ミャンマーに思いを寄せて

亡き母の思いを果たすべく、ビルマで戦死した大叔父の足取りをたどる私の奮闘記録☆

2018年06月

ミャンマーに思いを寄せて 1907

米沢行きの在来線が不通だったので

駅員さんに確認すると

後、2時間くらいは動かないとのこと

しかたなく時間を潰す方法を考えた

ご飯を食べてお腹はいっぱいだったので

何も食べたくないし~

山形駅付近の観光地に行こうかと

思ったけど、何があるのか分からない

しかも、まだ台風の影響は残っている






遠くに行くのは危険なので

駅前のカラオケBOXに入った

足も延ばせるし、寝られるし

まあ、時間はたっぷりあるから

歌っていこう♪

山形まで来て、昼間っから

1人カラオケって(笑)





数時間後にカラオケBOXを出て

駅に行くと、後30分ほどで復旧する

との情報が入った

ヤッター☆米沢に行ける!!





だけど、元々、米沢滞在時間は

5時間ほどしか予定していなかったので

時間が無かった

行ったは良いが、バスの出発時刻までに

山形駅に戻って来られるのか?





駅員さんに相談すると

戻って来る方面の電車のダイヤを

教えて下さった

この時間帯には、なんとか1本だけあった

だけど、米沢滞在時間は

1時間も無くなった





どうしよう、、、

この時間じゃ調べ物は無理だ

せめてお墓参りだけしていこう

私は米沢行きの電車に飛び乗った




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1906

山形に着いたは着いたけど

山形駅から米沢駅に行く

在来線はまだ不通だった

駅の案内は、復旧時間は未定って





どうしよう、、、米沢には行けないかも

米沢では歴史資料館で

米沢の大火について調べたいのと

お役所に行って

大叔父が住んでいた大昔の住所が

現在のどこ辺りになるのか聞いて

足を運んでみたいのと

ご先祖様のお墓参りをしようと

思っている





ご先祖様のお墓のお寺には

今はもうご住職はおられなくて

同宗派のお寺さんが掛け持ちされている

お寺には、現在は

墓守の親子だけが住まわれていた





伯母から連絡先を教えてもらい

本日、お伺いすることは

和尚様とお守りをして下さっている方にも

伝えてあった

ただ、和尚様のお寺は

お墓から遠かったため

台風が来ていたことから

和尚様のお参りはこちらから辞退した





山形駅でお昼ご飯を食べても

電車は復旧の見込みが無かった

駅前にズラリと並ぶタクシーの運転手さんが

数人タバコを吸っていたので

米沢行きについて聞いてみると

「遠くて料金が高くなるから

やめた方がいい、電車の復旧を待ちなさい」

「な、そうだべな」「んだんだ」(?)みたいな

山形弁で皆に説得された、、、

なんと優しい運転手さんなのだろう

山形弁って温かい☆

でも~、米沢まではあと少しなのに。。。




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1905

路線バスの運転手さんに教えてもらい

ビルの裏側にあると言う

高速バス乗り場に向かう

そこには既に

10人そこそこの列が出来ていた





やっと人に出会ったのでホッとした

でも、これが山形の米沢行きの列なのか

ちゃんと確認しなきゃ!

近くの人に訊ねると

米沢までは行かず

山形駅止まりだと言う





良かった~、とにかく山形まで行ける!!

もう米沢じゃなくても

山形だったらどこでも良い気分だった

行き先を教えて下さった方は

親切に山形駅から米沢には

電車で行けば良いですよと

教えて下さった

なんとも可愛い山形訛りの女性でした☆

ありがとうございます!!





バスに乗り込むと安心したのか

急に睡魔が襲ってきた

台風の横殴りの雨の音と

バスが揺れる度に

少しだけ起きるのだけど

すぐにグッスリと眠りこける






起きていたらきっと怖かったと思うが

山形に着くと、風が強い程度で

雨もほとんど降っていなかった

台風は通り抜けていたのだ

ヤッター☆遂にたどり着いたよ山形~
DSC_0495















※昨日、宮城駅の写真と間違えて
山形駅の写真をアップしちゃった

人生初の山形入り

大叔父さん、ご先祖様、石原莞爾さん来たよ!

