June 07, 2005

ペールを読む番外編〜くねくね入道のルーツを辿る〜

またペールネタかよ〜と言われそうですが、はい、そうなんですすみません(..)ゞ
最近ペールに興味津々。ペールってカテゴリつくろっかな(笑)まぁ所詮いつもの私の短期集中企画なんで覚めやらぬうちにお付き合いください。

戯曲の日本語訳を一通り読み、最後まで謎がとけなかった「くねくね入道」という名前の所以。別にこれが「挙動不審お化け」とかそういう名前だったらここまで過剰反応せず読み飛ばしてますよ。でもくねくね入道ですよ?一体元のノルウェー語は何だったというのでしょうか!?
これはしょうもないこと大好きびおりすととして見逃すわけにはいきません。ふくもを巻き込んでさっそく調査に乗り出しました。

それを暴くためにはまず「くねくね入道」という言葉の分析をせねばなりません。というわけで改めて広辞苑を引くと、

くねくね:
,罎襪笋に波打つように動くさま。「腰を−揺すって踊る」
△罎襪笋なカーブが連続するさま。「−と曲がりくねった山道」

にゅうどう【入道】:
(道に入って修業すること。また、その人。
∨啓臚のものをあざけっていう称。
K啓臚の妖怪。

…やばい…頭の中でベー┘灰鵐泪垢腰ふって妖艶に踊り出した…

さらに、出版されたのが昭和三年、まだけっこう古語や旧制仮名遣いが文面にのこってることを踏まえて古語事典も繙くと、

くねくねし:
心がねじけている。ひねくれている。

という語もヒット。ここでピンとくるのは確かにくねくね入道は相当なひねくれ者だということ。だって、
ペール「お前誰だっ」
入道「俺だ」
って問答を平気で繰り返すんですよ。やつは紛れも無くくねくねしき奴です。一歩前進したかな(^-^)

さて次に、くねくね入道に相当する単語がノルウェー語で元々何だったのかを知る必要があります。
ところがこのキャラ、ペールが旅に出るきっかけとなる言葉を発する極めて重要キャラなのに、たいがいの解説書にはその存在すら書かれていないのです。
そんな中、きっこちゃんが組曲以外の付随音楽をたくさん集録したCDをもっているという有力な情報を聞き付け、もしかしたらくねくね入道テーマソングがあるかもしれないと考えてさっそく今日貸してもらいました。
解説書で二幕の終わりあたりの曲を歌詞の和訳と照らし合わせながら見ていくと…ありました!「俺だ」を連呼する彼の名はベイグ(Bφyg)ということがここで発覚!!
う〜ん「くねくね入道」に変換するには偉く簡潔な綴りやなあ…。では果たしてその語の意味とは!?
ここまで調べてもどかしい思いをしながらペールパー練を終え、今度は図書館にGO!
ノルウェー語辞典のある場所はすぐ見つかりました〜だってお隣りのフィン語辞典にはよくお世話になってたから(笑)
さっそく調べた結果、

Bφyge=wave(英)

すなわち、「波」を意味する語であることがわかりました。
あぁそうか、だからくねくねなのかあ。やや強引な気もするけど、彼の性格を言い表す「くねくねし」との懸詞だと思えばむしろ、翻訳者に座布団一枚!級じゃないですか♪

話での設定に立ち戻ると、確かにベイグは実体があるようでなく、ペールが切り裂こうとしてもすぐ復活してたちどころに姿を現わす液体のようなやつとして描かれています。
私の勝手な解釈では、ベイグは、この戯曲の核心部分となる「自我、自分自身」の象徴だと思うのですが、表面上は波のようなうねりをもつ得体の知れぬ妖怪、って感じでよいのではないかしら。
入道も、浅くみれば「妖怪」を意味する語として使用したに過ぎなかったかもしれないし、深読みすれば、ベイグは最後にペールの中に女の気配を感じた瞬間へたっちゃうのですが、そういう女を毛嫌いするあたりが仏門に入った人と被せてあるのかも。これは推測しすぎな解釈かな。

…と、いうわけでくねくね入道ミステリーは一応解決に至りました…てことでよいのかな?もし更なる情報や見解がございましたらいつでもお寄せください(^-^)
ちなみに歌も聞きました。ベイグ、渋くてかっこいい…ぉぃぉぃ
このCD素敵やわーアラビアの踊りやソルベイクの歌も始めて歌詞との対応がわかってすっきりしたし。ありがとうきっこちゃん!!

はぁ、にしても今日はつまらん調査ばっかりで貴重な一日を費やした気がするなあ。くねくね入道の由来なんて、探偵ナイトスクープに依頼すれば、北野誠とかがもっと明快、鮮やかに調べてくれただろうに…(苦笑)
ま、これも定演曲勉強の一環てことで。少なくともここ一週間でかなりペールのモチベーションはあがったしね〜。残り一ヶ月ちょっと、思い入れたっぷりに頑張っていきましょうp(^^)q


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ぷろふぃる
ayanya
★S59,3,24(Sat)14:10ごろ生まれ
 ↑実はh14生の末っ子^^
★A型、おひつじ座、ねずみ年
★両利き(メインは左)
★最寄り駅:神鉄道場駅
★かなり時間貧乏
★ayanyaの「文」は…
 (験愽瑤痢嵎検
 ∧顕修短劼痢嵎検
 ずばり、長「文」大好き。

*好きなものを述べよ
・蛙の表情
・フィンランドの景観、生活
・ビオラ、及びビオラを通した音楽活動全般
・北神戸
・楽
・泳ぐ
・市販アイス全般
・車窓の旅
・ブラームス
・シベリウス
・オムライス
・焼肉
・よく肥えた豚
・紫色、エンジ色
・コンシダ鑑賞
・実のない話
・雑木林
・水の中の感覚
・人へのプレゼント探し
・田辺誠一
・あったかい防寒具
・時刻表、ラガールカード
etcetc..
コメントありがとう
トラバありがとう
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)