彩子のブルックリン徒然記

New York在住のジャズピアニスト、白崎彩子です。 マイペースに送る日常の事、音楽の事、ライブのお知らせなどを綴っています。 記事、写真のコピー・転載は固くお断りいたします。

東京藝術大学同窓生による美術x音楽合同展 in NY

先日第3回目となる東京藝術大学同窓生による美術x音楽合同展 in NYにて、5人のアーティストが手掛けた絵画に合わせて演奏をする、というとても貴重な経験をさせて頂きました。

毎年演奏させて頂いていますが、実際の作品に合わせて選曲、演奏、というのは初めての試みで、チャレンジングではありましたが、考察していくプロセスが楽しかったです。

それぞれが持つパワー、壮大さ、色彩、間や空間などを感じながら、演奏できる喜び、これは格別なものでした。
実際その空間に居合わせないとなかなか作品の持つエネルギーを伝えることができないのですが、まとめた動画を作りましたので、是非ご覧頂ければ嬉しいです♪

牛ちゃんの名前で知られる篠原有司男さんの作品もございます。
当日演奏を聴いて頂いた後、ご挨拶し「明日からの活動のエネルギーをもらえました。」と言って下さり、とても励みになりました。

展示会は天理文化協会 (Manhattan) で12月12日まで行われています。是非足をお運び下さい。
http://www.tenri.org/gallery/index.shtml



  


Nov 30, 2018 at Tenri Cultural Institute of New York The 3rd Art x Music Collaboration Exhibition by Tokyo University of the Arts Alumni Association of New York 第3回東京藝術大学同窓生による美術x音楽合同展 in New York Ayako Shirasaki (白崎彩子) - solo piano https://www.ayakoshirasaki.com Art works in order; 1. ON Megumi Akiyoshi (秋吉恩) ♫ Mirror Mirror by Chick Corea 2. ABEYUKA (あべゆか) ♫ Pannonica by Thelonious Monk 3. Atsushi Ohashi (大橋篤司) ♫ Bach - Italian Concert 2nd movement to Simplicated by Ayako Shirasaki 4. Mizue Sawano (澤野水纓) ♫ Lotus Blossom by Billy Strayhorn 5. Ushio Shinohara (篠原有司男) ♫ Un Poco Loco by Bud Powell


Ayako Trio - Jazz at Kitano on Oct. 10

9月も後半に入り、残暑と秋の気配の両方を感じる季節です。
9月生まれの私はまた一つ歳を重ね、数字だけ見ると立派な人生の経験者のような年齢ですが(笑)、まだまだ、やりたいこと、できてないこと、たくさんあります。
日々感謝の気持ちを忘れずに毎日を大事に過ごしていきたいです。

さて、ニューヨーク、キタノでのライブが久しぶりにございます。

昨年12月にご一緒したこのトリオで、また再演です。とっても楽しみ♫
秋の曲、新曲、好きなスタンダードなどを織り交ぜながら最高のライブにしたいです。
皆さん、是非お越し下さいませ!

ご予約(特にファーストセット)はお早めにどうぞ。。


★Wednesday, October 10★
8m & 10pm (2 shows)

Jazz at Kitano New York
Ayako Shirasaki trio
 
Ayako Shirasaki - piano
Noriko Ueda - bass
Paul Wells - drums
 
$18 music cover & $20 minimum food/drink per show
 
Jazz at Kitano (Kitano Hotel)
66 Park Avenue, NYC (at 38th street)
Reservation: 212-885-7119 (strongly recommended) 

Ayako trio 10-10-2018 at Kitano-page-001

白崎彩子
www.ayakoshirasaki.com 

Live in Tokyo Summer 2018 回想記

日本への里帰り&ライブが終わりブルックリンの自宅に戻ってきました。
今年は子供達の日本の小学校体験に合わせた帰省では無かったので時期も8月中旬にずれ、また滞在期間も短いものでした。

ライブ/コンサートは計6本、どのライブも満員御礼で大変盛況で、私自身弾くことも、お客さんとの交流もとても楽しくつくづく幸せだなぁと感じました。 ようやく少しずつですが、自分の思い描いている音色、フレーズ、ハーモニーが楽に自由に表現できるようになって、音を奏でる喜びが過去よりも更に増してきた気がします。 苦しく悩んだ時期も長かったからこそ、今の自分の音楽を自分自身が愛せることが嬉しく、更に自己表現の確立を目指して進んでいきたいと心新たな気持ちです。

また今回は誘って頂いたライブやファン企画のコンサートなど、私の生演奏を初めて耳にする方も多く、CDもたくさん購入頂き嬉しい限りです。皆さま、猛暑の中、足を運んで頂き心より御礼申し上げます。

今年の里帰りは母娘二人旅となり、想像通り、買い物と食べる事がメイン、スーツケースがパンパンになるまで雑貨や食品でいっぱいになりました。笑

演奏の仕事も、プライベートの遊びもショッピングも、何の隔たりも無くリラックスした精神状態だったので、気分的にもとてものんびりできた里帰りとなりました。日本の家族とも良い時間が過ごせました。


