2006年04月

2006年04月27日

彩の日曜大工

3a4c1b63.jpgこんなのできたよ!
ちゃんと、1から作りました〜。
制作キッドという感じのやつですね♪
初めてだったけど、力仕事以外は、スムーズにいきました。
力が足りなくて、ネジが完璧に入っていませんが、
多分大丈夫(笑)
ちょっと、地面が散乱中。。。

お片づけも頑張りますね^0^

2006年04月26日

神様のギフト

a2bbafd9.jpgすごい事が起きた。
小さい事だけど、すごい事なの。
聞いてくれますか?

私,最近携帯を新しくして、
どんなストラップをつけようか、迷ってたんです。
ここに二年程、ストラップは付けたくなくて、
外したままにしていたんだけど、
新しいのを買ったのを機会に、何かないかな〜?って
思っていたんです。
先日、ふと入った雑貨屋さんで、気になるストラップを見つけ、
買おうか迷ったんだけど、そのままちょっと迷う事にしました。
↑私は、少しでも迷うと、よく決断を「寝かせ」ます。
パンやケーキの生地を、少し寝かせるように。
そうすると、本当に欲しいのか、ちゃんと感じれるんです。

それで、あ〜やっぱり欲しいなあ^0^と感じたので、
数日前に、その雑貨屋さんへ行きました。
お目当てはそれだったのに、何故かお店に入る時から、
そのストラップの事はすっかり頭から離れてしまって、
他の雑貨に見入ってしまったんです。
結局、そのストラップがあったコーナーすら、
立ち寄らずに、、、帰ってしまったんです(笑)
あとから、「あれ!?私はストラップ見に行ったのでは?」
と思い出して、自分で自分に突っ込んでました。
もちろん、私の性格上、そんなおっちょこちょいは、
ありえるお話なのですが、、、、。

そして、数日後の今、、、。
ふと、ダイニングテーブルを見たら、
なんとそのストラップがぽつんと置いてあるんです。
「はい?????なんで????」と思って、
ママに聞いてみたら、「彩にあげるよ〜♪」と。。。
「どうしたんこれーーー!」と聞いてみると、
「可愛いから買ってん。兄弟三人でお揃いで買ってん♪」
と嬉しそうに言うではないですか。しかも、
「彩が赤で、萌(妹)がピンクで、圭太(弟)が青ね」
と何故か色指定までされてしまいました(笑)
なんと、私は黒か赤を買おうとしていたので、
それにもびっくりで、、、、。
「彩ね、これ買おうとしててん!だからびっくりやわ。
ありがとう〜」と言うと、
さすがのママも、びっくりしていました。
「え!?なんで?なんで買おうとしたん?」
と変な質問を投げかけてくるんですよ。
「え。。。可愛かったから、なんか気になってん。」
ママも「うん、なんか気になってん。」
と二人で、妙になっとく。。。親子だな〜。。といいつつも、
私は、このストラップには、なにか意味があるよな
と感じています。ママが、「お守り」的な事が書いてあったよ。
と言ったのを聞いてちょっと納得しています。
人を引きつけるものが、あるのでしょうね。
そして、私たちは家族だから、同じように
それに、引きつけられたんでしょうね。

だってね、、、劇的に可愛いものじゃないんです。
写真を見てのとおり(笑)ちょっと変なんだもん。
でも、私はこれを見た時、もののけ姫の「こだま」や、
トトロの「まっくろくろすけ」のように、
実在しない、けどある時は見えてしまう、精霊的なものを
感じたんです。きっと、そんなものを現してるのかもしれない
って思うんです。

すごいな。これは何げない400円のストラップ。
私が、買わなくても、私に必要なものは、
どんなルートでも、この手の中にやってきてくれるんだね。
と思うと、すごーーく嬉しくて。ありがたいです。

そして、この子には、何気なくない、
意味が在る事も、ちょっと分かっているんです。

2006年04月25日

共に生きる人

嬉しいな。。。
ちょっと横になっていたら、
職場のお姉さんからメールが。
「入籍しました。」との事!きゃ〜〜♪
テンションあがってしまいます。

訳あって、同棲しながらも入籍ができない状況の
方だったので、いろいろお話は聞いてて、
いよいよその時期がきて私もとっても幸せです。
ああ〜、何かこの気持ちをプレゼントで表現したい!
と思いつつも、ケーキとかしか浮かばない(笑)
きっと、頂いてるだろうしな♪何か考えよう。

