2005年07月04日

デス種 PHASE-37 「雷鳴の闇」

グフ撃墜の報を受け、議長は悲痛な表情を浮かべつつも、部下へ対応策を指示していく。

「クライバ、事の次第を簡単に文書に纏めてくれ、連合側もあれこれ聞いてきはじめている」
「はい」
「これまでの経緯と、こちらから調査隊を出すので現場海域には立ち入らないように要請する旨を」
「わかりました」


とある連合艦


「まったくどうなっている!?同士討ちだそうじゃないか?」
「艦長!基地司令部からの公式文書が送られて来ました」
「フン。形式だけはきっちり整えてくる・・・」



『スパイがにげたのでたおしました。まだしらべているとちゅうだからおとなしくしていてね』



「簡単すぎるぅぅぅぅぅぅ!!あとスパイにルビ振ってあるぅぅぅ!」
「艦長!むやみに血圧上げないで下さい!」


というわけで、反省会に変わる新コーナー開始です。様子見。
◇最近本当に雑な(爆)雑感


・デスティニーの残像移動は好きです。
高機動マニューバ燃え。

なんでHG速攻で出さないんですか。
7月の新作がジンハイマニューバ2型って・・・。


・揺れるシン

不甲斐ない奴だという認識はあっても、討つべき相手というとそうではない、そんな気持ちがシンの気持ちを揺るがす。

結果守りたいものを守れなかったシンは、アスランの訴える世界の危機よりも、今実際に手元にある力を信じた。


・貫くレイ

ギルと二人してシンを取り込んでいます。
最近妙に悪そうに描かれていますが、実は私彼等を『黒』と表現したくないのです。

今のところ、ですが。
『ギルの望む世界を、争いの無い世界を』作る為に動く姿は非常にストイック。
彼らがこう動くに至った境遇をもっと知りたいです。


・落ちるルナ

後半のシンにすがって泣くシーンよりも、
前半のどうしようとか言ってる方に違和感を感じてしまったり。

まあ、前回の反省会で一も二も無くミネルバに駆け出したと書いたのが外れてしまったから不機嫌なだけですが(ーー;



◇ルナマリア語録


スパイ侵入の騒ぎにざわつく基地内。
ヴィーノに声をかける。

「船に戻ったほうがいいのかな。ねぇ、どうしよう?」


やってくるタリアを見かける。
「あ、艦長・・・」

その硬い表情に不安を募らせるお嬢。



取調べ室にて。
「メイリンが、メイリンがなんで・・・そんなはずありません!」


「あの子がそんな、アスランを・・・・」


「そんなの、何かの間違いです。そんな、バカなことをっ!」

ミネルバ通路でシンとレイに会う。
「あ・・・」

すれ違いざまのシンの「ごめん」にお嬢、耐えられなくなる。
ミネルバに響く慟哭。



○どこからともなく広橋涼さんの声が!



みんなー、追い詰められた中の人が新コーナーを立ち上げちゃったよー!

ホーク姉妹の生きる道っ!を読む時は、部屋を明るくして、なるべく離れて見てね!一キロくらいな!(スパイク)

あと、サイドチェンジの時にはトランスフォーマーの例のBGMを口ずさむとモアベター!




◇ホーク姉妹の生きる道っ!


M-Side



アスランの叫びも虚しく、シンのデスティニーは大剣を携え、グフに向けて真っ直ぐに突進してきた。

『うあああああああああああああ!』

「シン!」

「アスランさん!」

「仕方がない、アレをやるぞ!」

「あ、アレって?」

「知っているだろう?撃墜されそうになった時のアレだ!」

「え!?アレって迷信じゃなかったんですか?」

「実在する!」

「そういってる間にデスティニーがもう目の前にっ!」


ガキィィィィーン!