さあて、行動開始だ

行動開始、皆々開始~

ラッパの音色が聞こえそうw



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1904

どうにか新幹線は宮城に到着した

初めての宮城☆

駅でお土産でも買おうか

私の大好きな萩の月もお出迎え
DSC_0492















お友達も居るけど

もちろん宮城に来るなんて

思ってなかったから知らせてない

だって私の目的は宮城ではない

私は山形に行かなきゃ

萩の月、また絶対に買いに来るからね





まだまだ風雨が強く

台風の影響を感じる宮城

台風が通過した後なのか

それとも、これから来るのか

それさえも分からなかった





宮城駅でバス乗り場を探した

バス乗り場はすぐに分かったが

駅は2Fで、そこから大きな広場が広がっていて

それぞれ方面のバスの乗り場が

階段下にあった

DSC_0494





だけど山形行きの乗り場が

どうしても見つからなかった

案内板を頼りに台風の最中

必死に歩くのだが

何度も同じところに出て

大きな広場とバス乗り場を

行ったり来たりした





聞こうにも人は歩いていなかった

駅員さんはバス乗り場に詳しくなかった

バスの総合案内所も見当たらない

傘が役に立たないくらいの風の中

歩き回ったら泣きそうになった





そこにちょうど回送で帰ってきたバスが

止まったので、運転手さんに聞いてみた

すると、長距離バスの乗り場はここではなく

あのビルの裏側にあると教えてもらった

ありがとうございますっっ!!

てか、あの案内板では分からないですよ~

果たして山形までのバスはあるのか?




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1903

とりあえず、お弁当を買い込んで

新幹線に乗り込んだ

新幹線の分厚い窓には

容赦なく雨が叩きつけられる

外は台風だと思い知らされた

窓から見える鉄橋際の河川は

黄土色の濁流が溢れそうなくらいに

水位を増していた





雨が激しい時に川を見に行ったことはない

怖い、、、川ってこんなに怖いんだ

自分が無茶なことをしていると

段々と反省してきた

大叔父さんも渡ったであろう

雨季のビルマの川も

こんなだったのだろうか?

私だったらきっと怖くて渡れない





でも生死をかけた日本軍は

川を渡るしか無かったのよね

濁流に飲まれて亡くなった人は

たくさん居る

苦労話をする人は、生き残った人だ





やっと福島まできた

でも山形新幹線が復旧したと言う

お知らせはない

DSC_0489















初めて来た東北

もちろん福島も初めてなんだけど

残念ながら通過して

このまま宮城を目指すことにした




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1902

宮城からの山形行きのバスが

あると言うことだけは分かった

だが詳細は分からない

しかも台風で運行していないかもしれないし

山形方面は新幹線だけでなく

在来線も全て不通となっていて

状況は分からないと言われた





路線図を確認すると

東北に向かう新幹線は

福島で山形と宮城に分かれていた

もしかしたら、福島まで行っているうちに

山形新幹線が復旧するかも

新幹線が無理でも

在来線だけでも復旧したら。。。

福島まで行ってみよう

とにかく行けるところまで





最悪、宮城まで行って

山形に行けなかったら

宮城旅行に変更しちゃおう♪

私は”萩の月”が大好きです





と言うことで、無謀にも

台風と共に北上しながら

山形行きを夢見たのでした

台風と新幹線とどっちが早いかな?




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1901

2017年10月23日



遂に山形に行く日が来た

朝一の電車で東京駅へ向かう

だ~け~ど、台風到来

台風は、ちょうど都心を直撃していた





根性で最寄り駅まで行った

後は、新幹線がどうなっていることか…

東京駅に着くと案の定

ダイヤは乱れまくりで

改札口には人が溢れて

山形新幹線は、不通となっていた





えっ?山形に行けない???

復旧の目途は立たないとのこと

そりゃそうだ、今、台風の最中なんだもの

切符は払い戻し出来るって、、、

でも、切符を払い戻しても

ホテルやバスや明日の飛行機は

どうしたらいいの?





しかたがないよね、、、

改札口で呆然と立ち尽くした

払い戻してこのまま帰るしかないのかな

大叔父さん、山形に行くなと

言うことなのですか?

どうしようもないよね、、、

でも…私、このままでいいの?

諦めちゃっていいの?





駅員さんに、何とか山形に行けないかと

もう一度相談すると

宮城新幹線は通っているとのこと

宮城県かぁ。。。

東北へは初めてで、土地勘の無い私

駅員さんは「宮城まで行ったら、

宮城から山形行きのバスがあると思います」と

教えてくれた




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1900

遂にブログ記事は1900番台に突入!!

