2006年09月11日

虚辛会日報は因果地平の彼方へ旅立ちました。全裸で。

はい、というわけで最終お知らせ記事でございます。


本記事を持ちまして虚辛会日報は更新を停止します


それに伴い、プラグインも整理させていただきました。

こちらのブログはしばらくは移行期間として置いておくので、何か検索で来た方は、こんなアホなブログやったんやーとニヤニヤしながら過去ログを閲覧下さい。


コメント、tbはまだオープンですので。まだまだそちらはどうぞ。





さて、転生先です。
周囲の方には順にお知らせを差し上げているのですが、


『さっさと知りたい』


『とっとと知りたい』


『教えてもらわないと体が火照ってしょうがないの』


『俺のことをわすれてもらっちゃあ困るぜ!』


いずれかに該当する方、該当せずともURLを知りたい方はメールをいただけましたら転生先をお教えします。

あて先はこちらをクリックしてください。
MALL


舐めきった日本語部分をアレしてご使用下さい。
最後までお手数かけますけど、どうかご勘弁を!




長らくのご愛好ありがとうございました!


それでは、これにて。通っ!(ブラボーおじさん)  
Posted by ayase_kyosin at 00:01Comments(1)TrackBack(0)

2006年09月03日

さらば!虚辛会! ホーク姉妹反省会納め! の巻

「いやーやっぱりモノが無くなると部屋が広く感じるわねー。姉こと、ルナマリア・ホークです」


「部屋を借りたのに一向に引っ越すそぶりを見せずに、無駄にお金だけが流出する様を見かねて説得すること数ヶ月。ようやく重いおしりを上げてくれたようで安心です。妹こと、メイリン・ホークです☆」


「ホーク姉妹の反省会納めを執り行いたいと思いますっ!」


「無駄に長いですよ☆」







「「それでは、どうぞ〜」」  続きを読む
Posted by ayase_kyosin at 22:07Comments(7)TrackBack(2)デス種

最終回・・・一個前!

本日夜、日付が変わる前に最終回記事をUPします。
もう書きあがっていまして校正中です。

あととらのあなに出かけるので(えー




lastruna






「禁則事項です☆」




「お、お姉ちゃん・・・・」



「・・・・う、うわーん! わたしだって萌えとか言われてみたかったのよぉぉ!!!」



「ゴメンね! 萌えな妹でゴメン!」



「余計にうわーん!!」  
Posted by ayase_kyosin at 11:48Comments(2)TrackBack(0)日記

2006年09月02日

転生前  その頃、博士と助手は

ここは某埼○県にあるザムザザー研究所


ザムザザー博士と眼鏡女子校生の助手が、今日も今日と究極のモビルアーマー作りに腐心する・・・・。





そういう設定だったっけ?






・・・・・・・・・・・・


カーン カーン カーン


erumes








「うわー、博士。現物作ってるなんて珍しいじゃないですか」


「ふっ。たまには体を動かしてものづくりをせねばな、クリエーターとしての嗜みだよ」


「で、これなんです?」


「タイムマシン」





















カーン   カーン

























「博士、脳が・・・・・・?」


「モウロクするような年じゃないよ! 私は真剣だ!」


「だって昨日私が帰る時はコレなかったじゃないですか! 製作スピードも異常ですよ!」


「それだけに情熱が溢れていると言いたまえっ!」


「一体何が・・・昨日の夜は珍しく残業しなくてもいいよっていうから、何かあるんですかって聞いて・・・・あ!! 例の作品のオールナイトイベント!」


「せいっ!せいっ!」


「しかもよく見たら博士泣きながらトンカチを打って・・・・!!」


「帰るんじゃあー! 何度でも初めて見た感動を味わうんじゃー!!!」


「すっかり脳がヤラレてるじゃないですか!」




博士も泣いた。『時をかける少女』、全賛上映中。
切ない好き、集まれ(キャッチコピー)



・・・・・



とまあ、ここの研究所は合いも変わらずダメ人生まっしぐらの博士と、嘆息する助手なのであった・・・・。





さて、研究所の隣のアパートの2F、3号室には『ホーク』というナメた表札が掲げられている。

どうやらここの部屋の主は引越しを明日に控えすっかり片付けも済んだようだが・・・・?