それでは東京でのライブ、ダイジェスト版、写真入りでご覧下さい。


8/16/2018 お茶の水 NARU 
trio with 中村健吾 (b), Gene Jackson (ds)summer 2018-1
気心知れたこのトリオでは大胆且つ繊細な演奏ができたと思います。

Quincy Davis (ds) が遊びに来て1曲シットインしてくれました♫
summer 2018-2


8/18/2018 代々木 NARU 
piano solo
Summer 2018-5
私のお庭、代々木ナルにて好き勝手し放題の彩子ワンウーマンショー、笑。

店主の美紗子さんと、23年来のお付き合いです。
Summer 2018-4



8/19/2018 調布あおな キッズコンサート
with 白崎淳 (tp)
Summer 2018-6
今年で3回目、沢山のご家族が参加して下さり、ママもパパも赤ちゃんもノリノリの最高なコンサートでした!


8/23/2018 武蔵境 Fontana 
trio with 高尾幸宏 (b), 深水洋 (ds)
Summer 2018-7

高尾さんとは10年振り、深水さんとは初共演、繊細なバックアップで私は自由に泳がせて頂きました〜。
Summer 2018-8


8/25/2018 国立 わとわ
piano solo
Summer 2018-9
20年来のファンの方が初めて企画して下さったカフェコンサート。初めて私の生演奏を聴かれる方も多い中、皆さんじっくりと耳を傾けて下さり、初コンサート、大成功だったと思います。


8/26/2018 多摩永山 ホームコンサート
with 中村健吾(b), 白崎淳 (tp)
Summer 2018-11

ご夫婦が自らデザイン建築された吹き抜けの家で、四方八方から演奏を楽しむことができます。
毎年演奏させて頂き、12年目位でしょうか?いつも有り難うございます!
「真夏の夜のジャズ」うちわで仰いで頂きながら演奏する猛暑の夏の夜、良い思い出になりました。
Summer 2018-12



9月は新学期、ピアノ生徒さん達も皆戻ってきて、先生として、母として、妻として、ピアニストとしてまた小忙しい毎日がスタートします。 気持ちも新たに、心にゆとりを持って臨んでいきたいです。


356C9098-4E8A-4988-9847-B698290A5188


白崎彩子
https://ayakoshirasaki.com/

東京より

残暑お見舞い申し上げます。

東京に里帰りし2週間経ちました。
ライブも順調にこなし、残り2カ所となり、名残惜しい気持ちです。

毎回、新しい出会い、懐かしい出会いがあり、音楽を通して笑って、感じて、泣いて、と心の扉を解放し一瞬一瞬を味わいながら、感謝しながら時を送っています。

ライブ報告記などは写真入りで私のフェースブックに「全体公開」していますので、宜しければご覧下さい。改めてこのブログでも報告記を載せたいと思いますので、しばしお待ち下さいね。

https://www.facebook.com/ayako.shirasaki


すっかりタイムスリップしてしまった私、来週中にブルックリンに戻り、離れていた息子と夫との再会があります。東京にもブルックリンにも家族がいるって幸せだな💕


日本でライブに来て下さった皆さま、応援して下さった皆さま、有り難うございました!
また次の機会でお会いできるのを楽しみにしていますね。



8月16日お茶の水NARUのライブより
ayako chanaru 2018



白崎彩子 Live in Tokyo Summer 2018のご案内

ご無沙汰しております。

関東甲信地方は6月末にもう梅雨明けしたようですね。

こちらニューヨークも猛暑が続いています。


毎年7月に里帰りし、東京を中心にライブを行ってきましたが、今年は8月中旬以降、短期間の里帰りをいたします。今年も東京中心になりましたが、機会がございましたらぜひ、生の演奏を聴きにいらして下さい。

皆さんにお会いするのを楽しみにしております♫



♪ Ayako Shirasaki Live in Tokyo Summer 2018 

 
 

★8月16日(木) お茶の水 NARU 

http://www.jazz-naru.com/

白崎彩子(p) Trio with 中村健吾(b), ジーン・ジャクソン(ds)

18:00 open, 19:45開演, 2 set, MC3500yen
☎︎予約受付中! 

 

★8月18日(土)代々木 NARU

http://www.yoyogi-naru.com

白崎彩子(p) ソロ

18:00 open, 19:30開演, 2 set, MC3500yen
☎︎予約受付中!  

 

★8月23日(木)武蔵境 フォンタナ

http://mcfontana.com/

高尾幸宏(b) Trio with 白崎彩子(p), 深水洋(ds)
19:30開演, 2 set, MC3000yen + table charge 500yen

 ⚠️残席わずかです。お早めのご予約を!
 

★8月25日(土)国立 アートスペース「わとわ」

http://www.watowa.com

白崎彩子(p) ソロ

14:30開場, 15:00開演, 2 set

チケット 3500 yen (紅茶付き),  前売り3000 yen
ご予約: 090-9968-4130 or youyuunori@yahoo.co.jp, 櫻井まで

⚠️残席わずかです。お早めのご予約を!
 

