2006年06月21日

ボナルー速報

・・・って、すっかり速報でもなんでもなくなってますけど。
既にあちこちにセットリストが出ているので、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

ストリーミング放送、なんとか観ることができました。フェスとはいえ、バッチリ1時間半、計20曲と充実の内容です。新譜の曲、トゥーサンの名曲、そしてコステロの過去の曲のニューアレンジバージョン。いや〜、想像はしていましたけど、とんでもなく素晴らしいです!トゥーサンとThe Impostersについては今更触れるまでもないかもしれませんが、ホーンセクション(Crecent City Horns)の迫力と切れ味には圧倒されます。その迫力に全然負けてないコステロはさすがです。声はちょっと荒れ気味な気もしましたが、気持ちの入った熱いパフォーマンス。

そして何といっても、皆ものすごく楽しそうに演奏しているのが印象的でした。これはもう、何がなんでもこの編成で来日してもらわなきゃ困ります。頼むから来てください。お願いします。

肝心のボナルーのサイトのフォトギャラリーはなぜかエラーが出てしまうのですが、ここここなどで写真を見ることができます。

AT&Tのサイトには、映像の一部がそのうちアーカイヴ化されるようなことがほのめかしてありますが、コステロ達のパフォーマンスが含まれるかどうかは不明。いずれにしてもちゃんとしたプロの映像が存在しているわけですから、いつか公式非公式を問わずどこかに出てくるのではないかと。

セットリストは以下のとおり。



http://www.elviscostello.info/wiki/index.php/Concert_2006-06-17

01. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding?
02. Monkey To Man
03. Tears, Tears And More Tears
04. A Certain Girl - Allen vocal
05. Clown Strike
06. Broken Promise Land
07. Freedom For The Stallion
08. The River In Reverse
09. Who's Gonna Help Brother Get Further? - Allen lead vocal
10. International Echo
11. Play Something Sweet (Brickyard Blues) - Allen vocal
12. Bedlam
13. Watching The Detectives
14. I Can't Stand Up For Falling Down
15. High Fidelity
16. Pump It Up

Encore
17. Alison / Tracks Of My Tears
18. That's How You Got Killed Before
19. Yes We Can Can
20. The Sharpest Thorn

ayako445 at 00:47│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Live/Appearances 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字