「きゃあ!」

「よし、コクピットは外れた!フラグが立った!」

「ふ、フラグ!?」

「絶叫しつつ、自分が生き残るんだと強く念じろ!神に届くかどうかはそれ次第だ!」

「せ、精神論・・・」


「いくぞ!せーの!」


「「セーフティシャッタぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」」



『セーフティシャッター?』
『そ。今パイロット学科でちょっとした噂なの』
『なんなの?それ』
『撃墜されそうになったときに、作動する緊急装置らしいのよ』
『え、らしいってモビルスーツについてるんでしょ?』
『それがね・・・だれにもわからないのよ』
『分解しても?』
『ヴィーノ達にもわからないのよ。しょーしんしょーめーのミステリーってわけ』


二人が叫んだ瞬間、確かにメイリンは見た。



コクピットの四方、ものすごい勢いで降りてくる、


トタン製のシャッターを。




うちの近所の銀行のシャッターにそっくりだ・・・そんな場違いなことをぼんやりと思った。





L-side


泣き止むまで、シンは付き合ってくれた。


「・・・」


黙って、身体を離す。


「ルナ・・・」


なんて顔をしてるんだか。あんたは任務を果たした。それだけ。
スパイをみすみす逃がす軍なんか何処にいる?


メイリンは軍のコンピュータに進入、警備の目をそらし、アスランの脱走の手引きをした。

前線のパイロットに比べ、艦のMS管制である彼女はより多くの機密事項に日々触れている立場に在る。よって情報漏洩の危険を鑑み、同じくフェイスであるアスラン・ザラと同様、『生かしておかない』こととする。


厳罰どころじゃない、軍そのものを危険にさらす行為だ。


シンのようにスーパーエースでもない。



いくらでも替えの利く、ただのオペレーターだ。



それだけ。





・・・それ、だけ。




歩き出した背中にシンは尚声をかける。

「ルナっ」
「黙って!!」
「あ・・・」
「自分のしたことをちゃんと背負いなさい!」
「でも、オレは」
「そうでなきゃっ・・・・」


それ以上シンの前では続けられなかった、走って、走って、自室まで来る。
ドアに頭をぶつける。


「あんたが、アスランと、メイリンを殺した、なんて、それだけのことになっちゃうじゃない・・・・!!」


叩きつけるように、パネルを叩きドアを開ける。
これが全部悪夢ならいいのに。



寝坊している自分のシーツを、メイリンがひっぺがすとか。




「・・・・」


部屋は、無造作に荒れていた。
そりゃあ、少しは散らかしたりしてメイリンに文句を言われたりもしたけど。


棚を全部開け放ち、中身を全部ぶちまけたりしない。


ベッドをひっくり返して、そのままにしたりしない。


そのままおちたシーツを土足で踏みつけない。


ご丁寧に、枕を切り裂きその中身まで広げることもしない。



引出しの奥にしまっておいた、アスランの写真がそのドサクサで、千切れてしまったりすることなんて、絶対にない。



念入りに『調査』は行われたらしい。
メイリンの私物に至っては綺麗さっぱり押収されていた。

「は、ははは・・・」

驚いた。
さっきで出し尽くした気がした涙がまだまだ出てくる。

「っ・・・・なんか、いっぺんに無くしちゃった・・・」


司令部から示されたデータは、どれもメイリンが脱走を手引きしたことを裏付けるものばかりだった。どれだけ自分が声を枯らして訴えかけても、メイリンの罪は既に決定したものだった。


しかし、アスランにしろ、メイリンにせよ、『悪意』で行動を起こしたとはどうしても思えない。


彼がいずれザフトを離れてしまうのではと、漠然と不安に思っていた。
あの時、アークエンジェルの面々との会話を聞いたときから、彼の心は今も強くあの艦にあることを知ってしまったから。


