風に吹かれて

人生、夕方近くになって、ロードバイクに目覚めました。 体重、血圧、成人病の因子が減り、健康な生活を取り戻したことはもちろん、風を切り、よい景色に触れ、仲間と酒を交わすことで、ものごとをのんびり、ゆっくり見る余裕が生まれてきたようです。

プロ家庭教師の直接指導が、リーズナブルに受けられる!

広告1607WB








詳しくは→ここ

福岡地区入試問題解説映像

・平成29年度 福岡県立高校入試問題 数学1-(1),(2),(3),(4)→http://blog.seesaa.jp/tb/451501786

・平成29年度 福岡県立高校入試問題 数学1-(5),(6),(7)→http://blog.seesaa.jp/tb/451505045

・平成29年度 福岡県立高校入試問題 数学1-(8),(9)→http://blog.seesaa.jp/tb/451505133





大正七(1918)年八月十一日夕刻 竹久夢二、旧柳町から白蓮さんに会いに天神町へ…(博多博物館0057-ろ)

12d5aee3.jpgbaea93fd.jpgこのあと夢二は、天神町にあった伊藤伝右衛門邸(現在の福銀本店)に、白蓮さんを訪ねた。
「それは博多の伊藤の別宅の応接間だった。その前にも夢二さんは東京で度々逢っていた。私の歌集の装幀を頼んだりして…(中略)…その博多の応接間に夢二さんは小さい男の子をつれて来た。おそろしくむっちりやで東京で逢ったときとちがって何だかあつかいにくいお客様と思ったのが印象に残っている。」夢二さん 柳原白蓮『みせられない日記』

a2368ba2.jpg48f3e3c1.jpg今朝は小戸〜下呉服町〜室見河畔を一走り・・・本日の鼻歌:宵待草(高峰三枝子:作詞:竹久夢二)

本日の走行距離:33辧帖屐愎契磧戮筺愀の名は』に主演して、今年5月に亡くなった『ツメ』さんと呼ばれた女優さんは?」「月丘【夢路】さんだね。」

大正七(1918)年八月十一日夕刻 竹久夢二、近松門左衛門を偲び、旧柳町を散策…(博多博物館0057-い)

4c0d57f0.jpgdf31758e.jpg「古い博多の柳町を見る。三浦屋、みよしや、ゑびすやの門ばかり残ったのや医者の交わって住んでゐるのや土蔵の上の草を見て歩いた。」『夢二日記』
夢二は、近松門左衛門の『紙治』(「心中天網島」)の芝居が大好きで、劇中の道行きの段を画題にするほど、この元禄文化の巨匠に敬服しており、同じ近松作の「博多小女郎波枕」の舞台になったこの町を感慨に耽りながら見て回ったものと思われる。

830898a2.jpgc2c06710.jpg昨晩は長尾で仕事、今朝は少し寝坊して下呉服町まで往復・・・本日の鼻歌:(川口京子・作詞:竹久夢二)

本日の走行距離:40辧帖崟鐐阿ら兄弟漫才コンビとして活躍し、『上方漫才の宝』と言われたのは?」「【夢路】いとし・喜味こいしだね。」

千代の春、松を祝いし 大黒も 天下ります 石蔵の神(博多博物館0056-ろ)

5fba0014.jpg5156ef3f.jpg困惑顔の石蔵屋さん、「実はこれこれしかじか、どうした縁起の悪いことでございまっしょうかい。」黙って聞いていた仙僂気鵝◆屬修蕕◆,福櫃眇看曚覆海箸呂覆ばい。ほんに目出度いことじゃ、ほら一枚縁起なおしに書いてやらじゃ。」と、大黒様落馬の図を書き、賛に曰く「千代の春、松を祝いし 大黒も 天下ります 石蔵の神」「祝うた、祝うた、トンゝゝ」(石村善右著 「仙冑艦叩廚茲蝓

9ef70c3f.jpg6e204ca9.jpg昨日午後、義母宅で熊本のののこお姉ちゃんと楽しむ遊ぶ芽維ちゃん、今朝は雨が上がってから、小戸〜地行浜(散歩の竹薮先生と遭遇)〜神屋町〜室見河畔を一走り・・・本日の鼻歌:大黒天マントラ