8月26日(日) 多摩市永山 山中ホームコンサート

https://www.ay-yamanaka.com/news/

Duo Awaken: 白崎彩子(p) & 中村健吾(b) + 白崎淳(tp) guest

19:00開演, MC 3000yen (drink付) 

⚠️満席御礼となりました。
 

ーーーーー


その他

★キッズコンサート

8月19日(日)午前10時30分〜11時15分

調布カフェ Aona

https://cafeaona.jimdo.com/

白崎彩子(p) &白崎淳 (tp)

大人1200 yen, 小学生700 yen, 未就学児300 yen

 

♪小さなお子様がいらっしゃるご家族はこちらがお薦めです!調布駅近くのゆったりしたスペースのカフェです。

オンライン予約はこちらから→ https://kokucheese.com/event/index/527803/



★今年もピアノ個人レッスンを都内で行います。

クラシック、ジャズピアノ、レベルは問いません。

興味のある方は下記ウェブサイトを通してご連絡下さい。

期間 8/12〜8/27


www.ayakoshirasaki.com



Ayako solo, trio August 2018 at NARU-page-001-2
Document-page-001-2 copy

Document-page-001-2


皆さま、どうぞ宜しくお願い致します。

白崎彩子
www.ayakoshirasaki.com 



May 12 - Sakura Duo at Long Beach Public Library (NY)

長〜い冬がようやく終わり、4月下旬の今週、ようやっと春らしい天気になってきました。
低温続きでしたが桜の見頃になり、街に彩りを添えてくれます。

気持ち良い春の気候がしばらく続けばよいのですが、ニューヨークは束の間の春の後、急に強い日射しになり夏突入です!

夏といえば海!海といえばロングビーチ!(笑) カリフォルニアではありません。ロングアイランドのロングビーチの公立図書館で私と植田典子さん(b)のデュオユニット、Sakura Duo のコンサートを行います。
テーマは2月に私のソロで行ったDuke Ellington /  Billy Strayhornの特集。ベースも加わってアンサンブルに音楽に躍動感と深みが出てくることでしょう。 

図書館はロングアイランド鉄道のLong Beach駅より徒歩数分、またロングビーチのボードウォークは徒歩10分以内、と全て徒歩圏内で楽しめます。週末ですし、お天気がよければビーチとジャズ両方楽しめて小旅行にはうってつけですよ!Penn Stationから約1時間鉄道に乗ります。良いお天気だといいなぁ。私たちも演奏後はビーチでしばしリラックスしたいと思っています。


(googleから画像拝借)
LongBeachNY_1
 
 
Saturday, May 12, 2PM
Sakura Duo - Tribute to Ellington/Stayhorn
Ayako Shirasaki (p) & Noriko Ueda (b)
free admission

Long Beach Public Library

https://longbeachlibrary.org
111 W Park Ave,
Long Beach, NY 11561

 sound of love-page-001
The Nash 5

Arizona 演奏旅行報告記

ルイス・ナッシュ氏にお招き頂き彼の故郷、アリゾナ州フェニックスでコンサートをして参りました。

🌸The Japan-Jazz Connection🌸

Lewis Nash (drums)
Ayako Shirasaki (piano)
Noriko Ueda (bass)
Mayu Saeki (flute)

March 24
Haru in the Garden
http://www.japanesefriendshipgarden.org/haru

暖かで湿度が低く最高のお天気でした!
ニューヨークからベースの典子さん、フルートの麻由さんと修学旅行気分で移動✈️

Haru in the garden 1


第一日目は野外のイベント、「Haru in the Garden」というジャパン春フェスティバルでの演奏。
開場は夜6時半より、日が暮れて真っ暗な中、風情のあるライティングに照らされて庭園が美しかったです。太鼓のグループや茶道、ラーメンにビール、と日本にいるような気分に浸れます。


Haru in the garden 3


私たちジャズグループも、ジャズスタンダードや春にちなんだジャズセレクションの他、日本の曲より、「さくら」「蘇州夜曲」「春よ来い(ユーミン)」を演奏し、大勢のお客様に喜んで頂けたようです。

Haru in the garden 2
(近くにいたハーフの8歳位の男の子がこのショットを撮ってくれました〜)


March 25
The Nash 

翌日は地元のスター、ルイス・ナッシュ氏のラストネームを取ったジャズクラブ「The Nash」にて。
ジャズクラブにしては広々とした店内が満席御礼!ルイス氏の人柄と音楽を尊敬、信頼するファンの方や、日本とのコネクションに興味を持って下さったお客さんが大勢駆けつけて下さいました。


The Nash 8

The Nash 4


デビューCDをリリースしたばかりのフルートの佐伯麻由さんもオリジナル曲や日本曲アレンジでお客様を魅了していました♪

IMG_0145


The Nash 6


The Nash 3


おまけのツーショット。典子さんの表情が最高!