何より、明日は心からの
おめでとう
をお送りしよう。
私へも、幸せの風をありがとうございます。
あ〜、幸せ。ほんわか、ほんわか。

共に生きる人。ってね。
すごいな〜って思う。
今世で出会う全ての人とは、深い繋がりや、学び合う
意味があり、すべて必然で出会っていると私は思う。
その中でも、生活を共にしていく人ってやっぱりすごい。
家族以外で、そうなる人は、人生においてきっと数人も
いないと思うから。

恋愛はね、そりゃドラマティックだったり、ロマンチック
だったり、盲目的だったり、秘密がたくさんだったり、、
そういうのはとっても刺激的で、燃えます。
でもそれは、一瞬の流れであるとも思うんです。
すごーく、すごーく、素敵な事だけど、
そこには、「その状況にいる自分」に酔ってしまう、
自分もいると思うし、思い合ってるのは、
相手の心よりも、その場面、その言葉、鏡の中の自分。
っていう事が、何度かありました。私はね。

今は、思うんだ。
劇的でない、日常の中の本当の幸せ。
相手に求めるでない、自分がまず、地に足を付けて
生きているからこそ、相手をより感じて、思い合える幸せ。
「あなたがいないと駄目」じゃなく
「あなたがいたら、より楽しい」と言える事。

幸せにして欲しいから、彼氏彼女が欲しいよ〜。
とつぶやくのではなく、
自分の生活を見つめて、感じて、生きている時、
そんな時程、出会いも思いも、溢れるし、
気付けるんだろうなって思うんです。
日常に煌めく、こんなに素敵な出来事を、
今まで、見えずにいたんだな。。。と思える事が、
本当にたくさんあるの。
空も、風も、雨も、太陽も、月も、星も、
友達も、家族も、ちょっと苦手、、と思ってる人も、
限りない気付きをくれているよ。

ありがとう。
共に生きる人達よ。

溢れる涙の訳

今日は(月曜日は)音楽作業デーでした。
お仕事はお休みだけど、
朝から、やる事はてんこ盛りです。

母が仕事で夜遅いので、
お掃除、洗濯、犬の散歩、お皿洗い、昼ご飯と晩ご飯の支度。。
をしてから、息付く間もなく家を出ました。
お天気もよかったし、洗濯を干してる時は気分が良かったし、、
電車でママに
「お仕事頑張ってね〜ご飯はしといたよ」
とメールして、ぼけ〜っとスタジオに向かっていたのです。
すると、母から御返事メールが来ました。
「いつも、ありがとうね」って。

そしたら、急に涙があふれて、電車の中で
一人シクシクとないてしまったんです。。
それは、、、嬉しい涙じゃなかったの。
先日の「罪悪感」の続き。なのですね。
どこか、気持ちが張っているから、そういう言葉で、
心の糸が切れたように、何かの感情があふれてしまうのです。

毎日、早く家を出掛ける為に朝から走り回って家事
をこなして、支度して、、
そんな自分は、やっぱりちょっと疲れていたんですね。
ママの一言で、何かがまた一つ、
心のボタンが弾けたようです。
お手伝いする事を、「当然」と捉えなくてはいけないよって、
そこに、弱音ははいちゃ駄目だよって。
ちょっと、自分をぎゅ〜っと押していたのかもしれません。

なんて、なんて、不思議なこの心。
自分の事、な〜んにも、分からないんだね。
こうして、言ってもらう一言で、やっと分かる事もある。

そして、そのままではスタジオには行けないので(泣き顔)
ちょっと寄り道してから行きました。
そのおかげで、可愛い洋服を一つ発見。
自分へのご褒美に、買ったのでした。

その後も、今日は感情があふれちゃう日で、
結局、後で大泣きしてしまったんですが、
それはそれで、よかったと思います。
ちゃんと、気持ちを外に出せている自分でよかった。
ありがとう。涙さん。
今日は、いろいろお疲れさまでした。

