2023年11月30日

やっっっと(涙)来日決定!ELVIS COSTELLO & STEVE NIEVE 2024年4月東京&大阪

私が、そして日本中のコステロファンが8年間祈り、願い、訴え、泣き、怒り、わめき続けてきた、悲願の来日公演が、ようやく!発表されました!!!

とにかくもう嬉しくて、嬉しいを通り越してどうしていいかわからなくて、即日のブログ更新もできなくてごめんなさい。既にいろんなところに情報が出ているので、詳細をここに書くまでもないのですが、一応ね。

希代のエンターティナー”エルヴィス・コステロ” 8年振りの来日公演決定!(SMASH)
エルヴィス・コステロ、2024年4月に8年ぶりの来日公演決定!(UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

2024/04/08 (Mon) すみだトリフォニーホール(東京)
2024/04/09 (Tue) すみだトリフォニーホール(東京)
2024/04/11 (Thu) ザ・シンフォニーホール(大阪)


OPEN 18:00 START 19:00
全席指定 SS 前売り:¥15,000
全席指定 S 前売り:¥12,000
全席指定 A 前売り:¥11,000

喜びを噛み締める前に、まずはチケットを入手しなければなりません。既に先行予約が始まっていたりして、どこでどうやって申し込んだらよいか迷うところなのですが…。

1)コステロのオフィシャルサイト
https://tour.elviscostello.com/#/liveevents/7991/Elvis-Costello-Tokyo-Mon-Apr-8-2024
https://tour.elviscostello.com/#/liveevents/7992/Elvis-Costello-Tokyo-Tue-Apr-9-2024
https://tour.elviscostello.com/#/liveevents/7992/Elvis-Costello-Tokyo-Tue-Apr-9-2024
今までこんなことなかったと思うのですが、コステロのオフィシャルサイトで日本公演のチケットを買える!既に発売開始となっており、メーリングリストに登録するとプリセールのコードが送られてきます。しかしドル建てだし(レート良くない)、チケットは会場での引き取りのみという、なかなか微妙な…これは海外から購入したい人向けですかね。

2)オフィシャル先行予約(イープラス)
https://eplus.jp/sf/detail/3999870001?P6=064&P1=0402&P59=1
こちらも既に予約受付が始まっています。
2023/11/28(火)17:00〜2023/12/4(月)23:59までのオフィシャル先行販売(抽選)

3)SMASH friends会員優先予約
https://w1.onlineticket.jp/sf/smashfriends/detail/3999870001-P0030001?P1=0868&P6=063
SMASHの有料会員になると、会員特別枠で購入できます。
2023/12/01 (Fri) 10:00〜 2023/12/04 (Mon) 18:00まで(抽選)

4)最速プレオーダー先行予約
https://eplus.jp/sf/detail/3999870001?P6=064&P1=0402&P59=1
何が最速なんだか、さっぱりわかりません。
2023/12/05 (Tue) 12:00〜 2023/12/10 (Sun) 23:59まで

どれがベストの選択なのかまったくもって不明ですので、自己責任で運試しです。

この来日の前は、今年行うはずだったのが来年に延期になったオーストラリアツアーなのですが、そちらはジ・インポスターズとの公演なんですよね。どうしてそのまま皆で来てくれないの?とちょっとだけ悲しかったりもするのですが、まあ普通に考えて、金銭的な条件が合わなかったのではないかと。残念ながらこの8年間で日本はどんどん貧乏になり円は安くなり…。今後バンドで来てもらうためには今度の来日公演を大盛況!ソールドアウト!にして、日本での需要をアピールすることが重要です。今回の発表を受けて「バンドで観たかったな〜、今回はパスだな」的なつぶやきも聞こえてくるわけですが、いやいや、だったら尚更、今行っておかなくちゃダメなんですよ!

それに…というか、そんなことより何より、スティーヴと二人のステージは素晴らしいのですよ!何度言ったか(いやそんなに言ってないか)わかりませんが、私がこんなキ◯ガイじみたコステロファンになってしまったきっかけは、1999年のコステロ&ナイーヴ公演なのです。シンプルな構成だからこそわかるコステロの楽曲の素晴らしさ!ギターとピアノだけ、と聞くとしっとりしたアコースティックライブを想像してしまうかもしれませんが、今年の二人でのライブの様子を見る限り、全然そういう感じではないです。ビートボックスとかその手の仕掛けもいろいろあって、むしろバンドとの演奏よりアヴァンギャルドだったりします。そして気心の知れた正妻(?)スティーヴが相手だからこそ可能な、意外な選曲続出のやりたい放題。この辺の様子はまた別途UPしていこうかな、と。

実は先日、11月27日で、COSTELLOGを立ち上げてちょうど20年ということに気づきました。といってもここ最近、更新頻度が年1回だったりひどい放置っぷりですが、めでたい久々の来日公演ということで心を入れ替え、頑張って盛り上げていきたいと思います。乞うご期待(言ってしまった…)!

ayako445 at 23:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年08月25日

HAPPY 69TH BIRTHDAY, ELVIS COSTELLO!!!

