昨日は日曜日♪
バイトもお休みでブログもお休みしちゃった
では今週も頑張っていきましょう☆



~主計さんの資料の中の
「陸軍経理部よもやまばなし 続編」より~



この手記に書かれていたのは

昭和19年2月の段階での

インド国民軍の状況と

それぞれに派遣されていた

日本軍将校の名前であった

昭和19年の2月と言うことは

インパール作戦開始直前である





その方の証言によると

昭和19年2月現在

最高司令官:チャンドラボース氏

参謀長:ボンスレー少将

司令部:ラングーン

後方司令部:シンガポール





「3個師団を有し

いずれも「遊撃師団」で

第二師団のみ、砲兵と工兵を持ち

野戦師団的色彩を持っていた」と

この方は表現されている

遊撃師団って珍しい言い方だけど

遊撃連隊しかないんだから

遊撃師団って言ってもおかしくないか

やっぱり第一師団は歩兵のみだったんだぁ





私の調べによると

師団兵員7,000名規模

実際には旅団級戦力と言えるだろう

以前に大川塾出身のおじいさんから

いただいた本に載っていた

インド国民軍の編成と比較すると

少し違うところもあった

それは時期的なものかもしれないし

大昔の記憶だろうから

間違っていてもしかたないよね

※だって大川塾のおじいさんの本には

第四遊撃連隊が無かった



インド国民軍の編成の過去記事はこちら↓↓

「ミャンマーに思いを寄せて 1222」
http://blog.livedoor.jp/aya_sann/archives/1988282.html




続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m

人気ブログランキング