あまり嬉しくないです早く終わって~



「小松町郷土誌」によると

石原莞爾氏は、明治22年(1889年)

1月18日(戸籍上は17日)に

現:山形県鶴岡市で生まれと言われているが

この郷土誌には、小松で生まれた理由として

石原莞爾氏の友人である横山臣平少将

(「秘録 石原莞爾」の著者、山形県出身。

石原莞爾氏とは陸軍幼年学校、士官学校(21期)、

陸軍大学校と同期)の伯父さんの伊藤文太郎氏が

「小松で出生した」と語っていたと言う話と

当時、警察官であった石原莞爾氏のお父様が

小松町で勤務していたことが理由として

書かれているとのこと





しかし、石原莞爾氏は明治22年(1889年)

生まれなのに、お父様が小松分署長だったのは

明治20年(1887年)12月までで

その後、鶴岡の三瀬分署の勤務となる

だから、郷土誌の記述と食い違いがあるそうだ





文面の最後には「残念ながらそれ以上は

分からなかった。情報をお持ちの方は

お知らせください。」と締めくくられていた





結果、石原莞爾氏が幼少期に

米沢市近辺に居たことは確認できなかったので

私の見間違いか勘違いだと思われる

神居家と石原家がご近所だったかも

と言う妄想は、ここで消えた

はい、全く問題はないです(笑)

消去法でも何でも、1つずつ調べて行きま~す

スッキリとして良かったです





石原莞爾顕彰会の方には

今回の旅行は、お墓参りの他に

先祖のルーツも辿る予定

だったことを明かし

石原莞爾氏と先祖の家が

お近くだったらいいなぁと思っておりましたと伝え

お手数をおかけしたことを詫びた

それでも、お墓参りに行きます☆

石原莞爾さん、待っててね



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1899

山形県で、尋常小学校の

校長先生をしていたと言う曾祖父

出生地と本籍地は、山形県米沢市

若い頃を除き、教師生活のほとんどを

西置賜郡(にしおきたまぐん)で送った





石原莞爾氏が幼少期に米沢に居た

と言う記事をどこで目にしたか

覚えていないのだけど

それから調べてもなかなかヒットしなかった

そこで、石原莞爾顕彰会の方に聞いてみた





すると、丁寧なお返事をいただいた

顕彰会に現存する資料では、石原莞爾氏は

置賜(たまおき・米沢を含む山形県南部一帯)に

幼少期居住していたことは見つけられなかった

と言うことでした





だけど、毎日新聞山形版2017.2.28付に

「石原莞爾の出生地は?」と言う見出しで

東置賜郡川西町(旧:小松町、米沢市の近く)の

「小松郷土誌」の付属年表に

石原莞爾氏が小松で生まれたと書いてある

と言う記事がありますと

添付されていた



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1898

2017年10月
(スミマセン、これより前の記事で
2017年11月3日の全ビルマ会の
慰霊祭の記事を書いてしまいました。
日付が前後して申し訳ありません。)