アスランの思うようにやれたら、そう願った。


でも、本当に望んだのはそうではなく。


アスランの進むべき道が、自分の道と同じではないと、


わかっていても、望んでいたのはそうではなくて。



「・・・一緒にいたかっただけじゃん・・・わたし」
なんて、ワガママ。そんな理由でアスランがここに残るわけなんて無いのに。




真実は全て自分の手をすり抜け、闇に消えてしまった。
大切な人を二人も奪って。

残ったのは、ちっぽけな自分のやりきれない悔しさだけ。



力の無い嗚咽を止めることもできず、
いつまでも机に突っ伏していた。



これが全部悪夢ならいいのに。



寝坊している自分のシーツをメイリンがひっぺがし、
この前こっそり食べたカップラーメンの件で、泣きながら怒鳴ってきたり



とか。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ayase_kyosin/27147599
この記事へのトラックバック
 正直な所、突然今週SEED・Dが面白かったんです。何でだろう?アスランが行動に出ないでぐだぐだ悩んでシンにヤツアタリする姿をもう見なくても良い開放感からかな?それとも、最終的に正義の味方が終結してくると言うスパロボ展開が好きなだけかな?  そんな感じ
デスティニー 第37話【BRANDK-Blog】at 2005年07月04日 21:55
第37話「雷鳴の闇」脱走騒ぎで混乱する基地。メイリンは人質にされたのではなく、自分の意思でアスランに従った。それをレイに確認し、メイリンも含めての撃墜許可を出す議長。あっという間にグフに追いつく、レジェンド&デスティニー。アスランを墜とすことを躊躇するシン
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第37話【salty blog】at 2005年07月04日 22:10
『SEED DESTINY』第37話「雷鳴の闇」。アスランはヘタレ脱却ならず。も
雷鳴の闇【姫鷲の戯言 日記館 〜Die-Arry〜】at 2005年07月04日 22:12
キサカさん、いい仕事してますね〜 くりっくぷり〜ず→
PHASE-37【やるせない日記】at 2005年07月04日 22:14
「ラスク」を素直に発音できなくなったばかりか、「オクラ」までまともにスラッと 発音できなくなりました。 今日の昼、実家でオクラを食べたのですが(あまり好きではないけどな)、 ずっとオクラを「オクレ、オクレ」言ってました。違和感ナッシングでした。 家...
種デス・第37話【萌〓モエドコロ〓処】at 2005年07月04日 22:23
ほぼ戦闘シーンで構成された前半に対して後半は人々の思惑、感情が描写されたPHASE-37。 意外だったのは戦闘シーンが前半だけで収束してしまったことだろうか。 それにつけてもこのDESTINYでひとつスタッフの勝利を挙げるとすれば、それはシン役に鈴村君を持って
PHASE-37 雷鳴の闇【DESTINY追跡日記】at 2005年07月04日 22:24
第37話 雷鳴の闇  トラックバックさせていただきます
ふぇいずさんなな らいめいのやみ【日々戯言】at 2005年07月04日 22:27
 おそらく脱走したアスランよりお持ち帰りされたメイリンの方が気になる人が多いでしょう。ガンダムSEED DESTINY PHASE37_「雷鳴の闇」です。かつての可愛かったレイたんならいざ知らず、黒レイ君とアスランの戦いはあまり見たくはないのですが、デスティニーがいよいよ動い
第37話 雷鳴の闇【つれづれ】at 2005年07月04日 22:32
今週も月曜日の更新になってしまって、まずは週末に来てくださった方にお詫びを。 本編がつまらなかっただけに短くまとめられるかなぁ〓と思ったら長い長い。 今週もまたhtmlサイズで53kbに到達する大作?になってしまいました。 ご訪問者様のご期待?に応える
ガンダムSEED DESTINYレビュー PHASE37「雷鳴の闇」【G-FOUR Blog-Stage】at 2005年07月04日 22:35
自分の能力を知り、それに見合った与えられた役割を一生懸命果たすこと。 それが議長曰く、人々の幸福。 でも、そんな世界には希望という言葉は存在しない。 望むこと、願うこと、欲することは決して許されない世界でもあるのではないだろうか? 前回の議長の語り聞い...
