ミャンマーに思いを寄せて

亡き母の思いを果たすべく、ビルマで戦死した大叔父の足取りをたどる私の奮闘記録☆

2016年11月

ミャンマーに思いを寄せて 1558

大使館の建物に入った

受付には怖そうな恰幅の良い外人さんが

立っていた





「何しに来たの?」っぽいことを聞かれる

英語でも、むこうが言っていることは

だいたいわかった

ここでも門と同じやり取りが、、、

門と建物の距離はわずかである

さっきの門番のおにいちゃんが

建物内の受付に

一言声をかけて下されば

簡単だったのだが,,,

そんな上手くはいかなかった





とても威圧感のある受付のおじさん

この人にもまた最初から説明しなくちゃ



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1557

大使館に来た理由は

もちろん大叔父の手がかりを求めてだが

実は具体的な策は頭になかった

もしかしたら何らかの資料があるかもとか

無くとも、他の場所を教えてもらえるかもとか

インド国民軍に詳しい人がいるかもとか

とにかく何でも良いので

アドバイスが欲しかった





当然のことながら

図書館があるなんて知らなかった

でも図書館ならば

何らかの資料があるかもしれない

お兄ちゃんは通用門を開けて

私を中に入れてくれた

「ありがとうございます」

私は丁寧に頭を下げて建物に向かう





門から建物までは数10メートル

第一の関門は通過したが

更なる関門が待ち構えていた




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1556

どうしよう、、、何か話さなきゃ

知り合いが言っていた

「切羽詰まった時には英語の神様が

降りてくるよ」って

だけど、真っ白になっている私には

単語すら降りてこなかった

後で思ったことだが

英語の神様が下りてくる人は

ある程度、英語が出来る人である





私はオロオロとするばかりであった

だけど怪しい人には見えなかったのかも…

何かを一生懸命伝えようとしている私に

門番のお兄ちゃんも

スマホを取り出して

何とか私の意思を汲もうと

必死に対応してくれている

きっと涙目になっていたワタクシ、、、(T T)





もうダメかと思ったとき

かばんの中にインド国民軍の方が

書かれた本を持っていることを思い出した

「知られざるインド独立闘争―A・M・ナイル回想録」

_SX333_BO1,204,203,200_[1]













本を取り出して

お兄ちゃんに見せてみた

すると「ライブラリー!(図書館)」と

お兄ちゃんは、私が図書館に来たと思ったみたい

ちょっと違うけど、まぁいいっか

私はうんうんと大きくうなづいた



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1555

おずおずと「あの~…」

大使館のお兄ちゃんに話しかけてみた

するとヒンドゥー語???が返ってきた

アッ分からない、、、

「日本語しか話せません…」と答える





すると英語で「英語は話せますか?」と聞かれた

首をブンブン振りながら

「…いいえ、日本語しか話せません」

またまた英語で「何の用事で来たの?」っぽいことを

聞かれているみたい

このお兄ちゃんに「先の大戦のインド国民軍の」とか

「大叔父がどうの」と説明してもなぁ。。。

てか、伝える自信もないしっ





超・省略して「インドの歴史を勉強しに来ました」と

日本語で言ってみた

もちろん、お兄ちゃんには通じるはずもない

受付には日本語スタッフが居ると

勝手に思い込んで

気軽に来てしまったが…ヤバイ

う~ん、う~ん、どうしよう、、、

いや~ん大使館の前で沈黙が続く



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1554

小さな通用門のような奥には

これまた電話ボックスサイズの小さな小屋があり

門番のお兄ちゃんの休憩所かしら?

またまたその奥には

飾り気の無いスッキリとしたガラス貼りの立派な建物

これがインド大使館なのかなぁ?






一般的な日本のお役所(村役場の雰囲気)を

なぜか勝手に想像していた私

村役場じゃなかったら

以前に行ったことのある

自衛隊の門のような感じかな

この小さな通用門は裏口だなと思いこんだ





気のせいかなぁ?

どうも、この小さな通用門しか

入り口がないみたい。。。う~ん

その通用門には

外人さんのお兄ちゃんが立っている

自衛隊みたいに中に受付があって

そこで手続きするのかな?