The Nash 5


ルイスさんのドラミングは切れがあって、パワフルで、且つ愛情、歌心たっぷりで躍動感に溢れています。一緒に演奏していてとにかく楽しい&嬉しい!
私と典子さんは日頃デュオでの演奏でずっと鍛えてきているので(笑)、今回は2人の持ち合わせているものでルイス列車に飛び乗った、ような感じで気持ちよく自然に演奏できました。


IMG_4235


楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいますね。ニューヨークに戻り気持ちも新たに、皆が幸せになれるワクワクした音楽を演奏していきたいな、と思いました!



白崎彩子
www.ayakoshirasaki.com

 

Japanese Spring Festival in Arizona with Lewis Nash

親日家でもある名ドラマーのルイス・ナッシュ氏が日本の聴衆やミュージシャンなどに感謝の気持ちを込めてプロデュースされたコンサートに出演させて頂くことになりました!
初めてルイス氏の故郷、アリゾナ州フェニックスに参ります。

ルイス氏は2003年の私のデビューアルバム”EXISTENCE"で共演させて頂いて以来、ニューヨークのジャズクラブで何度かご一緒する機会があったりと、交流を深めさせて頂いてきました。

彼の音楽と優しいお人柄で多くの人を魅了されてきました。

いつも演奏させて頂くエアジンやジャズスタンダードの他、日本の歌曲などのジャズアレンジもお届けします。春のフェスティバルなので春にちなんだ曲も是非取り入れたいです。


★ Sat. March 24, 6-9:30pm
Haru in the Garden
http://www.japanesefriendshipgarden.org/haru

★ Sun. March 25, 3-5pm
The Nash 


Lewis Nash (drums)
Ayako Shirasaki (piano)
Noriko Ueda (bass)
Mayu Saeki (flute)


私たち女性3人はニューヨーク在住のミュージシャンです。
このように、ルイス氏に音楽を評価して頂き、招聘して頂くのは心より喜ばしいことです。


kitano June 2016




お近くにお住まいの方、是非応援にいらして下さい。
お会いできれば嬉しいです。


白崎彩子
www.ayakoshirasaki.com 

 

Feb. 10 - Ellington & Strayhorn トリビュートピアノソロコンサート

寒中お見舞い申し上げます。
東京近辺も寒波が押し寄せて大雪や気温の低い日々が続いて大変そうですね。
お足下気をつけて、そしてお風邪をひかれませんように温かくしてお過ごし下さい。

さて、私にとってとても楽しみなコンサートがあります。
デューク・エリントンとビリー・ストレイホーンの曲だけを集めたプログラムでピアノソロを演奏致します。

以前ストレイホーン特集のコンサートをして、彼の素晴らしい音楽に触れる事ができてとてもよい機会でした。

名曲、隠れた美曲、など曲が多すぎてどれを演奏しようかしら?といろいろ考案中です♫

こちらはストレイホーンの隠れた名曲 "A flower is a lovesome thing" です。




Saturday Feb. 10 at Queens Library at Forest Hills
2:30pm, Free admission  

Ayako Shirasaki piano solo
A tribute to Ellington & Strayhorn
 


Queens Library at Forest Hills
Public Library
108-19 71st Ave
Forest Hills, NY 

Forest Hills - 71 Ave station on E,F, M, R train then only 5 min. walk! 


Forrest Hills Library flyer-1
 

Happy New Year 2018! & Kitano live 報告記

新年明けましておめでとうございます。

2018年が皆さまにとって笑顔溢れる良い一年となりますようにお祈り申し上げます㊗️



flower kumi






🎍

ニューヨークは極寒の中、新年を迎えました。
一年経つのがどんどん早く感じる昨今ですが、新たな年も一日一日を大切に、家族や周りの大切な人達と笑顔溢れる毎日を送りたいです。

忘れやすい、意思の弱い私は「新年の抱負」はたてません。笑
新年に限らず「思い立ったが吉日」、自分の意思が定まった時に行動を起こします。忘れやすい、飽きやすい私にとって大事なことは継続させること。「継続は力なり」これを信念に持って日々過ごしていきたいです。

一つ続けてきていることは「体力作り」。積極的にジムに通い、基礎代謝↗︎や体力作りに心がけています。
もともと体を動かす事が嫌いなインドア派の私ですが、ピアノを弾く事にも日頃の生活にもある程度の運動は大切と感じます。お陰さまで現在は体も(多少)軽くなり、風邪もひきにくくなったかな、と思います。
そして、マイナス10度の中を歩いてもある程度耐えられるようになってきました。笑

もう一つは自分の作品=作曲をこつこつと増やしていくこと。
もともと曲作りは得意ではありません。また変に完璧主義なところがあり、それが曲公開に至って邪魔をすることがあります。15年ほど前に書いた一度も日の目に当らない曲がありましたが、先日のKitanoライブで初演をしたら、とても好評でした。また私にとっても演奏できる歓びを感じました。

あとは音楽でもその他の事でも細かく書いていけば「信念の抱負」になってしまうので、ここでは書かないでおきます。笑 いつも自分い言い聞かせる、ということにして。


そのKitanoライブが先週ありました。

December 27, 2018 - Jazz at Kitano

Ayako Shirasaki trio

Ayako Shirasaki (piano)
Noriko Ueda (bass)
Paul Wells (drums)