ガンダムSEED DESTINY PHASEー37「雷鳴の闇」【ざくろ的運命】at 2005年07月04日 22:40
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7 【雷鳴の闇】 逃走犯、スパイなどと言われ追撃するのがアスランだと知ったシンは「何故?どうして?」と頭がパニくっていたと思いますね。 アスランが何か言おうとすると、横からごちゃごちゃと割り込
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話【Cosi Cosi】at 2005年07月04日 22:51
PHASE-37 「雷鳴の闇」  闇に光る雷鳴の空に、かつて味方であった者が相打つ。 裏切ったもの、『敵』を討った少年。 だが、勝利で得たものは喪失と苦渋・・・ 傷心のいえる間もなく開始される作戦。少年の選んだ道は戦いの道・・・ メイリンを連れ、奪ったMSグフ
機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37【+ SERAらく日記 +】at 2005年07月04日 22:52
37話「雷鳴の闇」も、色々楽しかったです。グフとデスティニーの、機体性能を見せ合う戦いが、熱かった。先に出たグフに追いつく、デスティニーとレジェンドはやっぱり、新型だから。って事で。そして、レジェンド(レイ)は、グフ(アスラン)に、あんまり手を出さないんで
PHASE-37 雷鳴の闇【あっちゃblog】at 2005年07月04日 22:54
ガンダムSEED DESTINY「雷鳴の闇」感想発信する!!!だめだ・・・今回の話は小職的にどうも・・・アスランへたれモード脱出か!?と先週思ったばかりなのに、あっけなく・・・そして、、、肝心の・・・!!!なんでこんな展開になってんですか?・・・もういいで
GANDUMSEED DESTINY PHASE37感想【春時雨】at 2005年07月04日 22:59
アークエンジェルは不死鳥集団になる模様。アスランとメイリンも無事救出されて、死んだはずの船とキャラクターが次回以降反転攻勢に出るのでしょう。 ムゥ、キラ、アーク
ガンダムSEED DESTINY PHASE-37 「雷鳴の闇」【SEEDs】at 2005年07月04日 23:08
イザーク「このぉ!!KIAIだぁ!!」シホ   「目指せ!!即日UP!!です」ディアッカ「今日は気合入ってるねぇ…」イザーク「バカモン!!前回の失態を見ろ!!遅れすぎだ!!」シホ   「いくらなんでも前回は、今回の放送の一日前      の金曜日にUPですから、遅れす
☆第8回 イザークとシホのココがヘンだよザフト軍☆【為替カバーディーラーの裏の顔】at 2005年07月04日 23:15
DESTINY PHASE-37 フォントを変更(Macの方は関係ありませんが)。 さて、DESTINYですが、今回もあいかわらずなんだけどストーリー展開がはしょりすぎで全く以って訳わかめ。 つーことで特に深い感想はありませんが、一点、ホーク姉の今後のポジションについてが
旧05月26日 「雷鳴の闇」【Moondiary】at 2005年07月04日 23:41
アスラン脱走劇その2。 追撃はシンとレイ。 ああ…新しいガンダムのお披露目がこれですか_| ̄|○ つくづく主役としての扱いがぞんざいだと思わないでもないです。ストフリのお披
機動戦士ガンダムSEED DESTINY【PHASE37:雷鳴の闇】【vier:::blog】at 2005年07月04日 23:49
第37話「雷鳴の闇」〓負傷ザラにモエてしまった…〓 感想です。 えー、長い長いメンテも終わり、ようやくアップできました。 まず、一言だけ言わせてください。   キラもザラも復活早すぎやねん    「オクレ」を見ろ!「
第37話「雷鳴の闇」〓負傷ザラにモエてしまった…〓【〓SEED・エスカフローネに愛を注ぐ〓】at 2005年07月05日 00:22
いつもの先週のおさらいが「あれ、このアニメ面白そう」という印象なのが初めてな気がした(ひでえ 機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE-37 「雷鳴の闇」ですが、私の妄想よりかなり暗いね(´_ゝ`) メイリンはアスランと一緒じゃないと生きていけなくなったわけですが、