  
Posted by ayase_kyosin at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2006年08月29日

転生予定日決定

なんかタイトルだけだと宗教のようだ。





今週日曜、中の人こと私が一つ年を重ねると同時に、このブログは転生します(えー







もう日にち決めてしまわないといつまで経っても動かないこのぐうたらをどうにかしてやってください。ていうか自分。




先日も書きましたが、諸事情により記事、コメント等に転生先のアドレスを載せませんので、ご了承ください。


いや何もかなぐり捨てるわけではないです(^^;


横のリンクやさらに前からお世話になった方々、なんらかの方法(メール、コメント等)でお知らせして回ると思います。もしくはメールで聞いていただければ全然お答えできますので。転生時にメアドも最掲します。


というか移転先でもジャンル的には似たようなもを書く訳だからググれば変わらないかといえばそれもそうですがそこはスルーで。





というわけで、虚辛会日報最後の日まで、あと6日!
  
Posted by ayase_kyosin at 01:34Comments(3)TrackBack(0)日記

2006年08月26日

最終回直前

トップをねらえ2!の最終巻が発売されました。




さすがにね、止まりますよそりゃ執筆の手も。





話のスケールの凄さもさることながら、我らが真綾嬢が演じている『ラルク』が、全編にわたっていー顔してます。それだけでご飯3杯級。


ネットの感想は賛否両論だけど。私はもちろん賛。

私なんかにゃ太刀打ちできないくらいにSF的なネタの密度が凄いことになっている。知らない人には『?』と思える描写があるかもしれないが、それが単なるイメージではなく、『SF的に意味を持たせる』意図はちゃんと伝わったので○。



トップをねらえ!とトップをねらえ2!の合体劇場版がAKIBA3Dシアターで10月公開だそうで、


どうしよう、東京アニメセンターは知り合いだらけだ(爆
ていうかその劇場でモギリやってたし!


アキバ3Dシアター、エントランスは凄く素っ気無いです。上映作品ごとに入るスタッフが違うので片付けると本当に何もありません。

物販とかも、できなくは無いけど、狭いよなー。上映期間の限定度合いから見て土日の混みは必須だろうし。


時をかける少女はちょっと都心から離れた映画館に行けば土日でも簡単に座れますが、今回関東はマジでアキバ限定。どうなることやら・・・。



あと、やっぱり真綾嬢にまともな出番を与えなかったデス種の誰か(特定できない)は万死に値する、と久しぶりに単純な感情がムクムクを頭をもたげましたとさ。  
Posted by ayase_kyosin at 00:10Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年08月13日

転生準備・カウントダウン開始?

えー具体的にあと何日かを決めてませんが(えー


四方堂綾瀬最期の時が迫っています。


いい加減だらだら延ばすのもアレですし。ちょっと間仕事がお休みですんで。
ここの最終記事をどんなにしようか考えています・・・ってもうアレしかないんですか。


よし、有明行ってくる!



  
Posted by ayase_kyosin at 00:20Comments(2)TrackBack(0)

2006年06月27日

THE EDGE 4巻 アスラン脱走シーンにおける、コミュニケーションの差

 THE EDGEの4巻が発売されましたね。
 書き下ろし漫画はホーク姉妹ファン必見!!


 小説版の後藤リウ先生は小説ならではの切り口、内面描写の充実で劇中の台詞を生かしつつも良いものを書かれていましたが、THE EDGEを担当されている久織先生も気合の入り方が違います。

 今回の4巻ではアスランの脱走を描いているのですが、シーンの再編成&台詞が全変え状態。より作家先生の解釈の色合いがわかる仕組みになっています。



 比較してみましょう。未読の方はご注意を。以下長文注意。





  続きを読む
Posted by ayase_kyosin at 03:08Comments(3)TrackBack(0)デス種

2006年06月16日

戯言・ある日ある時ある所のホーク姉妹


「おめでとうフェスリーゼス泥沼8連敗から脱出!」


「どうでもいいから引越しの準備しようよお姉ちゃん」


「やっぱり野球はナチュラルリーグよねー!プラントはショービジネス化が激しくて好きになれないのよー」


「えー、私はプラントの方が好きだよー。○○○(有名美少年アイドルグループらしい)が試合前にライブ開催するの」


「そーゆーのが虫唾が走るの!」


「野球ねー。オーブは今サッカー一色だからなー」


「何故に!? オーブだって野球大国でしょう? 昔世界大会で優勝した時、お姫様が『オーブの野球は世界いちぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!』ってインタビューで絶叫してたわよ」


