2020年のスタジオPointの公演は・・・・
当初6月11日の本番予定で3月ごろからスタートしたリハーサルは
新型ウィルスcovid-19による緊急事態宣言などの状況によりストップとなり、

IMG_1232
開催が11月10日へと延期で予定されました。
IMG_1233
自粛あけ6月にはすっかり世の中の周知の習慣や、価値観、個人的な優先順位も変化していて、
でもオーナーである寛子先生が強い意志を持って「舞台は絶対にやる!」と
小さな灯火を大切に守り続けていらっしゃった様に思います。

私は今年は結局は作品を作ることでの参加はできませんでしたが、
ヤザキ作品そして講師陣でのプロローグとエピローグのシーンへの出演となりました。
ヤザキ作品も9月ごろからリハーサルが再開し、
あれよあれよと・・・身体とココロを以前の様な本番仕様へと導く日々となりました。
今回のこの舞台・そして作品への出演がなければ・・・
私は来年にはもうパフォーマーとしての復帰は難しくなっていた様にも感じる。
そのくらい、身体も心もどん底へ落ちていたのを後半必死に
上げていっていました。
IMG_1206
いよいよ本番。
でしたが、今年はいつもと違う!すご〜く落ち着かない!!
ソワソワ、わさわさする!!
IMG_1234
IMG_1235
ゲネリハでの話ですが・・
講師陣のプロローグシーンでは少しあるユニゾンを間違える始末・・・(本番は大丈夫でした)

ですが、ヤザキ作品は・・・
緊張もしておらず(これもおかしい・・・)
IMG_1236
ただ、ただ、楽しい・・・。笑
IMG_1237

IMG_1238

IMG_1239

IMG_1240

IMG_1241
めっちゃ楽しかった。笑
IMG_1242
わさわさした感覚も夜公演にはすっかりなくなっておりました。

ここ何年かは、ありがたいことに年に数回以上の本番があり、
人前でパフォーマンスすること、それによりいただける感想や笑顔や・・・
そんなことを喜びとしてきていましたが、
今年はこれで2回目、そして今年最後。

想像できない様な事が起こりすぎて、
いろんな価値観が変化していく・・そんな今年、
しかも難しい世の中の状況での開催は、
強く引っ張ってくださった主催者の寛子先生を初め、
劇場のスタッフの方、出演くださった生徒様、危険を承知で見にきてくださったお客様、
会場を手伝ってくださったスタッフの方、
大好きな講師の皆様・・・・そんなすべての方が、本番に向けて
それぞれの「芸術の灯火」を持ち寄り、大きくして点火させ花火を上げた様な
そんな1日でした。
その場にいて、実際に目撃して体験して共有してくださった方にしか見れない。
目の前で打ち上がり、火の粉を残して消えてゆく・・・
でもすべての方々の心に「愛」と「感謝」が湧き溢れたのではないか?と思っています。
そんな素敵な時間でした。

改めて、感謝申し上げます。
有り難うございました。

来年はどの様にパフォーマンスができるか?
ここからまた自分軸をしっかりとさせて、
コツコツと歩んでいこうと思います

早く芸術を安心して楽しめる日々となります様に・・・・

彩子〜ayachu〜