旅行会社の提案で

23日に新幹線で米沢に行って

その日のうちに酒田に行き

駅前で宿泊

翌24日は、酒田から

石原莞爾氏のお墓参りをした後に

郷土資料館に行き

その後、バスで庄内空港に

移動することとなった

物凄く忙しいぞ~





石原莞爾氏のお墓の最寄り駅まで

石原莞爾顕彰会の方が

迎えに来て下さるとのことで

厚かましくもお世話になることにした

とても親切な方でした





ただ、台風が来る予報だったので

大丈夫かなぁと心配になった

でも、長年、行きたいと思っていたので

思い立ったが吉日

どうとでもなれ~、行くしかないでしょ☆

初めての山形行きにドキドキした



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1897

山形へはパック旅行で行こうと

まずは旅行会社を訪れた

私が行きたいのは米沢市と酒田市

場所柄、たぶん米沢だと新幹線で

酒田だと飛行機かな

くらいにしか考えていなかった





私は山形の交通事情等が

全く分からず

米沢と酒田を簡単に

行き来できると思っていた





米沢と酒田どちらも行くパックは無くて

1泊2日ではギリギリだと知った

なぜなら、交通の便が非常に悪かったから

比較的、交通網の発達した地域にしか

住んだことが無かった私は

こんなにも便が無いことにビックリした





何時ごろに米沢に着きたいから、ではなく

「これに乗らないと

その日のうちに酒田まで行けない」

「この区間は電車が通っていません」

と言ったレベルで

電車やバスの時刻に合わせて

行動計画を練らなくてはならなかった





旅行会社の方は苦労して

なんとか1泊2日で

東京~米沢~酒田への計画を

立てて下さった

しかし、路線バスも含む旅で

「ここでは乗り換え時に走って下さい」とか

必ず、それに乗らないと行き着かない

とっても怖い旅行となった

しかも、旅行会社の提携のホテルさえ

酒田には無くて、、、

自分で宿を探すこととなった

ほんとうに大丈夫かしら私?(><)

私、よく道に迷うのですけどっっ




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1896

まずは、丸の関係者から教えていただいた

石原莞爾氏のお墓と資料館を

管理されている方に連絡を取ってみた

まずは大叔父のことはさて置き

純粋に石原莞爾氏のお墓参りだ





石原莞爾氏については

申し訳ないくらいに

ブログで何度もお名前を書いているけど

当時だったら私なんか

口も聞いていただけないような

雲の上の超・偉い方である

軍人としての功績には

賛否両論あるが

今もとても人気のある人だ





私はと言うと、石原莞爾氏の

軍での功績については

あんまり分からないし

正直に言うと、特に興味がある訳じゃない

熱狂的に崇拝はしてないし

尊敬しているか?と聞かれると

えーっと、そこまでじゃないかも。。。





だけど、私は石原莞爾氏のことは嫌いじゃない

様々なエピソードや発言が異端児として

今でも語られているが

そんなに悪い人じゃないように思う

それだけでもいいんじゃないかな

(あうっ、ごめんなさいっ





こんな中途半端な私ですが

真面目に石原莞爾氏の

お墓参りに行くことが出来ました

それは、石原莞爾氏のお墓を

守って下さっている方が

とても親切にして下さったからです




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1895

2017年よりずいぶん前から

調査は暗礁に乗り上げ

成果が得られない日々が続いていた





曽祖父や大叔父、神居家を調べたり

石原莞爾氏のことも調べたりしているのに

そう言えば、お墓参りをしていなかった

これって失礼かも。。。

先祖様と石原莞爾氏のお墓参りに

行かなくちゃ





もしかしたら良いことがあるかもしれない

もう神頼み(?)くらいしか

私には残っていない状況だ

山形まで行って先祖様に泣きつく?

まぁ、お墓参りをして

悪いことはないだろうから

まずは行ってみよう





行ったついでに調べたいのは

・材木問屋が焼けた「大火」を調べに

米沢市の歴史関係の資料館に行きたい

・大叔父が昔住んでいた住所や本籍地を

訪ねてみたい

・石原完爾氏の資料館に行ってみたい





そしてそして、芋煮が食べてみたい♪

さくらんぼもラフランスも魅力だわ

私は旅行気分でルンルンだった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

このところ思う事

読者の皆様へ



いつも読んでいただきありがとうございます

私の山形行きの話が続いていますが

本日は、久々の息抜きでw

最近のテレビの話題から

我が家のゴタゴタに関する雑感を

※ブログとは全く関係ありません





大学のアメフト問題がありますね

軽視したための対応の遅れ、

筋違いの謝罪、責任逃れ、

組織としての対応が出来ていない等…

レスリングと言い

情けない指導者が多いですね

スケールは違いますが

我が家の息子のいじめに対する

東京の中学校の対応とよく似ています





そして、アイドルの女子高生へのわいせつ事件

「謝罪を重ねて」とか「誠意ある・ない」と言う言葉

”事件性”があって、有名人・有名校だから

テレビは取り上げて、世間は騒ぐ

息子のいじめは、言葉によるもので

傷害事件でもないため

事件性を立証できません、悔しいです

自殺しなきゃ事件として

取り上げてもらえない世の中





言った者勝ち、やり逃げ

学校や校長にとって

上部組織に報告しなければならない

不登校の者が問題児で

「反省しました」と何食わぬ顔で

毎日学校に通ってクラブに参加している

加害者は問題児ではないのです

不登校として出る釘は

打たれるのではなく

抜く(転校)ように持って行かれたり

腐った(精神疾患)と決めつけられるのです





子供を育てる仕事の教育者の中には

思いあがったプライドの高い人

自己の出世のために保身に走る人

権力を持って何かを見失っている人が

多くなったのかなと悲しく思いました

大学の指導者でもアレだから

中学校の教員や都の教育委員会に

人としてのレベルを求めるのは

間違っているのだろうか?

