2018年10月

昨日は高校の友達たちと飲んでいました。
結婚して、子供がいる友達がほとんどです。
同世代の意見はシビアです。
家庭を持っている友達の話を聞くと、私には程遠い世界でした。
絶対無理がいっぱいあったりして、まだまだ結婚できない理由もわかるのです。

そりゃ、この歳なら子育てしてて当然ですよね。

でもそんな日本の常識みたいなのに動じない。

あの時この選択をしてたら、
あの場面でこうしてたら、

っていろいろ考える事はあるけど。

世界に旅にでるという事を選んでよかったって思てます。
幸せは測れないけど、私は幸せです。
みんな、ないものねだりだったりするからね^^

IMG_6973


生まれ変わったら、また自分に生まれたいってくらい自分を満喫する予定です。

でも、今回の人生で自分を楽しみ尽くす予定だから、次産まれるなら男がいい。
違う人生を生きてはみたいよね^^


この時間を大切に。あんま長生きしたいと思わないから。


よい休日を〜(^ν^)
読んで頂いてありがとうございます!




旅に持って行く物があります。
大荷物の私…
持って行かなくてよかった物もたくさん、あるんだけど、これは長期旅をするなら必要な物を紹介しますね^^


まずは、味噌汁。
しかも粉末。
なぜか、出汁の味が恋しくなります。
粉末タイプだと軽くて助かる。
生味噌タイプだと、料理にも使えるから嬉しいけど…
豚味噌とか無理やり作ってたな^^

FullSizeRender


後、カレー粉。
これも粉末タイプ。 

カレーは好きじゃないんだけど、海外に出て好きになりました。海外でお肉が買えなくても、野菜があればカレーは作れるし、だいぶ助けられた。
じゃがいもがない国はなかったからね^^


食べ物編まだ続きます。
増えるわかめ。

FullSizeRender

これはめっちゃ使える。
乾燥わかめは軽いし、ラーメンが多い自炊生活。すぐ、具になってくれる。
何にでもわかめ入れてたな。

本当はポン酢が1番使える。
醤油はどこでも売ってるけど、ポン酢はなかなか売ってないからね。
ポン酢はパスタにしたり、肉焼いただけにかけたり。一気に日本に連れ戻してくれる逸材。


食べ物から変わって、

FullSizeRender


ハンガー。
ハンガーを二個持ってました。
これは洗濯物干したり、かなり便利に使ってた。合わせて、洗濯紐と洗濯バサミも。

FullSizeRender

スクラバウオッシュ。
洗濯物はこれに限る。
汚れが見えるし、洗えてる感じがする。
使わない時は防水なので液体を運ぶ道具入れにもなる。
私は移動時のお風呂セットを入れて運んでました。
 

バッテリーチャージャー。
これないと死ぬ。


ムヒ。
合わせて、蚊除けスプレー。お部屋でするタイプ。
蚊は本当にたくさんいる。
部屋に入って、すぐワンスプレーしてました。
ダメだった時のムヒさん。


ウルトラスリムダウン。
1番使える。
最強アイテム。

ヒートテックは薄手と極暖二枚持ち。
寒さからは彼らに救ってもらいました。


ビーサン。
必ずいります。



長期旅には必要なアイテムです^^

ほとんど食べ物だったけど…
海外で買える物もたくさんあるけどね。

世界に二回に分けて旅に出た私ですが、旅友はどうやってできたのでしょう…∑(゚Д゚)

もともとは、れみと二人旅だったので最初の半年くらいは全く旅友ができませんでした。
日本人宿にも泊まらないし、れみと二人だから他の日本人とも絡まない。なんなら、日本人に会う事がなかった私達…
でも会わない理由も分かる。
バンコクに行っても、カオサンじゃなくて、ビクトリーモニュメント近くのホテルに泊まるし、誰も行かない場所にいた気がする。

旅友が日本人に限る訳じゃないんだけど。
何故か、日本人には会わなかった前半戦。


そんな私達がアジアから向った先はトマティーナ。
そこで、たくさんの日本人と絡んだよ。


私に真の旅友ができたのは、一人旅を始めてから。


最初にできた友達は海外の方でした。
FullSizeRender 
ポルトガル人とドイツ人の友達。
彼らは、カードを盗まれ、お金を失って凹んでる私に元気をくれた人。
ウィーンにいる間ずっと一緒にいた。
英語喋れないのに…