本日の走行距離:40辧帖崑膵様は、大国主命なの?」「【大国】とかけたんだね。」

百日紅(サルスベリ)

9129bf29.jpgc3f9d15c.jpg百日紅(ひゃくじつこう)の名前の由来は「夏から秋まで約100日間、ピンクの花を咲かせる」からだが、実際には一度咲いた枝先から、再度芽が出てきて花をつけるため、咲き続けているように見えるらしい・・・猿滑(サルスベリ)とも書き、「幹がスベスベで、猿も登れない」ところから来ている。

c0d58158.jpg8be2a362.jpgサルスベリを詠った歌・・・百日紅 ややちりがての 小野寺(与謝蕪村)・・・さるすべり 寺中おほかた 見えにけり(炭太祇)・・・散れば咲き 散れば咲きして 百日紅(加賀千代女)・・・炎天の 地上花あり 百日紅(高浜虚子)

45d77511.jpg22d4e9fc.jpg
今朝は雨の合間に愛宕浜〜室見河畔をポタリングしてから、義母宅へ・・・本日の鼻歌:最果てが見たい(椎名林檎・アニメ「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」主題歌 )

本日の走行距離:20km・・・「スキーで下って帰って行ったよ。」「【去る、滑り】。」 





博多松囃子 馬から落ちた大黒様と石蔵屋さんと仙僂気鵝頁鄲診酳館0056-い)

12844d99.jpg53e5f2aa.jpg博多の年中行事の松囃子は、江戸時代は正月に行われた。或る年のこと、大浜(市小路濱)の石蔵屋幸左衛門(今は堅粕一丁目にある石蔵酒造の祖)の門先でこの松囃子行列の馬が何かに驚いて急に暴れ、乗っていた大黒様を振り落としてしまった。馬も驚いたかもしれないが大黒様も驚いた。いやもっと驚いたのは石蔵屋幸左衛門さんだ。自分の家の門先で、正月早々大黒様が振り落とされるなんて縁起でもない。今年はうちに何か不吉がありはしないかと渋面作って虚白院を訪れた…。(石村善右著 「仙冑艦叩廚茲蝓法

aea8f57e.jpgc5066513.jpg今朝は雨が振りだす前に、神屋町〜室見河畔を一走り・・・本日の鼻歌:博多どんたく松囃子
本日の走行距離:34辧帖崚蝶擇謀困┐蕕譴討い襪里蓮」「【松葉やし】。」

神理教大教庁

a4e7d651.jpgc19eecff.jpg小倉南区徳力に神理教大教庁があり、自分の小倉高校の生徒会の後輩にここの娘さんがおり、先輩の誤字さんの同級生のここの兄はマージャンですごい役満を出すんだそうだ・・・神理教は、古代神道を復活させた布教を行う教派神道13派のうちのひとつで、教祖の佐野経彦は、家伝の物部氏の血流に繋がる古神道の巫部(かんなぎべ)神道を元に、明治27年明治政府より認可を受け「神理教」と名乗ることとなったという。

bd56ea26.jpg26bb201f.jpg境内に教祖が幼少の頃に字を教えたという岡村嘉辰(よしたつ)翁の碑があり、岡村嘉辰(通称:杢右衛門=もくうえもん)は代々小笠原候に仕え、天保8年より徳力村で近隣の子供たちに読書きを教えており、慶応の役(四境戦争の小倉口の戦い)以後は豊津に移り明治11年1月72歳で亡くなったそうだ・・・明治17年6月にかつての教え子らよって、翁の業績を称える為この碑が建てられたようだ。

3d8c486f.jpg4eb82e98.jpg今朝は菩提寺での法要前に、戸畑の実家〜河内〜合馬〜徳力嵐山口を一走り…本日の鼻歌:巫秘抄歌〜SIREN2テーマ曲(高橋真唯)

本日の走行距離:44km…「オウム【真理教】事件のころ、活躍していた元ジャーナリストの民進党の有田芳生が怪しいね。」「ヨシフって、そもそもスターリンの名前じゃん。」

