エコクラフトをきっかけに!ハッピーミラクル☆ルーム

トップページ

こんな時どうすれば?作り方Q&A・記事一覧

  • 耐久性の良い、少しでも長持ちする、頑丈な作品に仕上げるには?
  • 編み進めていて、作品本体のサイズがずれてしまった場合の解決法
  • テープが足りなくなったら?つなげることはできるの?
  • テープを間違って貼り合わせた時は?しわや折り目を伸ばしたい時は?
  • クラフトテープ(紙バンド)の割き方!細いひもで編む作品づくりに♪

エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品作りで、
耐久性の良い、頑丈な作品を作りたい場合があると思います。


私もエコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品は
収納用のボックス等作ることが多いので、


収納するものによっては、頑丈な作品を作りたいなあと思う事が
よくあります


でも、少し重たい物を入れて、エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品を
使っていたら、少しずつ形が崩れるようにずれていってしまいます


エコクラフトテープに、重たい物を収納して移動させるのは、
やはり無理があると思います


動かすことがなければ、問題はないと思いますが・・・
でも、せっかく作品作りをするのなら、少しでも丈夫な作品を
作りたいと思いますよね


そこで・・・
今回は、私が今までに作品作りをしながら思いついた事、今もずっと
やり続けている、耐久性のよい作品作りのポイントをお伝えします



エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品を丈夫で長持ちさせる秘訣


耐久性をよくするには、12、13本取りのように、太いエコクラフトテープで
編んでいくほうが、丈夫なエコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品に
仕上がります。


そして、作品の角の4角に(計8角)に、補強のテープを差し込みます。


幅が長い作品には、真ん中の縦のラインのテープにも、
補強用テープを差し込んだほうがいいと思います


耐久性のよい作品を作るには、角の部分をしっかりと補強することが
大切です


フタ付きのボックスを作る場合は、フタにも補強テープを差し込むほうが
いいと思います。


フタ付きボックスのフタは、使用していると、開け閉めなどで、
段々と形が崩れてもろくなってしまいます


しっかりと補強していると、作品が丈夫になるだけでなく、
作品自体も長持ちします


エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品の補強のポイントを
押さえて、せっかく作った作品をいつまでも大切に使っていきたいですね



PermalinkComments(0)

エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品本体のサイズが、
編み進めていく中で、ずれてしまった場合の解決法

 

エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品作りをしていく時、
編み進めていく途中で、力加減などの影響により、
作品本体の一番下と一番上のサイズが微妙に違ってしまうことがあります。


実は私は、よくそういう状況に陥ってしまうんです
最初はどうしてかなあと、すごく考えてしまいました。


考えられることは・・・
力加減とエコクラフトテープの長さの違いの影響も、
ずれてしまうことになってしまっているのかなぁと思います。


この問題を解決するには、やはり作業を進めながら、
力加減などを意識しながら気をつけて編み進めていくことが、
ずれないようにするためには、とても大切です。


それでも、長さが違ってしまうこともあると思います
あまり神経質に、作業を進めていくのも緊張してしまい、
楽しさが半減してしまいますよね


そんな時の解決法は・・・

もし、エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品本体の一番上のサイズが、
下よりも長くなってしまった場合は、最後の段のサイズを1センチ程、
短くするのも、一つの方法として、ご提案します。


そして、縁かがリで最後の処理をしていきます。


あと、サイズが短くなってしまった場合は、
最後の段のサイズを1センチ程、長くします。


そうすることで、編み進めた作品自体が引き締まり、
これまでのエコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)づくりの経験上、
サイズの微妙な違いも、あまり気にならなくなります


サイズが違ってしまった部分を修正していくには、
1センチ程がちょうどいいと思います


作品のカタチや種類により、多少変わってくるかもしれませんが・・・


これは、人によっては感じ方の違いがあると思うので、
あくまでも、参考として考えていただければ嬉しいです


エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作品作りを楽しみながら、
より素敵な作品に仕上げることができるように、
これからも日々勉強、研究を楽しくしていきたいです



PermalinkComments(0)

エコクラフトテープ、紙バンドが足りなくなって、つなげる時の注意点は?


エコクラフト、紙バンド作品づくりで編んでいる途中に、
テープそのものが足りなくなることがあります。


あらかじめテープの長さを決めていても、不足する場合があります。


テープを編んでる最中に、だんだんと形が大きくなってしまったり、
又、自ら、これぐらいなら大きくしても大丈夫かな?と思って、
作品作りを進めていくことなどで起こりえます。



そこで、テープが足りなくなった場合の、つなげ方のコツです


編んでいくエコクラフトテープが何本かに分かれている場合は、
テープが足りなくなったところで、新しいテープをボンドで
しっかりとつなぎ合わせるようにします。


その時、テープを重ねた部分のつなぎ目が、表から見えないように
縦のラインの裏側に隠れるように、つなぎ合わせましょう


テープ同士を張り合わせるときに、
予め縦のラインの裏側にくるように調節しておくと、
つなげる作業がしやすいと思います


テープのつなぎ目の部分を、洗濯バサミで動かないように止めて、
ボンドが完全に乾くまで待ってから、作業に進むようにしましょう


テープが足りなくなったことで、ついつい、意気消沈してしまいがちです
どこまで作っているか?どこまで出来上がっているか?によりますが、
最初からエコクラフト、紙バンド作品を作り直すことは大変ですからね