結局またしても1年のご無沙汰となってしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。とにもかくにも、まずは共に祝いましょう。

エルヴィス・コステロ様、69歳のお誕生日おめでとうございます!!!

言うまでもありませんが、私が更新しなかったことは、コステロが活動していなかったことを意味しません。その正反対でして、むしろ活動量が多過ぎてついていくのがやっとなのです。何か更新しようという暇も与えず、次の情報が飛び込んでくるのです(言い訳)。

今年はまず2月に、ニューヨークのグラマシー・シアターで10日間毎日全部違う曲をやるという、世界中のファン垂涎ものの伝説の公演「100 Songs and More Over 10 Nights」が行われました。そして文字通り休む間もなくそのままUSミニツアーに突入。3月には奇しくも10デイズ公演の直前に亡くなったバート・バカラックとの共作を集めた「THE SONGS OF BACHARACH & COSTELLO」が発売されました。4月にはスロヴェニアのアイドルバンドJoker Outと謎の共演をしたかと思えば、5月にはValeというラテンデュオに提供した曲がリリース。5月のオーストラリアツアーはメンバーのコロナ感染により残念ながらキャンセル・延期となったものの、その月末には「Elvis in Iceland」という豪華企画でアイスランド公演、そして6月〜7月にはニック・ロウと「We're All Going On A Summer Holiday」などというナメたタイトルの、しかし大変充実したツアーを敢行したのでした。……ってこんなざっくりまとめずまめに更新しろよ!と、一番私を責めたいのは私です。

その合間にも、挙げればきりがないほど中ネタ小ネタいろいろあったのですが、ひとつだけ足りないものがあります。そう、来日公演です!!!前述のキャンセルになったオーストラリアツアーは早々に来年の延期日程が決まったのに、2016年を最後に来日していない日本についてはその気配さえありません。どういうことなのでしょうか……。去年は無謀ともいえる北米遠征を敢行した私ですが、そんな毎年追いかける財力はありません(涙)。最近では他国のツアー日程が発表される度に怒りすら感じてしまうのですが、ぐっとこらえてTwitter(現X)で本人に懇願する虚しいあがきを続けています。皆さんもぜひ、各種SNSで直訴するなり、お知り合いの関係者に根回しするなり、なんとかしてください。

さしあたり今後の予定はというと、ほんの数日後、8/28からイタリアを皮切りに、スティーヴ・ナイーヴとのヨーロッパツアーに突入します。その皮切りのイタリア公演は、カルメン・コンソーリというイタリアのシンガー・ソングライターとの共演となっており、公演に先駆けて、カルメンとイタリアのお客さんに向けてのイタリア語を交えたビデオメッセージが公開されています。来日公演が早く決まって、こんなふうに日本のファンに日本語入りで呼びかけてくれたらいいのに…ということで、このビデオ内のコメントを無理やり日本に向けたものに脳内変換して聴きながら、早期の来日を祈りましょう!!!



ayako445 at 00:33|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月28日

お誕生日にまつわる諸々

お誕生日当日は旅行記をUPするだけで精一杯だったので、少々追加情報を。

8月25日、コステロはツアーでアメリカ・ユタ州のソルトレイクシティ…の近くのサンディ公演。
http://www.elviscostello.info/wiki/index.php/Concert_2022-08-25_Sandy
いつもツアー中にメンバーのバースデーがあると張り切って場を仕切り、観客を煽って祝わせるコステロですが、本人のお誕生日の場合どうなるのかな、誰が仕切ってくれるのかな、と思ってたら!


このツアー一緒に回っているニック・ロウの仕切りでHappy Birthday!なんて素敵なんでしょう…。ステージ上にケーキを持ってきたゴリラはツアーマネジャーのToastさんの仕込み(着ぐるみの中はたぶんToastさん本人)。照れくさそうで、でも嬉しそうなコステロの姿がかわいくて、この動画だけでお酒が進みます。UPしてくれたのは、実は私もちらっと会ったことがあるのですが、かなり熱心なファンの人で、さすがファンの気持ちわかってる!と思いました。大感謝です。でもあまり再生されてない…皆さん観てください!続きを読む

ayako445 at 00:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月25日

HAPPY BIRTHDAY, ELVIS!!!

今年もやってきました、ご無沙汰をお詫びする日、またの名をエルヴィス・コステロさんバースデー。

68歳のお誕生日、おめでとうございます!

