お待たせしました、久々の本文です




博物館があるデリーと

チャンドラボース氏の生家があるカルカッタ

どちらかを選択することとなる





デリーにもカルカッタにも

インド国民軍の手記がある

どちらが良いんだろう。。。

先生が言われるには

デリーの博物館の資料は

閲覧に制限があると言う

それは、大学の研究者や

どこかの研究所に所属している

きちんとした肩書きがある人のみ

あ…私じゃダメなんだ、、、





まずは第一の壁にぶつかった

以前から肩書きが無いことで

信用が無かったり、バカにされたりと

弊害を感じることが多々あり

悲しい思いしてきた

またここでも同じかぁ、、、





カルカッタの資料は

閲覧の制限が無いと言う

「じゃあ、カルカッタにします」

私にはカルカッタしか選択が無いと知った




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓


人気ブログランキング