音楽も、頑張って、また一つ。新しい欠片が生まれています。
そんなこんなで、すごーーく濃い日でした。

2006年04月22日

なじむ

70f112b2.jpg昨日煮込んだ、
鳥とたっぷり野菜のトマトクリーム煮込み。
1日経ったら、素晴らしく美味しくなっていました。
思わず、おかわり〜♪

煮込み料理って、1日経つとすごく味が馴染みますよね。
それぞれの素材からでてくるエキスが一体になるというか。。
なんだか、バンドのサウンドに似てるかも?
なんて思うのです。
最初の最初は、「個」は「個」であるんだけど、
回を重ねていくと、「個」でありながらも「共」である。
そして、「共」であるからこそ「個」を感じれるような、
素敵な具合になっていくんですもの。

今日も、ナスは、ナスの。キャベツはキャベツの。
個性がキラリとひかる味でした。

2006年04月21日

罪悪感

ここ数日、う〜ん、実はずっとかな?
感じていた感情が、わ〜っと出て来て、
今、やっとすっきりしました。

今日、体調が悪かったんだけど、
そんな思いが関係してたかな?って今は思います。

私に、根付いてた感情が一つ。
ぽろりと形を見せてくれたので、それを感じていました。
それは「罪悪感」だったよ。
特に、母に関するものが大きかったんです。

私の母は、それなりの年だけど、
ばりばりに働いています。それも結構体力のいるお仕事。
ちょっと、キツいだろうな。。と思いつつも、
頑張って続けています。
しかも、最近ちょっとポジションが上がって、
さらに、労働時間が多くなってしまったのです。
さすがに、疲れ気味の母を見ていて、
知らない間に、その「罪悪感」ってのが募ってきたみたいです。

もちろん、金銭的な事情もあるけど、
お仕事を選んでいるのは母で、
私は、それに関して続けたら?辞めたら?という
事は今はできないんだけど、
私は、音楽をしながらのお仕事だから、
どうしても家には少ししかお給料を入れれなくて、、
それで、母が毎日長時間働いている状況が、
見てて辛くなってきてしまったんです。

長い時は、朝から夜中まで。
そんな状態が続くと、家事もできないので、
お家の中がひっくりかえってしまいます。
私も、お仕事の後にリハがあったり、
休日はつねに、ライブや予定があるので、
なかなか家にいる時間がないので、
お手伝い、頑張ってはいるつもりだけど、
それでも、追いつかないんですね(笑)

そして、家には受験生の弟がいるので、
私は最近は、ほぼ毎日、
朝起きて、弟のお昼ご飯の支度、
そして、さらに、母が夜遅くなる時は、
みんなの夜ご飯の支度も、早々にしてお仕事へ行っています。
それでね、事実。ちょっと疲れていました。

今日、ゆっくり感じてたの。
沸き上った罪悪感の事を。
そして、天に相談した。
「私は、何をしたらいいですか?」って。
そしたらね、即答でお答えを貰ったの。
「掃除をして下さい。」って。。
「??お掃除か〜。。」と思ったんだけど、
まさに、その御返事を貰った時、
私はリビングの片付け、お皿洗い、明日のよるご飯の仕込み、
洗濯物の取り入れ、、、などを一度にやっていた時で、
「は!そうか〜」って思ったの。
それらをするにあたってね、自主的にやっているとはいえ、
どこか。。。「やってあげてる」という観念が、
きっとあったな、私。って。
そして考えた。
生まれてから今まで、母は毎日毎日、家事と向き合って
きたんだよな〜って。
私が、お手伝いして来た,何百倍もの事を、
生活の中でやってきたんだよな〜って。
すごいよ。。そして私は、ほんの数ヶ月、
母に変わって、いろいろしているだけで、
「やってあげている」と思ってしまっているの。
それは、おごりでもあるんじゃないかな?って。

お部屋が、散らかっていて、めちゃくちゃだと、
気持ちも落ち着かない。
何かしよう!というやる気が出ないし、
お部屋のエネルギーがくら〜くなってしまうんです。
私は、それを「キラキラ」にする役目を、
今は担ってるんだって感じたんです。
母が、活き活きと生活できるように、
今は、私も出来る限り、家事に協力しようって、
心から思えました。
そして、私が音楽をしている事で罪悪感を感じる事なんて、
必要ないなって改めて思った。
娘が真剣に取り組む事に関して、
反対するような親ではないもの^ー^
私は私のするべき事を精一杯して、
そして、自分の出来るお手伝いを、心を込めてしようと
改めて思ったんです。
それは「してあげる」でなく。「すべき」事。
今の、私の役割だもの。きっと♪

そうすると、肩の力がふっと抜けました。
明日の夜ご飯のカレーも、美味しく出来ましたとさ♪

2006年04月20日

「母の味」はなんですか?

b905e6df.jpg「お母さんの味」
で思い浮かぶあなたの味はなんですか?