でも受付っぽいところも見当たらない





どうすれば良いのか分からずに

インド大使館の前で困ってしまった私

よし!門番のお兄ちゃんに聞いてみよう





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1553

ふと横を見ると

西洋のお城のような

黒くて背が高くて細かい鉄の柵(?)

が見える

上には矢じりのような突起

来る者を拒んでいるかのような

なんだか厳重な柵だなぁ。。。





しばらく進むと

その黒い柵に小さな通用門があり

そこに浅黒い外人さんが立っていた

えっ?もしかして、ここがインド大使館??





だけどその外人さんは

ターバンとか巻いていた分けじゃないし

外人さんは全部一緒に見える私は

インド人かなんて分からない

今から考えると

もしも大使館が並んでいて

ネパールとかの大使館であったとしても

インドだなと思い込んだと思う





看板もあったような・無かったような…

当然のことながら「ようこそインド大使館へ」的な

雰囲気ではなかった



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1552

靖国神社の近くにカレー屋さん

なんだか似合わないシュチュエーションに

インド大使館はこの辺りだと思った(笑)

漂う香りはカレーっぽい

カレー屋さんだと思うのだが

見た目はよく分からない

外国の雑貨屋さんみたいな雰囲気のお店

きっと大使館のインドの人が利用するのね





大使館と言うところに行ったことがなかった私

勝手に”お役所”のイメージを抱いた

大きな駐車場があって

目立つ看板があって

オープンでウエルカムな感じ

「ようこそ!インド大使館へ」な~んて

垂れ幕があったりして。。。とイメージした





だけど、お堀側がキレイな遊歩道に

なっている以外

それらしき建物は見当たらなかった

人っ子1人も通りもしない、、、

どこなんだろう???




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1551

インド大使館。。。

どこにあるんだろう?

