ミャンマーに思いを寄せて

亡き母の思いを果たすべく、ビルマで戦死した大叔父の足取りをたどる私の奮闘記録☆

2018年07月

ミャンマーに思いを寄せて 1928

山形から帰ってすぐに

私は石原莞爾顕彰会の方に

お礼のメッセージを送った





そして、山形では勇気が無くて

大叔父の調査の件を

言い出せなかったことに

とても心苦しくて

やっと伝えることが出来た





戦時中にビルマで帰らぬ人となった

大叔父を探していること

調査が進まず途方に暮れていること

そして、大叔父が石原莞爾氏が

京都の師団長をされていた頃に

〇〇大学の学生で

義理の兄は〇〇大学の理事をしていたこと





義理の兄は協和会事業として

石原莞爾氏と共に

〇〇日満工科学校の設立に関っていたこと

その姉妹校は酒田市にもあること





それから、石原莞爾氏が大学を去られた頃に

大叔父は4回生で退学していること

その頃、石原莞爾氏の手配により

〇〇大学の職員がビルマの特務機関

「光機関」に派遣されていること





その職員は大叔父の1年先輩で

大叔父はその方の後任または

その方により引き抜かれた可能性が

高いとの大学側の推論もあり

ただいま光機関を中心に知らべている最中

だと言うことを伝えた





山形県出身同士とは言え

きっと将軍様と単なる大学生とでは

関係性はないと思いますが

石原莞爾様でしたら何かご存知かもしれないと

神頼みのような気持ちで

お墓参りさせていただきました。

と付け加えた





と、突然言われてもご迷惑だろうと思う

でもとても親切な方だったので

伝えてしまいました

藁をも掴みたい気持ちです。。。




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

丸・2018年9月号

読者の皆様へ


いつも読んでいただきありがとうございます

大型の台風が来ていますが

皆様の地域は大丈夫ですか?

先日の豪雨での被災地では

復旧もままならない日々

なのに台風、、、自然って怖いですね

十分にご注意くださいね





さて、27日発売の「丸」2018年9月号に

『大叔父の足跡を探した心の旅』

のタイトルで、こちらの調査手記を

ギュギュッと濃縮して

掲載させていただきました

今回は18回目となります☆
丸2018.09












今回は、ページ数の関係で

見開き2ページだけですので

来月発売予定号にも

2ヶ月連続で掲載されます

今の所、通常は3ヶ月に1度で

年4回の連載ペースです





本文は2,000回を超えそうな気配

このような読者様への記事を含めると

とおに2,000を超えてしまいました

いつになったら終わるのだろう。。。

現在、本文は2017年・初冬の

山形旅行の話で

戦史とは言えず、面白くないと思います

申し訳ないのですが

調査手記ですのでお許し下さいね





我が家のゴタゴタはまだ続いています

子供の不登校またまた再発

入院中の家族も退院の目途立たず

大叔父の調査は進まず、、、

えーっと、私はずっと崖っぷち???

厄払いに行くべきかしら?

とにかく冷静に平常心を保って

高望みせずに生きて行こうっと

頑張っていれば何かきっと

良いことがあると思う

ご飯が食べられてテレビが見れて

クーラーの部屋でインターネットして

これだけで幸せなんだろうなぁ

では皆様も暑さ厳しい折

お体を大切に良い夏を☆



2018.7.29



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1927

山形に来たからって

そんなに簡単に大叔父に関する

資料が出てくる訳がない

そんなのは想定済みだ

まあ、無い物は無いのだ

しかたがないと諦めるしかない





私は書籍コーナーを覗いてみた

私の知らない本はたくさんある

石原莞爾氏に関する書籍も

並んでいる

その中でふと見覚えのある名前が、、、

あれれ?えっ?アッ

そうか、ここは庄内だった





私が見つけたのは

「大川周明日記」と言う

分厚い本だった

大川周明氏も山形の

有名人の1人に違いない





その日記は明治36年~

昭和24年までの内容だった

この本が欲しい!!

石原莞爾氏の資料を求めて来たのに

なぜか大川周明氏の

本を見つけてしまった

帰ったら買おう。。。

私が山形まで来て見つけた収穫は

これなのかな???