誠意って何だろう?





そして私はテレビドラマにハマっていました

「ラブリラン」と「正義のセ」

ラブリランは恋愛物で

正義のセは、検事さんのお話です

検事さんは毎回、熱い取り組みで

事件をスッキリと解決しちゃうの

水戸黄門みたいな感じです





こんな風に息子の事案も

逆転解決できたらいいのに。。。

でも、我が家には正義の味方はいなかった

法律とか人権とか

被害者や弱い者のためにあるんじゃないの?

息子の人生はボロボロにされたまま

このまま泣き寝入りで終わってしまうの?

この大叔父の調査と共に

私にはやらなきゃいけないことが増えた





毎日、崖っぷちでしんどいです

こんな私ですが

今後ともどうぞ宜しくお願いします

皆様のポチッで頑張れています

いつも読んでいただきありがとうございます


2018.6.16


※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓
人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1894

僧侶となった曽祖父の弟さんは

なんだかんだあって京都のお寺に来て

有名なお寺のトップとなった



曽祖父の弟さんのロマンスの過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 678」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1909972.html





それを頼って、明治38年生まれの祖父も

13才で京都に出てきて、お坊さんになった

それは大正6年頃の話である





大叔父は大正7年生まれ

祖父を頼って大叔父も京都に来て

私学の〇〇大学の中学校に通うこととなった





祖父が現在の京都のお寺の住職になったのは

昭和3年~のことである

祖母との結婚については、昭和5年のことであった

山形で尋常小学校の校長先生をしていた曾祖父は

昭和4年に退職し

曾祖母が亡くなり

昭和17年に山形から出てきて

そして京都の祖父のお寺に身を寄せた





昭和18年4月

京都・伏見師団に入営した息子(私の大叔父)の所へ

何度も面会に行った曾祖父

昭和19年7月 

息子である大叔父は、親よりも先に帰らぬ人となった

同年10月

曽祖父も息子を追うように他界した





なんだか歴史を感じるわぁ

スゴイなぁ。。。

でもよく調べたよね私

自分にアッパレw




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1893

山形に行く前に

石原莞爾氏のことを

もう少し詳しく調べてみようと思った





2014年に靖国偕行文庫の方に

お借りして目を通した

「石原莞爾資料目録(鶴岡市郷土資料館)」


RIMG1945









今後、山形を訪れる予定の私に

靖国偕行文庫の方が勧めてくださった1冊である

後日、親切に、日本で1番と言えるほどの

石原莞爾氏の研究者をご紹介いただいた

自分の名前を出して紹介してもらったと

言ってもらっていいと言って下さった





もしも大先生にお世話になるのであれば

きちんと勉強してから

どうしても分からないことだけ

きちんとまとめなければいけない

2014年の私はまだそこまで勉強していなかった

だからと言って2017年になっても

そんなに変わらなかったので

勢いよく私は山形を目指した




続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1892

〇〇大学は、ビルマの特務機関である

光機関に職員を派遣し

石原莞爾氏がそれをバックアップしていた

その職員は、神戸にあった

石原莞爾氏の国防学研究所の

メンバーであった





ちなみに。。。

大叔父はこの時期に

神戸の帽子屋さんに勤めている

この帽子屋さんの住所は大阪なんだけど

神戸にも支店があったのかは分からない

神戸ってのは単なる偶然なんだろうけど

勘繰ってしまいたくなるのは気のせいか?(笑)

この後、大叔父は東京・中野に引越し

京都から出兵していくのであるが。。。





この研究所で、後の光機関の軍事部長となる

北部大佐を〇〇大学の職員は紹介される

北部大佐は、光機関の後には

大叔父の歩兵60連隊長となる人物である





大叔父を取り巻いていた環境を考えると

何かの駒として組み込まれたとしても

おかしくない状況である

〇〇大学側からの指示も考えられるし

理事である姉婿の影響かもしれないし

光機関所属の〇〇大学の職員からの

アプローチの可能性も大きい





様々なケースが想像できるが

それらのバックとして

石原莞爾氏の力は絶大で

何かしらの関与が想像できた

何度も言うが、全ては私の妄想である





石原莞爾氏と神居家の接点は

大叔父の姉婿以外にあるのか?