調べてみると靖国神社の近くだった

この辺りならなんとか分るわ


でも大使館には行ったことがない

どんなところかさえ想像が出来なかった






私は電車に飛び乗った

平日の午後

思い付きでインド大使館を目指した

靖国神社への通い慣れた坂道を上る

坂を上り切ったら左折だ






「この辺りだと思うのだけど…」

ふと、カレーの良い香りが漂ってきた

道の角には外国チックなカレー屋さん

「間違いないわ、近くまで来てる


私は辺りを見回した





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1550

以前から「大使館に行きなさい」と

言われていたことを思い出した

いつか行かなきゃと思っていたけど

大使館に行って何をするのか

自分でも全く想像がつかなかったので

後で後でと思ってしまったのだった





大使館と言う発想は

協力者達からの提案だった

この調査を始めた初期のころに

ビルマにある日本大使館で働いていた方に

お世話になったことがあったり

インドにある日本大使館にお勤めの方から

突然メールが来たこともあった

その時は、インパール作戦70周年の

記念セレモニーの下準備に

協力してほしいと言うものだった

何かと大使館にご縁はあった気もするが

日本にある大使館には行ったことがなかった





当初、日本にあるビルマ大使館に

行こうと思っていた

でも現状を考えると

ビルマ(ミャンマー)と言うりも

インド大使館ではないかと思い始めた

私は早速、インド大使館へと急いだ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1549

靖国神社から凹んで帰って

これからどうしよう。。。

次は何をしなくちゃいけないんだろう

やることは山ほどあるけど

やる気が起こらない

でも何かやらなきゃ。。。

自分から動かず待っていても

何も始まらない





何をしようかな?靖国のことは忘れて

なんだか気分転換したい

もう本を読んでばかりもしんどい

新たな展開のために

今までと違ったことをしなくちゃ





そうだ!!あそこに行ってみよう

以前から行きなさいと言われていた場所

何があるか分らないけど

良い機会かも



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1548

更新予約時間を間違えました~



靖国偕行文庫の偉い方については

行く前からいろいろな噂を聞いていて

「行かない方が良い」と何人もの人に

忠告されていた

なのにその忠告を無視して

「きっと収穫がある」と思い行くことにした





いつもお世話になっている先生に

参道を歩きながら電話を入れた

「だから言っただろう」と

先生は私の涙声に呆れる

あぁ行くと決めた私の自業自得である

先生は私を一生懸命励まして下さった

いつまでも泣いていてもしかたがないので

なんとか駅までの道を歩いた





世の中には色々な人がいるわけで

悲しいけど、全ての人が

私に協力的ではないと分かっている

こんなことくらいで凹んでいたらダメだね…

もっと強くならないと。。。

険しい道を進んでいるのは

今までの調査の結果に基づいているからで

その私の信念は揺らぐことはない

自分の信じる道をひた進もう



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1547

私は席を立ち、お礼の品を渡した

紹介者であるプロの協力者が

「また何か分からないことがあったら

相談に乗ってもらったらいいよ」と言うと

靖国偕行文庫の偉い方は

手をヒラヒラと振って断られた

、、、私だって同じ気持ちである

それでもお時間をちょうだいし

お世話になったので

丁重にお礼を言って辞した





靖国偕行文庫を出ると

プロの紹介者はしきりに恐縮し

「スミマセン」と謝っておられた

紹介した靖国偕行文庫の方の態度を

謝っておられたのだろう





新たな情報には喜んだが

私はやっぱり傷付いていた

もう少し靖国偕行文庫で勉強して行くと言う

プロの協力者と別れて

駅の方角へと参道を戻ると

ポロポロと涙が溢れてきた

参道を泣きながら歩く女性って

危ない人よね

恥ずかしいけど、涙を止めることが出来なかった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

 


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1546

私は帰ろうと思った

しかし、ふと聞きそびれたことを思い出した

アッそうだ!

兵籍簿について

入隊~大陸に渡って歩兵60連隊に合流し

その後にビルマ方面に移動し

サイゴン(ベトナム)に行ったところまで

ずっと同じ人が書いている件について

「どのようなことが考えられますか?」

と聞いてみた





すると…「何を根拠に!!!」と

突然大きな声を発し爆発

湯気が出そうなくらいブチ切れ状態

何?この人も~やだっっっ

私は一言、冷静に「筆跡鑑定の結果です」と告げた

向こうは、ムムムム~と反撃できなかった





少し自分を取り戻されて

「それは、旧軍の人事記録は正と副があったからです」

「その兵籍簿は、内地の留守師団が持っていた物

かもしれません」と教えて下さった

おおおおぉぉぉ~スゴーイこれは新情報だ

そっか~、じゃあ、副の兵籍簿と考えれば

ずっと同じ人が書いていてもおかしくはないね

私は、1つの疑問が解けたことで大満足であった





現在の自衛隊の人事記録は

副ではないけど

人事記録を簡略化した「抄本」が付いている

旧軍は正と副なんだぁ。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1545

参ったなぁ、、、

ごめんなさい、私はここであなたと

私の仮説について論じるために来たのではない

ましてや、私の仮説を否定するための

あなたの持論を聞きたいのでもない





ここに居ても意味が無いわ

呆れ果てて帰ろうと思った時

他の席に居た人がやってきて

突然、話に入ってきた

自分の身内の人もなかなか見つからなくて

何人もの人に聞いてやっと見つかったと言う

経験談をされた

その人も、大叔父が見つからないのは

「たまたま」だと言うのである

その場の雰囲気は「そうだ、そうだ」となった





はぁ~何も知らないのに、、、

親切に話しかけて下さったのだろうけど…

ごめんなさい、遠慮してほしかったです(> <)




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1544

なんだかイヤ~な雰囲気

ここに来た目的は

私自身が長年かけて導き出した

特務機関説を前提に

これからどのように調査を進めれば良いか

プロとしてのアドバイスをいただければと

思っただけ。。。

別に私の仮説に同調して欲しい訳じゃないし

この人、個人として否定的でもかまわない

だけど非難される覚えは無い、、、





益々興奮しながらその人は持論を続ける

「司令部や特務機関に下士官はいない!」

はい?えーっと…

そんなことはないと思いますが、、、

私は無言のまま耐えた

「司令部や特務機関の人間は

マラリアやアメーバ赤痢で死なない!」

、、、えぇぇぇぇ???

