みなさん、お久しぶり!
更新はまあぼちぼちなんだけど、実はずーーーーっとRGを作っていました。
物凄い数のRGが制作1(素組)ではありますが完成しています(;^_^A
取りあえず、買いあさったRGも残りは「トールギス」「ユニコーン」「バンシィ」の3体のみ。
HGもザクIのみとなり、1/144もあと少しで完了となります。
とはいえ、まだまだ興味深いキットが発売されると思いますので、これでおしまい!とはなりませんがww

さてさて、今回はだいぶ前に完成させたガンダムです。どんなだったか記憶もないのですが、RGとしては中々の完成度のキットでした。これにフレーム塗装とバーニアなどの部分塗装。そしてつや消しトップコートでFINISHとなっています(^▽^)/

DSC_0695
RGシリーズの特徴としては「アドバンスドMSジョイント」とかいうフレームが半完成品として入っていて、
それに各装甲を付けていって完成するという感じ。
ちなみに追々、記事にしますが、このアドバンスドMSジョイントが原因で一時期のRGキットのプロポーションに不都合が発生していました。短足!胴短い!めちゃくちゃなバランス!
ま、その話は後ほど。<特にSEED関係のキットでボロボロの状態に陥ります。

ちなみにある時期からこのアドバンスドMSジョイントは部分使用となり、本来そうするべきだったMS固有のバランスを重視するようになっています。なので最新のRGなどではカッコよいプロポーションを維持できていますのでご安心を。

DSC_0696
んと、アンクルアーマーがなんとなくゆがんだままで写真撮ってしまいましたが、ここは可動式なのでちゃんとした状態になるのでご安心を(;^_^A

DSC_0697
この恐ろしく小さいお手々なんだけど、稼働指なんです!(◎_◎;)ですよねww
だけど塗装すると固い状態になるので壊れやすいです。もともとは軟質素材でグリップしていた物なので、塗装でその軟質状態が硬質状態になっちゃうのが原因と思います。またプライマー無しでは塗料も剥げやすいです。

DSC_0698
実は、RGはほぼ素組で満足のいく完成度をほこります。
なので無理に塗装せずに完成させる方が良いのかもしれません。
あたしの場合は、特にこの頃は「塗装しないといけない」的な強迫観念のもと制作していたのです。
今は、場合によるかな?と思っています。塗装した方が良いと思うキットと、そのままでもいいじゃん!?というキットがあるので、キットに合わせて臨機応変にというわけ。
ちなみに、部分塗装はお好みでやっても問題ないかな。とくにバーニアとかそういう部分。

DSC_0699
ちなにみ、RGは驚くほど小さなパーツで構成されているので、ナイフで怪我しないように
注意してね(⌒∇⌒)
そして、なんといってもデカールの細かさ…
全部指定通りに貼ると、ちょっぴりうるさいかもしれません。自分のさじ加減で調整した方が格好良く仕上がると思います。
あたしはブログの都合上、全部貼っていますが、個人的にはやりすぎな感じを受けます。
モールドも、パーツ分割も細かく施されていますので情報量はとてつもなく・・・このスケールでは返って気持ち悪く感じる部分もあるかな・・?

DSC_0702
付属品はこんな感じ。稼働指じゃなく、握りこぶしのお手々も付属しています。
一番驚きなのはコアファイター!
これ、ちゃんとコアブロックに変形しますww

DSC_0703
DSC_0704
こんなかんじ!ちなみにサイズ感を伝えたくてたばこを添えています。
人差し指に乗る感じ。こわーい!www

DSC_0705
バズーカは腰に装備可能なので、全部装備することもOKです。

DSC_0700
装甲はこんな感じに分割されます。可動に応じてスライドするわけだけど、これって設定上はおかしいよね?
これではムーバブルフレームで、MK2以降で採用されている技術という設定のはず。
1年戦争のMSはモノコック仕様なのでこういった動きはできないはずなんですよ。
でもそういう事こだわらずに見ると、昔のキットとは全然違うんだなーって楽しめちゃいます。
ザクもそうだけど、設定を考えると、変なの~って思っちゃいますwwいや、ムーバブルフレームだよね?これ。
ひょっとするとあたしの解釈が間違っているだけかもしれませんので雑談ということで(;^_^A

DSC_0701
というわけで、実際は最近作ったキットではありませんが、この記事を皮切りにどか~~~っとRGが続く予定なので新旧織り交ぜてご紹介していきますね(^▽^)/

久しぶりの記事なので文章が固くなっちゃったという反省もありますが、まあ許してくだされww
キットの感想なんだけど、当時の記憶ではMGのガンダムver3.0を縮小して1/144に収めました的なキットだったように思います。
というかMGでリリースされているMSのRGはほぼそんな感じで、パーツ分割も似ている感じです。
なので、一番の難点はパーツの細かさ・・なんですよね。
ゲート跡をナイフで削る際には怪我に注意してください。何度か指に刺さりましたwww>あたし

完成した時の感動は中々の物です。最初期のRG・・・というか1stリリースなので当然ですね(⌒∇⌒)
初めの方に書いたけど、この後、SEEDシリーズで苦しむ時期が続くのですが、しばらくはRGが素晴らしいキットである状態が続きます。SEEDのMSはすべてにおいて改修しないとめちゃくちゃ変な完成度になるわけですww
その変遷も一緒に記事にしていきますのでお楽しみに。

ちなみにRGシリーズはできる限りリリース順にご紹介しますので、楽しみにしててね(^_-)-☆