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1926

人通りのない街中を歩いて

やっと図書館に着いた

普通の小さな図書館と言った印象だ
DSC_0522















そこの2Fに郷土資料があった

どのように閲覧申し込みしたら良いか

分からず、PCでの検索を教えてもらった





石原莞爾氏の資料一覧から

タイトルをクリックすると

データ化された資料が

写真で閲覧できた





資料の中には

文書や私信、現物の遺品もあった

私は遺品等には興味はなく

(ごめんなさい)

私信を中心に調べることにした





量はぼちぼちあった

1つずつ目を通した

宛先や内容に

〇〇大学や理事の姉婿の名前

神居家や大叔父の名前も

記載されていないか調べたが

残念ながら

私信の中には何も無かった





神居家や大叔父の名前は

無くとも仕方がないが

〇〇大学の関係者は

あっても不思議でないのになぁと思った

メールなど無かった時代

手紙が主だったと思う

ご自身が処分されたのか

今となっては分からないが

見事なほどに何も無かった

どうする私?



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1925

次に私が目指したのは

山形県鶴岡市にある

鶴岡市立図書館の2F

「郷土資料館」





庄内地方に関する資料や

古い郷土図書や古文書など

様々な資料がある中に

石原莞爾氏の資料が

5,000点以上ある





以前に靖国偕行文庫の方から

資料目録をコピーさせていただいて

いたのだけど

タイトルだけでは

どんな内容の資料か分からない

気になる資料タイトルは何件か

あったので、見てみたかった

RIMG1945






ちなみにこの目録は

郷土資料館で販売されています

1,000円だそうです

スミマセン、コピーさせていただいて





鶴岡駅に着いたらポカポカ陽気で

案内図を見る限り

近い感じだったので

歩いて行ってみることにした

駅前から続く鶴岡城跡は

美しい公園となっており

素敵な建物も多かった

DSC_0520















DSC_0521















図書館のHPには

具体的に駅から何分とか

書かれていなかった

それが甘かった

田舎の(失礼)「近く」は遠かった

観光客も誰も居なくなった、、、

ほんとうにこの方向でいいのかな?



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1924

アッと言う間だったけど

石原莞爾氏のお墓参りが

出来て、とにかく安堵した

顕彰会の方もとても良い人だった





電車の窓の外には

遥かな田んぼが広がり

景色は流れていく

きっとまた来ます

ありがとうございました

DSC_0517















私は最後の目的地の

鶴岡にある歴史資料館に向かった

そこでは、石原莞爾氏に関する

書簡なども見られるそうだ





〇〇大学や理事の姉婿

そとて神居家等に関する物が

見つかればいいなぁ。。。

DSC_0519















飛行機に乗るまでの時間

調べ物に没頭しよう




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1923

石原莞爾氏のことや

お墓のことや

西山農場のことは

きっと詳しくご存知だと思う

だけどご年齢的には

私よりちょっぴりお兄さんで

石原莞爾氏と直接の面識は

無さそうな感じだった





お会いするまでは

お会いしてもしも

イマイチな感じの方だったら

このまま普通のお墓参りとして

終わろうと思っていた

(スミマセン、失礼なことで





だけど、こんなに親切にしていただいて

黙っているのが心苦しくなった

いつ切り出そう。。。

そう思っているうちに

駅に着いてしまった

ごめんなさい、、、





用事がおありだとかで

すぐに立ち去られた

後に残った私は何とも言えない

複雑な気持ちだった

別に大叔父の調査のことを

話さなくとも

何の支障もないのだけど、、、





物悲しい無人の駅で

電車が来るのを待った

小さくて可愛い駅は

映画に出てくる駅みたい

DSC_0512
















DSC_0513
















DSC_0511
















こっちのホームで良いのよね?

向こう岸のホームだったら

ホームの連絡通路の階段を

ダッシュしなきゃいけない

電車に乗れなかったら

無人駅で野宿だ





山形は良いところだけど

電車の乗り継ぎの悪い地方は

時間と心に余裕のある旅でないと

いけないのねと思った



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1922

昨日のブログの

「丸池様」の写真は

見て下さいましたか?

キレイでしょう~☆






丸池様に感動しながら

私は最寄り駅まで

顕彰会の方の車に乗せていただいた

しかもお土産までいただいてしまった!