やだマジで言っておられるの???

この人、プロだよね???

ちょっとひどすぎない???

好き勝手、言いたい放題だぁ~




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1543

何をそんなに熱くなっておられるのか

呆気に取られていると

その人は1人でドンドン白熱していったイヤ~ン

なんだかマズイなぁ、、、

とっても嫌なんですけど…もう帰りたいですぅ





インパール作戦の概要や

15師団の編成、60連隊の経路等の説明などを

おとなしく聞いていた時までは

教えてあげたと満足されているようだったけど…

踏み込んで質問すると

質問の意味さえ理解されず

おかしな回答ばかり並んだのは気のせいか?





私の仮説を否定する根拠として

大叔父が通訳をすると家族に

伝えていたことに対しては

「英語が話せたくらいで…。

大学に行っていたら誰だって英語くらい話せる

そんな人は山ほど居た」と言われた

、、、果たしてそうだろうか???

今の時代の大学生じゃないですよ

光機関は通訳要員の確保に必死になっていたのに

これはこの人の見解であって

私とは意見が違うと言うことで流そう

私は反論はしなかった





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1542

お話を伺った中隊の生き残りの方々は

大叔父を知っていなければ

おかしい立場の方達だと私は思っている

残念ながらどなたも

「そんな人は居なかった」と証言された

「そんなのたまたまだ!」と

この人は言う、、、

これだけじゃなくて

たまたまで片付けられないことが山ほど積もって

現在の仮説に至ったのだけど。。。





「特務機関には成績優秀でないと

行けないんですよ!」

、、、大叔父が成績優秀でなかったと

この人は言いたいのかな?

大叔父の何を知っていると言うのだろう?

「たかだか下士官」と言いだけだ

私が調べた限りでは

身内の者が言うのも何だが

極めて優秀な人材であったと思う

それと、特務機関には軍属の方もいたし

女性の方もいたし、全員が優秀だったとも

言い切れないのではないかしら?





異論は胸にしまって

私は口を閉ざしたまま

その人の言い分をじっと聞いていた

なんだか怪しい雲行きよね、、、




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1541

基本的な説明を聞き終えた、、、

でも私が訪れた理由はそんなことじゃない

プロの紹介者が口添えして下さって

兵籍簿が詐称されているかもしれないと

「特務機関説」を切り出すと、、、





靖国偕行文庫の方は

途端に不機嫌になられた

アッ、特務機関説に否定的なのよね

先程までの優しい紳士はどこへやら?

興奮して急に攻撃的な口調に豹変

えっえっ?何なの~この人、ヒョエーーーー





「兵籍簿に書かれていることは正しい!」

それがこの方の主張であった

国の発行している公的文書を

疑い出したらキリがないと言うのである

。。。それは私だって十分わかっている

出来ることなら兵籍簿を疑いたくはない

でも、その上で、多くの識者の見解や

7年間の地道な調査を踏まえて

私が出した結論である





続く…





※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1541

まずは、靖国偕行文庫の方のお話を聞く

私の調査の概要は紹介者から

だいたい伝わっているよう(?)