 27 2017


暮れの忙しい時期でしたが、多くの方にご来場頂き、感謝でいっぱいです。
ありすぎるほどの曲リストを削りながら、あれやろう、これやろう、と準備していく期間は楽しいですね。
目標があると日頃の練習もグッと楽しくなります♪

 27 2017-2

ドラマーにはピアノトリオでは始めて起用させて頂いたPaul Wells氏、素晴らしかったです。
読譜力、アンサンブル力、テクニック、と兼ね備えていて一つ一つの曲がとても上品に、またエキサイティングに仕上がっていくのを感じました。また是非このメンバーで演奏したいです。

典子さんは私にとってとても頼りになるお姉さんのような(本当は妹の年齢ですが笑)また男女という性別を越えた部分で音楽を創りだすことのできる実力派のベーシストです。

恒例のキタノホテル、パウダールームでもツーショット
 27 2017-4


ピアノトリオの演奏機会を増やしたい! あ、これ今年の抱負に入れちゃいます(笑)

またキタノのピアノも部分的に中身をアップグレードしたり調整したようで、抜群のコンディションでした。
生音でよく鳴っていました。ピアニストにとってはよいピアノでよい共演者とよいリスナーに囲まれて演奏できる、これ以上のことはありませんね。

ジャズを演奏できること、ピアノを演奏できることは私にとって心を豊かにしてくれます。心をハッピーにしてくれます。この気持ちを共有している皆さんに少しでも伝えたい、といつも思っています。


 27 2017-3

本年もこの拙いブログと私の音楽をどうぞ宜しくお願い致します✨



白崎彩子


 

Ayako Trio - Jazz at Kitano on Dec. 27

早いもので2017年もカウントダウンですね。
クリスマス直後に今年最後のピアノトリオライブを行います。
ジャズアットキタノは3月以来の出演です。
ホリデーシーズンにNYに滞在される方、是非、心温まるハッピーでエキサイティングな時間を一緒に過ごしませんか?

ご予約(特にファーストセット)はお早めにどうぞ。。


★Wednesday, December 27★
8m & 10pm (2 shows)

Jazz at Kitano New York
Ayako Shirasaki trio
 
Ayako Shirasaki - piano
Noriko Ueda - bass
Paul Wells - drums
 
$17 music cover & $20 minimum food/drink per show
 
Jazz at Kitano (Kitano Hotel)
66 Park Avenue, NYC (at 38th street)
Reservation: 212-885-7119 (strongly recommended) 

2-page-001

 

ルツェルン音楽祭2017 - 回想記

アメリカの感謝祭のある週に行われたスイス、ルツェルン音楽祭に出演して参りました。
3回目になる今回は、今までにも増して実り多く、また特別な日々となりました。

Lucerne 2017-14


ルツェルンはチューリッヒから列車で約1時間の所にある、ルツェルン湖に面した小都市です。
とにかく山と湖に囲まれたその美しい街はどこをとってもフォトジェニック。

lucerne 2017-3

lucerne 2017-2

この季節に出回る甘栗屋さん
lucerne 2017-4


Lucerne 2017-19


今回はバルコニーからルツェルン湖と山々の絶景が一望できるお部屋に宿泊させて頂いたので、気分もますます向上↗️ その上、この時期は寒く、雨、雪がちらつき曇り空の多いルチェルン市内が今年は晴天に恵まれ暖かくて、毎日本当に美しかったです。

lucerne 2017-6


ホテルは高台に面しています。ホテルの入り口まではケーブルカーで上るのです!
lucerne 2017-5

さて、コンサートですが、初日はジャズピアニスト8名が大ホールに集まって、800人位の聴衆の前で一人持ち時間7、8分で数曲演奏します。そして、最後は2台ピアノでジャムセッション。

前回もひときわ目立っていた赤スタインウェイ(通称:フェラーリスタインウェイ)も健在。

Lucerne 2017-10


リハーサル中の私
lucerne 2017-9

赤ピアノと黒ピアノ、2台から選べるのですが、私は1曲ずつ赤、黒、と演奏しました。


赤ピアノーLotus Blossum (Billy Staryhorn)
Lucerne 2017-17


黒ピアノーWoody n  You (Dizzy Gillespie)
lucerne 2017-7


新進若手ピアニストのAddison Freiと2台でコンファメーション
lucerne 2017-8

最後は8名、16手ジャムセッション!片手だけかろうじて参加しました。笑
Lucerne 2017-12

Lucerne 2017-13


Facebookアカウントをお持ちの方はオープニングナイトのプロモビデオが見れますよ。
私は最初の12秒間に出ております。
オープニングナイトプロモーションビデオ(Facebook)