「カガリ様、国民にサッカーオーブ代表ユニフォームの常時着用と試合翌日の休日制定案をこの前可決させてた」


「真面目に戦後改革しようよ平和の国」


「だってプラントだってこの前ラクス様が『ええ、サッカーは前から好きで』とかゆってたじゃないの」


「ま、まあ確かにアレは便乗売り出しにしか見えなかったわね・・・」


「直後の試合にゲスト解説で出演していたけど、『ゴールしてもネットが破れませんの?』とか『あの選手はガッツが足りないのですね』とかイタすぎるコメント連発したじゃない!」


「予備知識が偏りすぎてたわよね・・・」


「まーともかく、今はサッカーがトレンドなわけ」


「そういえばアスランってサッカー好きなの?」


「この前は『なんでOノなんだよ・・・○○グロだろ!』って泣いてた


「結構ガチだったのね・・・」


「シンは?一緒に見に行ったりしないの」


「あいつ、ゲットティーゲルスのファンだから敵」


「野球かい!」  
Posted by ayase_kyosin at 01:35Comments(2)TrackBack(1)日記

2006年06月13日

転生準備・ちょびっと戯言

せっかく川口は明日の一面で神になれるチャンスだったのに。W杯話題終了。


恐らくここでは最後のトップ画像変更です。上のお嬢の話は真に受けないで下さい(えー



W杯の影響でテレ玉での涼宮ハルヒの憂鬱の放送が日曜から火曜の深夜になったのですが、しっかり禁断症状にかかっております。



長門が・・・長門が足りない・・・・。


  
Posted by ayase_kyosin at 02:39Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年06月11日

戯言・種がらみ

ガンダムSEEDの最新映像作品、『スターゲイザー』のプロモーション映像が公開されましたね。http://www.seed-stargazer.net/

ストライクノワールのガンプラは買っちゃいそうだなあ。
一番かっこよさげなのはもちろんヴェルデバスターですが。


同時に公式サイトに西澤監督インタビューにが載っていまして、そこに


>兵器としてのMSの立場を復活させてあげたいということかも。


という記述が。また福田監督の場合はキャラクターの分身としてMSを描くことだったのではないかとも言及されています。


どっちがいいかというのは一概には言えませんが、しっかりと魅せてくれればそれでオーケーかと。ロボットはかっこよくないとはやはり思いますから。


心配なのは尺なんですよね。全3話で45分しかない。0080ではケンプファーもアレックスもまともに出てきていません。


超詰め込み内容になるのは必至。それだけが心配で。

スペシャルエディションやら劇場版(これも公式サイトでは画像がストライクフリーダムのものであり、既に相当見る気をそがれているのだけれど)にパワー使うよりもこちらを全六話くらいのOAVとかにして欲しかったと思うのは私だけでしょうか?


少なくとも私があれだけ困惑させられながらも、正面から(正確にはルナマリア的な正面から)受け止めようとしていた、テレビシリーズを『忘れて欲しい』等とのたまい堂々と『やり直し』をするよりもずっと良いでは?


とか私は足りないおつむで考えてしまうのです。



そんなわけで荒んだ心を癒す為のサイト紹介。
ガンダムSEED Re−Fine

タイトル通りリファイン小説を展開なさっている大熊猫さんのサイトです。
原作の設定を見事にブラッシュアップし、詳細なディティールを織り交ぜた文体がとても面白いです。『兵器としてのMS』を堪能できます。


個人的には、『技官のマリュー』と『武官のナタル』の描写がしっかりなされていて、マリューの戦闘での何も出来なさぶりが徹底されており、非常に好みです。ナタルの苦労が涙ぐましいです。

その代わりナタルでは思い至らない技術面でのアイディアが艦を救うという。いやアニメ本編にもあっただろうけど面白さは天と地。


何人かの効果的なオリジナルキャラのクルーの配置もあって、アークエンジェルが非常に『生きた』艦に見えます。


現在砂漠の虎編のクライマックス。


種ってやっぱり面白くなる要素がいくらでもある!と再認識できる逸品です。是非。


あ、キラ×アスとかな人にはおススメできません(爆)
あと終始一貫ポエムを奏でながら彼氏の身だけを案じ邪魔するものをジェノサイドするあのラクス(ひどい)が好きな人にもおススメしません。こちらのサイト様のラクス様はかなりのキレ者です。  
Posted by ayase_kyosin at 03:07Comments(0)TrackBack(0)デス種

2006年06月09日

転生準備・ちょびっと戯言

W杯が始まりますね。



ごめんなさい正直毎日のプロ野球の方を追っている方が楽しいんです。
ピ国民ですか?結構、大いに結構!