それは、石原莞爾氏のお墓の傍の

小屋で売られていた冊子

こんな貴重な物をいただいて

いいのだろうか?と恐縮しながらも

満面の笑みで頂戴してしまった





見ず知らずの私に

なんて親切にして下さるのだろう

それもこれも石原莞爾氏の

ご縁のおかげ

私はとても心が痛んだ

なぜなら、、、私はここに来た

真の目的を話していなかったからだ





大叔父の調査のことを

まだ話していなかった

石原莞爾氏のお墓参りは

ほんとうに純粋な気持ち

だけど根底には、大叔父の調査があった





顕彰会の人がどんな方か

分からなかったし

変な人だと思われて

警戒されるのも嫌だったから

ごめんなさい、、、



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1921

「丸池様」へと向かうが

それでも想像が出来ない私

池に様を付けて呼ぶ???

そこがパワースポットって言うけど

そんなのがありそうな場所では

ないんだけどなぁ。。。





薄暗い山の中に入って行く

正直、怖かった

さっき会ったばかりの人と

黙々と山道を歩く

そんなに歩くことなく

そこは突然現れた





暗い山の中に

何とも不思議な風景が。。。

ん?何だろう、ここ?

池の水が、あまりにも透明度が高く

よ~く見ないと水に見えないっっ

景色が池に映っていて~

えええぇぇぇーーーーっっ

はぁ~、神秘的でキレイだぁ





「様」を付けて呼ぶのが分かる

写真の上手い人だったら

もっと上手に撮れると思うけど。。。

丸池様の雰囲気が伝わるかな?

DSC_0508
















DSC_0509















映画の世界みたい

ずーっと見ていたい気分だった

たぶん地元の人はよく知っていて

観光地のようにはなっていなかったので

その他の人は、知る人は知っている

くらいだと思います

こんなに美しい自然の景色を

私は見たことがなかったかもしれない





面倒でミーハーな私に

こんな素晴らしい景色を見せていただいて

顕彰会の人に感謝です☆

大叔父の調査には

繋がらないかもしれなくて

自己満足のためだけに

来たのかもしれないけど

やっぱ山形に来て良かった

大叔父さん、おじいちゃん、石原莞爾さん

山形って素敵なところですね



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1920

石原莞爾氏のお墓の傍の

プレハブ小屋みたいな所で

ボケ~としたかったけど

電車の時間があったので

駅まで帰ることになった





せっかくここまで来たのだからと

顕彰会の方は

他の観光にも連れて行って下さった♪

小さな空き地のような?

山の麓の何も無いところで

車は停まった






すぐ近くの森のようなところを目指して

私達は歩いていく

横の細い小川には綺麗な水が流れていて

そこになぜか鮭が泳いでいた

えっ?鮭???

何でも近くに鮭の孵化場があるとか

でも人影はなかった





「この先に丸池様と言うところがあるのです」

と顕彰会の方は教えて下さった

丸池様???池に「様」???

「そこは有名な心霊スポットなんですよ」

えっっっ?!心霊スポットって

いや~ん、お化けは苦手

お墓の後に心霊スポットまで~





誰もいない山の中、、、

風が吹いている他は静かだった

枯草を踏む、私達の足音だけが

ガサガサと鳴っている





でもお話しをしていると

どうも心霊スポットではなくて

パワースポットのようでホッ

ビックリしましたよ



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

暑いですね~

読者の皆様へ


いつも読んでいただきありがとうございます

遅くなりましたが、西日本における豪雨により

被災されました皆様に

お見舞い申し上げます

暑い中、災害復旧作業等お疲れ様です

暑い日が続いていますね

どうかお体に気を付けて下さい





こちらは、家族の入院が

検査入院のはずだったのに

まだ退院の目途が立たず

長引いていて、私は病院通いの日々です

病院まで少し距離があるので

チャリリ~と駅に出て、電車に乗って

暑さでヘロヘロになってしまい

体力の低下を感じるお年頃です





今月末発売の「丸」に

こちらのブログ記事が掲載されます

ギュギュッと濃縮してますので

ダイジェスト版として

読んでいただければ幸いです

内容は、2013年9月頃で

歩兵60連隊の中野にお住いの

おじいさんに2度目に会った話です


ミャンマーに思いを寄せて 794~
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1931109.html