出演ピアニスト達と、イタリア人2名、スペイン人と日本人☺️
Lucerne 2017-16


派手な初日のコンサートが終わると残りの5日間は、10カ所位あるホテルのバーやレストランで、ピアニスト達が持ち回りで毎晩ソロピアノを演奏します。

ピアニストは、ブギウギ系、スイングジャズ系、モダン系と通常通りのセレクション。
ですので、好きなタイプのピアニストを追っかけてもよし、いろいろなジャンルを聴くもよし、ミュージックチャージは無料で、飲食代のみ。素晴らしい企画ですね。
私は前回や前々回に会ったファンの方達がまた会いに来て下さったりで、毎回素敵な再会があり、心が温まる日々でした。

前回を覚えているご婦人が「前はシャイだったのに、今回は堂々としているわね」など、褒めて下さったり。リクエストを受けたり、曲の説明をしたり、曲間にお客さんに語りかけたことが評判がよかったようです。
せっかく遥々スイスまで来ていて、レストランのBGMソロ演奏で終わったら悲しすぎますしね。。

現に、フェスティバルの一環とは知らず、ワイワイと話すためにやってくるお客さん達も時にはいらっしゃいました。それは彼らのせいではないのですが、周りの人が一生懸命聴こうとしている、という空気を読んで欲しかった部分もありました。
毎晩最終的には皆、音に集中して、その場を皆で楽しむ、という流れに持っていけたので結果満足です。

大ホールKKLのエントランスロビーにて
Lucerne 2017-20

この演奏を聴いて下さった方に翌日宿泊先のホテルで遭遇し、「君の音は僕の心の琴線を射止めたよ」「君は全てのお客さんを"聴く”体制に持っていった、素晴らしかったよ!」「あのピアニッシモの音色もジャジーなグルーヴも全部良かった!」と興奮冷めやらぬ表情で言って下さったのはとっても嬉しかったです。
この、ホールエントランスでの演奏は過半数の聴衆がその後大ホールで行われたクラッシックピアノコンサートのお客様なので、ジャズは音が大きいだけじゃない、というところをアピールしたかったので、バラードのBody & Soulではこれ以上無いほどのピアニッシモで弾ききりました。
それがちゃんと伝わっていたのが嬉しいです。


最終日、Hotel Nationalにて、その日のコンサートが早く終わり、聴きに来てくれたAlessandroと連弾♫
 lucerne 2017-15


今回が前回以上に素晴らしい滞在となったのは、私のスイス人のピアノ生徒さんが私の滞在中とてもよくケアして下さった事も大きく関係しています。
前回の出演時にお会いして、それ以来3年以上毎週スカイプでのピアノレッスンが続き、今回4年振りに実際に生徒さんに会えました。
現地の方が案内、街の説明をして下さると滞在も更に楽しくなります。

lucerne 2017-1


1週間の滞在はあっという間でしたが、毎日幸せに包まれていました。
ルツェルン音楽祭、また必ず戻ってきます♫


Lucerne 2017-18


白崎彩子

スイス・ルチェルン音楽祭出演

皆さま、ご無沙汰しております。

夏から秋にかけて、暖かな日々が続いていたニューヨークですが、今週から少し気温が低くなるようです。秋になった感覚を忘れてしまいそうですが、それでも日々は過ぎ去り、先日はハロウィーンがあり、もうすぐ感謝祭もやってきます。あっという間に一年ですね。。

その感謝祭の週は私は4年ぶり、3回目の出演となるスイス・ルチェルン音楽祭に出演いたします。
クラッシックのピアノ音楽祭があるこの時期に、ジャズピアニストが各国から集まり、毎晩ホテルのバーなどで日替わりで演奏します。

初出演した2011年は、ポリーニ氏に直々「Sophisticated Lady」のリクエストを受け、感無量だった、という出来事は私を知るファンや友人の中では有名な話です。笑
 

2011年音楽祭出演のブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/ayakoshi/archives/51783299.html


2013年音楽祭出演のブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/ayakoshi/archives/51916596.html


ーーーーーーーーーーー

Lucerne Festival at the piano 2017

November 21 - Off the stage piano concert
8 jazz pianists from all over the world


November 22 - 26 - various hotel and restaurants in Lucern
 
Ayako Shirasaki - piano
https://www.lucernefestival.ch/en/program/directory-of-artists/ayako_shirasaki/2701
 
Nov. 21 - Piano off-stage opening night at KKL Luzern (19:30) 
Nov. 22 - Schuweizerhof Hotel (18:30-21:15)
Nov. 23 - Des Alpes (19:45 - 23:00)
Nov. 24 - The Hotel (18:15 - 23:15)
Nov. 25 - The KKL Foyer (at 17:30) 
Nov. 26 - Grand Hotel National (17:00-20:00)


Ayako red piano at Luzern


音を通しての素敵な出会い、再会を楽しみにしています✨

白崎彩子


 

NHK FMセッション放送終了〜プログラムについて

7月10日に渋谷NHKのふれあいホールで公開録音された1時間の演奏は9/10と9/15の2度に渡ってFMで日本全国放送されました。ご視聴下さった皆さま、有り難うございました!