日本代表よりも遥かに怪我に泣かされ打線がズタボロな兎軍をそれなりに応援しています。456番がいないって異常事態ですよ。




【日本ハム】ダルビッシュはW杯に無関心

ダルクールだよダル  
Posted by ayase_kyosin at 17:14Comments(2)TrackBack(0)日記

2006年06月07日

転生準備・ちょびっと戯言(シリーズ化!?)

涼宮ハルヒの憂鬱があまりにも完璧すぎて他のアニメを見るモチベーションがどんどん下がってしまい困ります。完璧超人か、あいつは。

原作小説を忠実に再現した上で『視覚的に』享受できる魅力を付加。

やればここまで出来るということを知ってしまうと、数多の作品がどうしても見劣りしてしまいますねー

そういった意味でも問題作。



あ、長門は私のものです(定型文)  
Posted by ayase_kyosin at 23:59Comments(2)TrackBack(0)日記

2006年05月29日

今後のこと

リボルテックは遊べますねー


asain







妄想心音!



とまあ遊びつつこのブログの今後のこと。


とある事情でこのブログは転生することに相成りました。



まだ転生先も準備中ですが、できた暁にはご連絡申し上げますのでご理解の程を。
これまた故あって転生先をブログ、HPに明記することしませんので。


転生先では小説と雑記で一丁やってみようかと。
一丁って全然変わってませんが(^^;

灰羽連盟がらみにけりをつけるのと、ホーク姉妹のお話の新作を今のところ予定しております。

それでは、一足先に因果地平の彼方へ参っています(オイ  
Posted by ayase_kyosin at 19:09Comments(3)TrackBack(0)日記

2006年05月05日

ホーク姉妹のコタツでガンプラ 拡大編の続き

ホーク姉妹のコタツでガンプラ 拡大編

「ついに出た!? ルナマリア専用のアレ」の巻 後編


kotagan_runa









さて、続きでございます。
妄想にまみれた機体ですが、よろしかったら下記直リンクからどうぞ〜


http://www5a.biglobe.ne.jp/~KYOSIN/kotagan_2.html



スペシャルエディション? リアルタイムでは見ましたが野球でうまく録れなかったです(−−;  

2006年05月03日

ホーク姉妹のコタツでガンプラ 拡大編

「ついに来た!? ルナマリア専用のアレ」の巻

mozaiku













えー早いもので、ガンダム文章置き場「紅キ流星」が先日一周年を迎えました。


日ごろのご愛好に感謝をこめて、特別企画、ホーク姉妹のコタツでガンプラの拡大編をお送りしたいと思います。


なにぶんいつもより拡大だったので、紅キ流星の方においてあります。


下記結URLをクリックして飛びますのでどうぞお楽しみ下さい〜。
まずは前編です。

http://www5a.biglobe.ne.jp/~KYOSIN/kotagan_1.html





え、総集編?また制作スケジュールが間に合わないんですか?(爆  

2006年04月04日

さて四月

 相変わらず色々なものを棚上げにしつつ、目前に控えた舞台の稽古に備える日々です。



 まず私信(いきなりかよ

 シェラさん、バトンお答えできず申し訳ありません!
 また何か企画があったら懲りずにまたお願いします・・・




 種関連はまた活発ですね。OVAに総集編と、商魂たくましいですなあ。

 今日、デス種小説の最終巻を買って、稽古場の往復の電車で読んだのですが、



 かなーりいいですよ!後藤リウ先生はホント種デスを愛していらっしゃる。

 

 やはり登場人物が多いからそアニメだと内面描写に割く時間はどうしても限られてしまうわけで、その辺をかなり丁寧に書かれていますね。小説の良いところです。


  拙作『ホーク姉妹の生きる道っ!』では、あくまで本編中で提示されたことには偽りがないということで、その間の補完をコンセプトに書いていたのですが、こちらの本家小説では、本編のシーンに惜しげもなく、台詞、展開の微修正がなされています。


 私も散々頭を悩ませた戦闘中のルナマリアの心理状態の推移も納得のできるものになっています〔当たり前か)

 というか私が悩んでいたのは本編よりもウチのルナマリアがアスランへのラブ度が高めだったせいですが(^^;


 サプライズとしては撃墜されたシンがなんと、○○と○がしたいということで、○○○○に○○○○○と○○うと言うシーンが追加されたこと。これこそ本編で、というかファイナルプラスとかでやってよかったんじゃなかったと思うくらいグッと来ました。ネタばれを見る前に是非買って読んでいただきたいポイントの一つ(オイ





