2007年05月04日

どんなに実現したい…

夢を持っていて






しかもそれが叶なわなくても





それはそれで人生は流れていくよ。






だけど流されているのと

自分で漕いでいるのでは


その違いは大きいみたいだ。



漕ぎ続ける人でいたいし

そのためには
常にテンションを上げなくっちゃって。

2007年05月03日

十勝のおじちゃんのお家〜

本当はね〜








昨日の夜から、行きたかった…










十勝のおいちゃんのお家。







3aa7ab6b.jpg









今年の冬…

サホロで、ひみちゅの特訓をしに行った時、めちゃくちゃお世話をしてくれた…






おいちゃん。



おいちゃんにも会いた〜い☆

お馬さんにも乗ってみたかったよぅ〜(;〜;)


次回は行くからね〜(≧∀≦)♪


おいちゃん、待っててちょ(・◎・)たこちゅ〜)

2007年04月30日

ベアーフット


昨日、
下見をしてきたよん(^-^*)


342619d2.jpg





去年から、『やりた〜い!』って思ってた…



女子サッカ〜(笑)




なんで、やりたくなったかと言うとね〜




来シーズン以降のスキーのパフォーマンスをあげる為に、やってみよ〜って(≧ε≦)☆



いつもいつでも、身体が動きたい事に対して、ストレスなく動ける様にって★




6月からスタートよん
(≧∀≦)にゃは♪
50b4fc8b.jpg


…。

黒いめがねをかけると…




世の中がすべて黒く見る。



白い眼鏡をかけると…




すべてが白く見える。



世の中は、
自分の心の反応次第でみえてしまう。




人を憎めば…

人もまた自分につらく当たる。



人を愛すれば…

人もまた自分に親しんでくれるよ。




殆んどの人達は…

誰かが×を投げれば、誰かは×を投げ。

誰かが〇を投げれば、誰かは〇を投げる。

たまに、
誰かが〇を投げているのに、×を投げる人もいる。


誰かが×を投げたら…
私は〇を投げようっと。
ayanosuzuki at 07:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月26日

ふと。

…思った。




例えば…





今からあと、
100日しか生きられないとしたら僕は…


何をするだろう

何をみるだろう

何をきくだろう

何を語るだろうか?



例えば…





今からあと、
100日しか生きられないとしたら僕は…


誰に会うだろう

誰に触れるだろう

誰を愛するだろう

誰を許すだろうか?



例えば…





今からあと、
100時間しか生きられないとしたらきっと…

全て愛しく感じて

全てキラキラして

でも、
さみしくて

側にいて欲しくて



例えば…





今からあと、
100秒間しか生きられないとしたらキミと…

寝転がってみる。

青い空をみる。


ここは、
世界で一番綺麗な場所。



ayaにょん(笑)
ayanosuzuki at 07:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年04月20日

才能。

『才能なんて関係ない』




…って小さい頃から思ってた。

けれど…


周囲には『才能は関係ある』と言葉をはいてい大人達もいたかな。



幼い頃に人から言われた事、人が口にしていた事を今もよく覚えてるんだ。


今なら言える…
才能に近いものがあるなら、『好きだ』という気持ちだ、と。


何より大切にすべきなのは、好きだという気持ち。


面白がる気持ち。

そして今、私はわくわくしていると。

人。


人はきっと…



互いに、長所や欠点を持った一人ひとりが、人と人の間に生きているのかな。

それが人間かな。


たくさんの人を受け止めなくっちゃ。

2007年03月26日

ずっと。

新しい心境へ。

段々、歳を重ねてゆくと、人は幸せと悲しさなどの…大きく心が痛くなる様なものが貯まっていく。

幸せも貯まってゆく。幸せと同じだけ心が痛くなるものも貯まってゆく。

ある曲を聴くと、心が痛くって悲しい訳でもないし、嬉しい訳でもないのに、胸が痛くて泣けてくる。

人は、この思いを背負いながら、決してその思いから逃れる事もなく、また新しい幸せと悲しくもある両方の感動を貯めてゆくのかな。

まるで、高くそびえ立つ古い地層の様に、色々なものを重ね合わせながら、何重にもなって時間が進んで、誰かがその地層を見上げた時に、心の底から込み上げてくる何かに似ているのかな。

人は、こんな風に歳をとるのかな。

人は、皆、個々に合った幸せになる為に産まれたはずなのに、幸せと同じだけ辛くもないのに感情が込み上げて涙を流す。もちろん、涙を流す事が決して不の感情だけではないが。
けれど今でも、大変なくらい胸が込み上げてくるのに、これからどんどん歳が増して、色々な感動が蓄積される。これ以上、貯まったらパンクしそうだ。

人が人に優しくなれる瞬間の入口のポイントを心の中の形なき場所でみつけた気がする。

きっと
これなんだ…♪

2007年03月23日

久々の…

夜の…



76d0438f.jpg



フットサルに行ってきましたよんヽ(≧▽ゞ)


やっぱり、皆と一緒に汗をかいてワイワイするのは最高〜♪




き〜め〜たぁ!!





今年の夏のトレーニングにサッカーかフットサルを習いに行こっと(≧∀≦)


あと…

ほっとヨガも♪


ムフフ…♪

2007年03月22日

思った事…

ひとつの山が一段落ついて、自分の心が動いている事に気づいた。




ここ10年間程を振り返ってみた。いや、振り返れる自分だ。




何かを長い間続けて、それを辞めた時には気付けなかったもの。その時に失ったもの。また、辞めたから新しく得たもの。その時に始まったもの。


どちらも、同じだけ大切で…同じだけ失いたかった、同じだけ失いたくなかった。

同じだけ新しく始めたかった、同じだけ新しく始めたくなかった。


けれど、どちらも必要不可欠で人が生きてゆく上で、削る事はできないだろう。それに、どちらかを選択すれば、人間は選択したものとは逆の方が気になるものだ。



思いっきり失うもの…思いっきり失いたくないもの…

思いっきり新しいものに触れたい時…思いっきり新しいものは触れたくない時…

これを身体いっぱい感じた。この私の10年間は、とことん深くて重たくて黒くて、とことん上へ上へで軽やかで明るいて真っ白の2つのギャップが大きく現れた。




今まで極端過ぎたな…


これからは、続ける楽しみを体感しよう。




そう…私には、これを続ける意味がある。


続ける事の大切さと大変さを味わおう。


私を支えてくれている人達と環境に感謝だ…
ありがとう。 けれど、これからがスタートだ。
ayanosuzuki at 15:31|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)clip!