出会いは、ドミトリー。
話しかけてきてくれた。
あなたは一人?なんで?
一緒に観光しよって^^
プラハで学生をしてる3人。
私は何度かその後も再会をしました。
FullSizeRender
これはサラがポルトガルを案内してくれてる時。
英語が喋れなくても、友達ができる事には∑(゚Д゚)びっくりです。
彼らには本当に救われた。


1番早く友達ができるのは、日本人宿かもしれない。
ハンガリーのアンダンテ。
そこで、今でもまだ繋がってる旅友さんができました!
ダブルとおる。

FullSizeRender
二人とはすぐに意気投合。
歳も違うけど、本当いて笑いしかなかった。
FullSizeRender
すぐに仲良くなったのは一緒に温泉に入ったからかな。
その後も、各自再会をして一緒に旅をしました。彼らはまだ連絡をとるし、私にできた最初の日本人旅友ですね^^

そして、さぁちゃん。
FullSizeRender
この出会いはブログから。
彼女は有名なブロガーさんで女忍者さん。
ブログを通して、友達になり、一緒にアフリカ旅をしました。
彼女がいなかったら、今ここでブログ書いてないかもってくらい、ブログをがんばれた仲間。
さぁちゃんは美人なのに、その顔を忍者姿で隠してます。徹底ぶりはすごくて、さすがやとおもった。

FullSizeRender
だってあの過酷なダナキルにも女忍者なんだから…

FullSizeRender
ダナキルは本当に楽しかった。
みずきちやじんくんも友達の友達が最初のつながりだけど、私にとっては大事な旅友です。


そして、みーちゃん。
FullSizeRender
みーちゃんは、ケニアの宿で一瞬だけ会っただけの旅友。それが、福岡出身、歳変わらない…
今度、スペイン巡礼行こって、とんとんびょうしに決まり、一瞬の出会いが今では、大切な人になりました。
FullSizeRender
この時毎日一緒に歩いてたフランス人の70歳のアントニオ。彼は英語もしゃべれない。
けど、年齢も言葉も関係ない。友達です^^

みーちゃんとの出会いがあり、出会ったカリブ海友達。旅友の友達はつながり友達になるのです。
FullSizeRender
今ではみーちゃんがいなくても二人とかで旅をするくらい友達です。


キューバは完全に宿で出会った友達です。
FullSizeRender
やはり多いのは宿で出会うタイプですね。


メキシコでは、南米のほとんどを過ごした友達に会いました。アミーゴとアレグレで、私の旅友は作られたと言っても間違いない。
FullSizeRender
日本人宿は、必ずと言っていいくらい旅友ができます。
現に、私は一人で行ってたくさんの旅友ができました。
FullSizeRender
今回の旅で1番一緒にいた、しゅーと。
彼は学生で歳も10個以上違ったけど一緒にスペイン語を勉強したり、バスキングをしたり、歳とか関係なく居心地バツグンだった。楽だったな^^
FullSizeRender
よしとも加わり、3人で後半はずっと旅をしていました。恋愛関係は全くないんですよ。
FullSizeRender
辛い時も、一緒だったからがんばれた。
二人とも、おとなしいから好き。
しゅーとなんか一緒にカフェにいっぱい行ってくれるし、感覚が似てたのかも。旅のスタイルが似てないと旅は一緒に続きません。例えば食費とか違ったら無理だし、いろいろ3人は合ってたんだと思う。一人一人で過ごす時間もたくさんあったし、私はたまに二人と離れて行動した事もありました^^

FullSizeRender
後、キューバで会って、メキシコでもあったかほゆーと夫妻。
ちょくちょく、いろんな場所で会ったりして、やっぱ行くタイミングが一緒の人と気が合えば旅友ができるんだと思います。
FullSizeRender
ウユニも大好きな人達と…

FullSizeRender
あまり、多くはない私の旅友。
少なくていいから、自分の旅スタイルにあった人と旅をしたいと思っています。
FullSizeRender
旅友を作るには日本人宿に行くのが1番早いです。日本人じゃない友達もドミトリーでできる事がほとんどでした。
一瞬の出会いが一生の出会いになる事も。
こーやってブログを書いてたのも友達ができた1つなのです。
何事も感謝ですね!

いつも読んで頂いてありがとうございます^^