今月は、ページが取れなくて

いつもの半分の量(見開き2ページ)

ですが、その分、来月も掲載予定です

普段は3ヶ月に1度のペースで

掲載させていただいています

どうか大叔父の情報が寄せられるように

祈っていて下さいね☆

今後ともどうぞ宜しくお願いします



2018.7.19



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1919

小さな広場にあるお墓

のどかでずっとここに居たいと思った

お墓の傍に小さな小屋があった

そこに入ると石原莞爾氏が

使っておられた椅子があった
DSC_0505
















腰かけても良いとのことで

恐縮しながらも座ってみた

何とも恐れ多い~

DSC_0506















その他にも色々とゆかりの品が

飾ってあったり

冊子などが販売されていた

DSC_0507











机の上には来た人の

感想ノートがあったので

大したことは書けなかったけど

一言だけ私も書かせていただきました

※後日、HPを拝見したら

1人ずつ感想を載せて下さっていた

すご~い!!感激です☆


HP内「石原将軍墓所日記」はこちら↓↓
http://general-ishiwara.blogspot.com/




続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1918

どれくらいお墓の前で

手をあわせていただろうか?

初めましてと

大叔父の調査の件で

いつもお世話になり

ありがとうございますとか

〇〇大学の理事だった

〇〇さんをご存知ないですか?

その義理の弟の神居達(かみいとおる)を

ご存知ありませんか?

ビルマで戦病死した神居達を探しています

とか、色々と石原莞爾さんに話しかけた





石原莞爾さんにとっては

「えーっと、あんた誰?

だったかもしれないけど

私はおじいちゃんにでも

会ったかのような気持ちだった
DSC_0504















↑お墓の隣にある石碑



石原莞爾氏の軍隊での

功績や評価については

私はあまり分からない

熱烈なファンではないけど

嫌いじゃない

石原莞爾氏の何を知っている

訳でないけど

軍で「異端児」と呼ばれていた頃の

凛々しい写真よりも

私は晩年の穏やかな雰囲気が好き





それは、きっと戦後の

ここ山形での生活の中で撮られた

写真ではないだろうか

亡くなられるまでの

短い期間ではあるけれど

充実していたのではないかと思う





ここに来られて良かった

ありがとうございます石原莞爾さん

これからもどうか大叔父の調査を

見守っていて下さい

私はお天気同様

晴れ晴れしい気持ちになって

また頑張ろうと思った



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1917

石原莞爾氏のお墓は2個あった

2個と言うのか新旧と言うのか

何でも最初のお墓の場所に

道路が通るとかで

場所を移動して新たに建てたそうだが

昔のお墓も残っていて

分骨したのだとか





今回は、現在の新しい方の

お墓に案内して下さった

車で連れて行って下さったので

迷うことは無かったが

駅から歩いて来たら

たぶん私はたどり着かなかったと思う





大きな道から入った土手の上

明るい緑の小さな広場が

石原莞爾氏のお墓でした

まあるくて、こんもりとした

何とも可愛らしいお墓

豪華ではなく

だからと言って質素でもなく

陽だまりの中で「優しさ」を感じたのは

気のせいだろうか?

DSC_0502
















DSC_0503















私はゆっくりと石原莞爾氏の

お墓に手をあわせた




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1916

石原莞爾氏のお墓参りには

石原莞爾顕彰会の方が親切に

ご案内していただけると言うことで

最寄り駅で待ち合わせをしていた





駅に着くと、予感通り無人駅だった~

冬は雪が降るのか分からないけど

映画に出てきそうな可愛い駅

DSC_0512










フキウラだと思い込んでいたが

「フクラ」と読むようだ

電車のアナウンスが聞きづらくて

これが山形弁かと思ったが

単に読み方が違ったのね





駅前に車が停まり

顕彰会の方が迎えに来て下さいました♪

私はこの方がどのような方なのか

全く存じ上げないのに

ご厚意に素直に甘えちゃいました

(スミマセン)





