戯言戯言~ぶらまりayakoのつぶやき状日記

HARD ROCK BAND 「BLACK MARIE'S BACK」DRUMS ayakoの徒然なる日常を宮城郡利府町より愛を込め込めお届けいたしやす。 だいしゅきな音楽、尊敬するプレイヤー、愛する映画など、赴くままに書き連ねます。 http://blackmariesback.web.fc2.com/ ← こちらもどうぞ

こちらは雪がふりはじめました。


今年は、足掻きます。
自分の置かれている環境が少し変わるので。 


中島みゆき : 麦の歌 / 泣いてもいいんだよ



とにかく11月が終わるので。。

今年2014年も新しい出会い、素敵な出会いがありました。
これからも続きますように。

今月11月に限って書くと、自分が出演した3回のライブで本当にたくさんの方々にお世話になりました。
改めて感謝の気持ちをここに記します。
支えてくれた皆様、本当にありがとうございました。

それと、ぶらまり一味である自分が幸せでした。幸せな時間を過ごせました。
ぶらまりこたち、くみちゃん、さっちゃんにはまだまだ迷惑かけつつ、もっと自分を高めていきますっていうか、
自分がどん底なので、上を向くしかないという。。。 

さてさて、23日に、大阪にて東日本大震災チャリティライブに縁あって参加することができたので、
そういえば。。と思い出したことを書きます。

仙台市中心街に「ダイエー仙台店」があります。
このスーパーは、震災後いち早く営業を再開し、商品もふんだんに揃えて、地下鉄のひと駅先のところまで買い物客が長蛇の列を作ったことは、ご存知の方も多いかと思います。
この仙台の人々を救った出来事は、阪神・淡路大震災を経験した関西のダイエーの方々が、震災直後の情報が全くない状態でも「仙台の人たちが絶対困っているはずだ」と見切り発車で商品(食料品)を、危険を顧みずこちらに運んでくれたおかげだと、後々知りました。
兵庫県で生産された牛乳や食パンを手にしたときは、「日本ってつながってるんだなぁ」と呑気に思ってましたが、経験した人ができる最良の判断の恩恵を私は受けました。

ほんと、つながってます。

東日本大震災の被災地情報は、全国ネットのテレビの報道番組、ニュース、全国紙でもきちんと取り上げられているし、それがどんな形にせよ人々に発信されています。
なので、情報があまりに少ないということは真実ではありません。
受け手の関心が薄れているというのも、これまた違うと思います。

今日、たまたま目にした新聞記事で、盛岡出身の写真家の方の言葉が私の心に刺さったのでそちらを紹介したいと思います。この方は震災で母親を津波で亡くされたそうです。

講演では、「震災を忘れないで」とは言わない。
代わりにこう伝える。
「震災がなければ出会えなかった人たちに、僕自身もエネルギーをもらった。どんなにつらいことがあっても、人間はそこから希望をくみとることができるんだ」

「僕にとっての復興とは、今日も生きていこうと素直に思えるようになること。
生や死を考え続けた震災以降の歳月を無駄にしないためにも、これからも被災地にかかわり、喜びも、悲しみも大切に伝えていきたい」



私もみなさまに力をもらいました。
本当にありがとう。


 

このページのトップヘ