あんなに、いっしょ、だったのに【焼きプリン定食】at 2005年07月05日 00:33
※まだほんの少ししか書けてません。 ようやく見ましたPHASE-37。 でも感想...
PHASE-37 雷鳴の闇【くわしまにあ】at 2005年07月05日 00:59
前作の主人公2人がそれぞれ今作の主人公によって倒されるという展開に燃えるものを感じつつ、テーマとしてはやはり絞られて来たなと感じる第37話「雷鳴の闇」。 先週考えていた「自立」というテーマにも自分なりの納得を得られたし、バトルエンタメとしても非常に面白かっ
ガンダムSEED DESTINY 第37話 「雷鳴の闇」 感想【蒼穹のぺうげおっと】at 2005年07月05日 01:16
☆注意 今回のは恐ろしく長いです。覚悟して読んでください。 それからそして怒りにまかせて書いてます。(苦情は受け付けませんので(^_^;A) サブタイトル『「えぇー?!」(注:アーサーではありません、ダコスタです。)』 (OP) 三蔵(レイ)「また逃げるのか!クソ
PHASE-37- 雷鳴の闇【natukiのアニメ感想日記】at 2005年07月05日 01:59
 今回のガンダムはスターウォーズなんだな。  シンが暗黒面に引き込まれていく物語。  最後のほうは、キラとアスランに半殺しにされて、生命維持装置をつけて復活してくるに違いない(笑)。  情報なんてものは、調理の仕方でどんなふうにもできるんだなあ。怖い怖い。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY #37 「雷鳴の闇:シン、騙されてるよ、シン」【四国中央市で愛をさけぶかも】at 2005年07月05日 02:03
気になりましたら、クリックどうぞ♪ [10秒で分かる、今日の「きどうせんしがんだむしーどですてぃにー」] あっさりさっくり、シン達の勝利で戦闘終了 アスラン・メイリン、伏線付きで生死不明 シンとルナマリアの、複雑怪奇の恋愛模様 ラグナロク作戦開始 あっ
機動戦士ガンダムシードデスティニー「雷鳴の闇」感想【ここには全てがあり、おそらく何もない】at 2005年07月05日 02:34
今回はシンが思い切った決断をした回でした。 またシンに尊い命が…
デスティニー 第37話  雷鳴の闇【或る漫画好きの観察日記】at 2005年07月05日 03:28
37回目の運命の土曜日です。 DESTINYはシンとアスランの二人の主人公の 戦いの軌跡であると思いながら見てるわたし。 いつも身近でシン・アスカの戦いの裏と表を 見ていたアスラン。 シンにとっては敵対するMSで初めて機体のなかに いる人を強く意識しての
PHASE-37「雷鳴の闇」運命の機動★感想【ALISA★の 〜LOVE DESTINY〜】at 2005年07月05日 03:51
今回はアスカガがらみの展開が皆無だったので(つか最近はずっと…ですが…)、純粋にお話を楽しみながら見ておりました。いやぁ、盛り上がってきましたね。今後が楽しみです。非常に簡単な一言感想ですが、以下ネタばれご注意くださいませ。  
デス種簡易感想【ばーにんの萌え日記。】at 2005年07月05日 06:33
レイのシン操作術……もとい要所、要所でのシンへの説得が効いていました。 ついにレイの思惑通り「あんた(アスラン)が悪いんだーッ!」と種を割るシン。 ……逆ギレ? 今週はルナマリアとシンにラブラブ
GUNDAM SEED DESTINY PHASE-37【kasumidokiの日記】at 2005年07月05日 07:43
正直言って今回は「わからないことだらけ」の回でした。 でも・・・ダコスタいたーーー!!(^^ゞ(通りで各地でササヌマンの声がすると思った) ■デュランダル「撃墜を許可する」 アスランとメイリンの乗るグフを「裏切者」として撃墜命令を下す議長に、タリアが「議
種運命 37話【Apple Tea Diary】at 2005年07月05日 08:08
最近、ルナ派からメイリン派に移った全国のメイリンファンじゃなかったS−Dファンの皆様!急なメイリン株の急騰によりアニメ証券取引所では、メイリン買い!の声がやまなかった事でしょう。では、感想に行きます。
SEED DESTINY 37話【CODY スピリッツ!】at 2005年07月05日 13:59
            目次 三、デュランダルの世界 四、シンがキラと共闘 三、