ご案内いただく方は

石原莞爾氏のご親戚の方かと思っていた

しかし、車の中でお話をしていると

お父様が石原莞爾氏の農場開拓に

賛同されたそうだ

あら、ご親族では無かったのですね

後で調べてみると

ご自身も西山農場で育たれたようだった

西山農場は今は存在しない。。。

無知だった私は

西山農場のことも

きちんとお聞きすれば良かったと

後になって後悔したのだった





跡地だけでも説明を受ければ良かった

石原莞爾氏が夢見た理想郷

ずっと前から頭の中にあった

村づくりの構想

それは、貧しくとも心温まる

同志との共同生活となった



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1915

お腹一杯になりホテルに帰った

明日はお墓参りの後で

鶴岡に行き、郷土資料館に行く

そして酒田に戻り

ホテルが空港まで送って下さる

手筈だったけど

電車の時間を考えると

酒田まで戻る時間が無いですよと

教えていただき

鶴岡から空港に行くこととなった

やっぱ土地勘が無さすぎの私でした





翌日は、台風はどこへ?晴天なり

やっときちんと酒田駅を見た

DSC_0500





DSC_0499















あら、素敵な駅じゃないですか☆





ここからまた電車に乗って

石は莞爾氏のお墓の最寄り駅に移動

駅の数は少ないので近いかと思いきや

ぼちぼち遠いのね

気を抜いていたら、寝てしまいそうだ

ただ、駅名のアナウンスが

分かりにくいと言うか

そう読むんだ!と

思うような駅名ばかりだった





窓の外には遥かに広がる田んぼ

良いところだなぁ。。。

きっと凧あげをしても

電線を気にすることなく

どこまでも走れそう

いいなぁ。。。

DSC_0517















石原莞爾氏は、なぜこの地を選んで

西山農場を作ったのだろう?

のどかで素敵なところだからかなぁ。。。

不勉強な私はそんな風に思っていた

石原莞爾氏の宗教観や

戦後の農場開拓については

ほとんど私は知らなかった

よくそんなので来たよねと

今更ながら自分でも呆れる

石原莞爾氏もきっと苦笑いしてると思う





大叔父の出兵に石原莞爾氏が

何かしら関係しているのじゃないか

もしくは、神居家や姉婿を通して

影響があったのではないか

ただそれを調べていたら

とおとおここまで来ちゃった

そんな人が1人くらい居てもいいよね?w



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1914

はぁ、酒田のホテルに着いたど~

フロントにはホテルの人が居る

ホテルは明るいし、温かいし

(当たり前かw)

さっきまで心細かったので

何にでも感動してしまう私





でも、ホテル内の施設は

レストランとか喫茶店とか

売店、ラウンジさえも全部終わっていた

まだ21時くらい、早くないですか?

もう寝ろと言うことか?





夜食は買ってきたけど

せっかく山形に来たのだから

山形の美味しい物が食べたい

駅前だし、どこかお店に行ってみよう





部屋に荷物を置いて

外へ出たけど、、、ほぼお店が無かった

駅の端っこに1軒、何屋さんか分からない

道端に大衆酒場のようなお店が1軒

ホテルの前に綺麗な居酒屋が1軒

チェーン店ぽいけどホテル前を選択

山形の味を求めてGOーーーー

DSC_0498















酒田の新鮮なお魚と

山形名物「芋煮」を堪能☆

芋煮って初めてでした

里芋の入ったお味噌汁みたいなのね

私は里芋の甘辛い煮っころがし

のような物かと思っていたので

わぁ~、これが芋煮♪と感動

寒い日に河原で芋煮をされているのを

ニュースでいつも見てました

山形の人は、なんで河原で芋煮を

食べるのだろう?

ま、美味しいので気にしない~





明日は石原莞爾氏のお墓参り

ホテルの部屋から

無事に酒田に着いたと

石原莞爾顕彰会の方にメールしました

明日は電車に乗り遅れないように

頑張らないと

明日は晴れの予報、楽しみです!




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1913

<大雨は怖かったです>

おかげ様で被害なしでホッとしています

家族の入院は、もうしばらく続きそうですが

ぼちぼちやっていきます

ご心配をおかけし申し訳ございません





(ここより本文)
無事に酒田行きの高速バスに乗った

酒田への道のりは意外に(?)遠かった

いつしかバスは高速道路を降りて

酒田の近くまで来ているのだろうなぁと

思ってからが、特に長く感じた





走れど走れど、周りの景色は変わらない

遠くの方に高速道路の明かりが見えるが

窓からは雨で漆黒の世界が、、、

街灯があるのか無いのか?(きっとあると思う)

真っ暗で、どこを走っているのか分からない

田んぼの中の1本道なのかしら?

