あった!これだ!


これが女性からの手紙…


でも、この人が大叔父の彼女とは限らない


彼女がいたとしても、どうなるものか。。。

※ただいま帰省中のため、手紙を家に置いてきて

しまいました写真は後ほどでお許しを!





だけど、手掛かりの少ない現代において


遺品として残った大事な物に変わり無い


この手紙が何か有力な情報に繋がるのか。。。


そんなことは全く分からないけど


考えもしなかった新展開に


心臓がバクバクして

私達は一気にテンションが上がった






続く…






※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1147

大叔父に彼女…

私の脳裏を何かがかすめた


ア!もしかしてアレ??


いや、でもなぁ。。。





「う~ん、私…言ってたっけ?


協力者はキョトンとしている


続けて私は


「大叔父さんの遺品の中に女性からの手紙があったこと…」


確か、早くに関係ないやとしまい込み


その手紙の存在は誰も知らなかったはず


ましてや、私自身も今の今まで


そんな手紙があったことを忘れていた





協力者もかなり驚いている


私だってオロオロしてしまう


何が何だか分からないけど


重要なことをド忘れしていたような


怒られそうな、焦りに近い気持ち





キャーーいや~ん(>_<)


なんだか寒い~ゾゾゾ~

私は慌てて大叔父の遺品を出しに行った






続く…






※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1146

大叔父は、学生時代には

大学の禁衛隊で大隊長を務めるなど

しっかりとした意思で戦争に行ったと思う

その後の経歴における私の仮説では

石原莞爾氏の関与の疑いや

もしかしたら中野学校との関連性なども含め

特務機関での英語通訳が濃厚な中

それらを前提にすると

あの写真だけが違和感を覚えると協力者は言うのである





違和感とは何か?と考えた時

悲しいとか、行きたくないとかでなくて

”浮かない心残り”があるように感じたそうだ

そして私に伝えた。。。

「何か心残りがあるような表情に思える…」





心残りって何よ?

幼子の姪っ子に当たる私の母のこととか

高齢な大叔父の父(私の曾祖父)のこととか???

協力者は何事か考えながらゆっくりと

「大叔父さんに彼女とかいなかったの?」と言った





あっ、そっち系の話だったのね!

ふむ…大叔父の彼女かぁ。。。

そんなの知らないよ~

私はよ~く考えた

えっ?あっっっっっ、、、もしかして





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1145

協力者はポツリと

「大叔父さんの写真の顔が、ずっと心に引っ掛かってる」

と突然言い出したのだ!!

えっ?何?何?----

私のゾゾゾ~は続く





「何か心残りがあるような表情に思える…」

大叔父の写真???

えーっと、えーっと、どれのこと???

それは、軍への提出用に

出兵前に撮られたと言われている

写真のことだった

それがこの写真↓↓
PICT0002

















言われてみれば何とも寂しそうな顔にも

見えなくはないような、、、

少しあどけなさの残る大叔父の顔

一般的によく見る軍人さんの写真は

軍刀を持ってデーンとかっこいい”いかにも”って

雰囲気のが多いけど

まぁ大叔父は、この写真を撮った時は

まだ兵隊さんでもないし…

しかもよく見たら、写真屋さんで撮ったのでもなければ

祖父のお寺の本堂の前の庭で撮ってるし(笑)

でも、この写真が気になるんだよね。。。




続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

暑中お見舞い申し上げます☆

読者の皆様へ


暑い日が続いていますがお変わりございませんか?

いつも読んで下さりありがとうございます





記事の内容は2014年の初冬頃です

これから少し動きのようなのが数回あって

現在はいわゆる「停滞期」で小休止

もしかしたらリアルタイムに追いつくかも~

いえいえ、休んでいる暇はないのですが

この暑さが、お年を召した大切な証言者のお体に

障るのではないかと、とっても心配しています

私が辿り着くまでどうかどうかお元気でいて下さい~





世間では戦後70周年の節目の年として

終戦記念日を目前に

様々なテレビの特集番組が放映されていますね

先日は「永遠のゼロ」が放映されていました

友達などにもオススメされて良い話だと知っています

私も楽しみにしていて少し観たのですが…

途中から、これって…フィクションなんだよね?

私の調査もこんな風に進んだら。。。

などと変な感情が出てしまい

全部見ることができませんでした

ごめんなさい。。。( p_q)エ-ン





先日、大叔父ほか、身内のお墓参りに行ってきました

お墓参りをすると何だかスッキリしますね

調査が続けられていることへのお礼と

これからの進展をお願いしてきました

戦後70周年の節目の年

あと数か月ですが、どうか今年のうちに

何らかの兆しが見えて完結に向かいますように

帰省から戻ったら、ペースアップで頑張ります(⌒-⌒)





読者の皆様におかれましても

暑さ厳しい折、お体を大切に☆

今後ともどうぞご愛読下さいませ

いつもありがとうございます



2015.8.10




皆様のポチッから勇気をいただき励みとなっております
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとしてほしいな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1144

