読者の皆様へ



寒い日が続いていますね

本格的な冬到来って感じで

京都では急に冷え込んできたように感じます

いつも読んでいただきありがとうございます





この寒さが例年なのだと思います

これまでが暖かすぎましたからね

日本特有の四季は魅力であると共に

厳しい自然の顔もありますよね




こんな中で被災された東北地方の皆様は

大変だとニュースを見ては

心を痛めています

心よりお見舞い申し上げます





地震の被害のない京都では

私はいつもの生活を送り

冬を感じて春を待てることは

幸せなことだなぁと思います





さて昨年は家族が増えたと以前に書きました

この年で家族が増えるって

孫ですか?と聞かれますが

孫も欲しいですが孫ではありません





その影響で今まで観ていたテレビの

チャンネルが変わってしまい

朝はNHKの「連続テレビ小説」を

見るようになりました





神木隆之介君と浜辺美波ちゃんが可愛い

「らんまん」から始まり

まさかのドップリと沼ですw





「らんまん」は日本の植物学者・牧野富太郎氏を

モデルとして、明治・大正くらいのお話

続いて今は歌手の笠置シズ子さんのお話の

「ブギウギ」は戦前~終戦後くらいの

時代背景で続きが楽しみな毎日です





こんな時代に大叔父も生きていたのだなぁ

と思いながら見ています

「ブギウギ」の中で特に印象に残っているのは

戦死された弟さんの歌です

悲しみに暮れる笠置シズ子さんに

作曲家の服部良一先生が提供された歌

軍歌「大空の弟」に涙しました





ほんとうに笠置シズ子さんの弟さんは

香川県丸亀の第11師団(錦)の

歩兵第12連隊に入営されたようで→

第55師団の歩兵第112連隊に配属

開戦直後の日本軍のタイ進駐の作戦中

昭和16年(1941年)12月6日に

弟さんは仏印の陸地から約1㎞沖合の海上で

戦死されたとのこと





歩兵第112連隊はこの後に

棚橋真作連隊長が率いてビルマに転戦

第一次アキャブ作戦と

第二次アキャブ作戦で敢闘し有名である





ちなみにこのブログでも

歩兵第112連隊は出てきています



第二次アキャブ作戦・歩兵第112連隊長の独断撤退⇊

ミャンマーに思いを寄せて 1314 (2016.02.24)



歩兵第112連隊の棚橋連隊長の自決の様子⇊
ミャンマーに思いを寄せて 1318 (2016.02.28)



↑↑実はこの中に、連隊長の自決の前日に

2人の僧侶が
訪ねてきて「自決するのでは?」と

心配した
と言う内容があるのですが

その僧侶は元・岩畔機関~光機関で

特務活動をしていた僧侶でした

棚橋連隊長に招かれて


家に泊まっていたことが

別の本から判明したことがありました





また、棚橋連隊長のお孫さんが

その私の記事を読まれて

お礼のコメントを下さったこともありました

こちらの方こそ感謝です↓↓

ミャンマーに思いを寄せて : 寄せられたコメント (2021.01.12)





何かとご縁のある?歩兵第112連隊

笠置シズ子さんの弟さんの連隊でも

あったのですね





明日もこの雑談の続きとなります

お楽しみに~☆




続く…




※ブログランキングに参加してみました
大勢の方に読んでいただくことで、
情報をいただけるよう
ご協力をお願いしますm(_ _)m
ポチッとな☆↓↓
人気ブログランキング
人気ブログランキング