酒田市内の明かりは全く見えなかった





やっと街明かりが見え始めた

ああ、人里だわ(ごめんなさい)

酒田の街に入ったみたい

私は酒田駅前で下車のはず

だ~け~ど、なぜか駅前通過!!うそでしょ?

いや~ん、降りますっっ(と心の叫び)

すると、しばらく行ったところで終点となった





えっ?、、、ここどこ?

バスの終着駅らしいが駅前じゃなかった

そして私しかお客が居なかった

無情にもバスはどこかに走り去った

えーっと、私はどうしたらいいの?

ホテルが迎えに来てくれるなんて

そんな都合の良い話は無かった





雨だし、夜だし、知らない町だし

荷物だってあるし~

とにかく見える範囲にコンビニがあったので

コンビニに駆け込んだ

夜食を買い込んで、道を聞く

私は酒田駅に行きたいのです、エーン





親切に教えていただいたとおりに

私は雨の夜道をトボトボと歩いた

市街地とは言え、暗いし

誰も居ない、怖いよ~

田舎の(失礼)バスって

駅前には寄るけど、バスセンターって言う

別の所に建物があるのが多いのかな?

こんなシステム知らないですっっ

そんなこんなで、やっとホテルに着きました




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1912

米沢は残念な結果となったが

またのお楽しみと言うことで

とにかく今夜は酒田まで行かないと

米沢発の電車の時間を伝えると

墓守のおばさんは車を飛ばして

駅まで送って下さった






駅に着くと山形行きの電車が

ホームに滑り込んできた

思いっきりダッシュで

向こう岸のホームに走る

間一髪で間に合って

車窓からおばさんに手を振った

おばさんもずっと手を振っている

1時間程度しかお話しできなかったけど

名残惜しくて涙が流れた

また絶対に会いに来ます!!

お世話になってありがとうございました





駅のホームが見えなくなっても

米沢の街を窓から見ていた

大叔父が幼い頃に見た景色は

今とはずいぶん違うのだろうか?





私はいつの間にか眠っていた

電車は山形駅に着いたが

どこの駅に着いたか分からなかった

キョロキョロしていると

周りに居た女子高生が

「山形駅ですよ」と教えてくれて

慌てて電車を降りた





今日はこれから酒田へ行く

駅前発の長距離バスは多かった

間違わないように

酒田行きのバス乗り場で待った

意外と乗客は多かった

外人さんの観光客や

ビジネスマンらしき人

人生初の山形

もちろん初の酒田にドキドキした

石原莞爾さん、待っててくださいね☆



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

大雨ですね

読者の皆様へ


いつも読んでいただきありがとうございます

昨日からの大雨の被害は大丈夫ですか?

こちらは、テレビやネットで

大雨の情報をずっと見ていました

そして、初めて携帯の

「エリアメール」と言うのが来て

川の水位が高くなり

氾濫の恐れがあるので

避難勧告が出たと表示されました





私の住まいはその地域に

含まれていなかったのですが

こんなメールが来るんだぁと

ビックリしちゃいました

怖かったです

まだしばらく続きそうですので

どうか皆様、お気を付けください





昨日は。メール更新をお休みしました

家族が入院したので

大雨の中、慌ただしい1日だったのです

ここ数日は、もしかしたら

ブログ更新が出来ないかもしれません

丸に今月末発売号に掲載予定の

原稿を提出した後だったので

それだけはホッとしています

ブログ本文は、これから

山形の石原莞爾氏のお墓参りの記事です

もうしばらく山形紀行にお付き合いくださいね



2018.7.6
明日は七夕だ☆雨かなぁ、、、


大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1911

そう広くもない墓場だけど

お墓の数は多かった

1つずつ名前を確認していく

墓場自体はキレイに掃除してあった

しかし、古い墓石はたくさん倒れたままだった

もしかしたら数年前の地震の影響か?

それにしては長年放置???





倒れている墓石や

古すぎて名前が確認できない墓石が

ゴロゴロあるよ~

神居家のお墓が見つからないっっ

お墓は、ひいひいひいお祖父さんくらいだと思う

ってことは、、、墓石は古い?