短縮卒業で入隊を拒否する者については

当時の○○大学は退学と言う強硬な処置を取った

そのまま12月まで大学にいたら


大叔父も軍隊に入っていたはず

だが大叔父は7月に退学したため徴兵はされず

18年の春まで延びたのだった





僧侶だった大叔父の兄(私の祖父)や

尋常小学校の校長先生を定年したばかりの

大叔父の父(私の曾祖父)や

○○大学の理事をしていた義理の兄がいるのに

退学理由が学費未納なんて考えられない

理由をもし「一身上の都合」とした場合

一身上の都合とは何かと問われるため

学費未納としたのだろうか、、、





この退学の部分だけを見ると

そのまま短縮卒業で戦争に行かせたくないと

祖父が学費支援を打ち切ったのではないかとか

大叔父自身が戦争に行きたくなくて…とも思えたが

その後の調べでそれは無さそうである





私も一時は、大叔父は白羽の矢に当たってしまい

本人の希望の有無は別として

選ばれて(?)戦争に行かされたのかなぁとも

思った時もあったけど、それも違うような気がする





「お国のために」と言いつつ

心の奥底では死への恐怖はあったかもしれないが

今となっては私には大叔父の心の中は分からない

でも…何で急にそんなことを言い出すの???

協力者の言おうとしていることが分からなかった





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1143

ある夜、突然

協力者が「ずっと気になっていたことがある」


と真顔で言い出した


でも何か言い出しにくそうな雰囲気


えっ?何?何?ゾゾゾ~と寒気がした


この寒気って、この調査の件で

いつも何かが起こる時に来るアレだぁ~


怖いよ~(>_<)何なの?





「う~ん、分からないけど

大叔父さんて、戦争に行きたくなかったかもしれない…」


…はい?何それ?だから?何?早く言って

嫌だぁーーー何よ、何???~


いきなりの発言に言葉を失う





う~ん、大叔父さんが

戦争に行きたかったか行きたくなかったかなんて

私には分からないよ




大叔父は、昭和16年の夏

○○大学を学費滞納との理由で

4回生で中退したと知った時


学費が滞るような経済状況は考えられなかったので


そのほかに理由はないかと

当時の大学生を取り巻く背景を調べてみた





この16年と言う年は、大学生の招集免除を改め

始めて卒業時期を短縮し

その年の12月に軍隊に入隊させた年である

大叔父は、奇しくも初の短縮卒業に該当した

本来ならば昭和17年の春に卒業だが

国の政策により卒業を3ヶ月短縮して

12月に臨時徴兵検査を行い

合格者を翌年の昭和17年2月に入隊させた

学徒出陣と呼ばれた時期より少し前に当たる





そしてその後は、短縮期間はどんどんと増し

最終的には半年の短縮となり、学徒出陣に至る




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな↓↓

人気ブログランキングへ


ミャンマーに思いを寄せて 1142

兵籍簿や兵站病院の件は

取りあえず今のところ

これ以上の進展はないような気がする

もう少し細かいところまで

調査する必要はあるが

なんだかなぁ。。。パッとしないよね

どこを探せば大叔父に辿り着くのか

全く分からない

2014年の秋は深まり、もう初冬を迎えようとしていた





今までは、手当たりしだい

思いつくままに突き進んできた

いつも計画性がある訳じゃない

思い立ったが吉日、なんて感じに

自然の流れに身を任せている

賢い人の調査方法からは

かなり逸脱した路線だと思う

私だって方法が分かっていれば

こんなに苦労はしていないとは思うのだけど。。。





やらなくちゃいけないことは

まだまだある

それが終わらないうちは

諦める分けにはいかないのよ

だけどなぁ。。。次はどこを探したらいいんだろう

検討もつかないよ

大叔父さん、この調査は

いつになったら完結するのですか?