運命雑記 Vol.2 謎は全て解けた【ターリクの剣】at 2005年07月05日 20:40
今回も別記事で画像あります。 アバンタイトルの復習分は省略。 飛び立ったアスラン
ガンダムSEED Destiny 第37話 雷鳴の闇【種を摘む方法(仮)】at 2005年07月05日 20:53
メイリンには、一言も弁解すらさせてあげられないほど、緊迫した状況で、アスランはシンに呼びかけるけど、レイが邪魔するんだよ!!アスランが「俺の話を聞けーッ!」と激怒したに違いない第37話は「雷鳴の闇」。雷鳴の闇だから、ほら、アスランが何を言っても無駄ってこ
●第37話「俺の話を聞けーッ!!」【いいかげんは最高】at 2005年07月05日 21:27
いろいろあってすっかり遅くなってしまいました。お待ちいただいた方には、本当に申し訳ないです。一番大きな理由はレポートではなく(それも5分の2くらいはあるのですが)、新しいパソコンのセットアップに時間がかかったことです(滝汗)。そのかわり、来週からはちょっ
種運命感想第37話【暁の空】at 2005年07月06日 00:01
20050702 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」 脚本:大野木 寛、吉野弘幸、両澤千晶 絵コンテ:米たにヨシトモ、鳥羽 聡 演出:久保山英一 キャラ作監:米山浩平 メカ作監:池田 有 ZGMF-X666SのOSは[Generation Unrestricted Network Drive Assa
20050703:SEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」【ちぇりのわ/cherryNOIR】at 2005年07月06日 11:59
20050702 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」 脚本:大野木 寛、吉野弘幸、両澤千晶 絵コンテ:米たにヨシトモ、鳥羽 聡 演出:久保山英一 キャラ作監:米山浩平 メカ作監:池田 有 ZGMF-X666SのOSは[Generation Unrestricted Network Drive Assa
20050703:SEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」【ちぇりのわ/cherryNOIR】at 2005年07月06日 11:59
久々にリアルタイムで種デス見れた。 PHASE−36「雷鳴の闇」のレビューです
種割れする場面か?と疑問「PHASE−37」【SEEDの苦労人考◇ガンダムのレビューとグッズ収集記】at 2005年07月06日 15:33
久々にリアルタイムで種デス見れた。 PHASE−36「雷鳴の闇」のレビューです
種割れする場面か?と疑問「PHASE−37」【SEEDの苦労人考◇ガンダムのレビューとグッズ収集記】at 2005年07月06日 15:33
第37話 雷鳴の闇  トラックバックさせていただきます
ふぇいずさんなな らいめいのやみ【日々戯言】at 2005年07月06日 22:21
遅くなりましたが、今回の種デスの記事がアップできましたのでTBしますネ☆
種デス・PHASE−37『雷鳴の闇』【牛スジ之煮込ミ。】at 2005年07月07日 17:12
あっちゃ〜Σ(^▽^;)容量の関係で途中で切れてしまいました! 一応、メモ帳にて下書きのものはちゃんと保存されてるので、またコピペし直します…(つД`) そりゃ、4日間も掛けて書くわな(´▽`*) 今回の感想はかなり時間が前後した内容になってしまったので、 混
種デス・PHASE−37『雷鳴の闇』・その2【牛スジ之煮込ミ。】at 2005年07月08日 17:07
レイ「わけなど知らない」 うそつき。 ……。 というわけで、デスティニーとレジェンド発進です。 どうやら、二機とも、なんだかバリアみたいなの積んでるみたいですねぇ。目に見えるバリア。 そして、レジェンドの銃火器は、やはり、凶悪。 前回の白ザクの時も
SEED DESTINY【37】 雷鳴の闇【海之まりん的日常】at 2005年07月09日 21:35
この記事へのコメント
こんにちは。姫鷲です。
反省会は休止ですか・・・なんかちょっと寂しいですね。早々に2人が合流することを祈ります。

