~主計さんの資料の中の
「陸軍経理部よもやまばなし 続編」より~



中野学校の各種課程の種類について

詳しく書かれていたので勉強になった





「甲」「乙」「丙」「丁」「戉」の各課程について

「乙」は士官学校出身の大尉・中尉で

一乙から五乙まであった

「丙」は予備士官学校出身者で

一丙から十丙まであったそうだ





そして、「甲」は乙及び丙出身の上級課程であり

「丁」は戉の少尉候補生課程とされたが

どちらも実現せず終戦を迎えたそうだ





この方は、二乙だったそうで

その他の主計兵科の方の名前も

たくさん列挙されていた





しかし、1名の捕虜や裏切りによっても

全貌を明らかにされる恐れがあったため

横の連絡は禁止され

縦の命令も最小限だったそうである

よって、全員の集合写真は無いと証言されていた





また、人事発令も最低限の関係者に限定され

この方の軍歴は参謀本部付で終わっており

年金手続きに苦労されたそうである

。。。またここでも軍歴を詐称された方を発見

私も「兵籍簿を疑うなんて」と言われ続けているが

おかしな兵籍簿はたくさん存在するのだ

特に特務機関関係者においては

一般的な処置に思えてならない




続く…




大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング