あやのto居酒屋召し

IMG_3383




















↑こちらは駿河湾で水揚げされるヒゲダラ
小さな鱗とヌルっとした手触り。しかし彼は実は美味しい魚なのだ!
漁師は船上で鍋(味噌汁)にするのが一般的。とにかく良い出汁が出る。

今回は3枚におろして天ぷらにしてみた。
天ぷら粉をつけて180℃で揚げるだけ。

お塩で食べるとサクッとそして口に入れた瞬間はふんわりとした食感で美味しい🩷
取り除いた頭・骨からは良い出汁が出るので、それらを使って天汁を作るのもアリ👍


AFCN0111[1]

皮がしっかりした鬼カサゴ(赤カサゴ)

水分が多く火を入れると身がしまり煮崩れをしたいので、料理しやすく美味しい
今回は鬼カサゴを3枚におろしてアクアパッツァに

JINKE2111[1]


























材料)
鬼カサゴ1本(3枚におろす。頭や骨などはとても良い出汁がでるのでお味噌などで活用)
ブロッコリー
エリンギ  野菜はお好みの量で
ミニトマトなど  
塩コショウ 適量
ニンニク1かけら(スライスする)
オリーブオイル 大1.5
白ワイン 150mlくらい
塩 適量
ブラックペッパー お好みで



作り方)⚠ヒレが刺さると数日痛みを伴うので注意して扱ってください

1  カサゴを3枚におろし塩コショウをまぶす
2  ミニトマトは半分に切る、野菜は食べやすい大きさに切る
3  フライパンにスライスしたニンニク・オリーブオイルを入れて、皮側から両面に焼き目を付ける
4  ミニトマト以外の野菜を入れて、魚がひたたるくらいに白ワインを入れる
5  グツグツいったらお塩・ミニトマトを入れて5分ほど蒸し煮にする(塩で味を整える)
6  皿に盛り付けてブラックペッパーをお好みでかける



鬼カサゴの刺身は皮が硬いので、炙りにすると甘くておいしい
(写真は左上から イカ・サーモン・鬼カサゴ・貝柱)
FAGXE5682[1]

深海魚の頭や骨は捨てないで!!

深海魚の頭や骨からはとても優しい出汁が出るんです。

今回は、「コチ」「カナガシラ」を使って🥣


そこで深海魚の頭や骨を水に入れて強火で15分!

ほのかな優しい深海魚の出汁が・・・

IMG_6153















ただ深海魚は水分の多い魚なので、もう一つ旨味を出すために・・・

昆布を入れて、お醤油とお酒・砂糖・味醂で味つけると・・・

優しい蕎麦つゆの完成!!です

34691D7E-B053-4F26-8667-B3D2B70EB4A9

































XGIJE3434[1]



























材料)
サーモン・塩コショウ・小麦粉・玉ねぎ・シメジ・ブロッコリー・トロえび
塩・白ワイン・ブラックペッパー

作り方)

1 サーモンに塩コショウで味付け、小麦粉をまぶす

2 オリーブオイルでサーモンをしっかり焼く➔一度取り除く

3 オリーブオイルでシメジ・玉ねぎ・ブロッコリーを炒める

4 お塩で味付け(あまり濃くしない方がよい)

5 白ワインを野菜が漬かる程度まで入れ、グツグツさせる

6 その上にサーモン・むきエビをのせて蓋をして30-45秒で完成

7 お皿に盛ったらブラックペッパーをかける

*サーモンを使ったがもちろん深海魚(例えばマトウダイ)でもOK
シマエビ・ベニガラエビなどでもよい


冬になると橙が色づき、そのまま口に入れると酸っぱくて食べれませんが、絞って橙汁を酢の物に活用‼️
とても風味が良く、酢の物がいっそう美味しくなります🧡

そこで今回は【深海トロダコ橙酢】

FullSizeRender

材料)
トロダコ(太足なら1本・小さいもなら4本ぐらい)
橙1個
かんたん酢大3-4
本つゆ大3-4
大根1/4位

作り方)
1  トロダコは薄く斜めに切る(小さいものは斜めにぶつ切り)
2  大根をすりおろす
3  かんたん酢と本つゆを合わせる(味を確認し、砂糖等で味の調整)
4  切ったトロダコを3に入れて、すりおろした大根と合わせて混ぜたら完成
(おろし大根は水分を軽く絞っておく)
5  盛り付けて完成‼️

FullSizeRender

※ナマコ酢を食べたくて、トロダコにて代用しました。トロダコを斜めに切ることがポイントです☝️


1A150111-A4A5-4E40-ABA9-3AB620BC8F3A

材料)

マトウダイ・塩

イタリアンパセリ・ニンニク・レモン・塩・ブラックペッパー・オリーブオイル

作り方)

1 ニンニク・レモンの皮をすり下ろす

2 レモン汁を絞る

3 オリーブオイル・塩・ブラックペッパーに1.2を合わせる

4 パセリを刻む(かける時に3と合わせる)

5 マトウダイに塩をまぶす

6 オリーブオイルでトロえびを中火で焼く(両面2-3分ずつ)

7 焼けたら盛り付け

8 34を合わせ盛り付け、ソースをかけて完成


三国シェフが魚・肉・エビ・野菜などでも美味しくなると提案していたグレモラータ。。
⇓    トロえびでグレモラータ

FullSizeRender

*トロえびは焼きすぎないようにした方が身が美味しいが、丸ごと食べる場合はじっくり焼きたい
*ベニガラエビは水分の多いエビで火を入れることで甘みと旨みが増すエビなので、その特性をいかしてベニガラエビが良いと思う。



この時期オットが北海道から送ってくれるジャガイモを使って、【トロえびでいももち】を作ってみよう!!
子供のおやつ・大人のおつまみで手が止まらない💖

HLBN1823[1]




















材料)
ジャガイモ100g位・トロえび10-15尾位
バター20g・牛乳大1-2位・塩コショウ・パルメザンチーズ大1・片栗粉適量・刻みパセリ

作り方)
1  ジャガイモを茹でて皮をむき、トロえびは剥きえびにする
2  ジャガイモを潰す
3  冷めないうちにバターを入れる
4  塩コショウ・パルメザンチーズ・牛乳を加える
5  硬さを片栗粉で調節(柔らかすぎず硬すぎず、手で形が整える硬さ)
6  剥きえびにしたトロえびをぶつ切りにし、5に混ぜる
7  刻みパセリをお好みで加える
8  油で揚げる(私はオリーブオイルで揚げ焼きにしました)

HLBNE1823[1]

このページのトップヘ