靖国偕行文庫の方は

準備されていた資料で

インパール作戦時の師団の編成や

その中で15師団に60連隊があることなどを

丁寧に説明して下さった





。。。正直、基本の基本

もう7年も調査を続け

インパール作戦をずっと勉強しているので

そんなことは分かっている、、、

きっと何も知らない素人だと思っておられるのだろう





資料も準備して、丁寧に説明して下さっている方に

失礼になると思い

ずっと黙って聞いていた

「本題はそこじゃない」とは言えず

時間だけが過ぎていった。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1540

今回お世話になる靖国偕行文庫の偉い方は

大変有名な方だそうで

色々なところから、色々な話を聞いていた

それでも私よりも遥かに

豊富な知識をお持ちだろうし

私にとって絶対にプラスになるだろうと思った

私の特務機関説に否定的であっても

それはさて置き、プロとしての

調査のアドバイスがいただければと期待した





私達が行くことは

プロの協力者が連絡して下さっていたようで

靖国偕行文庫の方は

資料を準備して待って下さっていた





軽く挨拶を交わして、席に着くや

すぐに本題に入った。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1539

プロの協力者が

これからご紹介いただく方について

少し言いにくそうに話し出した





なんでも、その方は

大叔父が特務機関関係者では?と言う

私の仮説について否定的な見方だと言う、、、

「それでも会いますか?」と言われ

どんな考えの方であってもプロはプロ

きっと何かしらの収穫があるはずだと

私は会うことをためらわかった

私と考え方の違う人など山ほどいる

ここまで来たのだから、引き返すのも何だし

会うだけでも会ってみよう。。。





私は恐る恐る靖国偕行文庫に入って行った

出てこられたのは

年配で品のある、おじ様であった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1538

私はプロの協力者と靖国神社で

待ち合わせをした

毎年、慰霊祭の日に

朝から忙しなく歩いて来る参道だが

午後ののんびりした時間を

楽しみながら歩いた





少し汗ばむくらいの良いお天気

協力者は遅れているようで

私はジュースを飲んで時間を過ごした





ほどなくして協力者と合流

ご挨拶をして、現在の状況を報告した

協力者自身は、私の”特務機関説”を

当初はすぐに理解してくださったが

その後はどうなのか微妙であった

面白そうなので興味深いようだが

お忙しいので、本音は私の私的なことに

あまり関わりたくないようにも感じた





これからお会いする靖国偕行者文庫の

偉い方を紹介することで

プロの協力者は

幕引きにしたいのだろうなぁと思った

あまり頼りすぎてもご迷惑だし。。。

兵籍簿にあった出発の港の船舶を

調べて下さっただけで精一杯だったと思う

それにはほんとうに感謝している




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1537

今回、相談に乗っていただく方は

元自衛官の方で、戦史を専門になさっていて

大変素晴らしい経歴の方だとか

そして有名な人なんだって





今まで相談に乗って下さっていた方々は

防衛大学校出身の方が多かったが

今回の方は、若くから自衛隊におられた方で

そこから大変偉くなられた

エリート中のエリートなんだそうです





防衛大学校出身の方は

最初から「将校」であって

大叔父のことを「たかだか下士官」と

思っておられる節が見え隠れ、、、

でも今回の方は、下積みからのたたき上げ!

下士官の気持ちも分かるかも

私は是非お会いしたいと思った




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓



人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1536

ひとまず筆跡鑑定は片付いた

次にやらなければいけないことは何か?

たくさんありすぎてどれにしよう?

まぁ、まずはプロの協力者の方から

ご提案を受けた「靖国偕行文庫の偉い方に

相談してみる」を実行に移すことにした





今さら相談も何も無いのかもしれない

私の進もうとしている道はもう決まっている

でも、色々な人の意見を聞くことは

大切だと思う





以前にも靖国偕行文庫の偉いさんに

相談したことがあった

その頃は、私もまだまだ勉強不足な頃で

色々とアドバイスをいただいた

ただ、その方は、私の「特務機関説」に否定的で

ケチョンケチョンに言われたのを思い出す

今度の人は違いますように。。。





私はプロの協力者の方と一緒に

靖国偕行文庫に行くこととなった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1535

筆跡鑑定の結果としては

兵籍簿の文字は

大叔父の字ではなかった

心配して、色々と考えたが

他人の空似と言うことで安堵した

ひとまず一件落着





大叔父の文字ではないかと

言い出されたプロの協力者に

すぐに報告を入れた

プロの協力者もホッとされているようだった





筆跡鑑定士の先生のサプライズ

ほんとうに嬉しくてありがたかった

これに私も応えないと!

私は早速、次なる事項に着手したのだった。

調査を頑張らなきゃ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1534

筆跡鑑定は「鑑定できない」との結果が出たが

鑑定士の先生は話を続けられた





文字の中にはクセの出やすい物があるそうで

鑑定する際には、それらの文字をチョイスして

判別されるのだそうです

先生は「兵籍簿のこの字を見て下さい」

「ハガキにも同じ字がありますが

この部分が違うでしょ?」とか

数箇所、説明してくださった





結論として、兵籍簿の文字と

大叔父のハガキの文字は

全く異なるとのこと

鑑定士から見ると一目瞭然らしく

単なる他人の空似だったことが判明





って…あれ?鑑定士してる???

