まずは、先方にお渡しする資料の

製作に当たった

以前に先生に渡した資料を

手直ししたもので良いとのことだったので

詳細を割愛したバージョンで

少し作り直してみた

それに質問書を別に付けることにした





しかし、先生には通用しなかった

「率直に申し上げて

これでは何をお調べになろうとしているのか

伝わりづらいと思います。」

その調査の意図や経緯、

課題をコンパクトに他者に説明すること。。。

資料は今ある物を手直しした物で良いと

言われたけど、これじゃダメなんだ





今回の資料が全く役に立たないと

言うわけではないと前置きした上で

私が突き止めたい最大のポイントを

中心とした400〜600字程度の説明ペーパーを

用意してみてはいかがでしょうか?と

ご提案いただいた

はい、その通りにしてみます





丁寧にご指導いただいて恐縮した

私ってほんとうにダメダメだわ

先生のご指導の通りに作り直さないと

「リサーチの手法としては初歩中の初歩の話」

「専門家に対してかなり込み入った

事柄について照会をするというのは

しっかりとした事前準備が必要」

と、コンコンとご指導いただいた





ごめんなさい、私はプロの世界を知らないし

レベルが低くくて非常識なのだろう、、、

「もちろんこれはあくまでこちらからの

アドバイスなので、

パンダさんのほうで別のお考えがあるようであれば、

そちらにもとづいていただければと思います

ただし、その場合はこれ以上

お手伝いをすることはいたしかねます。」

ここまで言わせてしまう私が悪いのよね

どうしよう、、、しんどい、、、心が痛い、、、



続く…



※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓

人気ブログランキング