昔からの好物や、一般イメージなど。
いろんなものが浮かぶと思います。

味付けや、好みも人によって違うのに、
やっぱり「肉じゃが」とかが不動の人気なのは、
優しい甘さのもつ効果なのかしら。。
つねに、煮物はランキング上位ですよね♪

彼女に作って欲しいもの、、、でこれらが出て来るのも、
男性が、女性に対して母性を求めてる証拠?
なんて思います。
もしくは、その状況はすご〜く、結婚後を予想させてくれる
ものなんでしょうね〜♪
でも女の子にしたら、それぞれの家庭の味が色濃くでる、
煮物を、彼に食べてもらうのは、
「お口に合うかな?」とドキドキものなんですよ。
男性のみなさまは、そこらへん、気にして
食べてあげて下さいね♪

さてさて、彩の今日のよるご飯も、
小さい頃から大好きだった、「鳥の手羽先と長葱の甘辛煮」
適当〜に作ってみたら、まさに「母の味」になって、
びっくりしました。
調味料のさじ加減は、、もう感覚でわかるのかもしれません。
母としたら、娘が自分とおなじ味の料理を作ってくれるのは
嬉しい物かしら。。喜んでくれたらいいな〜と思いつつ、
我が家の、食べ盛り。。弟くんが、
全部食べそうな勢いで食べてくれています^ー^
幸せだな。食べたいものが作れる事。
代々、味が受け継がれる事。
これも、立派な「歴史」なんだろうな。
たくさん、母から教わろう。
そして、また私も伝えて行こう。
良い物は、良いから。
美味しいものは、美味しいから。

それが、笑顔を生むのならば。

2006年04月17日

笑う犬

449b8208.jpg今日は、、、、半分オフ!
いえ〜〜〜い♪という事で、
急遽計画にあがった、
愛犬「くるみ」をたくさん遊ばせる会を実行。
よっし〜に、大きな公園へ車で連れて行ってもらいました。
本当〜〜〜〜〜に広くて、人も少ないので、
安心して想いっきり遊べたよ。

いいお天気の下。
焼きたてパンを食べて、
ともかく!!!くるみと走りました。
合計、2時間以上(笑)
くるみは、まだまだ走れる様子でしたが、
さすがに〜〜〜〜疲れる〜。。

そして、帰り道、同じ公園内に滑り台を見つけた
彩は、、、、迷わずくるみと滑りました(笑)
怖がるかな〜?と思いきや、全然きょとんとしてる。。。
肝っ玉の座ったくるみちゃんでした。
この滑り台、案外急なんですよ〜。
子供さん達は、軽いので勢い余って、
みんな砂場へとひっくり返ってしまうんです。
彩とくるみも、かなりスライディングしてしまいました。

思えば、くるみは近所の散歩しかした事ないので、
たまには、芝生の上を思いっきり走らせてあげたいな。
また、遊びにこようと思います。

その後、音楽の作業をして、
帰り際には、ちょろっと造幣局の桜並木を拝見して、
今日は、盛りだくさんの1日でした。
ひさびさに、お日様の下で遊ぶと、
心地よい疲れに包まれますね。
普段の疲れとはちがう、心地よいものです。
さあ、ゆっくりお風呂に浸かって、
明日からはお仕事を頑張ろう!

滑り台

滑る、彩とくるみです。 kurumi

深海

神秘の海の底
命のはじまり
胸騒ぎのような波は
満月に照らされて
激しくも穏やかに見える

しぶきが命を産む
波がぶつかる時
奇跡が起こる

深海から産まれた
それはお母さんのお腹の中
命はいつも
潤いの愛で包まれる