あやあね的音楽生活

「劇空間音楽パフォーマー あやあね」 音楽その他いろいろな事を「あやあね」的に考えてみたよ。 facebookページも見て下さい!

欲張りなのか、自信がなくて怖いせいなのか、

一度にいろんなことをせずにはいられません。

いろんな情報、知識、

あとあと考えても、必要ないのに。

自分の処理能力がそこまで良くないのにね。



パントマイムの公演を見に行ってきました!

いつも、劇街ジャンクションで

お世話になっている

ひっきぃさんが所属する

異〜空間の公演でした。


パントマイムだから、

当たり前だけど、

物は使わないし、声も出さない。

黒幕の空間にBGMの曲が流れ

パフォーマーがそこにいて、

観客が想像して成り立つのですが、

独特の世界で、癒されました。

ひっきぃさんの普段見れない姿を

見れて、

又それも面白かったです。



普段の何気ない生活の

ひとつひとつの動きを丁寧に

愛情をもって



帰りにマックで

イチゴシェイク買いました。

なんかやたら

美味しかった〜

IMG_0941
















白鳥は

広い大きな海に落とされた

一滴のミルクだけを選んで飲む。



パルバティ・バウルさんのworkshop に参加しました。


バウルとは,


インドの西ベンガル地方の言葉の歌と踊りと楽器を一人でするものです。


彼女はインドで


バウルを教えている先生でもあり、


バウルの演者です。




たまたま、近くの公民館でチラシを見て、


行きましたが、


世界観が、哲学的で


現代の社会に向けてのメッセージでも


あるようです。




歌う事は、聞く事。




彼女はパフォーマーではないと思いました。


神に近いものがありました。


生きている存在そのまま出すという事は


本当に究極です。



普段聞きなれない、インド独特のメロディは新鮮でした。


それで、心地よかった。


IMG_0894


You tube にいくつか動画ありましたが、


ここに載せるのは良くない。


興味がある方は、こちらをご覧ください。


https://www.echoesofbaul.info/









リアルタイムでブログをアップするはずが、

結局余裕もなく、写真も撮れませんでした。


ハハハ

だけど、又暖かい拍手を頂き、よかった。

聞いて頂きました方ありがとうございました!

いつもながらおだやかな空気に

優しい音が溶けていました。


当日まで、

ヤバイくらい悩みました。

二週間前、

何の為に私はこんなことをしているのか、

自問自答の日々

そして、3日前

やってまえ〜!

そんな結論に至りました。



今回は、それ以外にも、

友人の友人やご家族にお会いして、

ご飯を食べたりと、

日本で私があまりしてない事を

経験させてもらいました。

普段から人と話す事が、うまくないし、

言葉もまだ、そこまでわからないし、

申し訳ない気持ちになりましたが、

一生懸命話して頂き、本当に

ありがたかったです。



言葉はもちろん、文化が違えども、

普段生きている世界は、

多分とても小さいから、

境界なんてないのです。

私が生きている世界の広がった先に、

こんな人々や場所があるのだと、感じて、

ほっと落ち着きました。


友人には本当に感謝です!

IMG_0711


IMG_0695

























このページのトップヘ