宇津賀半島〜向津具半島サイクリング

f89b46cd.jpg9e3b22ef.jpg長門市の宇津賀(うつが)半島の千畳敷は、標高333mの高台に広がる草原の地で、眼下には日本海に浮かぶ島々や果てしなく広がる海と空のコバルトブルーの大パノラマが展開し、正に「日本海を望む大広間」のようだ・・・近隣に風力発電所「日置ウインドパーク」や菖蒲に香る「菅無田公園」を有し、多くの人が散策に訪れ、アウトドアスポーツとしてキャンプ・MTB・ハンググライダーを楽しむ若者や、夜の日本海を彩る無数の「漁火」も見られるらしい。

b6762e94.jpg46693f86.jpg龍宮の潮吹は、北から打ち寄せる波が絶壁下海面近くのわずか縦1m・幅20cmの穴に突入し、奥の空洞に圧縮された空気が海水を激しく外に出そうとして、上方に海水を最高30mも噴出させる噴潮現象のことのようだ・・・龍宮とは宇津賀半島北端の海蝕地形の総称のことをいい、この一帯は第4紀洪積世の玄武岩からなっており、玄武岩の横臥の奥に龍宮があると伝えられ、舟隠しといわれている場所もあるらしい。

2e970f9a.jpga244380e.jpg遠くから眺めれば、まるで龍が天に向かって昇るありさまに似て、飛び散るしぶきは太陽を反射して銀の砂をまくような光景が見られるそうだ・・・この奇観は龍神のなせるわざとして、広く里人の間に信仰を集め、とりわけ干ばつの際には近郷より雨乞いに集まる人が多かったと言われているというが、今日は風が弱くて潮吹は見られなかった。

ca91a108.jpgdcc18f16.jpg川尻岬は本州の最西北端で向津具(むかつく)半島の北端に位置し、濃紺の日本海と岩に砕ける白波や緑の芝生のパノラマが広がるが、川尻からの登りで道に迷って遠回りして登り直し、半島の名前通りムカつく・・・嘉永2年に吉田松陰がこの岬に立ち景観を楽しんだことが「廻浦記略」に記されており、岬の周辺は、絶好の漁場で多くの釣り客が訪れ、夏はキャンプも楽しめ、玄武岩のもつ磁場の逆転現象が見られ学術的にも貴重らしい。

4f5f64b8.jpgde6a1474.jpg川尻岬の西側の唐渡口海岸は楊貴妃漂着の地として語り継がれおり、二尊寺の中国風の庭園に入ると、美しい楊貴妃像が迎えてくるが、この像は純白の大理石でできており、楊貴妃の没年齢38歳にあやかり3.8mの高さになっているそうだ・・・唐の都の長安(現在の西安)近郊の楊貴妃最期の地、馬嵬坡(ばかいは)に立つ像と同じもので、西安の地を向いてやさしく微笑んでおり、墓と伝えられる五輪塔まである・

083342b9.jpg8aeab6b9.jpg今朝は長門古市まで輪行し、宇津賀半島〜向津具半島を走り、人丸〜小倉まで輪行・・・本日の鼻歌:楊貴妃伝説(沖田賀代子)

本日の走行距離:70辧ΑΑΑ嶌侶茲魴臉覆靴燭辰董」「そいつは【反党】行為だぞ。」

猫峠(447.5m)

4fbb8e9b.jpgce37dfb0.jpg猫峠は糟屋郡篠栗町と宮若市との境に位置する標高約450mの峠で、峠の前後を福岡県道92号宗像篠栗線が通過しており、猫峠のやや西側には同じく心霊スポットとして有名な犬鳴峠がある・・・雨の日に福岡側の一軒家の古木の枝に女の子の首が見えるらしいが、木の枝に引っかかったボールを取りに登った女の子が足を滑らせ、木の又に首を引っかけて亡くなったそうだ。

大間堤仕掛溝プロジェクト 井山隧道出口(博多博物館0054-ろ)

f5447816.jpgd127982a.jpg立石又左衛門久明は、表糟屋郡戸原村広田の高木家から博多濱口町濱立石家に養子に迎えられ、その当時博多年行事の職にあった。プロジェクト途上、井山隧道(トンネル)の難工事で資金不足に陥った卯平の要請を受け、以後の全費用数万両を提供、文政七(1824)年の竣工に尽力した。その子立石又六も仕掛溝稼働後の、年々の用水路補修費用を負担した。「大間堤仕掛溝」の用水は200年後の今日も灌漑・上水道に利用されている。
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Profile
Recent Comments
livedoor 天気
記事検索