先生はあくまでも鑑定はしていないと言われ

「レポートも出しませんからここまでは無料です」と

なんと!ただで鑑定して下さった、ビックリ!!





見ず知らずの私の苦しい懐事情と

調査が難航していることを察して下さったようで

料金はいらないと言われた

何とお礼を言っていいやら

私は恐縮しながら電話口で頭を下げまくった





こんな優しい方もおられるんだ。。。

私は心ばかりのお菓子を贈った

ありがとうございました

いつか完結したら、この先生にもご報告しなくっちゃ

私はほんとうに多くの方に支えられているなぁ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1533

鑑定士の先生に書類が届き

先生からお電話をいただいた

すると…「鑑定できない」とのお返事ガーン

ショック大の私は電話口で泣きそうになった





「今、お時間は宜しいですか?」と言われて

鑑定できない理由を言われてもなぁと

正直、お話をするのも億劫なくらい

凹んでいた私、、、





話を聞くと、”出来ない”ではなく

”鑑定に値しない”に近いよう

特に私がお願いした

『大叔父の文字に似た人が

どこまでが書いているか』について

筆跡鑑定とは、

そう言ったことを調べるのではないと

教えて下さった





根本的に私ってば

筆跡鑑定を分かっていないのだろう

ハッキリと分かればそれで良い

あらあら残念でした




続く…

※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1532

鑑定してもらう資料を準備する

兵籍簿については、それ自体が

ボロボロだったのに

お役所からいただいたコピーを

またコピーして

状態が良いとは言えなかった





全てコピーを送った

鑑定の方法は一番簡易な物をお願いした

本来ならば、簡易鑑定のレポート(報告文書)は

オプションで別料金なんだけど

ちょうどキャンペーンで

無料で付いてくるとのこと、ヤッター!

もちろんお値段がネックとなり

簡易鑑定になってしまったのだけど

それでも今の私に出来る精一杯だった





鑑定士の先生にはお手紙を添えて

どうか何卒宜しくお願いしますとしたためた

どんな結果が出るか分からない

どちらに転んでもかまわない

とにかくハッキリとスッキリしたいのだった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1531

筆跡鑑定を行うためには

2種類の文字が必要だった

元となる本人の文字と

照らし合わせて調べる文字





元となる本人の文字はどれか???

何種類か本人の筆跡だろうと

思われる文字はある

でも、ほんとうに本人の文字かどうか

自信がない





私はビルマから届いた大叔父のハガキの

文字を元となる文字にすることとした

照合するのはもちろん兵籍簿である

ついでに、その大叔父の文字に似た文字は

兵籍簿のどこまで(日付的なもの)

書かれているか調べてもらうよう

お願いをしたのだった



続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキングへ

ミャンマーに思いを寄せて 1530

筆跡鑑定を頼む先生を決めた

何が決め手かよく分からないけど

なんとなく自信に溢れた頼りがいのある

先生のように思えた

サイトも誠実な雰囲気であった





とにかく悩んでいてもしかたない

だけど~正直、貧乏な私は料金が気になった

それが一般的なんだろうけど

ん十万もするんだもん





公的な場でも使えるような

立派な鑑定までは私には無理、、、

きちんとした物を取得しておく方が良いのは分かる

でも自分自身が納得行けばいいのよね。。。





コンタクトは、メールか電話

メールを書いていると、何か上手く書けなかったので

勇気を出して電話してみた!

緊張しまくりで心臓バクバク

きっとシドロモドロだっただろうなぁ

筆跡鑑定をするのは初めてで

どのレベルの鑑定が私にマッチしているのかさえ

分からないことを伝えた

そして、高額な料金は準備が出来ないことも

素直に言ってみた





筆跡鑑定の先生は

古いものだったら鑑定は難しいかもしれないが

とにかく鑑定できるかどうかだけでも

確認するのでコピーを送ってくださいとのこと

私はすぐに作業に取り掛かった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキングへ
記事検索
プロフィール

aya_sann

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