倒れているボロボロのお墓か

名前が読み取れずに

丸い墓石になっている物かの

可能性が高いと言うことだ





ウソでしょ、、、お墓が見つからないなんて

暗くなってきたし、雨も降ってて寒い

もう電車の時間だ、、、

墓守のおばさんのせいじゃない

私の考えが甘かったのだ





遂に神居家のお墓、発見に至らず

こんなことってありですか?いや~ん

私はそこのお墓で

1番古くて偉いお坊様のお墓に

神居家を宜しくお願いしますと

お花をお供えした





まさかこんな展開になるなんて

大叔父さん、また山形に来いと言うことですか?

そうね、明日の石原莞爾氏の

お墓参りが終わったら

あとは米沢だけに集中できる

よし、次はゆっくりと来よっと




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1910

本堂では、お茶とお菓子やフルーツが

振舞われ

墓守さんに歓迎してもらった

墓守さんのおばさんは

可愛い山形弁で

祖父の姉を思い出した

祖父の姉も山形訛りが残っていたからだ





おばさんは、息子さんの若い頃の話とか

檀家さんの話とか

たくさん話して下さった

でも、、、私には時間が無かった

台風のために山形駅で足止めを食らい

米沢滞在時間が1時間しか無い

優しいおばさんの昔話をお聞きしながら

どうしても言い出すことが出来なかった





ふと、おばさんが「何時の電車ですか?」と

聞かれたので、答えると

おばさんは慌てて、お墓に案内して下さった

お墓は本堂のすぐ隣

雨が降る中、薄暮時の薄暗い墓場

傘を差しながらお墓に行く





「神居家のお墓はどこですか?」と聞くと

おばさんは「分かりません」と言われた

えっっっ?あ…分からないんだ

おばさんと一緒に神居家のお墓を

必死になって探した

「ご先祖様、どこですか?返事して~



続く…



大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1909 

タクシーに乗り込み

目的のお寺の名前を告げる

「もし行く途中にお花屋さんがあったら

寄ってもらえますか?」とお願いした






市内は、住宅街ばかりで

田舎ではないように思うけど

何も無いと言う印象だった

どこでお買い物をしているのだろう?

郊外に行けば

大きなショッピングセンター等が

あるのかもしれない





駅から少し行ったところで

タクシーは止まった

お花屋さんらしい

でも、、、どこ?お花屋さん???

作業場のような、民家のような

奥まで行くとお花があったので

お花屋さんだと分かった

イメージしていたフラワーショップではなかった

お供えのお花を買って

タクシーに乗り込む





しばらく行くとお寺の駐車場に着いた

ここが神居家のお墓がある所

お寺の駐車場は2台ほど停められる広さ

本堂もこじんまりしていたが

どちらも最近改築したのかな?

と思うほどキレイであった





インターホンほ鳴らすと

墓守のおばさんが出て来られた

優しそうなおばさんだ

外は雨で冷えていたが

本堂の中はストーブが焚かれ

温かだった




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング

ミャンマーに思いを寄せて 1908

そうこうするうちに

なんとか米沢駅に着いた!!

まだ雨がシトシトと降る注ぐ

なんとも物悲しい雰囲気の米沢駅

DSC_0496















ここが大叔父の生まれ育った米沢☆

さて、米沢の町に繰り出すぞ~

と思ったが、、、

なぜか改札が通れない

スイカ(交通系ICカード)を

改札にタッチしても反応しないの

何かが変だと思うのだけど理解できない私

米沢駅の改札は

ICカード対応ではなかったビックリ!!





乗り換え時間も不安だし

運賃がいくらか分からないので

スイカにめいいっぱいチャージしていた

駅員さんが来られて

カードを駅長室に持って行って

処理して下さった

使えないとは思わなかった、、、

スイカの方が面倒だったかも?

そっか…もしかしたら

無人駅もあるかもしれない

この先、とても不安となった





駅前でお供え用のお花を買おうと思った

でも駅前には売店と

食堂らしきお店しかなくて

尋ねようにも誰1人居なかった

墓守さんがお寺まで来たら

花を一緒に買いに行ってあげると

言われていたので

とりあえずお寺に向かうことにして

タクシー乗り場へと歩いた




続く…




大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング
記事検索
プロフィール

aya_sann

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