関りがあったか・無かったかが

大叔父の出兵と関係しているのか

そんなことは何も分からないのだけど

気になるから調べておこう

関係性が無くても全く構わない





そんな訳で、漠然と

山形を調べなくちゃと思っていた



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1891

調査当初、何かある度に

京都、山形、豊橋、神戸、中野に

行き当たった

何これ~?また山形、、、と思っていた





石原莞爾氏を調べようとすると

軍人であった時代のことは

簡単にたくさんの資料があった

でも、幼少期や退役後の〇〇大学時代や

その後の山形での生活の資料は

ほとんど無かった





石原莞爾氏を研究している人は

たくさんいるのだけど、やっぱり

それは軍人であった時代に集中する

誰か詳しい人はいないかしら?と思っていた





すると、丸の担当者が

ある人を紹介して下さった

その方は、結果として私の相談には

乗っていただけなかったのだけど

「山形に資料館がある」と教えて下さった





山形、、、やっぱり私は山形に

行かなきゃいけないのかしら?

と思ったのが2013年の秋であった

そして、2014年お正月に

たまたま旅行会社のパンフレットを目にして

山形行きを真剣に考えただした



山形行きを考えた時の過去記事↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 831」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1937413.html

あ~、まだ800番台の記事だぁ。。。

今はもう2000番台に近くなっているヒィー





でも、行くからにはちゃんと下調べして

準備をしなくちゃね

でも何をどうすればいいのだろう?

と考えているうちに、3年も経っちゃったヤバイ~




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1890

〇〇大学の理事であった

大叔父の姉婿と

石原莞爾氏は

満州帝国が国策として実施した

〇〇日満工科学校の設立で

接点があったことは確かである





石原莞爾氏は、〇〇日満工科学校の設立に

京都16師団長であった時代から

協和会の事業として着手している

そして、退役後は、そのまま〇〇大学に入る





神居家は、山形の出身ではあるものの

京都ではぼちぼち有名である

〇〇大学の理事を義兄に持つ

大叔父「神居 達(かみい とおる)」

そして、山形と京都でぼちぼち有名な神居家

接点があったとしても不思議は無いように思った

もちろん、これは単に私の勝手な妄想である

でもそれを調べてみようと思った





消去法でも何でも良い

手掛かりの無いこの状態を

私はどうにかしたかった





祖父は山形の方言をよく使っていた

祖父の姉は、山形訛りがとても残っていた

きっと大叔父もそうだったと思う

石原莞爾氏はどうだったのかな?

郷里山形に皆、どんな思いを持っていたのだろう?

私は行ったことのない山形に思いを馳せた





続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1889

調査当初、何かで

石原莞爾氏は幼少期に

米沢市に いたことがあると

目にしたような気がする





ある日、姉婿と石原完爾氏との関係の他に

もしも、その前から石原完爾氏と神居家が

山形で繋がりがあったとしたら。。。

と漠然と思いついた

そんな訳ないかぁ。。。





でも”神居”と言う名字はかなり珍しいと思う

米沢で、家が材木問屋で

その息子が教師って

そんなにいなかったのではないか

もし住所が近かったならば

知っていてもおかしくはないなぁ、なんて

妄想してしまいましたw





単に山形県と言うだけで

私の妄想を頭ごなしに否定する人もいた

ま、そりゃそうなんだけど

妄想したっていいじゃないの

昔からの知り合いでないとしても

山形の出身と言うことで

何かしらのご縁があるかもしれない

可能性は絶対にゼロとは言えない

調べてみてから考えれば良いよね




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1888

米沢では何度か

大きな火事があったようだ

その中でも”大火”と呼ばれるのは

1864年4月の火事





曽祖父の個人経歴簿によると

曽祖父が生まれたのは

明治4年(1871年)

この1864年の火事が元で

材木問屋を廃業して

その後に曽祖父が生まれて

いつかは公職に就かせたいと

ひいひいお祖父さんは思ったのだろうか?