でも、プレゼントや重い物を収納するなど、特に出来栄えを重視する時は、
作り直す決断、勇気をもつことも大事になってきます


私自身も、何度か、作りなおす、編みなおしたことがあります


丁寧に作業を進めていき、キレイな作品に仕上がるように
ポイントをおさえて、楽しく作品作りをしていきましょう

 



PermalinkComments(0)
エコクラフトテープを間違って貼り合わせてしまった時は?


エコクラフトの作品作りの際に、つい、うっかり勘違いしてしまって、
あるいは何気に、ココとアレを貼ったらいいんだって思い込んだりして、
間違って、エコクラフトテープを張り合わせてしまうことがあるかも。。。


でも、修正できるから、大丈夫です


エコクラフトテープは、スチームアイロンの蒸気を当てると
ボンドが溶けてはがすことができるので、再生可能になります


そして、ぬれタオルを用意して、そのタオルで、
エコクラフトテープについているボンドをふき取って、
新たにボンドをつけて、正しく貼り直しましょう。


エコクラフトテープのしわや折り目を伸ばしたいときも、
アイロンの蒸気を当てると、もとに戻ります。


蒸気の力で、リカバリーできるのが、エコクラフトづくりです(笑



エコクラフト、紙バンド(クラフトテープ)作りの際、
こうした間違った貼り合わせをしてしまっても、
落ち着いて対処していただければ、素敵な作品に仕上がります


つい、慌てて、ヘンな処理をすればするほど、
テープがぐちゃぐちゃになりやすいので、気をつけましょう

 
私も常に初心に戻って、基本を丁寧に進めていくことを心がけて
これからも、楽しく作品作りをしていこうと思います



PermalinkComments(0)

クラフトテープは、エコクラフト・紙バンド作品づくりに必要なモノですが、
細い”こより”のひもを貼り合わせて出来ています。


12、13本取りで、エコクラフト・紙バンド作品を作る際に、
クラフトテープを割かずにそのまま使って編んでいく方法もありますが、
そのクラフトテープを細くして編む場合は、きれいに割く必要があります。


クラフトテープ(紙バンド)を割くために使うモノ、用具として、
PPバンドやテレフォンカードが、エコクラフト本などでは紹介されています。


私も以前は、テレフォンカードや回数券等を使って、割くようにしていました。


でも、結構圧力がかかるので、すぐ裂けてしまい
消耗品ということで常に用意するのも大変だったので、
何か手軽に使えるような便利グッズはないかなぁと考えていました。


この方法は、ご存知の方もいらっしゃるのではと思いますが・・・


クラフトテープ1本取りで、きれいに割く事ができます


キレイにクラフトテープを割くには、
あまり力を入れすぎず、力加減をすることが大切です。


でも思っていた以上に、きれいに割く事ができたので、すごく感動しました


何より、余ったクラフトテープがエコクラフト・紙バンド作品づくりに
大活躍してくれるのがとても嬉しいですよね


クラフトテープを割く時は、先端の部分から2センチくらい、
ハサミで切れ目を入れます。


その切れ目にクラフトテープ1本取りを入れて、力を加減しながら
手前に引くように割いていきます。


クラフトテープを細くするために割く場合も、
使ってみて扱いやすい用具、色々な方法などがあると思いますので、
自分がやりやすいやり方でされるのが一番良いのではと思います。


エコクラフト・紙バンド作品づくりで、細いひもが必要な際に、
1つの参考にしていただければ、嬉しいです(^^)

テープを割く以外に、エコクラフト・紙バンド作品づくりに必要な基本用具



PermalinkComments(0)
歓迎!ハッピーミラクル☆ルーム




ルームガイド役☆ご紹介

ハッピーミラクル☆桜あやかです!
エコクラフト、紙バンド作品づくりは、
時間を忘れるほど、楽しく♪ラブリ〜☆

あなた様の当ルームへのご来訪を、
扉を開けて、おまちしています♪
よろしくおねがいします! (@^▽^@)

人気!エコクラフトの本・ご案内
お得なクラフトテープショップ!
コメントありがとうございます♪
エコクラフト作品作りを楽しむ仲間
ルーム内☆メニュー
アイテム別・ハッピーミラクル作品集
ランキングに参加しています♪
ハッピーミラクル☆ルームへの応援、
心より感謝いたします!うれしいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ルーム内の画像&デザイン
入室者数☆カウンター

*基本的に、同一訪問者のアクセスは、
  一日一回のみのカウント!

*TOTAL数のスタート
 2009年5月5日0時からの入室総数


TagCloud
  • ライブドアブログ

brought to you by "エコクラフトをきっかけに!ハッピーミラクル☆ルーム"