と、グダグダの調査の状況に

私だって人間だもの

泣きごとを言ったり、グチりたくなる時もある





そんな折。。。

ある日の夜、協力者と話していると

何だか思い詰めたようにポツリと

「実は…ずっと気になってることがあるんだよね」と

協力者は真顔で言いだした




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1141

日本赤十字の担当者とのやり取りの後

しばらくして、請求手続きや手記の閲覧の前に

この方にお礼をしなくちゃなぁ。。。と思った

こんなにご尽力いただいたのに

ありがとうと言うだけじゃ申し訳がない





私はお手紙と共にお礼の品を贈った

するとしばらくしてお返事が届いた

そのお手紙には退職されたことが書かれていた

えっ?ウソ~

ちょうど退職の前日に私からの荷物が届いたそうだ

この方の最後の大きなお仕事が私のお願い事となった

だから一生懸命になってくださったのか。。。





お手紙には「こんなに感謝していただいて

思い出深い最後の仕事となった」と綴られていた

退職寸前のこの方に出会わなければ

日本赤十字がここまで調査に協力して下さることは

なかったかもしれない

この方の人生の1ページに残る

大仕事となったのだと思うと

何と言うご縁なのだろうと感慨深いものがあった





お手紙には自身が退職した後でも大丈夫なように

「次の方に申し送ってあるので安心してください」とも

書かれていた

ありがとうございます。。。ありがとうございます。。。

私は手紙を読んで涙が出た

私の調査は、優しさのリレーで

こんなに皆様に支えられて続けることが出来ている

何としてでも頑張らなくちゃいけないなぁ

いつかこの方にも調査完結の良い報告が出来ますように




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1140

その他にも日本赤十字には

戦後に書かれた様々な手記なども充実しており

もちろんビルマに関する物も

たくさんあるのだそうです

それらは一般に公開されたスペースにて

公開時間内であれば自由に閲覧できるそうだ





日本赤十字の担当者は

「もし興味がありましたらお越しください

事前に連絡をいただければ

ビルマ関係の物をピックアップしておくように

担当部署に伝えます」とまで言って下さったのだ

わぁ~ありがとうございます

なんとありがたいことか!

至れり尽くせりの対応に

この方と出会えてほんとうに良かったと思った





第121兵站病院の記録があると知って

私はホッとして、この件について

その後はしばらく放置となった

大叔父の名前は無いし

急いで請求手続きしなくとも大丈夫かな。。。





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1139

第121兵站病院の記録に

大叔父の名前は載ってはいない

それでも大叔父が最後を迎えたとされる

その病院の記録が残っていたことと

その記録を探し出してくださった日本赤十字の担当者の

ご尽力に心から感謝した





残っていた記録はインパール作戦~終戦までの分

正に私が1番欲しいと思っていた部分である

大叔父が最後を迎えた病院の様子は

どんなものだったのだろうか?

大叔父も私さえも

お世話になった看護婦のおばあさんが

体験された病院の現状とは

いかなるものだったのだろうか

私は知っておかなければいけないと思った

総まとめの記録がどんな物かは分からないが

一見の価値はあると思う





この記録を請求するには

正規の請求手続きを必要とする

手続きをすると後日コピーをいただけるとのこと




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1138

兵籍簿では、大叔父は第121兵站病院の

岐阜班と呼ばれる感染重症病棟で

マラリア兼アメーバ赤痢により最後を迎えたとされている





日本赤十字にあるかもしれない

その感染重症病棟の記録

その記録は、病院毎には整理されておらず

病棟ごとバラバラであった

そしてを探すことは困難だと思われた

病棟の分だけでも探すのは大変なのに

心の中で、病院全体の記録を見てみたいと思っていても

それを口にするのはわがまま以外の何物でもなかった

病棟の分だけでもいい、どうか出てきてほしい。。。





日本赤十字の担当者からのお返事が来て

第121兵站病院の感染重症病棟の記録が見つかった

大叔父の名前は無いとのことだったが

実は感染重症病棟の分だけではなく

病院全体の記録が見つかったと言うのだ!!

ウソーーー!!マジで???うわぁ~





本来は病棟ごとの記録であるはずが

実はインパール作戦が始まってから

終戦までの間は月報が作成されておらず

その間の分は、終戦後に「第121兵站病院の総まとめ」として

記録が残されていることが分かった

私が望んだ通りの形となって記録が現れたのだ

偶然だけどこんなことってあるんだね

私は何度も「ありがとうございます、ありがとうございます」と

電話口で担当者にお礼を述べたのだった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1137

調査依頼をしてから、2ヶ月ほど経ったある日

日本赤十字の担当者からお電話をいただいた

大叔父が最後を迎えた第121兵站病院の

岐阜班(感染重症病棟)の記録が見つかったとの

嬉しい報告であった

大変な量の資料から必死に探してくださったのだ





その病棟の看護婦さんであったおばあさんの名前も

きちんと出てきたとのこと!!

おばあさんは戦後にご結婚をされていて

現在の名字は結婚後の名前である

しかし、下の名前が珍しかったため

おばあさんだと分かったそうだ

おばあさんの名前が決め手で

これで間違いが無いと思われたそうである





その報告文書の隅々までくまなく

大叔父の名前を探して下さったが

残念ながらそれらしき記述は見当たらなかったとのこと

元々、入院患者の個人名が出てくるような報告文書ではない

ほんの少し淡い期待はあったが

それはしかたのないことである

それよりも担当者の優しさに私の心は満たされていた

そして、私は大叔父の名前が無いことに落胆はしなかった

実はもう1つ嬉しい事があったからだ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
8月のバナーになりましたよ☆

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1136

日本赤十字の担当者に

看護婦さんだったおばあさんの氏名を伝えた

これは何かの決め手になるのだろうか?

調べるのに「少しお時間を頂戴します」とのことで

私は快く了承した

お仕事の邪魔にならない範囲で大丈夫です





お返事を待つこと1ヶ月

恐縮しながらお電話すると

まだ見つかっていなかった

催促するつもりはない。。。

…やっぱり大変な作業なのよね

きっと全病院の病棟からの報告だから

ものすごい量があると思う

その中から第121兵站病院の岐阜班の月報を見つける

大変なお願いをしてほんとうにスミマセン

担当者は最善を尽くして下さっている

ありがたくってありがたくって、心底申し訳なく思った





更に1ヶ月ほど待った頃、遂にお返事が来た!!




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

aya_sann

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