ちょっと間が空いちゃいましたが、RGはまだまだ続きます(^▽^)/

さて、今回は問題児のストライクガンダムです。
DSC_0723

RGとしてはNo.3です。(通し番号)要するに3番目のリリースという物。

この子はねー、個体差もあるのかもしれませんが、もうあちこちのパーツがポロポロ取れてしまいます。

取りあえず、写真行ってみますね(⌒∇⌒)

DSC_0724
初めの写真は素のストライクガンダムでしたので、まずはバストアップ!
エールストライカーを装備した状態。ちなみに愛が足りないのか、以降は素のストライクは写真撮ってません(;^_^A

DSC_0725
まずは、前面から。
んと、写真はちょっぴり俯瞰になっているのであまり目立ちませんが、実は短足です。
ここはバンダイも認識したようでさっそく対策が取られています>別キットでそれはなされるのであったww
種明かしすると、ビルドストライクでこのストライクガンダムがベースになるんだけど、足に下駄をはかせて延長しています。具体的には足首にもう1パーツ噛ませて延長しているわけです。
なのでそのパーツを流用すれば、なんとなくバランスの取れたストライクになります。

DSC_0726
ただ、足首周りの装甲が貧弱なので目立っちゃうんですよね・・・そこをどうにかしてかっこいいストライクにしようと思ってますよ(⌒∇⌒)

んと、そうそう!このキットには武器の握り手がなかったように思います。
なので稼働指の拳でビームライフルを持つのですが、なんと!指がもげちゃいました!!www
なのでなんかユルユルでかろうじて持っている状態!(;'∀')
ま、何とかなってるのですが、それは武器にダボがあってそれを手のひらに刺して保持できるから。
指は添えるだけなの。
でも、もげた指はもうプラプラなので慎重に扱わなきゃですww部品発注必須かな(;^_^A

DSC_0727
個人的にはストライクガンダムって結構好き。なんとなくソリッドなので。
だからSEEDではディスティニーやフリーダム。ストライクフリーダムなどありますが、あっちは顔は別として背負いものがツンツンしてて・・・良いんだけどあれ背負って大地に立つのはかっこ悪いww

なのであっちはスタンドに取り付けて飛んでる状態でないとさまにならないという難点があります。
実際は素立ちで飾るのが好きなのでちょっぴり残念。
この子は素のストライクは大地に立っててもばっちりなんだけど、エールストライカーが邪魔かなw
だってMGと違って羽がたためません!なのでこの子も結局はスタンド行き?

いえいえ!以後ご紹介するランチャー・ソードパックがあるのです!\(^_^)/

DSC_0728
んと、今回は制作1を遵守して、シールも目だけは貼りましたが、他は貼っていません。
モールドも細かく入っているのですがスミ入れもしていません。
なのでここからシール貼ったり、スミ入れすると、結構化けますので制作2以降をお楽しみに・・。
って感じなんだけど、ここで書いたら記事が締めになっちゃうのでバカね。あたしww

DSC_0729
シールドは、肘に取り付けて回りこんで横に持ってくる感じで装着します!
これ理想的!この回り込んで横に持ってこれるのはベストですよ!はい(^▽^)/
だって、ピンと真っすぐ腕を下した状態はなんか不自然でしょ?
数多くのキットが肘に直接シールドを付けるタイプ。この場合はシールドを横に持ってこれない。
また持ってくるとすれば、腕を回転させるしかないんだけど、それだとなんか変な感じになる。
なので、全キットにこの方式を採用してほしいくらいよ!(⌒∇⌒)

DSC_0730
さて、色々とポロリするこの子をブンドドするのはもう、本当にストレスが溜まります。
また、エールの羽はユルユルなのですぐに片方だけがへたります。(下に落ちてくる)
また、超短足なのでなんか悲しくなるんだよね~(;^_^A

DSC_0731
www角度変えるだけで他のポージングにしようという気力はもうありません。

サイドアーマーはポロリ。エールストライカーも背中からすぐに取れる。
指はもげた。フロントアーマーも結構ポロポロ・・・
と、問題山積のキットですが要するに瞬間接着剤で補強すれば解決するのかな?と思います。

DSC_0732
エールストライカーのエンジン部分も細かく造形されているので、愛さえあれば大化けしそう!
ビルドストライクの下駄を参考に改修 or 下駄を部品発注するだけでプロポーションも満足できそう。

そういう意味では素組では不満の多いキットではあるのですが手をかけてあげれば、かっこいいキットになりそう。
そう”大改修”ではなく、ちょっとだけ改修するだけでOKなはず。

そんなこんなで制作2では楽しみにしててね!(^_-)-☆