2006年02月10日

グラミー賞 速報

日本のファンが罵声を浴びせようと何しようと、グラミー賞絡みの情報が続々と。まずはこちら↓グラミー賞のオフィシャルサイトより。(hitomiさんありがとう)

http://www.grammy.com/GRAMMY_Awards/48th_Annual/

「GRAMMY MOMENTS」→「Videos」→「GRAMMY Arrivals」で、会場入り時のコステロとアラン・トゥーサンのインタビュー(コメント)映像が見られます。といっても喋ってるのはコステロだけですが。「今日はフィナーレで演奏するよ。アランと一緒に"River In Revrese"というアルバムを作ったんだ。素晴らしいよ」とかなんとか言っています。

そして、これでもかとばかりに写真写真写真。ダイアナとのツーショットがないのが意外。というか異例。

Wire Image
Film Magic
Getty Images
U2 official site
BBC In Pictures ←10枚目の写真

肝心のパフォーマンスの模様はといいますと、コステロの音はあまり目立っていなかったらしいです。下に書いたような豪華メンバーに加え、ベースにデイヴィ・ファラガー、ドラムにピート・トーマスという、嬉しい布陣。で、まず「Yes We Can Can」、そして、先日他界したウィルソン・ピケット追悼の意を込めて「In the Midnight Hour」を演奏したそうですが、コステロは時折ボーカルをとるぐらいで、ギターはマイク入ってるのか?というくらい聴こえなかったという噂。実は「In the Midnight Hour」では結構メインで歌ったという噂もあるのですが、放送時間の都合でカットされたらしい(日本公演をぶっちぎった罰です)。それを差し引いても、一見(一聴)の価値あり!の演奏ですけどね。

ayako445 at 02:17│Comments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 Live/Appearances 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 第48回グラミー賞 In the Midnight Hourリハーサル映像  [ * petit prelude a la journee * ]   2006年02月10日 21:54
"In The Midnight Hour"のリハーサル映像(MSN Videoより)。音が悪い上に曲の途中で終わってしまうが、本番よりもずっとコステロのステージって感じ。やっぱカッコイイや...。 # おまじない ayakoさんとたつさんとこに飛んでいけ ( ´∀`)つ =≡

コメントする

名前
URL
 
  絵文字