曽祖父の個人経歴書↓↓

RIMG0646











大叔父の調査をしていて

出身である山形は何かと出てきた

まずは、大叔父の遺品の中にあった

「徴兵延期証書」の発行は

山形連隊区徴兵署となっていたことで

大学生の頃は、大叔父の本籍は

まだ山形にあったと思われる

6854296_1654785445_246large[1] - コピー











そして、〇〇大学にある

大叔父が中途退学した

16年12月発行の校友名簿では

大叔父の住所は山形県となっていた





それから調査を進めていくと

姉婿が関わった事業には

山形出身の石原莞爾氏が出てきたりして

何かとご縁のある山形だった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1887

ふと急に山形に行ってみようと思った

テレビのコマーシャルの

「そうだ京都に行こう」みたいな感じ

東京に居る間に東北に行こう

引越ししたら遠くなるものね





ずっと行こうと思っていて

なかなか行けなかった

大叔父の生まれ育った山形

私の母方の先祖は

祖父や大叔父の代まで

山形の米沢の出身だった





まだ江戸時代だと思うけど

神居家は、当時は「房間」と言う名前だった

近所の神居さんがとても羽振りが

良かったので(?)

名前を買って神居と名乗ったとのこと





そして、曽祖父の

そのまたお祖父さんの時代

(ひいひいお祖父さん)

神居家は米沢で

材木問屋を営んでいたそうだ

だけど、曽祖父の尋常小学校の卒業証書には

「士族」と書かれていたから

その辺りはあんまりよく分からない





その材木問屋は、米沢の大火で

消失してしまい

子供には、公職に就かせようと

曽祖父は教師に、その弟はお坊さんになった




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1886

2017年11月

靖国神社での全ビルマ会の

慰霊祭を終え

気持ち新たに頑張らなきゃと思った






夏の産経新聞掲載で

なんとなくホッとして

その後は読書にふける日々

特になにもしていないなぁ私

このまま時間が過ぎて

分からず終いになっちゃうのかしら?

読書の他にも

まだやらなきゃいけないことは

たくさんあるはずなのに。。。





来月にはもう東京を離れる

関東にいているうちに出来ることは

何かないかしら?

引越しの準備もバイトも家のゴタゴタも

いろんなことがあるけれど

この調査も頑張らないとっ!

そうだ、山形に行ってみよう

ずっと行こうと思ってて行けなかった所

大叔父の生まれ育った場所に



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1885

産経新聞を見たと

大叔父の〇〇大学の100年史担当の方

から手紙が来た

「懐かしくなって」とか書かれていました





2013年にお会いしてから

今年は4年経っている(2017年現在)

あれから、調査はずっと続けてきて

大叔父に関することは

当時よりもたくさん分かってきている





その人は、今も大叔父に

関心を持って下さっているとのことで

先日は、中学生の学籍簿に

大叔父の名前を見つけたと書かれていた





、、、だから?

もう騙されませんよ

そんなことに食いつきません!!

新聞には、このブログのことも

書かれていた

もうきっと辿り着いたのだろうなぁ、、、

あ~ヤダ、ゲゲゲのゲ





「調査詳細を全てをブログに

書かない方が良い

利用されてしまうよ」と知人から言われて

それからというもの

気を付けるようになった



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1884

2017年9月末

産経新聞に掲載されてから

1ヶ月と少しした頃

大叔父の〇〇大学の100年史担当の方

2017年現在は

○○史資料センターの調査員とのこと

そうそう、私が騙されたS・S氏です

その人から産経新聞を見たと

手紙が来た!!





調査当初、私が〇〇大学に

問い合わせたことがご縁で

2013年8月3日に初めてお会いして

8月5日に騙された人

私が大バカだったのですけど

忘れたくても忘れないわ

詳しくはこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 747」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1922327.html





新聞には、本名も大叔父の大学名も

しっかりと書かれていたから、、、



<以下新聞記事・一部修正>
※西日本版と東日本版では
文章は少し違います
長文で申し訳ありません



”「大叔父は戦地でどんな最期を迎えたのか」。”

東京都〇〇区のパンダさんは、

戦後72年がたった今も

その足跡を追い続けている。

大叔父の神居達(かみい・とおる)さんは、

第二次大戦時にビルマ(現ミャンマー)で

多大な犠牲者を出した

「インパール作戦」で戦病死したとされたが、

その後、別動隊にいた可能性が浮上し、

最期の様子が不明となった。

それから8年間にわたり調査を続けているが、

真実は謎のまま。

過ぎゆく時間を感じながら、

大叔父の生きた証しを探している。



”母との約束を果たせた」と胸をなで下ろすも…”