未だコロナ禍の終わりの見えないご時世ですが、私はそんな空気を一切読まず、コステロを追いかけて北米を旅してまいりました。
そのライブレポート、というか単なる旅行記をこの記念すべきに一挙公開!と行きたかったのですが、どうにも間に合わず、最後の記事が書き上がりませんでした…。完成がいつになるかわからないので、とりあえずここまで、公開させていただきます。恐ろしく長いくせに、肝心のライブ部分は意外と短くてすみません。すごく暇な時にでも読んでいただければと思います。

苦難と幸運の北米遠征その
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52482928.html

苦難と幸運の北米遠征その
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52482930.html

苦難と幸運の北米遠征その
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52482931.html

苦難と幸運の北米遠征その
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52482933.html

苦難と幸運の北米遠征その
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52482934.html

本当は何かもうちょっと書きたかったのですが、お誕生日が(日本時間で)終わってしまうため、とりいそぎここまで!


ayako445 at 23:52|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月11日

苦難と幸運の北米遠征その 8/11 ニューヨーク公演@Pier 17

いよいよ今回の遠征最終公演の日。朝起きたら雨が降っていたため、今日はゆっくり出て美術館に行こうということに。その前に、ホテルの近くでテイクアウトした朝ごはんのベーグルサンドが感動的に美味しかったのでここに記す。この旅で一番感動した食事かもしれない。

IMG_1244
続きを読む

ayako445 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月10日

苦難と幸運の北米遠征その ニューヨークの奇跡

えらい目に遭った夜から一夜明け、どう考えても寝不足だがのんびりはしていられない、今日は飛行機でニューヨークに移動である。ホテルに朝ごはんがついていないため早起きして食べるところを探しに行くが、近隣の飲食店がどこもまだ開いていない。仕方なく、少し離れたショッピングモールまで歩き、Tim Hortonというファストフードチェーンでようやくイングリッシュマフィンのサンドをテイクアウト。ホテルで急いでたいらげ、予約していたタクシーに乗り込んでバッファロー空港へ。また国境を越えることになるが、昨日既に入国審査は受けているため、パスポートの提示と簡単な問答で通過。親切な女性の運転手さんで安心感があった。続きを読む

ayako445 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月09日

苦難と幸運の北米遠征その 8/9 ルイストン公演@Art Park Amphitheater

感動のトロント公演の次の会場は、カナダ国境近くのアメリカ・ニューヨーク州ルイストンにあるArt Parkという野外ステージ。せっかくなので、観光を兼ねて、近隣のナイアガラフォールズのカナダ側に宿泊する。前日のトロントで、Kenが自分もルイストン公演行こうと思う、帰り道は送ってあげよう、とまた有り難い申し出をしてくれていたのだが、当日朝になり、コロナ疑惑?と思われる症状が出たとの連絡。検討の末、結局来ないことに。送り迎えよりも、私達が日本から持ち込んだコロナとかだったらどうしよう…と不安になる。続きを読む

ayako445 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月08日

苦難と幸運の北米遠征その 8/8 トロント公演@Massey Hall

そんなこんなでギリギリまで悪戦苦闘、不安をいっぱいに抱えたまま出発の8月6日夜を迎えたわけだが、最初の目的地トロントまでの旅は意外などスムーズだった。何しろ海外へ行く日本人が少ないので羽田〜フランクフルト便はガラガラ。横になって爆睡できてしまう快適なフライトだった。心配していた乗り継ぎも、早朝にフランクフルトに着いたためか特に混乱はなし。トロントへの便は1時間弱遅れたものの、8月7日午後に無事上陸、とりあえず第一関門(?)突破である。続きを読む

ayako445 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月07日

苦難と幸運の北米遠征その 出発まで

この夏ニック・ロウを前座に北米ツアー!という情報が出たのは2月。実はその前に、6月のUKツアーを2公演ほど観ようと密かにリヴァプールのチケットを入手していたのだけど、お盆のほうが断然行きやすいし、ニックがついてくるなんてこれを逃す手はない!同好の士tamaさんを誘ってみると、このようなご時世にも関わらず行く気満々だ。トロント〜バッファロー〜ニューヨークの3公演行けるぞ!とざっくり予定を組んで、真夜中にTicketmasterと格闘し、高いチケットを確保してしまった。こうなったらもう突き進むしかない。

続きを読む

ayako445 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月06日

メディア情報更新しました

引き続き、凄まじい量のインタビューが日々公開され、本当に大変です。これだけ大量の取材を受けているのに、それぞれ必ず他にないネタを少しずつ含めてくるサービス精神。なので辛いけどチェックせずにいられないのです。少しずつ追加していけばいいや、と思っていたのですが、どんどん溜まってしまい、それぞれ恐ろしく長い記事になってしまっています。相変わらずメモレベルですが、それぞれ下記のリンクからどうぞ。

「The Boy Named If」関連メディア情報その 読み物(新聞、雑誌、ウェブ記事など)
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52475385.html

「The Boy Named If」関連メディア情報その◆Д薀献、ポッドキャストなど
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52475386.html

「The Boy Named If」関連メディア情報そのぁ日本のメディア
http://blog.livedoor.jp/ayako445/archives/52475388.html


ayako445 at 23:55|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加