西口綾子のうた日記

ダンサー&歌手&ダンスプロジェクト「kitten」演出家・西口綾子のブログです♪

2006年06月

夏のお気に入り

ここ何日か暑い日が続く。夏にやることで何が好きって行ったら、やっぱり窓を開け放して、床にごろんとなるのが最高に好き。ひんやりした床にぴとってくっついてると、我を忘れたようになる。そこに風鈴の音なんてしたら最高だね〜。ほんと夏はぼ〜っとするに限る。なんかこんなこと言ってると、私は年中ぼ〜っとしてるみたいだけど、まあ基本的にはそうです。それが趣味。夏は暑くて頭ぼ〜っとするといいながらだらだらし、冬は寒くてだめだから、どっかに常に丸まってる。う〜ん、駄目人間だ!でもいいのさ〜。その時その時を楽しんでいるのです。自分の楽しみ方でね。でもそういえば、海なんて何年も行ってないなあ。海というと私のおばあちゃんが海の家をやっていて、昔は毎年行ってたけど、でも泳いだ記憶よりもそこでいつもラーメン作ってもらって食べてたことや、かき氷をお客さんに作って出して、余った氷で、虹色のかき氷作って食べた記憶とかの印象の方が強い。私ってほんとインドアというか、食い意地はってるというか、昔からなんも変わってないです、はい。ある夏の一日より。以上。

ぬりえ

この間、喫茶店に入ったら、かなり年配の人が、ぬりえをしていた。七色の色鉛筆を手に、念入りに色を埋めていく…。ぬりえと言うと、子供がやる遊びってイメージだけれど、大人もやるものなんだと、その光景を見てとても納得してしまった。だって、ひとつひとつ丁寧にラインに沿って塗っていき、さらに少しどういう風に仕上げて行こうかと間をおきながら、着実に埋めていく作業を見ていると、これはこの人の作品なのだと、納得せざるをえなくなった。そのぬりえはどう見ても子供用なんだけど…。私も小さい時は、よくぬりえをやったものだ。絵を書くのが下手くそだったから、色をたして、絵が明るく変わっていくのは、何か違う楽しみがあった。当時私は、マンガ家にあこがれて、自分で雑誌まで作って連載してた。他人が読めたもんじゃない代物だったけど、自分が満足できればそれでよかった。ぬりえの奇抜な配色も自分で満足してた。だってそれはもうすでに自分の作品であるのだもの。きっとそのぬりえの人も自分の作品を楽しみながら作っているのだろう。私もそれを見てると、なんだかとてもやりたくなってきた。その人なりの色の染め方、その人にしかなせない技。ん〜、大人もたまにはやってみる価値あるかも。

妄想雲

雲、雲。雨が降りそうで降らないどっちつかずの昨日からの天気。こんな日は人々は物思いにふけりそうな、そんな気がする。だって晴れの日はなにも考えず行動を起こしたくなるし、雨の日はどこもいかずひきこもって猫と一緒に寝てたいし、だから曇りの日は気温だって中間だから、頭も冴えてなにか名案が思いつきそうだもの。雲がもくもくしてるのは、そこにいろんな考えを隠している気がするんだなあ…。また独りよがりになってきたかしら。でもほんとそう思うのだけどなあ。

夕方ぽつり

夕方。一日のうちで一番好きな時間。その時間って一日の中で一番短い…。太陽が沈むまでの時間は、すごく寂しくて、でもあったかくて、切なくなる。なんでだろうなあ。一日がもうすぐ終わることを肌で感じるからだろうか。夜型傾向になってきた僕たちだけど、身体の五感はそれをきっと忘れないんだろうか。言い換えるならば、生まれながらにして人間は、センチメンタルな弱い動物なんだろうなあ。

ライブ

昨日はライブのことを書こうと思ったら、結局アイスクリームのことを書いてしまった。食に弱いなあ。今回のライブは、自分的にも課題が多く、忙しいなかテンパったこともあったけど、なによりお客さんに楽しんでもらえたみたいで、よかった。一緒に出演した以前から知るシンガーたちも、よりパワーアップしてて、相乗効果で熱もあがった感じ。でもお客さんがほんとあったかな感じだったのは大きいけど。とにかく、自分的にも、これからのライブがまた楽しみになってきた。乞うご期待!
QRコード
QRコード
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