>前半のどうしようとか言ってる方に違和感を感じてしまったり。

観終わってみると、後半の「あの」シーンに繋げるために無理矢理弱々しさを演出した感じでした。あそこでルナが困惑する必要もないし、ヴィーノに聞くこと自体間違ってますしね。ハンガーでのシーンのためにヴィーノにも喋らせた、ってトコでしょうね。
問題の「あの」シーンは実に難解でした。未だに理解できません。こちらの「L-Side」くらい描いてくれていたら良かったんですけど・・・。
Posted by 姫鷲 at 2005年07月04日 22:12
こんにちは。お邪魔します。

L-side良いですね。^^
本編でもこんなシーンを入れておくと良いと思うのですが、常にSEEDは内容過剰でシナリオがストーリを追うのに必死になってしまい、こういう心理描写がおざなりなんですよねぇ…。
Posted by Limit at 2005年07月04日 23:12
シリアスに行くんだぁ、そですか…あんなことになっても「携帯でお姉ちゃんと会話してる」くらいで行くのかなぁ、とか思ってたので、ここでも予想を外す(´_ゝ`)
いつか「あんなこともあったね」と、笑える日が戻るといいですね。

私は、これからももっとてきとーに行く予定です。死んじゃってもねヾ(´ε`*)ゝ
Posted by かりぷそ at 2005年07月05日 00:39
反省会のあの調子は、『コタツでガンプラ』の方では続行の予定です^^;

>姫鷲さん

ほんと、急に弱気になったように見えてしまって。
真綾嬢の演技はすばらしかったのでイーブンで(爆)


>Limitさん

どもっ!

シンルナレイの三人を最初から思いっきり主軸に置いていたら、今回の一件もずいぶんと違って見えたような気がします。

妄想せずにはお嬢の気持ちを理解しきれません(−−;


>かりぷそさん
ああっ!そんな目で見ないで(TT)

別々に戦場を駈ける姉妹を応援していきたいと思います。
いつか、出会える日まで。

かりぷそさんの反省会、何気にエヴァ背景(今命名)に毎回ニヤニヤしていますw
Posted by 四方堂綾瀬 at 2005年07月05日 01:24
こんにちは!
以前、メイリン死んだら幽霊にしてでも…と書かれていたので、この展開は苦渋の選択だったのではないかとお察しします。
特にL-sideが良かったです。本編以上に泣けてしまいました。
今週のキサカ並みのグッジョブです。
ありがとうございました。

実は近頃思うことがあります。
本編の描写がスカスカなのは、こうしてファンが補完してt
Posted by えのっち at 2005年07月05日 12:03
(続きデス)
本編の描写がスカスカなのは、こうしてファンが補完して楽しむ余地を残してくれているのではないか…と。
何て奥ゆかしい作品なんだ!「種デス」って。
Posted by えのっち at 2005年07月05日 12:06
こんばんわ。お邪魔します。
>最近妙に悪そうに描かれていますが、実は私彼等を『黒』と表現したくないのです。
 やっと共感できる人の感想に出会えて嬉しいです。そうですよね、議長の世界についてまだ何の形も出てきてませんしね。黒と決め付けるのは早い(しかし、最終クールではあるが・・どこで明らかにされるか?)。

>前半のどうしようとか言ってる方に違和感を感じてしまったり。
前半のルナマリアと全然変わってしまうのが怖いんですけど…。ここまで前半クールとの話のつながりを軽んじていいのだろうか? どこでメイリンと再開するのか? シンルナ立ったら姉のモノ欲しさで、メイリンとルナマリアでシンを取りあわんだろうな。

Posted by くらむぼんサガス at 2005年07月05日 20:40

>えのっちさん

苦渋の選択でした・・・。
うちのルナも前向きになれば、いつものデコスケぶりを発揮してくれるでしょうw

実際舞台設定もキャラクターも凄くいいと思っています。アストレイは同じ世界とは思えないほど燃え燃えですし(^^;やはり見せ方の問だうわなにをするやめろ


わたしなんか足元にも及ばないほど重厚なif小説がゴロゴロしてますから。

世界観を楽しむっていいですよね。


>くらむぼんサガスさん

たしかにもはや議長のやっていることは人々にとって幸福になるものかというと、アスランの言うとおりそうではないかもしれない。

やろうとしていることは表面化してきたけど、まだ真意はかくされている状態だと思っています。


>>メイリンとルナマリアでシンを取りあわんだろうな。

きゃードロドロよー!(爆)
むしろアカデミー時代にそんないざこざがあったら面白いかなとか思ったり(^^;

Posted by 四方堂綾瀬 at 2005年07月05日 23:30