 何はともあれ、さらにプラスアルファの部分が楽しめる小説版デス種はお勧めです。




 ・・・・しかしホント種って本編より他のメディアミックス展開の作品のほうがうわなにをするやめろjfsj







 ひさびさにアレ、やろうと思ってます。


runagan












 ホーク姉妹のコタツでガンプラ、うわやっちゃたよ編〔仮)、お楽しみに!  
Posted by ayase_kyosin at 02:21Comments(3)TrackBack(0)日記

2006年03月05日

博士と助手、Zガンダム靴魎僂襪隆

◇登場人物紹介

ザムザザー博士・・・某埼○県某市に研究所を構える自称マッドサイエンティスト。ガンダムSEED DESTINYにおいては、ザムザサー、ゲルズゲー、デストロイガンダム等、各種モビルアーマー開発に携わっている(と本人は言っている)

助手・・・制服&白衣の眼鏡っ娘。




 今日も今日とて暇な研究所。

 博士と助手は自転車漕いで近場に出来たシネコンにZガンダム靴僚蘰に突撃してきたようです。


 お客さんの大多数はのび太と恐竜2006目当ての子供連れ。劇場限定のプラモデルも昼すぎだというのにまだ残っており。その回の観劇者も40人程度。


 そんな中一人で観に来ている女子中学生を観て日本は安泰だと確信した博士、さて、鑑賞後は・・・。


「えぐっえぐっ・・・」


「博士、いきなり泣いてるだけじゃ感想も何もないじゃないですか」


「エマちゅういいいいいいいいいい!!!」


「気らリアクションが変わってませんよ!」


「いやあやっぱりエマ中尉最後のシーンは良い」


「どういったところが?」


「あのエマ中尉の表情。今も恋してる」


「きも!」


「とにもかくにも、満足の行く出来ではないだろうか?」


「それは同意です。兇詰めすぎ&サラが(自主規制)でちょっと残念でしたからね、それに比べて今回のは・・・」


「うむ、ストーリーが分かりやすい。最後に向けて要素を徹底的に絞りこんだ感があるな」


「あたしなんかはレコアさんの内面描写がグッと来たんですけど」


「そう、書く登場人物へのスポットのあて方も旨く、彼らの動向一つ一つが大舞台を動かす要因にもつながっているからストレスなく観ていられる」


「メカ戦もボリュームたっぷりでしたし。動きまくってましたね〜」


「森の熊さん、いやもといボリーノークサマーンもHGで出ないものか・・・蟹だよ蟹!デカ爪燃え!」


「熊だか蟹だかはいいですけど・・・博士、例の『誰も知らない結末』については」


「んじゃ追記で」







↓以下ネタバレ含む  続きを読む
Posted by ayase_kyosin at 04:19Comments(2)TrackBack(2)感想

2006年02月26日

吸収中

なんか、文章読みたい欲が発現していまして。


良い物語はないかとネットをフラフラした結果、なにやら「ever17」というゲームのシナリオが神がかっているという話を小耳に挟み、早速ゲットしてやっていました。



→公式サイト
シリーズものの二作目です(直接的な物語の関連はないので単発でもOK)



・・・本当に神でした。なんだこりゃ!?面白すぎる。


パッケージには『恋愛アドベンチャー』とか書いてあるし、非18禁だし(おい)なのにこの面白さは!?


 水深51mに作られた海洋テーマパーク「LeMU」(レミュウ)
 原因不明の緊急事態により閉じ込められてしまった男女7人の物語。



・・・駄目だ面白さを伝えるイコールネタばれにつながってしまう。本当にネタばれ無しでやらないと真の面白さはない。



 実際発売から3年ほどたっているので何を今更な感じでこの文を読んでいる方もいらっしゃるとは思いますが、最近出てこりゃすげえと思っていたFATE/hollowなんかとも十分わたりあえるすごさ。触れていない方がいましたらこの機会に是非。


 世の中広いなあ。もっと見聞を広げていかないと。  
Posted by ayase_kyosin at 01:27Comments(0)TrackBack(0)日記

2006年02月08日

さてこの先

 福岡から帰ってきて、気の抜けた休日・・・なんてのはなく、ありがたくも引き続きミッションをいただいています。


 今後の道を色々きめないといかんなーと思いつつ、先立つものを整えるために馬車馬のように働いていますよ。


 とりあえずどちらにせよ4月に舞台に出ることは決めました。


 毎度お世話になっている劇団、DearMyFriendの第13回公演です。

 以下そのご紹介でございます。
  続きを読む
Posted by ayase_kyosin at 23:22Comments(0)TrackBack(0)日記