NHk FM 2017


アメリカにいる私は残念ながらオンエアは聴けませんでしたが、個人記録用の録音をオンタイムで聴きながら臨場感を味わっていました。☺️

ファンや友人から、続々と感想を頂きました。
当日会場に聴きに来てくれた友人は当日の音響と放送で流れた音質の違いもしっかり報告してくれました。ありがたいです。

頂いた感想を少しシェアさせて頂きます。


---彩子さんのピアノは力強く時に優しくリリカルにスイングして真っすぐに耳に届きました。

---前回の「session2013」と全く異なる演奏に驚き、そしてうなってしまいました。前回の「session」は、軽妙で明るく華麗な演奏が多かったですが、今回は深みのある陰影と哀愁を感じる演奏が多いと感じました。
 
---今朝の素晴らしい空気を有難う。
「 Colors」の曲にのめり込み、4月の個展のテーマに通じる空気感が固まりました。


皆さん、時間を割いて聴いて頂き、ご感想まで下さり有り難うございました!


プログラムについて、簡単に説明してみたいと思います


 
- 白崎彩子トリオ -
白崎彩子 (piano),  中村健吾(bass), ジーン・ジャクソン(drums)
〜NHKふれあいホールで収録〜 (2017年7月10日)

「C Jam Blues」 (1分35秒)
これはこの番組のテーマ曲、2分以内に収めるということで、凝ったことはしていませんが、ミディアムシャッフルビートで、ベースとドラムの「fill in」を所々に効かせ、3人のアンサンブルのはじまりはじまり〜、的にしてみました。

「Lennie’s Pennies」 (6分31秒)
デビューアルバム「Existence」に収録したレニー・トリスターノ曲。しばらく弾いていませんでしたが、今年は出番が多いかな。スリリングな曲です。

「Not Yet」 (7分47秒)
こちらも「Existence」の中より、彩子オリジナル曲。2000年に書いた懐かしのオリジナルです。ラテン7拍子のAセクション、スイング3拍子のBセクションでめまぐるしく展開していきます。

「Colors」 (8分21秒)
彩子最新オリジナル曲。今回里帰りライブでも取り上げましたが、大変好評でした。
自分の曲ってお披露目するとき、こっぱずかしさを伴ってしまうのですが、弾いていくうちに「曲」が独り立ちしていってくれるので、あとは曲に身を任せて弾いていくだけです。

色とりどりの紅葉が美しい昨年の秋、ピアノの色彩の変化の美しさと掛け合わせて書いた曲です。特にジャズでは単純なCコード(ドミソ)でも上に重ねる音で色彩が何色にも変化できます。それを表現できる数少ない楽器の一つがピアノです。質の良いグランドピアノを質の良い空間で弾けば、倍音を伴ってハーモニーがより美しく響きます。ピアノをやっていてよかったなぁ、と思う瞬間です。
あとタイトルは私の名前「彩子」の「いろどり」とも文字っています☺️

上記のご感想にもありますように、アーティストの方からも気に入って頂けて嬉しいです。

「Sugar Ray」 (7分44秒)
フィニアス・ニューボーン Jr.の粋のよい曲。
健吾さんとのデュオコンサートでも毎回取り上げる曲です。
テーマやセカンドリフがトリオでばっちり決まると、かっこよく、気持ちいい!

「Just One Of Those Things」 (9分49秒)
放送では濱中さんの解説にもありましたように、バド・パウエルのソロ演奏に感銘を受けて、何度も聴いて、真似できるように練習した時期がありました。
コール・ポーター独特のとてもドラマチックなメロディーやハーモニーの展開も好きです。
アップテンポで9分49分は長過ぎた。。笑
曲構成、今回の反省を今後に活かします。。

「Quiet Now」 (4分57秒)
ベースの健吾さんを弓弾きをフィーチャーして演奏しました。
この切ないメロディー、心を掴んで離さない。。好きだなぁ。

「Brooklyn Boogaloo」 (5分57秒)
マンハッタン音楽院時代の音友、ビブラフォンのティム・コリンズのオリジナル曲で、私のトリオアルバム「Musically Yours」に収録してあります。この曲のファンの方がたくさんいらっしゃいます。
ジャズの会場が一瞬「クラブ」に変われる? ジャズを弾く私にとっては新しい息吹を吹き込んでくれる曲です。


NHK FM session 2017-2


ーーーーー

アンコールではシューマンの「トロイメライ」を演奏しました。こちらはアンコール特集の放送日に流して下さると思いますので、どうぞお楽しみに。

FM「セッション」は初出演が「セッション '83」なんと、34年前で、中学生の頃です。34年。。数字がずっしり重い〜。10歳の頃、ジャズの世界に(無理矢理、笑)誘導、指導してくれた父に感謝です。

あの日のこと、もちろん今でも鮮明に覚えています。かの有名な「505スタジオ」、演奏前の社員食堂、故・八城一夫さんバンドのゲスト出演だったので、ベテランのジャズマン達と共にした控え室、など。。
その時の演奏を聴いていて、未だにライブにお越し下さる方たちもいらっしゃいます。嬉しい限りです。

その後、数回のピアノトリオ出演の機会を頂いて今回に至っております。

ニューヨークに居を移して今年10月で満20年、日本で演奏する時もなかなか地方で演奏する機会が作れないため、今回のように全国放送で私の「今の音」を聴いて頂くことができたのは本当に有り難いことです。