パンダさんの祖父の弟である神居さんは、

軍歴を記した兵籍簿などによると、

昭和16年に〇〇大を中退し、

18年4月に召集され、

陸軍歩兵60連隊の機関銃中隊の一員として

インパール作戦に参加。

19年5月にインド・アッサム州から

約700キロ離れた軍司令部がある

ビルマ・メイミョーに搬送され、

7月に26歳で戦病死したとされる。



一方、平成16年12月、

64歳で亡くなったパンダさんの母は生前、

「大好きだった叔父さんが戦死した

ビルマへ慰霊に行きたい」と

口癖のように語っていた。

「母には親孝行ができなかった。

せめて代わりに供養しよう」。

パンダさんは、育児に一段落ついた

21年から大叔父の足取りを追い始め、

22年2月に戦友会のメンバーとともに

ビルマを訪問。

大叔父が亡くなったとされる地で手を合わせ、

「母との約束を果たせた」と胸をなで下ろした。



”生還者の誰もが「知らない」と”

ところが、ここから大叔父の

謎をめぐる“彷徨(ほうこう)”が始まった。

慰霊訪問後、パンダさんは

大叔父が所属したとされた

機関銃中隊の生還者2人と面会したが、

いずれも大叔父のことを「知らない」と断言した。

その後、複数のビルマからの

生還者にも会ったが、

下士官だった大叔父が

軍司令部がある地に運ばれて

亡くなることは「あり得ない」と指摘された。

軍医将校だった生還者には

「別の支援ルートがあった特務機関に

所属していたのならあり得る」と教えられた。


調査を進めると、

大学で大叔父の1年先輩だった人物が、

日本軍の対インド工作を担った

特務機関「光機関」に所属し、

ビルマに派遣されていたことが判明。

その人の日記に、光機関から

大学の後輩を5人ほど選んで

連れてくるよう要請を受けた

との記述があり、

大叔父のビルマ入りの時期と重なっていた。


また、大叔父の死亡者調書を作成した人物が、

光機関の将校だったこともわかった。

光機関の生還者の手記には

「敗戦時に全機関員の軍歴を

改竄(かいざん)した」との記述があった。


大叔父は英語に堪能で、

ビルマに赴く前、

家族に「通訳をする」と話していた。

パンダさんは、大叔父が

光機関に所属し、

日本軍とインド国民軍をつなぐ

任務に就いていたのでは

という仮説を立てたが、確証は得られない。



”手がかりが年々少なくなっていく中で”

調査を始めて8年。

旧日本軍関係者や戦史の専門家ら

100人以上に会ったが、

大学の専門家に門前払いされるなど、

調査は簡単には進まなかった。

一方で「素人の私がここまで来れたのは、

多くの方の優しさとご縁があったから」

との思いもある。

パンダさんは大叔父の調査過程を

ブログ「ミャンマーに思いを寄せて」に

公開してきたが、

知り合った旧軍関係者もほとんどが亡くなり、

手がかりは年々少なくなっている。

「大叔父は祖国のために命をかけたのに、

『そんな人はいない』と存在すら

認められていないことになっている。

だから、何とか身内の私が

大叔父の生きた証しを見つけたいんです」

※以上新聞記事でした

今日はお出かけするので

明日はたぶんブログ更新を

サボると思いますごめんなさい



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1883

本に埋もれながらの2017年

年末に引越しを予定していて

こんなの持って引越しかぁ。。。

たぶん、もう使わない物も

たくさんあるはず

だけど、まだ捨てられない

調査が終わるまでは





いつか調査が終わったら

しかるべき所に納めようと思っている

市販の本は、どうしようかな

資料としてかなり使い込んだので

ボロボロの物もある

読み物と言うよりも

私には教科書のような物





ここまでビルマ関連が揃っているのも

珍しいかもしれない

いつかはビルマ図書館か?

いや、誰も興味ないかw

他にも良い本がありましたら

是非、教えて下さいね

まだ増えると思います





そんな訳で、生活品よりも先に

段ボールに詰め込まれた資料

私の本と、主人の本

主人は特大の書棚を持っている

、、、やっぱり転勤族の荷物じゃない





この後、引っ越し屋さんに

「このミャンマーって書かれた箱は何ですか?」

と聞かれるほどの量になった

引っ越し屋さん、重くてごめんなさい

「ミャンマー」の荷物って

何かと思うよね

まだ読めていない物を早く読まなくちゃ!

まだ私にはやらることがある




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング
記事検索
プロフィール

aya_sann

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