これからも「自分の音」を追求し続けていきたいです。
皆さま、有り難うございました✨


白崎彩子


 

ライブ充実月間 in August

9月〜6月はめまぐるしい日々に追われる私たち家族ですが、7月は日本里帰り、そして8月は子ども達はまだ夏休み、と只今イレギュラーな生活を送っています。
現在子ども達が2週間の泊まりキャンプに参加中のため、家の中は静寂そのもの。
夏休みでピアノの生徒さんもまだ少ない中、私の日常は自由気まま、ゆったり時間が過ぎていきます。
なんて、贅沢な毎日でしょう〜。

もちろんこんな毎日を送っていれば破産してしまうので、期間限定の貴重な時間に感謝しています✨

普段はライブの仕事も限定し、決して数多く取らない(取れない)のですが、子ども達の居ない隙に、私にとってはたくさんのライブをこなし、子供が生まれる前の自分に戻ったような、好き勝手な音楽生活をし幸せを感じています。

やっぱり、いろいろなメンバーとお客さんの前で演奏するライブ、っていいなっ。

それでは8月のライブの様子を写真で紹介しますね。


♫ ヴィレッジにあるピザで有名なイタリアンレストラン、 Arturo'sにてシットイン(飛び入り)
ボーカルはここで30年以上ウェイターをやられているジミーさん。温かい歌声が滲みます。9月末から奥さんの山田香織さん(ds)とジャパンライブツアーをされます。
ツアー詳細はこちらです → http://kaoriyamada.com

arturos august


♫ マンハッタンのミッドタウンにあるおしゃれなレストラン&バー、Hillstoneにて。 
Chuch Braman (ds) band

hillstone august

ドラムのチャックさん、普通のスタンダードは演奏させてくれない、レアもの大好きな彼の楽譜集は毎回初見大会で冷や汗ものですが、隠れた名曲に出会えたり、よい経験させて頂いています。


♫ Duo with Tim Collins (vibes) 

church house august

ティムとはマンハッタン音楽院時代の仲間なので出会ってからかれこれ17年です!
でも10数年前、彼はヨーロッパに居を移したので、しばらく会っていない期間がありました。
去年、彼の故郷、NY州プラッツバーグでカルテットのコンサートをしたのが実に10年振りの復活ライブでしたが、今回、再び、それも昔よくやっていたデュオのユニットで誘ってもらいとても嬉しかったです!マンハッタンからは車で2時間北上したところにあるKingston, NYにて。
なんと、もと教会だったところを住居に改装したお宅でのコンサートでしたが、素晴らしい「リビングルーム」!! 100人は余裕で入れる贅沢空間でした。

FBにビデオ映像がありますので、よろしければお楽しみ下さい!

https://www.facebook.com/joe.kaczorowski/videos/10213810557366218/
♪ Brooklyn Boogaloo (Tim作曲)
♪ Colors (Ayako作曲)

そしてyoutubeでも1曲ご覧頂けます。
♪ Golden Earrings 





♫ Ayako Shirasakiカルテット in Tarrytown NY

with Camille Thurman (sax/vocal), Noriko Ueda (bass) and Darrell Green (ds)

tarrytown august 1

野外コンサートです。お天気が心配でしたが、その日は暑すぎず爽やかな気候の中、カルテット演奏を楽しみました。

tarrytown august 2


きままに芝生でくつろぐお客さん達

tarry town 3


Lyndhust Masionという有名なお城の麓で演奏しました

tarrytown 4


♫ Meg Okura/Sam Newsome band 

ヴァイオリンのメグ・大倉さんのバンドを地元ブルックリンにて。
ビッグバンドやアンサンブルの作編曲、リーダーをこなす多彩なメグさん。
スケールの大きい楽曲、難しいけれどかっこよかったです!

lunatico 2017



そして、今度の日曜日は7月の東京ライブで大好評だった中村健吾さんとのデュオ"Awaken" をブルックリンにて、これも楽しみです。もう少しの間だけ、羽を伸ばさせてもらうよ〜。

Duo Home Concert 8-27-2017-page-001


ーーーーーーーーーーーーー

日本在住の皆さまへ

NHK-FM セッション2017 〜オンエア 

◆ 9/10(日) 午後10:30pm〜11:30pm

◆ 9/15(金) 午前10〜11am (再放送)

白崎彩子ピアノトリオ  with 中村健吾 (b) & ジーン・ジャクソン (ds)

7/10「ふれあいホール」で収録したコンサートの模様が1時間放送されます。

日本国内ではインターネットラジオでも視聴できます。

http://www.nhk.or.jp/radio/


 
Profile

白崎彩子 (Ayako Shirasaki)

NY在住のジャズピアニスト。 日欧米で精力的にコンサート活動中。2013年7月、ピアノトリオアルバム「Some Other Time」をリリース。二人の育児をしながら幼児音楽教育の活動にも力をいれている。

Archives
Counter


QRコード
QRコード
hit counter code
  • ライブドアブログ